世界から猫が消えたなら(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ファンタジー
『世界から猫が消えたなら』映画オリジナル予告編

 世界から猫が消えたならの動画フルを安全に見る方法

『 世界から猫が消えたなら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『 世界から猫が消えたなら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 世界から猫が消えたならの内容

映画『世界から猫が消えたなら』は、2016年5月に公開されました。

原作は、映画プロデューサーで映画監督でもある川村元気さんによる小説。川村元気さんは、映画「電車男」や「告白」「悪人」、「モテキ」などの企画・プロデュースし、2012年に『世界から猫が消えたなら』で作家デビューしました。ちなみに2作目の小説は、2018年に映画化された「億男」。

『世界から猫が消えたなら』は、1匹の猫と共に暮らす男性郵便配達員が主人公です。これは、川村さんが、幼い頃に飼っていた猫が突然姿を消たり、大人になってから携帯電話をなくした体験などを通し、その時に感じたことから着想を得て、構想に約1年、執筆に約半年かかり完成した作品。

基本的にはファンタジーですが、家族のかたちを描いたドキュメンタリーの要素もあって、誰もが自分に置き換えて入りこめるように登場人物は“僕”や“彼女”にして個人名がついていません。

主人公の”僕”には、演技力が高評価される佐藤健さん、”彼女”には宮崎あおいさん、ほかに、濱田岳さんやE-girlsの石井杏奈さんなどが出演しています。

 

佐藤健の持つ優しい雰囲気や物の言い方はとても好感が持てた。
お母さんとの浜辺での泣きのシーンはグッと来た。

メッセージはストレートですが、それ以上に考えさせられる。
あと映像が美しく、一つ一つのシーンに見惚れました。
濱田岳くんの演技がいちばん泣きました。

佐藤健さんは良い意味でオーラを消していて、泥臭いというか男性が等身大に感じられる誰かにしか特別ではない平凡と言うか普通の人を演じていて、物語にとっての名脇役で主張しない感じが良かったです。

泣き止むところが見つからないというくらい泣かされます。
特に私がグッときたのは濱田岳さんの演技でした。

佐藤健さんと濱田岳さんの演技に感動する人が多くいたようです。ただ、少しストーリーの展開するテンポがゆっくりで、眠くなっちゃった人や、時系列についていけなくて難しく感じたという声もありました。

あらすじ

主人公は30歳の郵便配達員の僕(佐藤健)。愛猫キャベツと2人暮らし。母を病気で亡くしてから、実家の父とは疎遠になってしまいました。恋人はおらず、別れてしまった彼女のことを、まだ想い続けています。趣味は映画鑑賞で、友だちは映画マニアの親友が一人だけ。

そんな彼が、ある日突然、進行した脳腫瘍を患い、余命わずかの宣告を受けてしまいます。
ショックで呆然とする彼の前に、とつぜん、自分と同じ姿をした悪魔が現れて「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」と言います。

悪魔のささやきに乗せられた主人公は、次々とものを消していきます。
最初にその時たまたま使っていた「電話」を消すことにした僕。悪魔に電話を消す前に最後に電話を使っていいと言われ、僕は3年前まで付き合っていた元「彼女(宮崎あおい)」に電話をします。

次に「映画」を、次に「時計」、そして「猫」。

ところが、何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えてしまうことになり…
余命わずかの彼に起こった、切なくも優しい「愛」の物語です。

見どころ

大きな見どころは、絵画のような美しいロケーション映像。

函館・小樽の静謐な美しさと、アルゼンチン・ブラジルの情熱的でカラフルな街並みとのコントラスト。なかでも世界遺産「イグアスの滝」でのシーンはまさに圧巻の迫力です。

 

また、出演した猫のキャベツの姿も話題に。北海道撮影で寒さをしのぐ”キャベツ巻き”も人気になりました。

 

スタッフ

原作:川村 元気「世界から猫が消えたなら」
監督:永井 聡
脚本:岡田 惠和
音楽:小林 武史

キャスト

僕/悪魔(2役):佐藤 健
(僕)30歳。猫のキャベツと暮らしながら、郵便配達員として働いている。余命1週間の末期の脳腫瘍。
(悪魔)僕にそっくりな悪魔。通称:アロハ。残忍ではないけれど冷淡。猫好きでウインクが下手。

彼女:宮崎 あおい
僕が大学時代に付き合っていた恋人。映画好きで映画館で働く、男らしくサバサバとした性格。

タツヤ:濱田 岳
レンタルビデオ屋”ツタヤ”で働く中学からの僕の親友。

トムさん:奥野 瑛太
僕が彼女とメキシコに旅行に行った際に出会った男性。

ミカ:石井 杏奈
僕の親友・ツタヤの店”ツタヤ”でアルバイトをしている女性。

父:奥田 瑛二
僕の疎遠になった父。

母:原田 美枝子
僕の死別した母。

キャベツ:パンプ
僕の愛猫。

 

『 世界から猫が消えたなら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 世界から猫が消えたならの感想

 

20代女性
20代女性

良い意味で、見終わったあとに心がズーンと重くなるような映画でした。主人公の佐藤健が大好きで観に行きましたが、途中までは割りとテンポはゆっくりめの映画です。しかし、半分あたり~終盤にかけての出来事が本当に考えさせられることばかりで、見入ってしまいました。主人公の佐藤健は、病気で先が長くありません。そんなときに、もう一人の悪魔の自分から、この世界から何か1つを消すことで、寿命を1日伸ばすことができる、と言われます。主人公は半信半疑ながらも、身の回りの小さなものから順に消していきます。しかし、物語の後半でも分かりますが、消してしまってもたいして影響はないだろうと思われるような物であったとしても、この世界からなくなってしまうことで、それをきっかけに出会った人であればその出会いさえもなかったことになってしまう。特に、友人の濱田岳とのシーンは切なすぎて考えさせられました。また、宮崎あおいとの旅の中で出会う男性の件で悲しい出来事があり、佐藤健と宮崎あおいの二人で滝を目の前に涙を流すシーンがあるのですが、そのシーンが一番悲しく考えされられました。日々自分の横を通りすぎる人々は自分とは面識のない人なわけで、たとえ自分が死んでしまってこの世からいなくなったとしても、誰もそれを悲しむ人はおらず、ましてや自分の存在さえ知らない。そう思うと、普段関わりのある人はとても少ない確率の中で知り合えたわけで、その人々を大切に、そして自分の人生に責任を持って生きていかなければいけないと考えさせられる物語でした。

30代男性
30代男性

映画「世界から猫が消えたなら」は、2016年に公開された川村元気さんの小説を映画化した作品です。主演は佐藤健さんが務めました。彼女役に宮崎あおいさんが務め、濱田岳さん、石井杏奈さん、奥田瑛二さん、原田美枝子さんら豪華な出演者が作品を彩りました。佐藤健さんが、余命を宣告されてからの生活を描いた作品で、とても死について考えさせられることが多かったです。佐藤健さんと同じ姿の悪魔がきて、一日延命する代わりに、世界から何かを消し去るという非日常的な内容で、死を前に周りの人との繋がりを再認識していきます。死と直面する事で、友人や恋人、家族との関わりが今までと少し変わるというのを描いており、面白かったです。家族との話がとても印象的でした。主人公と父親が仲違いしていたことを母親は仲直りさせたいと思っていたのだなと感じ、父親との和解を決意して、最後には配達員をしていた主人公が、自身の遺書を渡そうとしているシーンはとても泣けるシーンでした。この映画で、今生きていられることを当たり前というのが、幸せな事だなと改めて感じました。実際に死を近くに感じたときにはどのように感じ、どんな行動をするかを考えさせられた作品でした。

50代男性
50代男性

明日死ぬことが決まっている若者に悪魔が、世界から何か一つ消せば一日命が伸びるという契約をもちかけます。電話、映画、時計が消えていきますが、その度に主人公はかけがえのないものの喪失を通じて人生を振り返ることになります。死んだ母親からの手紙が元彼女を通じて届けられるといった展開は泣かせます。今はいない大事な人のことを思い出してしまうのは私だけではないでしょう。映画撮影に使われることも多い函館の風景、元彼女との旅行の思い出のシーン(イグアスの滝)も効果的で、映画を見てただただ感動して泣きたいという時にはもってこいの映画だと思います。電話が消えるときは携帯電話も一挙に消えて、電話ボックスが破壊され、Softbankのショップが文房具店になるというCGによる表現も特筆すべきだと思います。ただ、疑問に感じる設定もあります。主人公と元彼女が昔親しくなったきっかけは、彼女が主人公に間違い電話をかけてきたときに主人公が今「メトロポリス」のDVDを見ていることを当ててしまったこと。でもこれは変。高額なDVDを二人とも見ていたという設定は許すとしても、「メトロポリス」はサイレント映画です。決定版の音楽が別に決まっているわけではないサイレント映画の伴奏音楽を覚えているというのがどうにもありそうにないです。ではなぜ「メトロポリス」なのか。どうも、名作映画の名をいくつか出して作り手の趣味の良さを見せたかったのでは、と勘繰りたくなります。なお、この映画はおそらくフランク・キャプラ監督の名作「素晴らしき哉、人生!」の反対のストーリーを試してみたのだと思いますが、「素晴らしき哉、人生!」も合わせて見てほしいと思います。

20代女性
20代女性

出演している俳優さんたちの演技が素晴らしい映画でした。1人1人の存在感がすごかったです。まずは主演の佐藤健さんです。色んな役を演じている佐藤健さんですが、こんなにもの静かで優しい役は初めて見たような気がします。最初はうじうじしていて見ていて少しイライラするなと思っていましたがもうすぐ死ぬという自分の運命を受け入れ、自分の周りの大切な人やものに感謝する姿は強くかっこよく見えました。こんな変化を演じられる佐藤さんの凄さを思い知らされました。そして宮崎あおいさんも素敵でした。一つ一つのセリフを大切にしているのが伝わってきて、宮崎さんの発する一つ一つの言葉が心に残りました。また透明感があり美しいだけでなくどこか強さも感じました。2人の旅行のシーンは映像もきれいで、旅人の言葉も素敵で、心を洗われると同時に生き方について深く考えさせられました。主人公の親友役である濱田岳さん演じるタツヤも心に残りました。すごく不器用ですが、主人公のことを大切に思っている様子がしっかり伝わってきました。面白いイメージのある濱田岳さんの新しい一面を見ることができたように思います。ストーリーも独特で、川村元気さんらしい作品だなと思いました。

 

30代女性
30代女性

佐藤健さんが、悪魔と僕の両方を演じているのですが、どちらも違う人に見えてすごいなと思いました。悪魔の健さんはやはりかっこよかったです。僕の健さんは大人しそうに見えたし、さすが佐藤健と思いました。自分の命と引き換えに何を消すか、ですが、消すとそれにまつわる思い出も消えるなら、何も消せないなと思いました。人を消すのはできないでしょうから、物にしたんだろうけど、思い出が消えちゃうなら一緒だし、かわいそうです。それなら死ぬかという話ですが、それもできないのも、わかります。ああ、なかなか深い話だなと思いました。でも、最初に消すのが電話だなんて、結構変わっていると思います。電話がないとどれだけ不便かと思うと、電話なんてほんと最後の方な気もします。また、舞台も良くて、レンタルビデオ屋とか古い映画館とか見ていると懐かしい気持ちになりました。レンタルビデオ屋も消えてしまいましたが、この頃は配信とかもあって、レンタル屋さん行ってないなと思いました。気がつくと消えているものが実は多いのかもしれません。ラストは、バタフライエフェクトのようで、よくある話でしたが、それでも感動的でした。ペットを飼っている人なら誰でも泣いちゃうと思います。

50代男性
50代男性

なぜか、見る前から「この映画の世界観は苦手な気がする」と避けていた作品です。思い切って見てみましたが、こちらが勝手に想像していたのと話の展開がかなり違いました。見る前は勝手に「猫好きなダメ男が、猫みたいな可愛い女の子に恋をして成長していく物語」みたいな感じを想像していました。どちらかというとファンタジーの世界観でした。余命いくばくもない主人公である佐藤健さんが、一日命を延命するために悪魔と契約して、その代わりに何か一つ「世界から消す」という話です。世界から電話が消えたなら、電車内で携帯で話していた人の手元から、携帯電話が溶けていくのです。驚いた主人公が電車を降りて外に出ると、電話ボックスのガラスが割れます(ここ、ちょっとビックリしました)。もっと面白かったのはソフトバンクの携帯電話ショップの看板が、トランスフォーマーみたいに折りたたまれて引っ込んでしまい、店内は次々とレイアウト変更されていきます。本屋にでもなるのかと見ていたら、文房具屋になりました。お涙頂戴シーンが苦手な私にとっての、この映画のクライマックスはこのシーンでした。しかしレタス(主人公が飼っている猫の名前)は無条件に可愛かったです。

40代男性
40代男性

原作を読んだ時にうけた、アイデアに対する衝撃的な感情と、ラストの感動を覚えていても、ラストは感動的です。電話を消されたら、連絡ができなくなってしまうだけじゃなくて連絡先もなくなって、手紙以外に連絡の手段がなくなってしまいます。でも、考えてみたら、昔は電話が普及してなくて手紙がメインの連絡手段だったんですよね。今の時代の利器にどっぷりと浸かっていて、有ることが当たり前になっているから、なくなってしまったら、困り果てるのだと思いました。手紙を書く時に相手のことに思いを馳せる、届くまでの時間、返事が来るまでの時間、ゆっくりとした流れの中で暮らしていた時代(とうしの人々はゆっくりしているという意識は全くなかったと思いますが。)を思うと、無くなってもまあよいのかなとも思えてきました。時計を消したあとの世界は時間の概念がなくなってしまいました。更に大昔は、江戸時代でもよいのですが、ナンとかの刻といってだいたいの時間概念で生活していました。これも、電話と同様に、現代の我々はゆっくりとした生活を懐かしいと感じるのでしょう。さて、ラストは今生の別れを前に、内観に似た経過を経て家族との関係を見直して最後につながっていきます。とても感動的です。なお、宮崎あおいさんはいくつになってもお美しいですね。

30代女性
30代女性

原作本を先に読んでいたため、どのように映像で再現するのか心配でしたが、実際に観てみると感動で号泣でした。主演の佐藤健さんを始め豪華なキャストで、登場人物それぞれの心境が高度な演技で表現されており、感情移入してしまいます。題名から想像すると猫がいなくなってしまうことがメインのお話のように感じますが、そうではなく、人やモノとの繋がりを感じさせられる作品です。作中では、現実世界では有り得ない事象も起こりますが、不思議と自分と重ね合わせて、考え直させられる部分もあります。主人公の体験を通して、友人、恋人、家族、ペットなど様々な相手との関わりを見つめ直すきっかけになるのではないかと思います。自分にこんなことが起こったらどうするだろうか、と考えながら観るのもおすすめです。特に家族を亡くしたり、猫好きの方には心に浸みる作品となるのではないかと思います。私は先に本を読みましたが、この映画の場合は、原作を先に読んでも、映画のあとに本を読んでも、どちらでも楽しめると思います。私の場合は本と映画両方で泣きました。映画館では、私に限らず、周囲の方々もほとんど涙していましたので、鑑賞の際は必ずハンカチをご準備いただくのをおすすめします。

20代女性
20代女性

佐藤健が一人二役を演じたことでも有名になった作品です。物語の展開にはファンタジー要素がかなり盛り込まれていますが、だからといって現実離れしているわけでもなく、命とは、家族とは、友達とはという人生の最大のテーマを問いかけてくれるようなストーリー展開になっています。タイトルから物語のテーマを推測することが難しいですが、あえてタイトルのことを考えずに見始めると、最初の方は猫の存在がそこまで大きなものに感じられないのですが、物語の後半になると全ての伏線が回収されて「そういうことだったのか」と感動のつながりを見ることができます。登場している猫の愛らしさは猫好きにはたまらない部分になっていると思います。ネコ好きでなくても愛しく思えます。佐藤健の演技も一見どこにでもいる普通の青年に見えますが、実は過去に傷や悲しみを背負った影のあるという複雑な役柄を丁寧に演じているところがまた作品を盛り上げています。かと思えばもう一役の悪魔の役柄では冷酷な少しSっぽいところを大胆に演じていて、彼の演技力の高さが際立つキャスティングになっているということもできます。家族の大切さを最後には感じることができるので、ぜひ大切な人と見て欲しい作品です。

20代男性
20代男性

この映画を見ると命の大切さを感じる事が出来ます。世界から何かを1つ消す代わりに自分の命を1日だけ伸ばす事が出来る様になるのですが、主人公の行動を見ていると命についてや何気なくこの世の中にあるものの大切さに気付けると思います。この映画は決して悲しい映画ではなくファンタジーな要素もあるのでたまにクスッと笑えてしまいます。主演は佐藤健なのでイケメン好きにも堪らない映画だと思います。また、この映画に出てくる猫はとても可愛くて癒されてしまう事間違いなしです。キャベツという名前で登場する猫は愛おしいです。世界から猫が消えたならは、人生について悩んでいる人は勿論、恋人と一緒にみたりしても感動できると思います。ストーリーの世界観が中々他の映画には無い雰囲気を持っているので邦画をよくみている人でも新鮮な気持ちで見る事ができると思います。主人公の見た目にそっくりな悪魔という登場人物と主人公のやりとりは見ていてとても面白いです。主人公が悪魔の存在に馴染めずにてんやわんやとする姿は見ものだとおもいます。また劇中のBGMなども映画の雰囲気にマッチしていて良い音楽ばかりなのでストーリーと一緒に楽しめるポイントだと思います。

 

まとめ

『 世界から猫が消えたなら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました