西部警察3の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
西部警察 PARTⅢ 木暮BOX 予告編

西部警察3の動画フルを安全に見る方法

『西部警察 PART III』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『西部警察 PART III』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

西部警察3の内容

『西部警察 PART III』は、1983年4月から1984年10月までテレビ朝日系列にて放送されました。1979年から放送開始された西部警察シリーズの最終章となり、最終回『さよなら西部警察 大門死す!男達よ永遠に…』は3時間スペシャルとして放送され、25.2%の高視聴率を記録しました。

総制作数236話、全国平均視聴率20%超、出演俳優12,000人以上、壊した車両台数約4,700台、火薬量4.8tにガソリンの量12,000リットルを使用しながら、負傷者を6人出してはしまったものの死亡者は0人で始末書45枚に収まっているのが凄く、スケールの大きい昭和の名作ドラマとなっております。

全作通して、大門率いる『大門軍団』が犯罪者を追う刑事ドラマとなっており、全シリーズ通して出演した石原裕次郎さん、渡哲也さん、舘ひろしさんをはじめ、柴俊夫さんと石原良純さんが本作から大門軍団に仲間入りしました。

懐かしく、当時胸躍った記憶が蘇ってきます。赤いミニカーを買っては下半分を黒く塗ってRSみたいにしてましたね。大門軍団の友情パワーはいつの時代に観ても胸を熱くします!

兄の影響で見始めた西部警察。自然と一緒に観てましたが、女性から見ても楽しめるドラマだと思います。

今とは考えられないシチュエーションで、当時を知らない僕には新鮮さを感じるのと同時に面白かったです。役者の皆さんも、今でこそ大御所やベテランの方々ばかり。若かりしころのカッコイイ姿を見れて良かったです。

全シリーズ見終わりました。名前は知ってますが、生まれる前の作品ということもあり、ステイホーム期間中に観ようと思い鑑賞を始めました。
当時でこの迫力を出せるのは凄いと思いますし、この漢くささが男性を熱くしたのがわかります。その中でも、パートⅢの4話「兄妹」が一番良かったです。団長と鳩村のやり取りに涙しました。

あらすじ

城西デパートの社長令嬢・かおりが誘拐される事件が起きました。西部警察署の大門軍団が追跡中に、突然人質のかおり乗せた犯人の車のタイヤがパンクし、コントロールを失った車は崖から転落してしまいました。

その結果、車は爆発炎上し、犯人とかおりは命を落としてしまいます。犯人の車が崖から落ちる寸前に、銃声のような音を聞きましたが現場からは銃弾が出てきません。

メディアは大門軍団の不祥事だと騒ぎ始めます。そんな中、真相を追っていくうちにプロの殺し屋・五十嵐という男が浮かび上がります…。

歴史の名を残すアツい刑事たちの活躍を描く西部警察シリーズ最終章!大門軍団よ永遠なれ!

見どころ

豪華すぎるゲスト

本作で最後となる西部警察シリーズ。各話の豪華すぎるゲストも見どころの1つ。

宍戸錠さんや武田鉄矢さんをはじめ、芸人の西川きよしさんや歌手の森昌子さん、今は亡き勝新太郎さん、丹波哲郎さん、原田芳雄さんと往年の大ベテラン俳優さんが出演しております。

また、俳優だけでなく日本の衣料品メーカー・ワコールの会長である業界人・塚本幸一さんなども出演しております。

当時の日本トップドラマだと証明するに相応しい豪華ゲストに注目です!

絆を深める表現

激闘の末、無事犯人を逮捕し安堵して胸を撫でおろす大門軍団は、どんな大けがをしていようと救急車の中であろうと、互いにタバコを吹かし始めます。

ここで、大門のタバコに火をつける、または大門が誰かのタバコに火をつける。という行為も物語の締めくくりとして頻繁に使われます。また、大門が自ら吹かしたタバコを、その事件の一番の功労者に渡すという締め方もありました。

これは、大門が軍団へのねぎらい度や絆の深さをセリフを一切使わずにタバコによってうまく表現しているのです。タバコを吸っている姿が、ただ単純にかっこいいだけではなく、象徴的に使われているので注目してみてください。

スタッフ

制作:石原裕次郎
企画:小林正彦
監督:小澤啓一 / 村川透 / 澤田幸弘 / 渡辺拓也 / 宮越澄 / 萩原達 / 辻理 / 原隆仁
脚本:新井光 / 宮下潤一 / 宮田雪 / 大野武雄 / 永原秀一 / 峯尾基三 / 日暮裕一 / 柏原寛司 / 那須真知子 / 永海秀国 / 西脇英夫 / 平野靖士 / 金子成人 / 中村勝行 / 高久進 / 山浦弘靖 / 杉紀彦 / 中村律子
音楽:羽田健太郎

キャスト

大門軍団

大門 圭介:渡哲也
銃の腕前は全国22万の警察官の中でもTOPの超一流。腕前だけでなく部下からも慕われる“大門軍団”の団長。

鳩村 英次:舘ひろし
“大門軍団”のNo.2的存在。

北条 卓:御木裕
格闘技に長けた若き警察官。

平尾 一兵:峰竜太
元防衛隊員の3枚目キャラ。

山県 新之助:柴俊夫
ボクサーくずれでグレていた時代に大門によって更生され刑事になった。

五代 純:石原良純
新米刑事。国際的なラリーで優勝経験もある相当なカーマニア。

南 長太郎:小林昭二
勘が良く、洞察力に優れたベテラン刑事。

沖田 五郎:三浦友和
余命わずかの警察官。退職し、雪山へ消えていく。

その他のレギュラー

木暮 謙三:石原裕次郎
大門の上司であり、大門の代弁者

佐川 勘一:高城淳一
小言が多い捜査課の捜査係長。

国立 六三:武藤章生
大門軍団をバックアップする熟練の鑑識課員。

山野 美子:小野田かずえ
西部署捜査課の事務員。

医師:小林清志
警察病院の医師。

大門 明子:登亜樹子
大門の妹で幼稚園の教員。

上村 七重:吉行和子
スナック「セブン」のママ。

美代子:八木美代子
スナック「セブン」の歌姫

記者: 山根久幸 / 山本庄助 / 柿沼大介

ゲスト出演

根上淳 / 内田勝正 / 上原敏郎 / 辰馬伸 / 西朱実 / 稲田ゆみ子 / 麿のぼる / 中山照康 / 近藤良介 / 小西陽子 / 野平ゆき / 浜田晃 / ミスター珍 / 原田力 / 森大河 / 俵一 / 米塚博 / 有馬明良 / 城野勝己 / 菅秀樹 / 河野登志美 / 遠山孝一 / 本郷直樹 / 麗灑 / 清水宏 / 晴海勇三 / 石田和彦 / 芦沢洋三 / 長谷川一輝 / 土屋雄二 / 柴田明 / 高橋正昭 / 中瀬博文 / 北斗太郎 / 永田雅 / 田中浩 / 片桐竜次 / きくち英一 / 花かおる / 庄司三郎 / 関根久恵 / 伊吹礼一 / 田代潤 / 広瀬伸子 / 中島由美子 / 山中康司 / 風間健 / 宮川洋一 / 徳弘夏生 / 三重街恒二 / 吉宮慎一 / 山中康司 / 本庄和子 / 高橋正昭 / 山本美洋 / 小西陽子 / 甲下和美 / 宮川洋一 / 中庸助 / 姿鐵太郎 / 檀喧太 / 浜口竜哉 / 夏樹レナ / 高橋義治 / 浅見小四郎 / 小池幸次 / 岡沢徳久子 / 浅野直人 / 上野忠彦 / 神谷潤 / 郷内栄喜 / 国宗篤 / 五十嵐美鈴 / 大熊敏志 / 北斗太郎 / 中瀬博文 / 城野勝己 / 西内彰 / 江角英明 / 団時朗 / 関川慎二 / 藤江リカ / 汐路章 / 福山象三 / 広田正光 / 藤本寛 / 高橋雅男 / 石崎洋光 / 藤原益二 / 有馬明良 / 古川隆 / 中尾慎司 / 吉沢健 / 江幡高志 / 草薙良一 / 影山英俊 / 小寺大介 / 大屋隆俊 / 谷村隆之 / 柳家小満ん / 金子勝美 / 吉橋定夫 / 遠山孝一 / 渡辺照二 / 北條明夫 / 柴田明 / 青木勇次 / 大田進 / 下條正巳 / 田口計 / 小林勝彦 / 唐沢民賢 / 岩淵智子 / 松本朝夫 / 滝川潤 / 石山雄大 / 田辺年秋 / 鶴岡修 / 佐藤冨美 / 俵一 / 三上剛仙 / 岡田和子 / 西内彰 / 星野晃 / 森幹太 / 外山高士 / 松田章生 / 永野明彦 / 高橋正昭 / 石崎洋光 / 有馬明良 / 東京ぼん太 / 名和宏 / 高橋明 / 市村博  / 村上幹夫  / 森下明  / 村尾由紀子  / 藤本秀次  / 高橋良三  / 林弘造  / 菊川予市  / 深作覚  / 青木ひみ  / 山口夏穂 / 鹿取容子 / 島英津夫 / 三角八郎 / 友金敏雄 / 鈴木和夫 / 吉中六 / 原田千枝子 / 佐喜本杉 / 宮田直美 / 中山照康 / 剣持伴紀 / 美木良介 / 畑中猛 / 長谷川一輝 / 入江正徳 / 相原巨典 / 三上剛 / 高松慶次 / 永田雅 / 北條明夫 / 遠山孝一 / 堀越智子 / 長塚京三 / 早川研吉 / 加地健太郎 / 岸本功 / 奥村樹里 / 五十嵐五十鈴 / 岸本功 / 松浦留達 / 池本政孝 / 山崎猛 / 川合伸旺 / 五十嵐知子 / 片岡五郎 / 日向明子 / 坂田金太郎 / 市村博 / 山岡八高 / 田村貫 / 田代潤 / 三宅優司 / 小室忠雄 / 藤原益二 / 高橋正昭 / 柴田明 / 中山照康 / 北斗太郎 / 市川好朗 / 汐路章 / 壇喧太 / 高品正広 / 井上美恵子 / 山中康司 / 菊川予市 / 深作覚 / 峯岸康男 / 番場一昭 / 石川徹 / 薄井伸一 / 青木勇次 / 根本聖一 / 山本伸吾 / 好井ひとみ / 木村元 / ジョン・ランカスター / 稲垣昭三 / 中村孝雄 / 森下明 / 西内彰 / 有馬明良 / 藤原益二 / 剛たつひと / 佐藤美知子 / 藤木孝 / 北村総一郎 / 塚本恭弘 / 信実一徳 / 倉島襄 / 石田和彦 / 深谷みさお / 林弘造 / 石田紀子 / 廣末隆幸 / 宮本一郎 / 石文明 / 松本ちえこ / 黒部進 / 成瀬正 / 中庸助、小路三郎、大前田武 / 中庸助 / 庄司三郎 / 小山昌幸 / 戸塚孝 / 小坂明央 / 二家本辰巳 / 高橋義治 / 松本清昭 / 中江望 / 郷内栄喜 / 高橋正昭 / 金尾年勝 / 安武勇 / 吉田豊明 / 河村弘二 / 今井健二 / 松本朝夫 / 関根久恵 / 姿鐡太郎 / 松尾文人 / 大河内稔 / 相原巨典 / 村上幹夫 / 市村博 / トニー・マーテブー / オール・トーマス / ジョン・バーカル / 小寺大介 / 荒瀬寛樹 / 石崎洋光 / 星野晃 / 菊川予市 / 小野進也 / 姫るり子 / 森大河 / 小見山玉樹 / 夏樹レナ / 岩城和男 / 浜口竜哉 / 西合東 / 中島由美子 / 大友あつ子 / 岡村弘子 / 麿のぼる / 相馬剛三 / 野竹和子 / 森下いづみ / 伊佐山ひろ子 / 山下洵一郎 / 山西道広 / 岩崎美由紀 / 鶴岡修 / 大東梁佶 / 大木史朗 / 山本日出一 / 石原浩 / 西内彰 / 高橋正昭 / 柴田明 / 永田雅 / 谷村昌彦 / 田中浩 / 千波丈太郎 / 外山高士 / 江見俊太郎 / 宗田まこと / 高橋明 / 徳弘夏生 / 港雄一 / 佐藤輝昭 / 高橋正昭 / 西内彰 / 中瀬博文 / 城野勝己 / 田代潤 / 金内吉男 / 草薙幸二郎 / 中田博久 / 外野村晋 / 庄司三郎 / 石田和彦 / 辰馬伸 / 有馬明良 / 星野晃 / 深作覚 / 劇団北 / 中島ゆたか / 岡崎二朗 / 睦五朗 / 原田力 / 永野明彦 / 高品正広 / 上田耕一 / 森下明 / 長谷川一輝 / 白石達始 / 伊吹礼一 / 藤原益二 / 北斗太郎 / 鈴木実 / 中瀬博文 / 布施絵里子 / 大島光幸 / 有馬明良 / 遠山孝一 / 中山照康 / 二瓶正也 / 池田進 / 親松洋治 / 篠武士 / 草薙良一 / 岡本広美 / 加地健太郎 / 大山豊 / 槇ひろ子 /  広田正光 /  高林幸夫 /  みき進太 /  北斗太郎 /  鶴野晃弘 /  郷内栄喜 /  長沼優 /  藤田裕二 / 土屋嘉男 / 沢田和美 / 小池雄介 / 大下哲矢 / 市村博 / 河合絃司 / 沢田勝美 / 浜口竜哉 / 田原千之右 / 柄沢英二 / 斉藤英雄 / 三重街恒二 / 二家本辰巳 / 藤原益二郎 / 鈴木実 / 小林正美 / 鈴木省二 / 石橋雅史 / 六浦誠 / 金井大 / 東山明美 / 関川慎二 / 吉中六 / 壇喧太 / 荻原紀 / 荒瀬寛樹 / 山中康司 / 山口ひろみ / 加藤茂雄 / 石井政彰 / 小松明義 / 澤田洋 / 宇佐美多恵子 / 宮田せいじ / 時田成美 / 三重街恒二 / 菊川予市 / 清水進一 / 浅野直人 / 山川一昭 / 森山周一郎 / 杉江廣太郎 / 鈴木欽也 / 石山雄大 / 倉島襄 / 田村貫 / 福岡正剛 / 山岡八高 / 高瀬夏子 / 土屋雄二 / 新田恵美子 / 田野倉智英 / 畑中猛 / 中江望 / 森幸枝 / 石崎洋光 / 中西良太 / 黒部進 / 井上博一 / 鶴岡修 / 林弘造 / 小寺大介 / 神崎じゅんや /  藤田健一 / 中山照康 / 西内彰 / 宇佐美恵子 / 近藤宏 / 石橋雅史 / 太刀川寛 / 夏樹レナ / 武藤英司 / 岸本功 / 新海丈夫 / 山中康司 / 河合絃司 / 松田銀子 / 尾上みゆき / 西内彰 / 石崎洋光 / 貫井正浩 / 佐藤由布子 / 深作裕美 / 高川裕也 / 遠山孝一 / 中山照康 / 藤田健一 / 横内直人 / 高市好行 / 小野武彦 / 稲垣昭三 / 広瀬昌助 / 成瀬正 / 三浦リカ / 南城竜也 / 高林幸平 / 中田譲治 / 高橋正昭 / 斉藤正基 / 佐原健二 / 片岡五郎 / 田島義文 / 大河内稔 / 永野明彦 / 相沢治夫 / 酒井郷博 / 玉澤由美 / 有馬明良 / 藤原益二 / 西内彰 / 澤村ハツヨ / 幸田宗丸 / チェリッシュ / 入江正徳 / 勝新太郎 / 財津一郎 / 倉田保昭 / 亀石征一郎 / 松下達夫 / 松本朝夫 / 大竹かおる / ウイリー・ドーシー / 福本清三 / 石山雄大 / 小池雄介 / 椎谷建治 / 横山あきお / 塚田ミチ / 北条ユキ / 三島新太郎 / 南雲祐介 / 戸塚孝 / 水野恵 / 山本美洋 / 鈴木美津男 / 長沼紀子 / 木暮桂子 / 江島由美子 / 大熊敏志 / 庄司顕仁 / 渡辺一彦 / 菊川予市 / 遠藤貫也 / 高橋正昭 / 中山照康 / 窪祥一 / 藤田健一 / 中瀬博文 / 山崎博 / 二家本辰巳 / 深作覚 / 山中康司 / 丹波哲郎 / 神山繁 / 鹿内孝 / 澪あつ子 / 内藤剛志 / 掛田誠 / 荻原紀 / みかの奈々 / 遠山孝一 / 星野晃 / 深作覚 / 有馬明良 / 菊川予市 / 柴田明 / 小宮健吾 / 友金敏雄 / 野平ゆき / 不知火艶 / 大島宇三郎 / 石井和彦 / 澤田洋 / 石井茂樹 / 松永光次 / 砦正也 / 石井政彰 / 中尾正明 / 宮前弘 / 森田樹大 / 伊吹剛 / 八名信夫 / 早川研吉 / 森下明 / 南雲祐介 / 影山英俊 / 宮脇敬 / 加地健太郎 / 北村克美 / 中江望 / 新田恵美子 / 村上幹夫 / 五女月ミヨ子 / 渡辺誠 / 北斗太郎 / 菊川予市 / 澤田洋 / 石井政彰 / 砦正也 / 浅野直人 / 星野晃 / 二家本辰巳 / 鈴木実 / 上田耕一郎 / 渡辺宣久 / 麻丘めぐみ / 葉山良二 / 山西道広 / 福山象三 / 相原巨典 / 田代潤 / 日野優 / 太田達男 / 中尾正明 / 渡辺一彦 / 玉川良一 / 小林重四郎 / 森幹太 / 江角英明 / 棟里佳 / 河西健司 / 姿鐵太郎 / 波多江清 / 中屋敷哲也 / 相原巨典 / 村井尚人 / 柚木賢 / 山崎洋治 / 岸本功 / 八幡源太郎 / 深大寺敏己 / 大西登輝 / 伊藤大五 / 佐藤允 / 伊吹徹 / 中山昭二 / 大前田武 / 上原敏郎 / 井上博一 / 舟久保信之 / 中島由美子 / 影山英俊 / 睦五郎 / 五十嵐知子 / 宮口二郎 / 根岸一正 / 長江英和 / 荻原紀 / 三上剛 / 庄司三郎 / 村上幹夫 / 石田和彦 / 戸塚孝 / 石崎洋光 / 西内彰 / 水島美奈子 / 松林竜夫 / 堀田真三 / 伊達三郎 / 重久剛一 / 森大河 / 三輪時男 / 徳弘夏生 / ホリベン / 相沢治夫 / 三重街恒二 / 原田千枝子 / 小寺大介 / 有馬明良 / 晴乃ピーチク / 安藤博信 / 深作覚 / 清水進一 / 柴田明 / 根本聖一 / 石濱朗 / 番場恵介 / 大石はるみ / 瀬川新蔵 / 高橋明 / 高山千草 / 市村博 / 広田正光 / 宮田光 / 水橋和夫 / 杉本親寛 / 熊谷圭真 / 志賀真理子 / 森幸枝 / 知野友子 / 松尾節子 / 柘植玉妃 / 神保美喜 / 富田浩太郎 / 矢野間啓二 / 外山高士 / 泉よし子 / 鶴岡修 / 辰馬伸 / 岡本達哉 / 湯沢勉 / 島村美妃 / 小松明義 / 桑原浩 / 丹野由美子 / 芦沢洋三 / 古田たみ / 河辺圭子 / 藤原益二 / 菊川予市 / 摂裕子 / 北斗辰典 / 村上久勝 / 鶴野晃弘 / 市川好朗 / 黒部進 / 大谷朗 / 檀喧太 / 星野晃 / 赤木健一郎 / 岡崎夏子 / 若狭広海 / 水橋和夫 / 五十嵐美鈴 / 西内彰 / 鈴木実 / 澤田洋 / 梶山敏博 / 浅野直人 / 目黒祐樹 / 佐伯徹 / 姿鐡太郎 / 美木良介 / 熊谷圭真 / 山中康司 / 大東梁佶 / 村松勉 / 遠藤貫也 / 金子勝美 / 尾添早苗 / 堀江淳子 / 田代潤 / 森下明 / 藤原益二 / 渡辺二郎 / 清水進一 / 城野勝己 / 北斗太郎 / 横内直人 / 鶴野晃弘 / ジョニー大倉 / 寺島達夫 / 水上功治 / 南城竜也 / 福家美峰 / 友金敏雄 / 高橋雅男 / 藤原あい子  / 稲葉淳子  / 遠山孝一 / 藤田健一  / 伊藤明徳。林ゆたか / 西本裕行 / 江角英明 / 中真千子 / 中曽根智美 / 望月哲也 / 庄司麻由里[9] / 山岡八高 / 波多江清 / 麿のぼる / 田村幸子 / 砦正也 / 渡辺一彦 / 中瀬博文 / 小野みゆき / 深江章喜 / 滝川潤  / 福本清三 / 吉中六 / ジャック・マンガム西内彰 / 星野晃 / 郷内栄喜 / 兼田晴臣 / 荻原郁三 / 丹羽政彦 / 山本嘉昭 / 南条好輝 / 岡村嘉隆 / 邦保 / 赤塚歩 / 佐々木保典 / 中島淳 / 下元年世 / 上村敦史 / 中矢三平 / 山崎博之 / 川北浩志 / 大西信弥 / キダ・タロー / 浅野ゆう子 / 神田隆 / 唐沢民賢 / 北村総一朗 / 辰馬伸 / 篠田薫 / 小寺大介 / 高橋正昭 / 遠山孝一 / 松浦達留 / 坂口徹郎 / 内田哲平 / 加治春雄 / 多田舜一郎 / 鈴木新次 / 入江慎也 / 芝本正 / 久山まどか / 井上篤子 / 吉川京子 / 乾浩明 / 田中弘史 / 米村嘉洋 / 上原まゆみ / 長谷川恵子 / 平尾美智子 / 塚本幸一 / 大宮隆 / 納屋嘉治 / 西川きよし / 内田勝正 / 大下哲矢 / 庄司三郎 / 石田和嗣 / 松川信 / 荻原紀 / 二家本辰巳 / 鈴木実 / 深作覚 / 田畑猛雄 / 西園寺章雄 / 石屋智子 / 淡路みゆき / 池田律生 / 武田裕紀子 / 武原大介 / 進藤静義 / 真鍋みよ子 / 西村寿一 / 滝川千春 / 高井六助 / 有元正人 / 喜多康二 / 三田乙絵 / 尼子操 / 黒済洋子 / 舟倉由祐子 / 森幹太 / 千波丈太郎 / 高野真二 / 片岡五郎 / ピーター・エス / 荻原紀 / 大屋隆俊 / 清水宏 / 永野明彦 / 石崎洋光 / 西内彰 / 深作覚 / 熊谷圭真 / トニー・マーティブー / 町田幸夫 / ネイト・ブラスク / 村上幹夫 / 佐藤浩一 / 山口美也子 / 大熊敏志 / 福山象三 / 長山紀子 / 大木史朗 / 原田千枝子 / 鈴木実 / 菊川予市 / 星野晃 / 遠藤貫也 / 酒井郷博 / 藤井四郎 / 大竹五郎 / 伊藤敏八 / 園めぐみ / 三島新太郎 / 神弘無 / 入江正徳 / 高瀬夏子 / 荒瀬寛樹 / 大矢兼臣 / 町田幸夫 / 竹内靖 / 柴田明 / 高橋正昭 / 中山照康 / 柳田吉功 / 郷内栄喜 / 清水進一 / 長谷川明男 / 永田三奈 / 剣持伴紀 / 湯川勉 / 畑中猛 / 石垣恵三郎 / 岡幸次郎 / 石津泰彦 / 深大寺敏己 / みき進太 / 稲葉年治 / 二家本辰巳 / 山本伸次 / 山内紹嗣 / 田村由加 / 小林由利美 / 伊吹徹 / 松本ちえこ / 吉田次昭 / 須藤健 / 小笠原弘 / 三田登喜子 / 奈辺悟 / 松尾文人 / 野中菜美 / 渡辺真実 / 白鳥律子 / 横内直人 / 藤本秀次 / 砦正也 / 石井政彰 / 藍ともこ / 深水三章 / 武藤英司 / 外山高士 / 大前田武 / 斉藤乃里子 / 早川研吉 / 不知火艶 / 若尾義昭 / 佐藤りょういち / 鎌田功 / 竹田生子 / 峰祐介 / 沢まどか / 鶴野晃弘 / 菊川予市 / 中西良太 / 山本ゆか里 / 石橋雅史 / 信実一徳 / 幸英二 / 伊吹礼一 / 入江正徳 / 里木佐甫良 / 宮寺康夫 / 山崎洋治 / 村上幹夫 / 小林由利美 / 花沢徳衛 / 野平ゆき / 森大河 / 飯田浩幾 / 浅見小四郎 / 矢野泰子 / 高久洋 / 細川周一 / 五女月ミヨ子 / 砦正也 / 成瀬正 / 中島由美子 / 武藤裕子 / 大木史朗 / 山中康司 / 山本武 / 小寺大介 / 森下明 / 戸塚孝 / 尾形祐子 / 玉川伊佐男 / 氏家修 / きくち英一 / 姿鐡太郎 / 檀喧太 / 石崎洋光 / 二家本辰巳 / 菊川予市 / 斉藤崇 / 酒井郷博 / 矢野英樹 / 草川祐馬 / 鈴木欽也 / 流健二郎 / 鶴岡修 / 吉沢健 / 加地健太郎 / 小笠原弘 / 宮田光 / 関川慎二 / 小池幸次 / 荒瀬寛樹 / 小田切和美 / 菅井きん / 佐藤仁哉 / 蔵迫泰子 / 大山豊 / 三重街恒二 / 森下明 / 渡辺一彦 / 芦沢洋三 / 大保安弘 / 吉村真理 / 西内彰 / 星野晃 / 中瀬博文 / 高橋正昭 / 高市好行 / 森昌子 / 内田稔 / 亀石征一郎 / 岩城力也 / 舟久保信之 / 竹下良一 / 柳田吉功 / 相沢治夫 / 名川貞郎 / 川西泰子 / 戸塚孝 / 武石聡 / 村上幹夫 / 渡辺真実 / 遠山孝一 / 荒木則子 / 荒川ヒロ子 / 芦川務 / 横内直人 / 畑中葉子 / 河合絃司 / 片岡五郎 / 神ひろし / 南雲佑介 / 影山英俊 / 磯崎亜紀子 / 永野明彦 / 水橋和夫 / 相原巨典 / 森岡隆見 / 鈴木実 / 石崎洋光 / 郷内栄喜 / 藤田健一 / 鶴野晃弘 / 松浦達留 / 永田雅 / 森田章次 / 福岡徳重 / 大西登輝 / 御木本伸介 / 早川雄三 / 伊吹徹 / 勝村淳 / 井上博一 / 松井きみ江 / 高崎隆二 / 高橋雅男 / 西内彰 / 船渡伸二 / 麿のぼる / 小田切和美 / 小寺大介 / 中瀬博文 / 藤原益二 / 清水進一 / 横内直人 / 遠藤貫也 / 舟倉由祐子 / 鹿内孝 / 笠井一彦 / 長江英和 / 入江正徳 / 森下明 / 菊川予市 / 佐藤雅美 / 村川めぐみ / 畑中猛 / 高橋正昭 / 深作覚 / 宇佐美眉 / 三好鉄生 / 風間舞子 / 山西道広 / 桜京美 / 草薙良一 / 清水宏 / 鶴岡修 / 早川研吉 / 荻原紀 / 中島元 / 熊谷圭真 / 杉田広 / 北野ゆり / 細川周一 / 戸井田勝利 / 沼岡淳 / 石井政彰 / 宍戸錠 / 秋山武史 / きくち英一 / 姿鐡太郎 / 横山あきお / 小寺大介 / 本間千恵子 / 三重街恒二 / 森下明 / 二家本辰巳 / 星野晃 / 藤原益二 / 鶴野晃弘 / 中尾正明 / 清水進一 / 原田芳雄 / 宝田明 / 中村晃子 / 中丸忠雄 / 倉田保昭 / 小林稔侍 / 黒部進 / 深水三章 / 北条清嗣 / 中田鉄治 / 成瀬正 / 小野武彦 / 中真千子 / ジャンル・ウルフ / マリーエレーヌ・ヴォー / ニコラス・シャルパンティーエ / ルネ・ウィアード / 福岡正剛 / 松本朝夫 / 川口智子 / 入江正徳 / 片岡五郎 / 庄司三郎 / 石田和剛 / 原吉実 / 山本武 / 佐藤政道 / 高杉哲平 / 谷村隆之 / 萩原紀 / 二家本辰己 / 小寺大介 / 郷内栄喜 / 西内彰 / 菊川予市 / 清水進一 / 高久洋 / 迫文代 / 武田鉄矢 / 山村聡(順不同)

 

『西部警察 PART III』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

西部警察3の感想

 

30代男性
30代男性

渡哲也氏こと大門圭介率いる西部署「大門軍団」が悪を徹底的に叩き潰す闘いの日々を描いた刑事ドラマ「西部警察」。3シリーズ制作されており、「PARTⅢ」はシリーズのファイナルになります。前作、PARTⅡから出演していた三浦友和氏演じる「沖田五郎」の病気の悪化により、余命僅かから始まるという波乱の幕開けでスタートし、最終回では、製作費6億円というテレビドラマでは他に類を見ないラストを迎えます。初めて「西部警察」を観たのが、中学生の頃、お昼14時からの再放送でした。たまたまつけたチャンネルでぼーっと観ていましたが、問答無用に犯人達と銃撃戦を行い、最終的には建物が爆発する展開に子供ながらにテレビの前に釘付けになってしましました。それからというもの、当時のVHSで録画し、何回も見返したものです。シリーズを通して見ていましたが、「PARTⅢ」のストーリーはこれまで以上に分かりやすい勧善懲悪になっていると思いました。物語前半では、全国地方ロケを敢行しながら、各地で派手な銃撃戦とカーチェイス、爆破を見物としてました。もちろん、派手なアクションシーンは残しつつも、印象に残ったのは、シリーズ後半で、石原良純氏演じる若手新米刑事「五代純」が大門団長の妹・明子と恋仲となり、団長の複雑な心境が描かれていく展開でした。今までの西部警察には無かった展開でした。純は明子との交際を団長に認めてもらおうと必死にアピールするのですが・・・。冒頭にも触れましたが、最終回は岡山県にある犬島にある犯人グループの要塞へ乗り込み激しい銃撃戦を展開する大門軍団は鮮明に脳裏に焼き付いており、「西部警察終わらないでくれ!」と願ったものでした。ラストシシーンの石原裕次郎氏の一言「さよなら」が胸に残ります。最後に渡哲也さんのご冥福をお祈りいたします。「さよなら、団長」。

50代男性
50代男性

西部警察三部作の最終章なので悲しい終わりが多いイメージの作品ですが、やりきったんじゃないかとも思わせてくれる内容になっていると思います。だれが降板して誰が死んでしまうのか、それは見てのお楽しみということでいいのではないでしょうか。イメージとしては爆破が増えた感じがします。最終話の迫力は今まで見てきたテレビでこれを超えるものを見たことがありません。人は同じことをやり続けることが一番難しいといわれます。シリーズ化されたアメリカ映画も俳優はそのイメージが付いてしまうことを恐れるために、なかなかシリーズ化できない場合もあるようです。しかし最後までイメージを崩さずにやり切ったパート3は、最もきつかったかもしれませんが最も充実していたのではないでしょうか。人にはわかり切っていることでもそれを期待する部分があって、結局それが一番落ち着く場合があるのです。また最終話では石原プロモーションの鉄の結束がわかるようなシーンが劇中にあるのです。こんなことをされたら絶対に普通にいられないだろうというものを物語に組み込んでいくのです。ドンパチするだけの作品ではなくて男が男を好きになる、そんな思いが物語りに入っているんです。

 

40代男性
40代男性

西部警察 PART IIIは西部警察シリーズの最終作となっており、設定が大きく変わったPART IからPART IIへの流れとは異なり、PART IIから完全に継続しているのですが、いつからPART IIIになったかが明快ではなく、PART IIIであることはあまり気にしなくてもいいのではという感もあります。映像面ではやはり爆破シーンが大幅にパワーアップしておりオープニングでの煙突倒しや路面電車爆破(本編はPART II)などが加わり、更にパートIIIの福島の要塞爆破も追加されており、短時間に実に見ごたえのあるオープニング映像となっています。メンバーは石原良純演じるジュン、柴俊夫演じるタイショーが加わりましたが、パートIIの沖田五郎ほどの主役的存在というわけではなく、メンバーの活躍度はより平等になっています。また、スカイラインRSを更に改造したマシーンRS1、2、3の登場も見どころで、これによって地方ロケなどで大門軍団かそれ以外かがわかりやすくなったのもポイントです。大門刑事殉職の最終話スペシャルは今までで最大規模の爆破と原田芳雄演じる最強の敵の登場によってシリーズの総決算と言えるものとなっています。一方大阪ロケ以降、最終話近辺までは爆破が控えめな刑事ものの原点というストーリーも多くなっている点も楽しめます。

 

まとめ

『西部警察 PART III』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の「西部警察」シリーズ作品

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました