シャニダールの花(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ファンタジー
映画『シャニダールの花』予告編

シャニダールの花(映画)の動画フルを安全に見る方法

『シャニダールの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『シャニダールの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

シャニダールの花(映画)の内容

映画『シャニダールの花』は、2013年7月に公開されました。

本作は監督の石井 岳龍さんが7年もの歳月をかけて温め続けた入魂の一作となっております。監督は「花はエロスと死の象徴であり、それに侵される男女を見つめ直すことは、生命力のあり方ととらえ直すこと」と語っており、人間と花の関係性を通して、新たな見方を表現しております。

主演には、数々の話題のドラマ・映画に出演し、ミステリアスで独特の雰囲気を放つ人気絶頂の綾野 剛さんが務めました。彼自身が、石井組について『静かな狂気』と表現しているように、その緊迫感あふれる世界観を見事に体現いたしました。

また、名高い演出家から高い評価を受けている黒木 華さんは独特の透明感と堂々とした演技を披露しております。綾野さんとの互いに惹かれあっていく感情の揺れ動きを瑞々しくも大胆に表現しております。

そのほか、刈谷 友衣子さん・山下 リオさん・伊藤 歩さんなどの個性を放つ女優陣が繊細な心情を細やかな演技で表現し、物語の核となるストーリーを確かなものにしております。また、古舘 寛治さんの安定感ある俳優の存在が、より本作としての力を強固なものへと導いてくれています。

 

最近の邦画は、原作ありきが多いなかで『オリジナル』ということで、かなり期待して見ました。正直、好き嫌い別れる作品だと思いますが、個人的にはとても良かったです!

映画を見てる時、ついつい時計を見てしまう私ですが、この作品はサクッと見ることができました。見た感じの印象は世にも奇妙な物語っぽい。短編の方が綺麗に収まったような気もしますが、飽きることなく見れたので、非常に満足です!

映像・音楽・衣装・言葉・演技・・・どれをとっても洗練された上品な美しさの中に、狂気が描かれている。魅惑満載の世界観です。

綾野さんのファンだから見ましたが、この作品での美しさはすごい。際立っています。痩せているとかそういうことではなく、ボディラインが綺麗で、こんな演技も出来るんだと、さらに好きになりました!

石井監督が7年もの歳月をかけて温め続けた作品だけあり、全てにこだわりを感じており、存分に魅力を感じた方が多かったですね。

また、綾野さん・黒木 華さんはもちろん、監督の思いに演者が見事に応えてくれている作品となっております。

あらすじ

ごく少数の限られた女性の胸にだけ『シャニダール』という、この世のものとは思えないきれいな花が開花するという奇妙な現象が起きていました。

満開の状態で摘んだ花の成分は、画期的な新薬の開発に繋がるとされ、億単位で取引されておりました。そこで、母体となっている女性たちに高額の契約金を支払い、研究所の施設でシャニダールを栽培しております。母体となる女性たちの精神状態と、シャニダールの成長とのあいだには何らかの関連があるとされており、施設にはセラピストが常駐しています。

製薬会社でシャニダールの研究をつづける植物学者の大瀧 賢治(綾野 剛)は、新たに赴任してきたセラピストの美月 響子(黒木 華)は出会い、シャニダールの花の成長に誘われるかのように、少しずつですが互いに惹かれていきます。

ある日、花を摘み取った提供者が謎の死を遂げる事故が相次ぎ、大瀧は研究所に不信を抱きました。そんな中、響子の胸にもシャニダールの芽が出てしまいました…

賢治は、響子の体を守るために、寝ている彼女の胸からシャニダールの芽を切除し、響子は退社しました。そして、賢治の前から姿を消してしまいます。賢治は響子を探し出しましたが、そこには変わり果てた響子の姿が…

見どころ

数々の新人賞を受賞

当時は若手である黒木華さんは、第5回TAMA映画賞:最優秀新進女優賞、第87回キネマ旬報ベスト・テン:新人女優賞、第35回ヨコハマ映画祭:最優秀新人賞・第56回ブルーリボン賞:新人賞と5つの新人賞を受賞いたしました。

実力派女優のステータスを手に入れている彼女ですが、本作がステップアップになった作品でもあります。

スタッフ

監督:石井 岳龍
脚本:石井 岳龍・じんの ひろあき・田中 智章
音楽:勝本 道哲

キャスト

大瀧 賢治:綾野 剛
花の研究所・シャニダールへ2年前に本社から派遣された研究熱心な男性。不器用で優しい性格の持ち主であり、まっすぐで自分の信じるものしか受け入れられないという難点があります。

美月 響子:黒木 華
花の研究所・シャニダールに本社から派遣された女性心理カウンセラー。どこか神秘的で柔軟な考えを持っており、花を宿す女性と接していくうちに、自らも花を宿すようになる。

立花 ハルカ:刈谷 友衣子
絵画の才能があり極度の人見知りの若い女性。花を宿しており響子の初担当。

菊島 ミク:山下 リオ
プライドが高く孤立している女性。花を宿しており、次第にハルカと打ち解けて親友となります。

田村 ユリエ:伊藤 歩
バリ料理が得意な大瀧に好意を寄せている女性。花を宿しており、花の採取手術で死亡してしまう。

吉崎 和彦:古舘 寛治
花の研究所・シャニダールの所長。シャニダールの花についての第一人者。花についての重大な秘密を秘匿している。

 

『シャニダールの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

シャニダールの花(映画)の感想

50代女性
50代女性

綾野剛さんが、とてもカッコ良かったと思いました。さすがの演技力でとても良かったと思いました。黒木華さんが、とてもいい演技力で素晴らしかったと思いました。何ともいえない不思議な魅力があって、透明感がすごいと思いました。衣装と美術がすごく素敵だと思いました。伊藤歩さんが、安定した演技力で良かったと思いました。女性の胸で花が咲くというのが、色気があって魅力的だと思いました。花は月下美人を参考にしたということで、とてもリアルできれいだと思いました。花が咲かない女性が、他の人の花をむしり取るシーンはとても印象的でした。花が生えている女性たちが着ている入院着が、宇宙服のような不思議な物でこの映画の雰囲気にあっていると思いました。シャニダールの花によって、運命を狂わされてしまった男女のおりなす人間ドラマは、とても見ごたえがありました。全体的に不思議な世界観があって、少し中毒性がある作品だと思いました。研究所の中の無機質な空気感とムードが独特だと思いました。人間の髪の毛が根で、股の部分が花で、人間は自然に逆らって生きているのだという発想が面白いと思いました。なんとなくフランス映画のような感じで、見終わった後、余韻に浸っていろんなことを考えさせられる映画でした。

 

40代女性
40代女性

不思議なお話です。ある特定の女性の胸で咲く花、男ではなく女というのがなんとも妖艶で映像的な物語です。美しいのですがなんだか得体のしれない恐怖も感じました。そんな存在を商売に使おうなんて思ってはいけないのです。家畜のように一か所に集めて女性とその胸の花を養育し、自然摂理に逆らったからこそ人々は翻弄され破滅に陥ったのかもしれません。心に穴が開いた人ほどお花は寄生しやすいそう、隙間を埋めてくれるその存在は完全に修復してくれるだけの力は無かったようです。天使なのか悪魔なのかを含め、結局謎のままに終わったシャニダールの花、もやもや感はありましたが独特な世界観を愛する人はいるのかもしれません。恐竜を絶滅させたのは花であるという説は面白い、でも実際にそのおかげで種を拡散することが出来て今も尚滅びることなく繁栄を続けているのですから突拍子もないと笑って切り捨てることは出来ません。花と共にネアンデルタール人の化石が発見されたイラクの地域名が元となってシャニダールと名付けられているそう、どこまでが本当でどこからが創作なのか分かりませんでした。人の髪の毛が根っこで自然に逆らって生きているという発想も面白い、いろいろと発見があります。

 

40代男性
40代男性

正直、この映画シャニダールの花に関しては少し怖かった印象があります。私はこれまでにたくさんの映画を観てきましたが、このような映画は初めて観たような気がしています。少しホラーが入っているかのようにも思えました。生きている女性から花が咲いて、そしてその花をまた高値で売ると言う非常にミステリアスなところも感じました。しかし、後にそんな女性たちが次々に死んでいく事件が起こり、植物学者である大瀧演じる綾野剛さんが、そんな状況下の中不信に思い奮闘していく姿が非常に格好良かったです。また、ヒロイン役のセラピストとして響子演じる黒木華さんも物凄くお芝居が上手で良かったです。そんな、難解な問題に立ち向かいながらも二人が徐々に惹かれあっていく様がまた美しくも見えました。シャニダールの花の成長に誘われるかのようにお互いに好きになっていく姿を物凄く描かれていたようにも思えました。私は元々、この映画に関してはあまり内容を知らずに観始めたのですが、終わってみれば非常に印象に残った映画になりました。冒頭でお話したように初めて観るような作品でしたので、本当に印象に残っています。是非、また続編などあって欲しい作品でもあります。

50代男性
50代男性

たとえとしてあっているか分かりませんが、この映画を見て思ったのは「煙の多い花火を見ているような」感じがしました。せっかく美しいものを見たかったのですが、煙の量が多すぎて、咳き込んでしまったという感じです。アイデアは非常に魅力的です。「女の人の胸部に謎の花が咲く」という設定は、やりようによっては物凄く面白くできた気もします。ただ、私のような50を超えたオジサンはなぜだか「ウルトラセブンぽいな」とも感じてしまいました。こういうストーリーの回があっても不思議でないような。女性の胸に咲いた花を回収しに来る、奇怪な宇宙人の姿まで脳内に浮かんでしまいました。なので「恋愛方面」に話が流れて行ったことで、正直冷めてしまった部分がありました。綾野剛さんと黒木華さんをキャスティングすれば「あぁ、2人が恋に落ちるんだろうな」という予定調和の臭いが、どうにも鼻先に来たというのもあります。個人的には胸に花の咲いた女性たちがベッドに横並びに寝かされているビジュアルが好きです。シュールであり、どこか不気味でした。このシーンがあっただけでも充分に見た甲斐がありました。恋愛・サスペンス・SF・ホラーを鍋に放り込んで、出来上がった料理は、微妙ですが記憶に残る味でした。

 

40代女性
40代女性

シャニダールの花は、少女漫画に掲載されるようなファンタジックなストーリーですが、自分はオリエンタルな空気を感じるし、人間と植物との共存などを感じる。作品のジャンルはファンタジックとも言われている。ストーリーは途中までは非常に惹かれるように設定されており、女性の胸にシャニダールの花が芽生えるという現象は、女性の愛、母性愛、などと置き換えて捉えた。何も解釈できないという人もいるだろうし、シャニダールの花を傷つけると母体が危険になるということに、母性愛を反映させることもできると思った。セラピストと研究員のカップルが登場してから、とくにシャニダールは愛なのではないかとも思えた。映画化されることで、よく理解できないストーリーになってしまうようにも思えるが、黒木華さんの摩訶不思議な魅力で、ファンタジックな世界を堪能することができるようだ。まるで夢物語のようなストーリーも終わりを告げる。
シャニダールの花が咲く中でふたりは結ばれている。ハッピーエンドということ。シャニダールの花、人が持っている心の中の愛情かもしれないし、母性かもしれない。見る人によって興味が分かれてくるという、なんともファンタジックな作品。

 

まとめ

『シャニダールの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

刈谷友衣子のU-NEXT配信作品

【映画】

  • スイートプールサイド
  • シャニダールの花

【ドラマ】

  • ドラマ メイドインジャパン

山下リオのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 彼岸島TVシリーズ
  • フルーツ宅配便
  • 連続テレビドラマ ねこタクシー
  • 定年女子
  • スクラップ・アンド・ビルド

伊藤歩のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • CHIEF~警視庁IR分析室~
  • 明日の君がもっと好き
  • 贖罪
  • アウトリミット
  • 平成細雪
  • 警視庁・捜査一課長 正月スペシャル(2020年1月3日放送)
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました