泣き虫しょったんの奇跡(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『泣き虫しょったんの奇跡』本予告

泣き虫しょったんの奇跡(映画)の動画フルを安全に見る方法

『泣き虫しょったんの奇跡』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『泣き虫しょったんの奇跡』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

泣き虫しょったんの奇跡(映画)の内容

『泣き虫しょったんの奇跡』は、2018年9月7日に公開されています。この映画2006年4月に刊行された瀬川晶司さんによる同タイトルの著書が原作となり映像化されています。

瀬川晶司さんは、現在は瀬川晶司6段でありプロ棋士であり将棋界では知らない人はいません。なぜ有名なのかと言いますと将棋界のプロ棋士になっていく方法に触れなければなりません。

通常将棋界のプロ棋士になる方法は小さい頃から「奨励会」という組織に入会し、6級から始まり3段になるまで対戦によって昇級降級が決まっていきます。そして年に2回行われる最終の3段リーグにおいて2位以内に入れば晴れて4段に昇段つまりプロ棋士になることができます。このプロへの関門の過酷な所は年齢制限がある事です。原則満21歳の誕生日までに初段への昇段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は奨励会を退会となるのです。

瀬川晶司さんは、奨励会を年齢制限で退会した後、特例によって2004年に実施されたプロ編入試験に通算3勝2敗で合格し、棋士となったという特別な方なのです。

豪華な俳優人です。
特にイッセー尾形さんが名演でした

全ての人に当てはまるかどうかは分からないですが諦めなければチャンスが回ってくる事もまれにあるのかもしれません。
後はそのチャンスを掴めるか否か・・・

本編では主人公は泣き虫というほどは泣いてないです(笑)

松田さんの演技の方は印象に残りました。良い役者さんになられたと思います。

一人の棋士の人生を淡々と描いている良作。

将棋界としては異例の棋士なのに本当に良い意味でのとらえ方です。

俳優陣がかなり良かったと思います。

私は将棋が好きで、瀬川先生のことを良く知っていました。

母が私が見に行くのに付いて行くと言い出して、「将棋を知らないなら分からないと思うよ」と言っておいた末に2人で鑑賞

結果的に母が号泣しました(笑)一緒に行って良かったです。

やはり現実に起きた感動ストーリーの映画化です。将棋を知っている人は深く、知らない人でも人間ドラマとして、夢に向かって懸命に努力する主人公の姿に感銘を受けた方が多かったようです。

あらすじ

生まれてから小学5年生までの10年間、特に何かを熱中することもなく日々を過ごしていた「しょったん」こと瀬川晶司という少年がいました。

中学生の時プロ棋士になった谷川浩司棋士のニュースを見て、 初めて「プロ棋士」という職業を知ります。
そんな時隣家に住む鈴木悠野も将棋が好きなことを知り、二人で仲良く将棋を指すようになります。

やがて父・敏雄の勧めで近所の将棋道場へ通うことになります。
才能を示し週末ごとにめきめきと上達していったしょったんは、 中学3年生で奨励会の試験を受け合格しプロ棋士への足掛かりを掴みます。

26 歳の誕生日までに四段になれなければ退会となってしまう奨励会の鉄の掟。
22歳の夏になんとか三段に昇段したしょったんだったが、残された時間が徐々に減っていきます。

様々な理由で先に奨励会を退会となり脱落していくライバルたちを見て、しょったんは将棋を指す意味を自問自答します。

現実から目を背け棋士仲間たちと遊んでいるなか、悠野がアマ名人になったことを知ります。
そして、リミットとなる最後の三段リーグでプロ棋士となるチャンスはあっけなく潰えてしまうのです。

奨励会退会後、将棋を忘れ、大学を卒業し会社員となったしょったんは、平凡な生活を送っていました。

そんなある日、しょったんの本当の夢を応援してくれていた父・敏雄が事故に遭い突然亡くなってしてしまいます。

父親を亡くすという心の空白の中、救いを求めるように訪れた親友・悠野の家で久しぶりに将棋を指すことになり、その対局でしょったんは改めて将棋の面白さに気づくのです。

将棋を再開したしょったんは、アマチュアの大会でめきめきと頭角を現しついにアマ名人を獲得します。

そんなしょったんの活躍を目にしたアマチュア強豪の藤田と新聞記者の新條は、起死回生のプロ編入試験話を持ちかけるのです。

見どころ

『泣き虫しょったんの奇跡』の見どころといえばやはり実際の将棋対局シーンでしょう。

将棋はお互いが知力を振り絞って盤面に向かいます。将棋をよく知っている人はもちろん良く知らない方でも人生をかけて戦う緊迫感や鬼気迫る姿を感じ取ることができると思います。

そして凄いことにプロ編入試験六番勝負で実際に対局したプロ棋士である神吉宏充七段のほか、久保利明王将、屋敷伸之九段、豊川孝弘七段、青嶋未来五段、谷口由紀女流二段などが映画に参加されていていることです。なにしろ本当の棋士が将棋をしているのですから対局シーンのリアル感が一層増しました。

スタッフ

監督:豊田利晃
脚本:豊田利晃
音楽:照井利幸

キャスト

瀬川晶司:松田龍平
プロ棋士を目指す主人公。一度は挫折するが再挑戦の道が開かれる。

鈴木悠野:野田洋次郎
小学校からの晶司の幼馴染で一緒に将棋を始める。アマ名人にもなる。

新藤和正:永山絢斗
同門で先輩の奨励会会員

村田康平:染谷将太
奨励会会員。生意気な後輩。

山川孝:渋川清彦
プロ棋士。晶司の兄貴的存在。

畑中良一:駒木根隆介
晶司の奨励会時代の盟友。料理が得意な明るい先輩棋士。

加東大介:早乙女太一
奨励会員。ストイックで神経質な勝負師。

冬野渡:妻夫木聡
元奨励会員。当初はプロ入り間違いなしと言われていた男でしたが・・・

真理子:上白石萌音
奨励会時代に晶司が通う喫茶店店員。

鹿島澤佳子:松たか子
小学生の晶司の夢を応援してくれた担任の先生。

瀬川千香子:美保純
晶司の母。

工藤一男:イッセー尾形
晶司を奨励会に導いてくれる将棋の恩師。

藤田守:小林薫
アマチュア強豪棋士。

瀬川敏雄:國村隼
晶司の父。一番の理解者。

 

『泣き虫しょったんの奇跡』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

泣き虫しょったんの奇跡(映画)の感想

40代女性
40代女性

私は将棋のルールには全く詳しくないのですが、それでも興味深く観ることのできた映画でした。日本で将棋のプロとしてデビューすることには、そんなにも難しい条件があったとは、この映画を観て初めて知ったことです。プロ棋士になりそこなった主人公が、アマチュア名人として経験を積み、徐々にプロをもしのぐ実力をつけていく過程は映画で観ていても痛快でしたが、この棋士の道のりをリアルタイムで見守っていた将棋ファンは当時、もっと興奮したことだと思います。印象的だったのは、主人公と同じくプロを目指しては、志半ばで年齢制限の壁にぶち当たって将棋の世界を離れていく、将棋指したちの姿とその悲哀でした。将棋というのは、馴染みのない私のような人間にとっては、ただのゲームのひとつに過ぎませんでした。しかし、それに人生を賭けている人々が日本にはこんなにもいて、栄光と挫折の明暗がこんなにもはっきりとしたものだということを知り、全く新しい世界がそこにありました。これを観ると、将棋というのは単なるゲームではなく、日本の誇る文化なのだということがよく理解できます。松田龍平さんの淡々とした演技が、物語のシビアな世界観にマッチしていてはまり役だと思いました。あと、主人公の家にだらだらとたむろする仲間たちとの関係が、何だかいいなと思ったり。切ないけれども、観た後には心の温まる、そんな映画でした。

40代男性
40代男性

プロ棋士・瀬川晶司六段の、プロ棋士になるまでを描いた作品。瀬川さんがプロになるまでは、将棋のプロになるためには「奨励会」という団体に所属し、既定の成績を上げることが唯一の道で、瀬川さんも所属していたが、既定の成績を上げられず年齢制限で退会、プロへの道が閉ざされてしまう。しかし、周囲の人の助けもあり、プロ試験の「嘆願書」を提出し、それが受け入れられ、史上初のプロ試験を受け合格、晴れてプロになった。まさに、道のないところに道を作った瀬川さんの功績は大きい。それを自分自身で書籍にしたものを映画にしたのが本作である。将棋を始めたころからプロ棋士になるまでを描いている。本当にあったことを映画にしているので、それを意識して見ることで自分も瀬川さんになったような感じを受けた。加えて、瀬川さん役の松田龍平さんが何となく瀬川さんに雰囲気が似ていて入り込みやすかった。ライバルの存在、恩師の励ましなど、プロ棋士になるために必要な存在が、いかに重要であるか、ということもよく分かった。また、本作の豊田監督は元奨励会員であり、将棋界に精通していることもあって、リーグ戦などの様子がリアルに映像化されていると感じた。さらに、本物のプロ棋士も多く出演しているのが特徴で、瀬川さんがプロ入りを決める瞬間に投了を告げているのが順位戦A級に所属するトップ棋士というのも、豊田監督だからこそ実現できたのではないか、と思う。なんという贅沢なことか。また、プロ試験の中で一際目立つ相手がいるが、これは実際の対局も派手な格好で対局していて、役の名前は違うものの、その対局者本人が演じている。こういうところを忠実に再現しているのも面白い。今から見ようと思っている人は、プロ試験第2局の対局相手にも注目すると面白いだろう。また、出演しているプロ棋士の写真を調べておいて、この場面にプロ棋士がいる、ということを確かめながら見るのも面白いだろう。

40代女性
40代女性

古くからある組織って伝統や歴史を背負っている代わりに、特有の閉そく性や硬直性が出てきてしまうものです。そんな中でプロ昇格制度に立ち向かったプロの将棋士である瀬川さんは本当にすごかったんだと改めて思いました。今まで決して身近だとは言えなかったこの世界に対する興味も出てきました。それにしても、そんな彼の人生を赤裸々に描いて伝統ある将棋界に対抗していった豊田監督には脱帽です。実際の瀬川さんの姿は知りませんでしたが、松田さんは本当にうまく演じてくれました。感情をあまり表に出さないキャラクターがとてもよく合います。まさかの泣き虫やくでしたが、だからこそ目玉となりタイトルが引き立っている気がします。負ける悔しさを楽しむ、この言葉は人生の教訓になりそうです。だって勝ち続ける人生の人なんてほんの一握りしかいません。不公平な世の中では真面目に取り組んでいたってどれだけ実力があっても、負けることがあるのですから本当に難しいことなのです。でもだからこそ、そこで楽しむことができるかどうかは大きいでしょう。決して派手とは言えない将棋の世界、それに一人の人生を描いているだけなのですからそのまま映画にしても面白くはありません。それをこれだけの作品へと引き上げた監督はすごいです。

50代女性
50代女性

松田龍平さんが、棋士・瀬川昌司五段を熱演していて、とても良かったと思いました。周りの人たちに支えられながら成長していく微妙な心の動きを上手く表現していたと思いました。奨励会を辞めてプロへの道が閉ざされても、自分が好きな物をあきらめなかったのはほんとにすごいと思いました。アマチュアからプロになるという異例の道を切り開いた実話なので、ほんとに感動しました。対局シーンを淡々としつつ緊張感あるリアリティあふれる描き方で、とても素晴らしかったと思いました。好きなことを仕事にできる人は、ほんの一握りの人間なのだからこそ幸せなことですが、そこまでに至るのは苦難の連続なのだということを改めて思い知らされました。奨励会には年齢制限があり26歳までに四段に昇段しないと退会しなければならない。その退会していく者の1人を演じた妻夫木聡さんの演技が、とても印象的でした。切ない心情を見事に演じていて、存在感があったと思いました。松たか子さんが、若くてきれいな先生を、さすがの演技力で演じていてとても良かったと思いました。あんな先生がいたら子供たちは、すごく頑張るだろうと思いました。あきらめないことの大切さを改めて感じました。勝負の世界というのは、ものすごく厳しいものでプロになれたとしてもそれはスタートラインに立てたということでしかないのですね。藤井聡太さんや羽生善治さんたちが、私たちの想像のレベルをはるかに超えるすごい人たちなのだという事を実感しました。この作品は、小・中学生やその親御さんにぜひ観て欲しいと思いました。

40代女性
40代女性

夢をかなえる人がいれば、隣で夢をかなえた誰かを、見て立ち尽くす人もいます。もしそうなった時、思い出してほしい一作が今作です。映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、主人公=しょったん/瀬川晶司さんが棋士を目指した、史上初の挑戦の物語です。今作では、松田龍平さんが、棋士という夢を追うしょったん/瀬川晶司を、苦悩など感情や思考の揺れを含めて、惜しみなく表現しました。國村隼さん、美保純さん、松たか子さん、妻夫木聡さん、藤原竜也さん、イッセー尾形さん、などの面々が出演しています。幼馴染・鈴木悠野役ではRADWIMPSの野田洋次郎さんが出演しています。松田さんと野田さんの二人は、子役とともにそれぞれの役を演じます。しょったんや家族、将棋仲間については、他に譲るとして、イチ押しの場面の一つは、しょったんと悠野と、イッセー尾形さん演じる将棋の恩師との一連の場面です。イッセー尾形さんは、その役としてずっと生きてきた感じの演技が魅力ですが、今作でもそこが発揮されています。夢を抱いたしょったんたち二人への接し方に注目です。イチ押しの場面のもう一つはしょったんの小学校時代の担任の先生(松たか子さん)が出る場面です。この先生は、数少ない登場にも関わらず、とても強く深い印象を残します。松たか子さんと言えば、『アナと雪の女王』エルサ役など、柔らかさを含みながら芯がある声、言葉がしっかりと届く話し方が特徴的です。この映画でも、松さんは、観る者と対面しているかのように、しっかりと言葉を届けます。物語の構成も手伝い、先生と接するしょったんの反応が、観る者に説得力を持って伝わるのです。後半でも、どんな場面かは観てのお楽しみですが、松たか子さんの声の力が、松田龍平さんの演技と掛け合わさる場面は、本当に必見です。夢を追うこと、努力や勝負、そこからの人生。松田龍平さん他の役者ファンや将棋ファンだけではなく、いろんな人にとって、観ると感じるものが多い映画ではないでしょうか。

 

50代女性
50代女性

幼いころから地味で目立たなかった子が、唯一大好きな将棋に人生をかけ、周りが脱落しても、だめでもだめでも諦めずに続けるのはなんと勇気がいることだったでしょう。そんな彼を見守る親の気持ちも想像してしまいます。特に一時は期待されたものの年齢制限で奨励会を退会した後もそのまま夢をあきらめない彼を見守った親の姿勢には驚きます。本人以上に覚悟が必要だったのではないでしょうか。夢を追う子供の立場からも、その子供を見守る親の立場からも共感し、楽しめる映画です。そして夢を分かち合える友人との出会いも夢をあきらめない気持ちを強くしたのでしょう。奨励会を退会せざるを得なくなった時点でもう道はないと思われたのに、古い将棋の世界の慣習を打ち破る挑戦を決心するしょったん。子供の頃からずっとかかわってきた人からも、わずかにかかわっただけの人からも、そんな色々な人の期待を背負い、たくさんの人の応援の気持ちを感じながら、重圧に負けそうになるも挑戦する姿を見ていると、自然と見ている自分もしょったん応援団の一員になっていました。心の中で「行けー!」と叫んでいました。しょったんを応援している一人一人の顔がハッキリと思い浮かぶので、余計に思い入れが深まります。主人公を演じる松田龍平が地味だけど見かけによらず諦めない粘り強さがあり、ちょっと分かりにくい人間だけど実は人間味あふれるしょったんにぴったり。お父さんの國村隼、お母さんの美保純、そして小学校の先生だった松たか子…この映画で忘れられない人たちです。こんなに大きな夢はなくても、私も頑張ろう…という気持ちになって映画館を後にしました。

30代男性
30代男性

奨励会で年齢の足切りにあって一度は夢を失ってしまった主人公が、再びプロ棋士になるために再挑戦するストーリー。激しいシーンはなく、静かに淡々と進んでいくんですが、それが主人公の性格とも調和して、強いリアリティをつくり出しています。古い慣習そのものに挑むチャレンジャー。でも、その姿は決して選ばれた人じゃない。特別な存在じゃない。僕らと同じように悩み、苦しみ、考え、迷い、自信を失い、それでも諦められなかった普通の人。でも、だからこそ、彼の物語は多くの人の胸を打つ。普通の人が、普通じゃない世界に挑み、飛び込んでいく様子が、誰もが応援したくなるものだし、とてもかっこいいものでした。彼を見ているとなんだか「自分にもできることがあるんじゃないか」とか、「まだ諦めてしまうのは早いんじゃないか」と背中を押される気分になります。つらいことがあった時、くじけそうになった時、そんな時は、きっとこの映画を僕は見ることになるでしょう。きっと何度も涙して、きっと何度も勇気付けられる、そんな大切な作品に出会わせてくれた制作者の皆さんには感謝しかありません。自伝的作品は、作者や当事者への忖度から、過度に物語を持ってしまったり、過剰に演出してしまったりするものも多いですが、この作品は、本当に等身大に描いているように見えました。作り手の一人一人がこの人物にすごく向き合って作った爪痕のようなものが随所に見えました。素晴らしい作品をありがとうございます。

 

まとめ

『泣き虫しょったんの奇跡』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

上白石萌音のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 怪談牡丹燈籠
  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました