娼年(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
4/6(金)公開 映画『娼年』予告篇

娼年(映画)の動画フルを安全に見る方法

『娼年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『娼年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

娼年(映画)の内容

映画『娼年』は、2018年4月に公開されました。

原作は、石田衣良さんの恋愛小説であり長編作品。2016年8月には三浦大輔さん演出、松坂桃李さん主演で舞台化され、俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず”表現”するというセンセーショナルな内容で話題となりました。

そして、2016年の舞台と同じ松坂桃李×三浦⼤輔のコンビで映画化され舞台とは違う、映像表現の限界に挑戦下作品で、激しい濡れ場が話題を呼びました。

出演者は、秘密の会員制ボーイズクラブの娼年・リョウ役に松坂桃李さん、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香役に真飛聖さん、静香の娘・咲良役に冨手麻妙さん。その他、リョウにその欲望を引き出されていく女性たちに、桜井ユキさん、馬渕英里何さん、荻野友里さん、佐々木心音さん、大谷麻衣さん、階戸瑠李さんなど女優陣が出演しています。

 

様々な性癖を抱える女性客たちが、娼夫のリョウとの行為をすることで解放されていくというのが繰り返されるのだが、ベッドシーンは生々しくも美しく、そしてどこかもの哀しい。リョウもまた、女性たちと行為を重ねることで精神的に“少年”から“大人”へと生まれ変わるのでしょう。

ストーリーやメッセージより何より俳優陣の演技がすごい。松坂桃李の前に現れる女性たちは様々な欲望、悩みを抱えている人たちばかり。そんな人たちとまっすぐ向き合う松坂桃李の濡れ場は迫力があって、やっぱ俳優ってすごいなと思った。

原作も読まずに視聴して度肝を抜かれた。娼年になった主人公は様々な客とやりまくります。ギャル、主婦、同級生の女子大生、さらに男性、そして老女まで。こんなにも攻めた映像が作れるのも三浦大輔監督だけでしょう。

前評判で、あまりにベッドシーンばかりが取り沙汰されていて、どんな感じかなぁと思いながらの鑑賞でした。でも、全然それだけじゃない。色々な気持ちがせめぎ合って、とても良い映画でした。松坂桃李は「今の歳にしか出来ない役」と言ってたけどまさに!!良くやったと思います。

あらすじ

日々の生活や女性との関係に退屈していた名門大学生・森中領(松坂桃李)は、バーでのバイトに明け暮れ無気力な毎日を送っていました。ある日、そのバーに御堂静香(真飛聖)という美しい女性が現われます。

「女なんてつまんないよ」という領に、静香は”情熱の試験”という名前で自身が手掛ける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験を受けさせます。

翌日から娼夫・リョウとして仕事を始め、最初は戸惑いましたが、娼夫として仕事をしていく中で、女性たちの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていきます。

見どころ

松坂桃李の迫真の演技

今作は、女性それぞれの欲望に合せた濡れ場シーンがあり、女性は代わりますが、松坂桃李さんは何度も濡れ場シーンを演じました。ご本人はインタビューで「AVを見て研究した」と語っていて、「腰が終わるかと思った」ほど練習したそうです。そんな松坂桃李さんの鬼気迫る濡れ場シーンは、この映画の見どころです。

脇を固めた女優陣たち

ここまで過激な性描写と内容で、高いハードルを越えて集められたキャストたち。個性豊かな登場人物たちが自己を解放して幸福になるまでを、自身の裸体で表現した女優陣の演技はどれも素晴らしいものでした。

冒頭でもご紹介した桜井ユキさん、馬渕英里何さん、荻野友里さん、佐々木心音さん、大谷麻衣さん、階戸瑠李さん以外で、舞台『娼年』にも出演していた江波杏子さんは、映画では1回のみの登場ですが、その存在感は心に残ります。

西岡徳馬の前代未聞の名シーン

誰もが、西岡徳馬さんが演じたシーンを番外編のように見どころとご紹介しているようです。熱海のエピソードで登場する年の差夫婦の泉川を演じた西岡徳馬さんのあの演技は、原作にはない映画オリジナル描写とのこと。「あれは笑える」という声もあって、前代未聞の名シーンとなっています。

スタッフ

原作 :石田衣良「娼年」
監督・脚本:三浦 大輔
音楽:半野喜弘 and RADIQ septet

キャスト

森中 領(リョウ):松坂 桃李
大学生。恋愛も大学生活もつまらないと感じて、バーでバーテンダーのバイトをしている。

御堂 静香:真飛 聖
会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」のオーナー。

咲良:冨手 麻妙
耳が聴こえない謎の女性。

平戸 東(アズマ): 猪塚 健太
リョウが働く「Le Club Passion」でトップクラスの売上を誇る。

白崎 恵:桜井 ユキ
リョウのゼミの同級生。リョウにバーでの飲み放題と引き換えに、ゼミのノートと代返を任されている。

田嶋 進也(シンヤ):小柳 友
領の中学時代の同級生。ホスト。自信家で調子のいい男。

イツキ:馬渕 英里何
「Le Club Passion」の客。

主婦:荻野 友里
「Le Club Passion」の客。

紀子:佐々木 心音
訳あり泉川夫婦の妻。

ヒロミ:大谷 麻衣
「Le Club Passion」の客。

ギャル風の女:階戸 瑠李
リョウの自宅に泊まりに来る。

泉川:西岡 徳馬
訳ありの泉川夫婦の旦那。

老女:江波 杏子
誕生日にリョウを買う客。

 

『娼年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

娼年(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

イケメンで若手実力派俳優の松坂桃李さんが主演されると聞き、どんな風になるんだろうと楽しみにしていました。主人公のリョウが退屈な毎日を過ごす中、会員制ボーイズクラブのオーナーである御堂静香と出会い、娼夫となることで刺激的な日々を送っていくストーリーです。いろんな悩みを抱える女性たちが出てきますが、男の人を買うという非現実的な中で、心を満たしているんだろうなと感じました。女性を満足させることに真剣なリョウは以前のリョウとは違ってみえました。それはきっとリョウが御堂静香に認められたい一心で頑張っていた姿なのだと思います。とても難しいシチュエーションばかりなのに、松坂桃李さんは熱演されており、すごいなとただただ感心しました。彼にしかこの役は演じられないのではないでしょうか。松坂桃李さんの新境地を見させてもらったなという感じがしました。また、作中の映像や音楽もイメージ通りで素敵でした。暗いイメージが続く映像もそうとは感じさせない作りで、どんどん物語に引き込まれて行きました。最後まで目が離さず、結末はどうなるんなろうと楽しんで見ることができました。松坂桃李さんのファンは必見の心に響く映画だと思います。

50代男性
50代男性

この映画は、ある意味、話題性がある映画だと思いました。それは濡れ場の映像だと思います。しかし、映画を見を終わるとその印象は大きく変わります。ストーリーの深さに心を打たれます。濡れ場は、ストーリーのアクセントであり、主では無いことがわかります。この映画は、人間が、どのようにして心の満足を得るストーリーです。心の満足は人それぞれで、正解がありません。その正解の1つの場合として、この映画は、性にスポットを合わせています。その性にも、いろいろな形があり、スポットを合わせて、さらにスポットを狭めています。原作がある映画であり、その原作を読んだ読者が見ても、満足すると思います。原作と違って、がっかりはよく聞く話ですが、この映画は原作を読みたくなる映画です。だから、どっちが先でも良いと思います。この映画の出演者が、ぴったりな所も良い箇所です。特に松坂桃李の中性的なイメージが映画に厚みを出しています。派手な演技ではないですが、心の心情がジワリとにじみ出るのが、見る人に染み込んで来ます。真飛聖がいい味を出しています。松坂桃李との心の関係性が松坂桃李の心の心満足を満たす要素になっています。真飛聖の目線から見ると新しい映画の一面が見れます。

30代女性
30代女性

とにかく濡れ場、濡れ場、濡れ場、の一色です。松坂桃季の演技にドはまりします。女が男を買う、という設定も見せ場で、様々な背景を抱えた女たちの人生模様も描かれています。特に印象深かったのは、排せつを見せることを快感とする女や、暴力を受けるのを見て興奮する男などです。排せつを見せるところは、えー、そこ?!とノーマルな私からしたらびっくりしました。暴力シーンは、松坂桃季が急に乱暴になって、どうなっちゃうの、これ、とハラハラしていましたが、最後まで見て、ああ、そういうことだったのね、と安心しました。松坂桃季の目は世の中を蔑んだ目をしていて、役になりきっていましたね。イケメン俳優主役なので、それだけでももうお腹いっぱいという感じなのに、性を描いた映画であることで、さらにドキドキ感が増します。お客さんは女性が多かったです。中にはカップルで見に来ている人たちもいました。ラストに衝撃の事実が隠されていますが、これにもまた驚き、最後までずっと飽きずにストーリーを追って行けた映画でした。映画の中だから許されることだと分かってはいるけれど、見ている間は映画の世界に引き込まれます。見終わった後も、お金を出して見たことに後悔しない映画でした。

20代男性
20代男性

原作をだいぶ昔に読んで非常に強烈な印象を受けて、動画配信サービスにあったので思わず見てしまいました。松坂桃李さんがかなり原作の主人公のイメージにマッチしていて、とても感動しました。ルックスや演技力もかなり理想的でまさしく彼以外には考えられないくらいです。話のテーマはタイトルの通り、かなりアダルトな内容で見る人を選ぶ内容にはなっていますが、ハマったらその分インパクトが大きいでしょう。話題性も抜群だと思います。他の小説や作品では中々男の人がこういう役をやるテーマの題材はないと思うのでなおさらインパクトがあると思われます。アダルトなシーンが多い作品でそういったシーンがどうなるのか不安だったのですが、かなり原作に忠実に再現されていて臨場感に溢れていました。女優陣の色気がすごく、かなり魅了されました。初めて見る方も多かったのですが松坂さんと同じく、演技力やルックスが非常に整っており、イメージにぴったりでした。大筋の話も原作に忠実に作られていて、そこも嬉しかったです。変な改変もなく、とても安心しました。きちんとこの映画一作で完結するようになっているので、話題作りも兼ねて視聴してみるといいのではないでしょうか。

50代男性
50代男性

物語で展開される女性ひとりひとりの欲情は、男性がセックスをしたいそれと同様と思っていたが、それとは違い、幼少期からの家庭環境や社会的ストレスからくる要因が少なからず影響しているのだと思った。それぞれのセックスシーは、自分の経験と照らし合わせて観ると興奮し見入ってしまう。その反面、女性の中に隠されている欲情の奥深さには不思議な思いが湧いてくるが、それを理解してお付き合いするとしないとでは大きな違いが生まれると思うので、是非、繰り返し観ることを進めます。私が興味をそそられるシーンは、この二つです!主人公が娼夫なるための“情熱の試験”は、何とも言えない感情で見入ってしまう!何故、清香(会員制ボーイズクラブ社長)がこの女性を相手とし選ぶのかが分かりかねる。清香は抵抗ないのか?これもまた、清香と彼女の生活環境がもたらす当たり前のことなのか?次に面白かったシーンは、初めてのお客とするセックスが童貞のようで、例えるなら初めてナイフとフォークを使ってステーキを食べるぎこちない感じが面白いです!女性経験はあるはずなのに、セックスに至るまでの焦らしと女性からの欲情がそうさせているのか?(興奮感が伝わります!!)最後まで観終わるとサブタイトル「僕を、買ってください。」は、「僕を、青年にしてください。」と見えてくる。

40代男性
40代男性

主演の松坂桃李が娼婦の男性版である大学生役を演じていました。性に満たされない不特定の女性に対して、性的なことを行い欲望を満たさせる娼年。性的なサービスを受けるのは基本的には男性が多いと思っていましたが女性でも性的をサービスを受ける方がいることに驚きました。そこは、人間なので性的欲求は同じであるのは理解出来ますが。様々な性的欲求に対して体を張って応えていく裸になり松坂桃李の演技力が凄いなって改めて思いました。濡れ場が多い作品なので最初はそれを期待して見始めましたが、作品を見ていくうちに嫌らしくなく、芸術性が高い作品であるなと思いました。最初は、セックス関して淡泊でしたが女性を徐々に満足や快楽を得させることでセックスの意味や心の寂しさを埋める行為であると割り切って行為を行っており見ていて何だか切ないなと感じました。この作品はどちらかと言うと色物になる作品であると思いますが、松坂桃李はこの作品に出演したことで演技の幅が広がり役者として一回りも二回りも大きく成長したのでは無いかなと思いました。現に、映画の賞も受賞していたかと思います。原作は、まだ読んでいないのですが機会があれば読んでみたいと思いました。

 

20代女性
20代女性

視聴前は、口コミで、『とにかくエロい』など少し扇情的な言葉ばかり並んでいて、映画として作品としては正直期待というよりは好奇心といったものを抱いていました。R 18作品ということもあり、少し視聴に躊躇している方も少なからずいるかと思います。ですが、視聴した感想としては、もちろんただエロいだけではなく、松坂桃李の名演技とともに、非常に深いものでした。確かにエロいシーンは多く、松坂桃李ファンにはたまらないものになっていたかとは思います。ですが、特に女性は色々と考えさせられるシーンも多くありました。娼夫である主人公を買う女性たちは、確かにお金もちで一見成功者のように見えますが、様々な悩みを持っており、これは、女性なら自分に重ねあわせた方も多かったかと思います。性欲を満たすためだけではなく、心を満たされたいから娼夫を買う。これ自体は非現実的なようにも思えますが、身体を重ねることにより、性ではなく心が満たされる方は多いのではないでしょうか。ただ抱きしめられたい、ただ肯定されたい、そんな気持ちは誰しもが持つ感情なのではないでしょうか。そういう心理を読み解いた上での視聴はまたエロシーンも違ってみれるかと思います。ちなみに、エロシーンは非常に過激ではあるものの、さすが映画、だんだんと慣れてくるので大丈夫です。

20代女性
20代女性

総合的な感想としましては、微妙でした。元々の原作である小説を読んだことがあるので、内容・ストーリーは把握しておりましたが、映画のみ観られた方々はストーリーが上手く掴めなかったのではないかな?と思います。それくらい飛び飛びでした。主人公である松坂桃李が演じるリョウには申し分ございませんでした!とてもかっこよくてセクシーで、孤独な青年から情熱を持った青年へと変化される様が上手く演出されておりました。かつ、裸体でのシーンが多くて、完成された松坂桃李の身体は眼福物でした。素敵な身体を作り上げられたと思います。ただ、内容的に性行為を伴うストーリーですのでそういった演技が得意ではなさそうなキャストも含まれていました。逆に演技が上手いのに身体が残念なキャストも居られました。御堂静香を演じていた真飛聖も、私が重い描いていた御堂静香そのもので、大変良かったと思います。少し、息の抜けるような喋り方が気になったかなー?くらいです。とても美人でしたし、線の細さも想像通りで満足でした。しかしながら、一番気になったシーンが、ラストのリョウと咲良、御堂静香のシーン。原作だと、何かと考えさせられるシーンなのに、何故かBGMが太鼓でドンドコドンドコ…雰囲気ぶち壊しでした。ここのシーンのせいで台無しといってもいいレベルです。キャストに松坂桃李が含まれていて持ったような感じでした。

40代男性
40代男性

話題作だったので鑑賞しました。生きる気力さえも感じられない主人公が、体を売る仕事を始めてから明らかに変わっていく様子が丁寧に描かれていました。人間の欲望というのは人それぞれで、それを叶えてあげるために翻弄する主人公に、いつの間にか共感し、応援していました。かなり濡れ場が多く、しかも普通ではないシーンばかりでよく演じきったなと思いました。松坂桃李の役者魂にも感激しました。彼は、これからもっと伸びるだろうと感じさせてくれました。
設定自体は非現実的な感じもしつつ、でももしかしたら自分の知らないところではこんなことが起こっているのかもしれないとも思いました。そんな風に観ていると、何だか少しワクワクする気持ちもありました。登場する女性達も個性的で、それぞれの良さが上手く描写されていました。個人的には、初めてのお客さんになったヒロミさんが素敵でした。気怠い感じで色気もあって、激しいシーンもとても良かったです。こんな綺麗なお客さん、実際にいたらすごいなと思いました。過激な描写に最初は驚いたものの、観終わった後には全て必要なシーンだったと感じました。キャストも全員が適役という印象で、もう一回観たいくらい素晴らしかったです。

20代女性
20代女性

この映画は男女が体を重ねるところが、とてもインパクトがありました。それぞれいろんな想いがあるところは、リアルだなと感じました。松坂さんの体を張った演技は、本当に素晴らしいと思いました。領のミステリアスでどこかダークな雰囲気は、この作品の世界観にピッタリだと思いました。いろんな女性と体を重ねていって、領自身がどんどん変わっていくところが良かったです。色気もあってすごくかっこいいなと思いました。また女性たちがすごく魅力的に感じました。領と体を重ねている姿や、時に切なく美しい感じが見ていて印象的です。ファンタジーな世界の中に色々な欲望などが溢れていて、新しい映画だと思いました。様々なタイプの女性たちがいる中で、領はいつもと変わりなく体を重ねていくのがすごいと思いました。領が泣いたところはとても心にグッときました。感情が溢れた瞬間でこの作品で領の儚さを感じました。領が女性たちに興味を持っていくところなどは、画面から伝わってきました。心が不安定になったりした時に領と関わることで、満たされていくんだと思いました。男女の濡れ場がいろんな形で描かれていて、独特な世界に引き込まれていく作品だと思いました。

 

まとめ

『娼年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました