性の劇薬(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画「性の劇薬」 2020年2月14日より順次公開(予告編)

性の劇薬(映画)の動画フルを安全に見る方法

『性の劇薬』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『性の劇薬』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

性の劇薬(映画)の内容

映画『性の劇薬』は、2020年2月に公開されました。

原作は、BL(ボーイズラブ)ウェブコミックの中でも人気かつ過激ナンバーワンと言われている水田ゆきさんの累計販売数100万ダウンロードを超えた大ヒット同名BL電子コミックです。

監督・脚本は、壇蜜さんの出世作「私の奴隷になりなさい」シリーズ新章などで知られる城定秀夫さんが務めました。

本作の物語は、監禁・SM・調教を通して、命を捨てようとした男が「性」による快楽から「生」を植え付けられ、再生していく姿が描かれており、調教する側の謎の男・余田を北代高士さん。余田に救われて新しい扉を開く桂木役を渡邊将さんが演じております。体当たり過ぎる二人の演技は見事です!

攻め側の感情の表現だったり、優しさへの転回、そういったBLコミックらしいテイストが十分にリアルに感じられてとても楽しめました。

濡れシーンがリアルでビックリしました。主演の二人の演技が凄すぎて、日本でもBLや同性愛作品も撮れるんだぞ!を意思表明した作品だと思います。

何においても、この物語に出演を決めた俳優さんの覚悟と、それに応えるかのような体当たりで臨み、生々しく表現していうるところが凄いと思います。

刺激的な前半から後半の切なさと、前後半で全くテイストの違う映像にしているのが良かったです。前半も良かったですが、個人的には後半のBL描写がたまらない!映像化作品として大成功の作品だと思います。

あらすじ

桂木(渡邊 将)は、仕事も順調に進んでおり、両親へ感謝の気持ちを込めて旅行をプレゼントしました。帰りは空港まで迎えに行くと約束していましたが、すっかり忘れてしまい、両親はタクシーで帰ることにします。しかし、その帰り道で事故に遭ってしまい二人とも死亡しました。

空港まで迎えに行かなかった、そもそも旅行をプレゼントしなければ…。自分のせいで両親が死んでしまったと自己嫌悪に陥り、自暴自棄となった彼はビルの屋上から投身自殺を図ります。

そこへ一人の男が止めに入り「自分から捨てる命なら俺によこせ」と言いつけ、桂木の喉を締めて気絶させます。桂木は目を覚ますと全裸で拘束されている状況にパニックになります。監禁・拘束した男、余田(北代 高士)は、食事も性欲もすべて管理すると桂木に告げて、その身体を責め立てるのでした。

それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりでした…。余田の目的とはいったい…?

見どころ

本作はボーイズラブの垣根を越えてきました。

まず、冒頭の性的シーン。何処かわからない場所で、自分の命がどうなるのか分からず、さらに辱めを与えられ続ける日々。度肝を抜かれ、一気に物語の世界へと引きずり込まれます。

なぜ余田は桂木に対して、拉致監禁してこの行為に及んだのか。これはやがて見えてくる余田の物語の中で、出来事の意味を教えてくれることになっており、“性を通して生を知る”テーマが理解できるかと思います。

本作は、生と死・愛と喪失といった普遍的なテーマに、ジェンダーセクシャリティーの面を盛り込むことによって、深さを味わえる人間ドラマとなっていました。

最後に、R18+指定されているだけ過激すぎるシーンが多々ありましたが、これを演じきった、主演の北代高士さんと渡邊将さんの二人は見事な怪演に拍手を送りたいです!

スタッフ

原作:水田ゆき「性の劇薬」
監督・脚本:城定 秀夫
音楽:林 魏堂
撮影:飯沼 栄治
録音:高島 良太
照明:守利 賢一

キャスト

余田 龍二:北代 高士
桂木を監禁・拘束し、苦痛と快楽を与え続ける男。

桂木 誠:渡邊 将
エリートサラリーマン。両親の死が自分のせいだと自己嫌悪に陥り自殺しようとしていたところを余田に助けられ監禁される。

遠藤:長野 こうへい
桂木が務めている会社の後輩。

綾香:階戸 瑠李
桂木が務めている会社のOLであり、桂木の彼女。

中島:千葉 誠樹

バーテンの男:山本 宗介

作業服の男:守屋 文雄

性の劇薬(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

原作を読んだことがあり、Twitterでも話題になっていたので見てみたのですが…。正直、好き嫌いがかなりわかれる作品だと思います。BL漫画の中でも、過激な性描写で有名な作品を忠実に実写化しているため、正直『痛そう』と思ってしまうシーンが多々ありました。とくに、原作漫画のストーリー部分を担当しているのは男性向け作品出身者なので、BLとしても好みが分かれると思います。性描写は、セックスじゃなくて、拷問では?と思ってしまうほど過激。Netflixらしい挑戦性の高い作品ではありますが、痛そうなシーンが苦手な人にはお勧めできません。ただ、カット割りはかなり凝っていて、よくこんな風にうまく性器を写さずに撮影できたな、という部分もありました。また、主人公二人の関係性が、監禁者と被害者から、秘密を打ち明けあった恋人同士にかわっていく様子は原作同様に美しかったです。まさ、ストックホルム症候群…。と思てしまう部分は0ではありませんが…。この作品に出ようと思った主演二人を本当に尊敬します。最近何かとBL作品が話題になっているので、何本かほかの性描写の少ない作品を見てみて、それでも見たい!と思われてから挑戦することをお勧めします。

30代女性
30代女性

U-NEXTで見たところ、想像していたよりも良い作品でした。エロい要素だけなのかな、と思っていたのですが、俳優さんも良く、ストーリーもしっかりしていて見ごたえがありました。俳優さんがお二人ともかっこよくて、見ているだけで目の保養になりますし、お二人ともシリアスな演技がうまくてひきこまれます。私はBL好きではないのですが、BL好きでないノーマルの人でも楽しんで見られる作品です。北代さん演じる余田が、クールそうに見えて実は情熱的、というのが人間性を見ていて面白いです。「性」を通して「生」について考える映画なので、自分も見ていて考えさせられました。渡辺さんが演じている桂木役では、よくこの場面を実写にしているな、というプレイが豊富にありました。おとなのおもちゃも、自分が見たことのないような機材があり、これどこで買うのだろう?と純粋に興味がわきました。プレイシーンに関してはアブノーマルなのですが、余田が過去の恋人のことを忘れられていなかったり、桂木が家族・仕事で挫折して苦しんだり、共感できる側面もあります。俳優さんがとにかくかっこいいので、渡辺さん・北代さんの他の作品も見てみたいなと思いました。だらだらした作品展開でもないので、テンポよくみられますよ。

 

30代男性
30代男性

最初は興味本位で見てみたのですが、意外と内容が濃くて感慨深い作品でした。男同士の過激なSMや調教を描いた人気BL作品が原作となっておりこれを実写映画化するなんてかなり冒険しています。もちろんR18指定で原作さながらのかなりハードな調教やSMがリアルに描かれています。ただエロいだけの作品ではなく、一度は命を投げようとしていた男が監禁・調教・SMを通して生きがいをかんじまた人生を立ちならせていくものとなっています。今まではエリートサラリーマンとして完璧な人生を歩んでいた桂木があることからその道を踏み外し絶望し自殺しようとしていたところに謎の男である余田に呼び止められ命を預ける事に、そこから始まる監獄調教生活!それまでは普通の人間だった男がまるで改造人間かのように調教されていく姿はこういった事に興味がない方でも勉強になると思いました。そして同性愛しかも調教や監禁など難しい役どころながらも違和感なく演じている役者さんたちの演技力には素晴らしいものがあります。さらにかなりマニアックな器具を多数出てきますのでそれってそんな事をするためにあるのか~など関心して見ることが多かったですね。ただエロさやグロさだけでなくストーリーとしても面白いですよ。

30代女性
30代女性

たまたまツイッターで映画のことを知り、まず特徴的なタイトルとR-18指定であることに驚いて興味を持ちました。主役の一人の北代さんを知っていたのですが、他作品での温厚なイメージと全く違う闇を抱えたような表情に惹かれて、期間限定公開されていたYouTubeでのメイキング映像と舞台挨拶の様子を観ました。しかもまさに同じ頃にU-NEXTでの配信が決まったことを知り、これはもう観るしかないと腹を括りました。(R-18なので多少の緊張がありました)主人公の桂木が自暴自棄になり自殺しようとするところに現れた余田は、その命をくれと言います。そこから唐突に始まる監禁生活。まずこの映画、桂木役の渡邊さんが、本編の8割以上服を着ていません。そして7割のシーンで素っ裸にされてベッドに鎖で繋がれます。カメラワークと画角やとにかく色々なもので上手くアレが隠されている。これでもかと見せない。単純に上手いな、と心の中で拍手してしまいました。そしてアレを見せないけれど、確実に触っている、触られているというカメラワークがまたすごい。どこまで本当にしているの?!と不安になるレベルで、特にシャワー室での絡みは必見です。きっとあらすじだけ読めば、このストーリーはハードなBLによくある、酷いことをされ続けたがそれに絆され愛情に変わる、という話だと想像するでしょう。心がズタボロになった桂木が、少し性的趣向がおかしな余田に絆されて身体を許していく話だと。いいえ。違います。救いを求めているのは本当は桂木ではありません。どうか、これはこの映画を観て真相を知ってください。ハードな性的シーンが本当に必要だったのか?と一瞬考えてしまうくらいには、ストーリーが素晴らしい。そしてそのエモーショナルなシーンを安っぽくせず、しっかり美しく儚く描いているところも好きだなと思いました。後半の、ストーリーの全貌が見え始めたあたりからのスピード感も良いです。勿論お約束ではありますが最後の小屋での絡みのシーンも、無駄にエロく撮ろうとしすぎず、最後に相応しく、心の通いを感じる映像でした。何作か実写BL映画は観ていて、この作品が性的描写のハードさでは勿論No. 1ですが、人物の丁寧な描き方や画の私の好みと合っていて、かなり上位で好きな作品です。ぜひメイキングや舞台挨拶の映像も併せて楽しんで欲しいです。個人的には舞台挨拶で出演している役者でもないのに真っ先に感極まって泣いてしまったスタッフさんがとても印象的でした。それくらい挑戦的なことをして、それがどのような評価をされるかにドキドキしていたんだと思います。BL実写を初めて観る方には一部描写がハードすぎる点だけ少し心配になってしまいますが、気になっている方にはとりあえず観てみてとオススメしたいです。

 

まとめ

『性の劇薬』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました