仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

特撮・ヒーロー
劇場版 さらば仮面ライダー電王 (予告編)

仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン(映画)の内容

映画『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』は、特撮ヒーロー番組「仮面ライダー電王」の映画3作目として、2008年10月に公開されました。

仮面ライダー電王は「時間」がテーマになっていて、バイクではなく列車に乗るという斬新な設定でいまだに人気のあるシリーズです。キャストにはこれまでも電王シリーズに出演してきた佐藤健さん、中村優一さん、秋山莉奈さん、石丸謙二郎さんなどが引き続き登場します。

この映画は「野上良太郎を主人公とした仮面ライダー電王シリーズ」の完結編という位置付け。

これまでの主人公・野上良太郎が今作では特別出演扱いになっていることや、NEW電王やそれに変身する野上幸太郎など、世代交代の要素はいくつか登場するものの「良太郎が主人公」というスタンスは崩していないようです。

 

イマジンたちが増えすぎて、頭パンクしそうだったけど深い絆が見えた。イマジン達のやりとりも相変わらず楽しいし、動けなくなったデンライナーをオーナーが自転車で走らせたシーンには笑いました。

佐藤健くんの電王をもっと観たかったけど、人気俳優になっちゃったからしょうがないですね。ダラダラ続けるよりも、スパッと終わる方がいいと思いますし。

野上良太郎の物語の終着点としてうまくまとめた印象です。あと長回しのアクションシーンがあってびっくりした。ただ幸太郎の出番はもうちょっと多くても良かったような気がする。

やっぱり電王は面白かった。一年以上にわたり電王を作ってきたキャスト・スタッフの皆さんお疲れさまでした!

これまで主役だった佐藤健さんが今作で卒業するため、公開前から注目度が高かったようです。世代交代をうまく描くため佐藤健さんの出演時間は多くありませんが、これまでの貢献に対して賞賛の声が多くありました。

あらすじ

時間の改変を目論む「イマジン」との戦いを終えたコハナやモモタロス(正義のイマジン)たちは、平穏な生活を送り始める。しかしそのころ、巷では「幽霊列車が現れる」という噂が飛び交っていた。

幽霊列車の真相を明らかにするため、行動を開始するモモタロスたちの前に謎の仮面ライダー「幽汽」が現れる。幽汽の正体は、何者かに誘拐され操られている野上良太郎であった。

侑斗も駆けつけ幽汽と戦うが重傷を負ってしまう。そこに「新しい電王」を名乗る男・野上幸太郎が未来からやってくる。

「象を守れ」というメッセージを託されたモモタロスたちは、列車を追い300年前の世界に向かうが・・。

見どころ

アクションシーンの迫力

電王のスーツアクターを務めている高岩成二さんは、監督からのアクションの要求が高すぎたため、酸欠になりクランクイン当日に倒れてしまったそうです。

この事件は「高岩酸欠事件」として戦隊ヒーローファンの間で、大きな話題となりました。味方だけでなく敵のアクションシーンもかなり迫力があるので、見逃さないようにしましょう!

電王の世代交代

今作はなんといっても、これまで主役を務めてきた佐藤健さんが電王を卒業するため、新しい電王が登場することが見どころになります。

NEW電王のデザインは、スタイリッシュでかっこいいと評判なので注目してほしいと思います。

スタッフ

原作:石ノ森章太郎
監督:金田治
脚本:小林靖子
音楽:佐橋俊彦

キャスト

野上幸太郎/仮面ライダーNEW電王:桜田通
良太郎の未来の孫。良太郎たちを助けに未来からやってくるが、生意気で口が悪い。

野上良太郎/仮面ライダー電王:佐藤健
身体能力が低く「最弱ライダー」と呼ばれる。テレビシリーズでは主人公であったが、今作では特別出演扱いとなっている。

桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス:中村優一
良太郎の姉・愛理の婚約者と同姓同名の青年。今作では特別出演扱いとなっている。

ソラ:神田沙也加
死郎と幽霊列車に乗る400年前の女性の霊。生き返ることを望んでなく、死郎の行動を止めてほしいと思っている。

ナオミ:秋山莉奈
時の運行を守る列車「デンライナー」でアルバイトをする客室乗務員。奇抜な格好をしていて、ぶりっ子口調。

野上愛理:松本若菜
良太郎の姉。ライブラリーカフェ「ミルクディッパー」を営む。桜井と婚約していたが、桜井が失踪するとともに彼の記憶が欠落する。

コハナ:松元環季
良太郎を電王に変身させたハナの外見が幼児化した姿。性格や記憶はハナと変わりないが、見た目が子どものため、イマジンたちにからかわれている。

オーナー:石丸謙二郎
時の運行を守る列車「デンライナー」のオーナー。

死郎/仮面ライダー幽汽:松村雄基
死者の時間をさまよう400年前の武士の怨霊。かつて愛した女性・ソラを蘇らせるため、幽霊列車や良太郎を利用し、生者と死者の時間を逆転させ全ての死者を復活させようと目論む。

 

『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン(映画)の感想

40代男性
40代男性

この作品もまた、ここでしか見られない面白さがたくさんあって、リピートして見たくなるほど素晴らしかったです。まず、今回の敵として登場する仮面ライダー幽汽に変身する死郎を松村雄基さんが演じられ、彼の恐ろしさがリアルに表現されて脅威を感じました。彼もまた専用の列車がありますが、そのデザインや部下として従えるイマジンからも、「死」や「亡霊」をイメージしたデザインが多く、それだけでも禍々しい雰囲気が漂い、敵キャラそれぞれの印象も強かったです。ストーリー展開もテレビシリーズや過去の劇場版とは違い、かなりシリアス感が強かったと思います。主人公・野上良太郎は死郎に連れ去られてから、仮面ライダー幽汽として操られてしまうなども衝撃的です。モモタロスとの戦闘シーンを通じて、良太郎をもとに戻すため、命を落としかけるモモタロスのシーンもすごくインパクトがありました。その後、良太郎がもとに戻ってからはほぼいつも通りのノリとなりましたが、戦闘シーンでも嬉しいサプライズがあり、良太郎の孫・幸太郎が変身するNEW電王、桜井侑斗が変身するゼロノスとともに良太郎たちも戦いますが、モモタロスたちイマジン4人が、それぞれのフォームに単独で変身するという、良太郎を含めて7人のライダーが揃うシーンが最も面白く、大人も子供も楽しめる作品だと思いました。

40代男性
40代男性

佐藤健が主演で演じていた仮面ライダー電王の映画第3弾の作品でしたが、TVと一緒でモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスとの友情が変わらないのが嬉しかったです。他の平成ライダーシリーズと違ってコメディー要素が多い仮面ライダーでしたのでモモタロス達とのやり取りが楽しいので、映画を見るのが楽しみでした。当然、シリアスなシーンもありますがそこはキチンと描かれておりギャップが子供も飽きずに見ることが出来る作品だと思います。幽霊列車の登場や新しい電王の登場でテレビとは、一線を引いた作品でしたが、まさかの孫登場には驚きました。この後の作品である仮面ライダードライブの映画でも子供が出てくるシーンがありましたが主人公が結婚をして子供が出来て、その子供に孫が産まれてと仮面ライダー主人公が物語の中でも成長していく所が嬉しかったです。電王は他のライダーと違って人間が仮面ライダーへ変身するのではなく、魔人が人間の体に入り込んで戦うという斬新なスタイルであったので大好きで見ていました。良太郎と幸太郎が力を合わせて敵を戦うシーンを見て幸太郎は最初の頃と比べて本当に成長したなと思いました。これで本当に電王が終わりになってしまうと思うと悲しいです。

20代男性
20代男性

平成ライダーで子供だけではなく親にも大人気だった仮面ライダー電王。しかし、始まりのあるものには終わりがある。「さらば電王」とタイトルにある通り、この映画が電王が主人公の最後の映画となります。これ以降の映画でも、電王は出てきますが、主人公である良太郎(佐藤健ver)が見れる貴重な映画です!さて、その天才俳優と名高い佐藤健ですが、電王ではキャラを多数演じていましたが、この映画でさらにキャラが増えます。本当に凄い役者さんです。良太郎がまさかの敵になり、モモタロス達襲ってくる展開は驚きました。さらになんと良太郎の息子である幸太郎がnew電王として初めて登場します。new電王のデザインは超格好いいので、是非デザインで敬遠されてたライダーファンにも見て欲しいです。この作品にもディレクターズカットが存在するので劇場版に足を運んだ方も尺が短いと感じた方もそちらを見る事をおすすめします。ライナーフォーム、new電王、モモタロスの3ショットが最高に格好いい!敵ライダーである幽汽もスカルフォームとハイジャックフォームの2パターンが出てくるのも斬新で面白いですし、何よりも敵である死朗にもスポットをあてているので、敵なのにどこか憎めないです。ソラとの悲しい展開には涙が出てきます。アクション、ストーリー、どちらも兼ね備えた素晴らしい映画で、俳優さんやスーツアクターも時間のない中作りあげた最高の作品です。最後の電王にふさわしいこの映画是非見る事をおすすめします!これが本当のクライマックスです!

 

40代男性
40代男性

いま見直すと、これはすごいと思うのでは普通にオリジナルの野上良太郎である佐藤健さんが普通に出ているところです。イマジンという存在に憑依されることで、いろいろなキャラクターにかわる良太郎は、テレビ版の仮面ライダー電王では最初はイマジンを演じている声優さんの力が強く、振り回されている感じが強かったのですが、今作では、なかのイマジンとばっちりあっている感じがあります。その後の佐藤健さんの活躍を考えると、このあたりに芝居の原点があるように思えるので、ぜひ注目していただきたいです。残念ながら電王としてばっちり出番があるのがこれで最後になります。そして、今回、主人公として話を引っ張っていくのが新たな主人公であるNEW電王である野上幸太郎を演じるのは桜田通さんです。良太郎が人のいい、弱気なキャラであるのに比べ、その孫にあたる幸太郎はクールであり遠慮ない言動を繰り出し、能力の高いところを見せつけます。しかし、犬のあれをふんだり、基本的に運が悪く描写さえると、ああ、血筋ってあるのかなと、ほほえましく思います。そんな幸太郎が、心を開き、ともに迎えるフィナーレは、電王シリーズの実質最後を飾るのにすばらしい作品だと思います。

50代男性
50代男性

2008年に公開された人気アクション仮面ライダーシリーズの映画です。平成仮面ライダーシリーズでは8作目で劇場版としては3弾です。大まかなあらすじは、時間の確変をもくろむ悪のイマジンとの戦いを終えた、仮面ライダー電王の野上良太郎でしたが、未来からやってきた良太郎の孫と共に、新たな強敵である、仮面ライダー幽汽との戦いに挑みます。この映画では、人気若手俳優の佐藤健さんの演技がとても素晴らしかったです。彼は、幅広い演技を見せつけてくれました。人気キャラクターとなっている、モモタロスが変身して電王ソードフォームになるなど、スーパー戦闘ものとしては完成度の高い仕上がりだと思いました。特に、ラストシーンでは、これまでの仮面ライダーたちが勢揃いして、激しいアクションシーンを見せてくれたのは、とてもワクワクとしました。歴代仮面ライダーとして、昭和ライダーや平成ラーダーなども出現するので、大人でも昔を懐かしみながら見られるのではないでしょうか。適度に、コンピューターグラフィックスなどが織り込まれていて、近未来感がよく描かれていました。タイムトラベル要素もあり、江戸の街並みが出てくるなど、飽きのこないストーリー展開が良かったと思います。

40代男性
40代男性

2008年の劇場公開当時は「仮面ライダー電王」の完結編と謳われた作品。結果的にはこの作品のあとにも電王の続編はいくつも制作されたものの、「電王」本編としては主人公・野上良太郎を演じた佐藤健さんの最後の出演作となっています(この次の彼の仮面ライダー作品への出演は、2018年12月公開の「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER」まで待つことになります)。物語としては良太郎の孫である野上幸太郎(仮面ライダーNEW電王)が新たな主人公へとシフトしていく過程にあり、良太郎こと佐藤健さんの出演シーンはやや抑えられているのですが、そんな中で幸太郎から見た祖父・良太郎とモモタロスをはじめとするイマジンたちから見た良太郎がそれぞれ語られることによって「野上良太郎」というキャラクターが補強されていく構成になっており、オーソドックスな完結編とは異なる趣ながらもしっかりとファンの心に良い意味での「完結」を印象付けるストーリーになっています。キャラクターものの劇場版というよりはしっかりとしたドラマの完結編として、数あるライダー映画の中でも映画としての完成度が非常に高い作品ではないかと思います。リアルタイムで「電王」を見た方はもちろんのこと、後になってTVシリーズを視聴したという方も必ずこの作品までは観てほしい、観ずには「電王」は語れない、そこまで言っても差し支えない作品です。

 

まとめ

『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました