世界はときどき美しい(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『世界はときどき美しい』予告編

世界はときどき美しい(映画)の動画フルを安全に見る方法

『世界はときどき美しい』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『世界はときどき美しい』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

世界はときどき美しい(映画)の内容

映画『世界はときどき美しい』は、2007年3月に公開されました。

この映画は5つの短編で構成されており、それぞれ5つの物語に主人公が存在するのが特徴です。また、全編8ミリフィルムで撮影された後に、デジタル変換で35ミリの劇場用プリントを制作するという手法がとられ、その独特なタッチの映像がとても話題となった作品です。

監督はこれまで数々の映画監督のもとで助監督を務め、経験を積んできた御法川修さん。今作が監督デビュー作にもかかわらず、第19回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に出品されています。

各物語の主人公には、松田美由紀さんや柄本明さん、片瀬瞳さん、松田龍平さん、市川実日子さんなどの演技派俳優が抜擢されました。

 

生きてるって何だろうとか自分の存在ってなんだろうという気持ちになった。人間は、日常の意味を深く考えすぎているのかもしれない。明日から肩の力を抜いて生きていけそう。

フィルムの映像感が好きな私にとっては最高の映画でした。フィルム映画はなんでこんなに魅力的なのか・・。この魅力がもっといろんな人に届けばいいのにと思います。

どんな人間でも不安に思うことや恥ずかしいと思うことはある。でも、そのほうが人間らしくて美しいのかもしれない。生きるって素晴らしいことなんだと再確認できた。

第一章は世界観にあまり入り込めなかったけど、第二章からは入り込めて心地よかったです。普通の映画とは違う作風なので、好き嫌いは分かれるだろうなと思いますが、私は好きでした。

 

あらすじ

第一章『世界はときどき美しい』

38歳の野枝(松田美由紀)は、絵画教室で11年間ヌードモデルの仕事をしている。東京で暮らし始めて19年になる。最近は体調も優れず、通院生活を送っていた。

野枝はそれまで気にもしなかった道端の雑草に興味を持つ。自分は衰えていき、いずれ死んでしまうが、その雑草から生命力を感じる野枝。

モデルの仕事は何かを生み出すわけではない。だが、カフェに飾ってある自分がモデルになった絵を見て、野枝は画家に「あなたが書かせたんですよ」と言われたことをうれしく思い返す。

 

第二章『バーフライ』

大阪の酒場を転々しながら、路上で生活する中年男性・蝿男(柄本明)。毎日酒場で飲んだくれて、銭湯で身を清め、また酒場に繰り出す。

不安になることもあるが、その悲しみを埋めるために酒の力を借りる。ある日、スナックの客と共に工事現場に座り込む。

「目を閉じて気を失えばまた明日が来る」。蝿男はそう言うと、路上で眠りにつくのであった。

 

第三章『彼女の好きな孤独』

まゆみ(片瀬瞳)は、彼氏の邦郎(瀬川亮)と行為の後にベッドで寝そべっていた。彼氏との会話はどこか噛み合わず「彼氏のどこが好きなんだろうか?」と疑問に思うようになる。

まゆみは、彼氏と一緒の時でもいつか見たインドの古い石の彫り物や「森の中の一本の木がお前だ。それを探すこと」と哲学者に言われたの言葉を想像するようになっていた。

いつも自販機の缶コーヒーを甘すぎると思いながらも買ってしまうまゆみは、そんな自分を愚かに思う。

 

第四章『スナフキン リバティ』

路面電車になりながら終一(松田龍平)は、子どものころに見た彗星について思い出していた。天文台で働く終一は、宇宙に対して人一倍想いがあった。

子どものころに道に迷った柊一。「宇宙に対する関心と、自分の生きている座標が見つけられないでいる不安な感覚が僕の心の中でつながっている感じがする」。

終一には妊娠中の彼女・朋子(浅見れいな)がいる。避妊の失敗でできた子どもであるため、父親になる覚悟が足りない様子の終一に、朋子は不安を覚えていた。

仕事に向かう終一に朋子は「早く帰ってきてね」と声をかける。終一は優しく返事をし、たとえ別々の場所でも、動く地球の速度を彼女と一緒に感じていると思う。

 

第五章『生きるためのいくつかの理由』

花乃子(市川実日子)は一人暮らしをしながら、旅行代理店に勤めている。今日は、母親の静江(木野花)と兄の大輔(草野康太)と一緒に亡き父の墓参りに来ていた。

母は最近、近所の花屋に勤めたらしい。墓参りの後、実家に寄った三人は他愛もない話をする。帰り際、母親に「一人でさみしくない?」と気に掛ける花乃子。

「私は母のことを何も知らない・・。」と思う花乃子は、ある日、自分の名前はどんな理由でつけられたのか母に尋ねる。名前はどんなものにもあって、一生背負っていくもの。

毎日の中にある「何か」。それを大切にしようと思う花乃子は、深く慈しむのだった。

見どころ

キレイ過ぎない映像の美しさ

この映画は、詩を読んでいるような不思議な魅力があります。さらに、8ミリフィルムで撮影されているため、どこか幻想的な質感の表現になっています。

監督の演出

監督の御法川さんは今作で「相手役だけに台本にないセリフを伝え、相手を驚かせてリアルな反応を見る」という独特な演出をしています。

第四章で主役を務めた松田龍平さんは、監督のそんな演出に「えっ?台本になかったじゃん!でも、おもしろい演出だな」と思うことが多々あったようです。

スタッフ

監督・脚本:御法川修
音楽監修:大木雄高
主題歌:鈴木慶江「月に寄せる歌」

キャスト

第一章『世界はときどき美しい』

野枝:松田美由紀
絵画教室のヌードモデルを仕事にしている。

 

第二章『バーフライ』

蝿男:柄本明
毎日酒場を転々としている、路上で暮らす中年男性。

スナックのママ:遠山景織子

スナックの客:尾美としのり

ハナタレ小僧:安田蓮

バーのマスター:川名正博

バーテンダー:戸辺俊介

ホステス:時任歩

 

第三章『彼女の好きな孤独』

まゆみ:片瀬瞳
邦郎の恋人。

邦郎:瀬川亮
まゆみの恋人。

 

第四章『スナフキン リバティ』

柊一:松田龍平
天文台で働く青年。交際している朋子は妊娠しているが、父親になることに不安を感じている。

朋子:浅見れいな
終一の彼女で妊娠中。

野辺山教授:あがた森魚

幼い頃の終一:桑代貴明

 

第五章『生きるためのいくつかの理由』

花乃子:市川実日子
旅行代理店に勤める女性。

静江:木野花
花乃子の母。

大輔:草野康太
花乃子の兄。

カフェの店員:南加絵

花乃子の友人:鈴木美紀

 

『世界はときどき美しい』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

世界はときどき美しい(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

2006年のオムニバス形式の作品であり、サブカル受けしそうな感じの雰囲気があります。5つの短編によって構成されており、今ではあまりみませんが、この年代では大きく流行った手法だなと改めて感じます。キャスト陣も多彩で、マニアックだったり、有名な人が混じっていたりと、かなりセンスのある配役だと思います。この独特のチョイスが、この映画ならではの空気感を作り出しているのではないかと考えられます。ストーリーも大変情緒豊かであり、大袈裟過ぎない程度に良い話が展開されており、かなり良い塩梅のテンションで描かれています。生きることとは?美しいとは?と人間の根幹に迫るようなテーマの追求は、まさしく圧巻させるようなものに仕上がっております。日本の作品らしい物悲しい雰囲気が漂うのもセンスがあるなと、感じます。空気感みたいなものを大事にしており、派手な展開などはなくても、現実に作品作り上げていくという強い心意気に溢れています。2006年の作品なので、14年前の作品になりますが、今見てもなお色あせることがなく、知る人ぞ知るマニアックな作品なことには違いありませんが、視聴後は満足感に包まれるような、そんな素晴らしい作品になっていると思います。

 

まとめ

『世界はときどき美しい』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました