佐藤家の朝食、鈴木家の夕食(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

佐藤家の朝食、鈴木家の夕食(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

佐藤家の朝食、鈴木家の夕食(ドラマ)の内容

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』は、2013年1月にBSジャパンにて放送されたスペシャルドラマです。

監督は『君の膵臓をたべたい』の月川 翔さん。彼は映画・テレビドラマの監督、脚本のほか、ミュージックビデオやCMなども手掛けており、マルチな活躍で各方面から注目が高い方です。

ドラマ「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」は、LGBT(セクシャル・マイノリティ=性的少数者)を題材の中心にし、少し不思議な2つの家族の悲喜劇を通じて、人間、家族のあり方を丁寧に描き出すことを目的とした作品です。血のつながり、戸籍、愛情…「家族」であるために必要なものを静かに問うた感動のホームドラマとなっております。

 

LGBTを肯定するのではなく、子どもの視点から起こりうる問題についてしっかりと提起していました。現代の日本に忘れがちな、大切な物を思い出させてくれます。

山崎賢人ファンなので、彼目的で見始めました。最初はつまらない内容かと思っていましたが、自分は知らない世界ですが、とても現実的な内容で、控えめな山崎賢人ともう一人の少女の微妙な心の揺れの表現がとても良かった。

佐藤家、鈴木家の子供たちだけでなく、大人も成長していく良い作品です。冒頭の佐藤家の朝食シーンでたくみと母の会話が、セリフだけでなく間とか声のトーンも、我が家と全く同じでビックリしました。

LGBTQものは結構見てきましたが、子供目線というのが新鮮でした。こういう家族構成も今からは増えていくのかな?という心境です。

世の中には色々な形の家族があるのだなと思う作品です。LGBTは当事者を視点にした作品ではなく、その子供目線という新しい形になっております。

テーマ―が心理的にはヘビーですが優しい作りの作品なので、それほど重さはなく、流れるように観れます。

あらすじ

高校2年生の佐藤 拓海(山崎 賢人)は2人の母、晴子(ちはる)、彩(つみきみほ)と3人で暮らしていました。毎朝、半熟の目玉焼き・卵焼き・スクランブルエッグと1人1人違う卵料理が並ぶ食卓を囲み、仲良く過ごす3人ですが、拓海は自分の父親について、自らの家族のかたちに対して、複雑な気持ちを秘めておりました。

ある日、斜向かいの家に鈴木 そら(小林涼子)と2人の父、裕之(池田 政典)、省吾(藤井 宏之)が引っ越してきます。

両家族の交流が深まっていき、次第にお互いの不思議な家族の形が明るみになっていきます。拓海は学校の生物の授業で、遺伝子組み換えのことを学び、自分と重ねます。思い悩んだ拓海は、ついに晴子に父親は誰かと問いただします。晴子は黙り込み答えません。

やり場のない怒りを抱え、家出をした拓海はそらと裕之たちの車を奪って走り去ります。2人は悩みを共有しそれぞれの居場所を見つけに向かった先とは…?

見どころ

最近では有名人や、本作の様なテレビ特集などによって、同性愛カップルの結婚や同性など認知されてきているので驚くこともないです。ですが、それでもまだ理解までは浸透していないのかもしれません。

私も同性の関係にあまり差別意識は無いと思っていましたが、本作を通じてよくよく考えて見た時、同性同士の間の子供の立場に自分が立ったら、かなりの葛藤はあるんだろうなと思いました。

全体的に視聴者に委ねてくる作りなので、考えさせられるとてもいいドラマです。

スタッフ

監督 : 月川 翔
脚本 : 村上 桃子

キャスト

佐藤 拓海:山崎 賢人
本作の主人公。高校2年生。2人の母である晴子、彩との3人暮らし。

佐藤 晴子:ちはる
拓海の実母。

平田 彩:つみき みほ
晴子のパートナー。

佐藤 圭一:三浦 誠己
晴子の弟。

鈴木 そら:小林 涼子
拓海の1つ下の女の子。高校には行っておらず、2人の父である裕之、省吾との3人暮らし。

鈴木 裕之:池田 政典
そらの父親。省吾のパートナーでありカメラマン。

鈴木 省吾:藤井 宏之
そらの父親。裕之のパートナー。

 

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

佐藤家の朝食、鈴木家の夕食(ドラマ)の感想

50代女性
50代女性

2013年に、山﨑賢人くんが18歳の時に出演しています。LGBTが今ほど普通ではなかった頃に作られた作品だと思うと感心します。2人の母親(「お母さん」と「母さん」)と暮らす高校2年生の佐藤拓海(山﨑賢人)は、思春期になり、自分の父親は誰なのかや、自分も同性愛者なのではなど、悩みが多くなってきていました。そして、近所には、2人の父親(「お父さん」と「パパ」)と暮らす、拓海の1歳下の女の子・鈴木そら(小林涼子)が引っ越してきました。似ているようで違う環境です。拓海は父親は知らないものの、生んでくれた母親と暮らしているのは事実です。でも、そらは、血のつながらい男性2人と家族として暮らしているのです。お互いの状況が気になって、わかるところもわからない所もある2人だから、近づいていく気持ちはわかります。小さいころには何も考えずにいたのでしょうが、大人になるにしたがって、知りたいことが増えていくのだと思います。最後に2人は思い切った行動に出るのですが、それぞれの家族は理解してくれたようです。いろんな家族の形があっていいのだと思います。子供として生まれてきた子が受け入れることが一番難しいのかなと思いました。

 

40代男性
40代男性

テーマは、LGBTでした。今、色々なところで話題になっているので気になって鑑賞しました。私の周りにはこういった人がいないという認識でしたが、そうではなく、オープンにできない世の中だからこそ知らないだけなのかもしれないと考えさせられました。重い作品に感じた部分もありましたが、現実として当事者ではなかったとしても周りが理解を示さなければならないと思います。それが当たり前になれば、この映画に出てくる子供達が傷付くこともありません。自分自身は偏見の気持ちは持っていないつもりですが、実際に近くにいたら好奇の目で見てしまいそうなので、そんな気持ちを見透かされたようにも感じました。色々な人に観て欲しい作品であったことには間違いありません。実際には、こういうことは起こっています。周りも理解を示さなければ、不幸が広がっていくでしょう。そんな世の中は、間違っています。子供には何の罪もありません。でも、この映画のように子供を持ったLGBTの人達にも罪はありません。世の中が冷たい目で見ることが問題なのだと認識できましたが、それに気付いた自分にできることが見つかりませんでした。でも、理解を示して受け入れていきたいと思いました。

20代女性
20代女性

今までに見たことがないようなすごく独特な世界観のあるドラマでした。両親が女同士という複雑な家庭に育った主人公の心の葛藤が描かれているのですが、今考え方が見直されているLGBTについて深く考えさせられました。もし自分が主人公の立場だったらどうだろうと思うと少し胸が苦しくなりました。もう一つ出てくる家族も両親が男同士という設定。しかも一緒に住む子どもは女です。彼女は何も気にしていない様子でしたが、見ていると少し嫌な気持ちになってしまいました。自分では偏見を持っていないつもりでいても、このドラマでリアルを見てしまうと自分の本当の感じ方に気付けると思います。LGBTの両親をもつ子どもは山崎賢人さんと小林涼子さんが演じていましたが、この2人の演技が素晴らしかったです。山崎賢人さんはどこか影のある役なのですが、自分も両親と同じような道を歩むのではないかという不安をリアルに演じられていました。小林涼子さんは自由奔放な変わった女の子の役なのですが、小林さんのイメージにぴったりでとても魅力的でした。2人のやりとりもとてもナチュラルでした。セリフや演出など映画を見ているようでしたし、見終わったあとは何とも言えない気持ちになるドラマでした。

40代女性
40代女性

この内容がBSといえどドラマで放送されていたのに驚きです。今ほどブレイクしていなかった山﨑賢人さんが難しい役柄に挑戦しています。山﨑賢人さん演じる拓海と小林涼子さん演じるそらの育つ境遇は同じですが、その感じ方は全く逆です。これは、そらが学校に行っていないために精神的に幼いからかと思っていましたが、性格の問題と、拓海にはずっと悩んでいたことがあったから、それで環境と親を恨んでしまったのでしょう。2人の母親が拓海との血のつながりを強調しますが、普通に考えたらそんなはずはなく、見ている方も拓海と同じように考えてしまいますが、タネあかしをされると、なるほどこういうやり方なら2人の母親と拓海は血がつながることが出来るんだと納得できました。拓海のある悩みは、山田裕貴さん演じる拓海の親友によって生み出され、そらによって解決します。悩みが解決されると母親たちに素直に接することが出来る拓海ですがこんな単純なことなのかな?と疑問を持ちました。受け入れていくしかないですが、拓海とそらはこの先も悩んでいくんだろうなと思います。一番印象に残ったシーンは、そらが父親達と血がつながりたいと思うあまり、2人の父親の子供を産むというシーン。幼く純粋なようで変に成熟してるそらをちょっと怖く感じました。

40代女性
40代女性

同性愛というと、BLとかオタク・腐女子が見るものとしてまだまだ偏見はあると思います。それでも少しずつ受け入れられているのか面白半分なのか、彼ら・彼女らが恋をするような作品はコミックなどを中心に描かれるようになりました。ただその子供に焦点があてられた作品というのは初めてでした。親がどちらも父親・あるいは母親、どんな家庭であっても子供たちはそこに生まれてきた以上はそういうものだと受け入れます。でも小学校など社会に出ていく中で他とは違うと気が付かされ、心かき乱されるものです。そういった様子がよく分かりました。親同士は自分たちが選んだ道だから覚悟はありますが、子供はなぜそんな特殊に家に生まれてしまったのだろうという不満しか無いのです。でも性がどうであれ自分を愛してくれる存在に変わりはなし、むしろ血のつながりがあるけれども虐待する親たちだってたくさんいます。そういった事実に気が付くことが出来た時に、成長するのです。私自身は関係ない世界ですが現実にある世界、こういったドラマで理解を高めることが出来ればどんどん偏見は無くなっていくのではないでしょうか。こういった作品が作られること自体普通ではないのです。

20代女性
20代女性

LGBTQの方にフォーカスした作品は何本か視聴していますが、これはまた他の作品とは違った気づきがありとても良かったです。ほかの多くの作品は、割と、大人のLGBTQの方々が悩みながらも恋愛していくというものですが、この『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』は、母二人に息子一人の家族と父二人に娘一人の家族という、子供の存在に焦点を当てているものだったので、とても新しい気づきがありました。最初の最初、この2家族が出会った時、その複雑な家族構成を隠しながら鍋を囲むシーンがあるのですが、世の中でのすごしづらさのようなものまで感じさせられました。例えば、母の日、父の日や、それこそやはり母一人父一人が普通だとする価値観、そもそもの結婚制度など、様々なジェンダー問題に気づかされるので、ぜひ視聴をオススメします。こういう恋愛もあるんだな、という気づきに収まらない作品としてとてもとても優れていると感じました。私たちは子供を持ってはいけないの?という主旨のセリフがあるのですが、とても切なくなりました。ただ、テーマは重く気づきの多い作品ではありますが、描写はとても柔らかく、映画として見やすさのあるものですので、誰にでもオススメです。

 

まとめ

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ちはるのU-NEXT配信作品

【映画】

  • 忘れないと誓ったぼくがいた

【ドラマ】

  • 専業主婦探偵~私はシャドウ
  • 佐藤家の朝食、鈴木家の夕食
  • アリスの棘

つみきみほのU-NEXT配信作品

【映画】

  • まく子
  • 櫻の園
  • コンセント
  • 花と雨

【ドラマ】

  • 佐藤家の朝食、鈴木家の夕食

三浦誠己のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • しんがり~山一證券 最後の聖戦~
  • ミュージアム 序章
  • 佐藤家の朝食、鈴木家の夕食
  • きんぴか
  • ミリオンジョー

小林涼子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ああ、ラブホテル 豪華編
  • REPLAY&DESTROY
  • CHIEF~警視庁IR分析室~
  • 佐藤家の朝食、鈴木家の夕食
  • 新・ミナミの帝王~仕掛けられた罠~
  • 5人のジュンコ
  • 西村京太郎トラベルミステリー第70作スペシャル(2019年3月17日放送)
  • 野田ともうします。
  • 主婦カツ!
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました