散歩する侵略者(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
松田龍平、長澤まさみ、長谷川博己ら出演!映画『散歩する侵略者』予告編

散歩する侵略者(映画)の動画フルを安全に見る方法

『散歩する侵略者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『散歩する侵略者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

散歩する侵略者(映画)の内容

映画『散歩する侵略者』は、2017年9月に公開されました。

原作は、前川知大さんの主宰する劇団・イキウメによる舞台作品で、2007年に小説化もされております。

監督は、『トウキョウソナタ』や『岸辺の旅』をはじめとする数々の名作を生みだし、日本映画界を牽引する監督・黒沢清さんが勤めております。本作でもカンヌ国際映画祭“ある視点”部門に出品され、世界21か国で公開されるなど、国内外で評価を受けました。

映画『散歩する侵略者』は、侵略者によって人の概念が奪われていく、大胆なダークSFファンダジー作品となっており、長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さんら豪華俳優陣の共演で映画化されました。

衝撃の展開と結末で、色々と考えさせられますが、非常にバランスの取れており、充分に楽しめる作品です。優しい「愛」の映画だと思いました。

キャストの演技力が素晴らしい作品です。特に、松田龍平の演技は冴えわたっております。宇宙人に侵入されている時の顔と、愛に目覚めた時の顔。表情のない顔をつくることができる名俳優。

宇宙人による侵略という日本映画が苦手そうなジャンルではありますが、設定の奇特さや役者の好演、監督の演出によって見事な良作となっていると思います。

雰囲気はゴジラなどの特撮映画のような感じになっており、内容も音楽も良くて本当に面白かったです。

タイトル「散歩する侵略者」と言うくらいなので、優しい作品。また、これまでの黒沢清監督の作品に比べて、全体的にコメディ色が強めなのが特徴になってます。

日本映画ではあまり見ない宇宙人による侵略という設定を巧く表現しており、制作者側・キャストのどちらも評価するコメントが溢れておりました。

本作は、決して埋もらしてはいけない作品となっております。

あらすじ

加瀬真治(松田龍平)と妻・鳴海(長澤まさみ)は結婚していますが、不仲で子どもはいません。真治は会社の女性と浮気をしており、鳴海もその事実を知っています。ですが、鳴海は真治に愛情があるものの、離婚も時間の問題です。

しかし、状況が一変します。真治が行方不明となってしました。数日後、真治はまるで別人のようになって帰ってきたのです。急に穏やかになり、優しくなった夫に戸惑う鳴海。しかも、夫は会社を辞めて毎日散歩に出かけていきます。一体何をしているのか…?

一方、町では一家残虐事件が発生しており、奇妙な現象が頻発しております。桜井(長谷川博己)というジャーナリストはこの事件を取材中に、天野(高杉真宙)という不思議な少年と出会い、二人は事件の鍵を握る女子高生・立花あきら(恒松祐里)の行方を探し始めます。

やがて事態は思わむ方向へと動いていきます。真治が突然「地球を侵略しに来た」と鳴海に衝撃を告白します。当たり前の日常は、突然終わりを告げるのです…。

見どころ

演者に注目

本作はキャストの個性が遺憾なく発揮されております。大人の女性として魅力を発揮し、新境地を開拓している主演の長澤まさみさんをはじめ、得意分野でもある終始無表情で侵略者となってしまった夫を演じ切る松田龍平さん。

映画シン・ゴジラから一転して侵略者を相手に混乱する長谷川博己さん、仮面ライダー鎧武で子供たちのヒーローから映画『渇き』で犯罪に手を染める人物など演技の幅の広さで今後が期待の高杉真宙さん。

そして、本作において残虐非道で大胆なアクションシーンも披露している恒松祐里さんの演技が光っておりました。今後の作品に期待も高まります。他にも、前田敦子さんや満島真之介さん、光石研さん、笹野高史さんも素晴らしい演技を披露しております。またアンジャッシュの児島さんも侵略者に翻弄される刑事を巧く演じておりますので、是非注目して頂きたいです。

アイデア勝負

ハリウッド映画のような大掛かりな特撮はほとんどなく、お金のかかる特撮描写ではなくアイデア勝負で貫かれたSFファンダジー作品となっております。

日本映画であまり見てこないジャンルではありますが、これこそが日本映画が得意とする分野でもあり、本作でも見事に物語の流れに沿ったダークでサスペンスフルなSFファンタジーの分類での名作へと仕上がっております。

スタッフ

原作:前川 知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢 清
脚本:田中 幸子 / 黒沢清

キャスト

加瀬鳴海:長澤まさみ
行方不明から帰ってきた夫・真治の豹変ぶりに戸惑いつつも、家族として受け入れようと努力する。

加瀬真治:松田龍平
侵略者のよって体を乗っ取られてしまった男。人格が豹変してしまっている。

桜井:長谷川博己
一家惨殺事件を追っているジャーナリスト。

天野:高杉真宙
桜井が取材中に出会った不思議な少年。

立花あきら:恒松祐里
ごく普通の女子高生。一つだけ違いのは超人的な身体能力の持ち主。

明日美:前田敦子
鳴海の妹。

丸尾:満島真之介
真治が散歩中に出会った引きこもりの青年。

車田:児嶋一哉(アンジャッシュ)
一家惨殺事件を捜査する刑事。

鈴木:光石研
鳴海の取引先の会社社長。

牧師:東出昌大

医者:小泉今日子

品川:笹野高史

『散歩する侵略者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

散歩する侵略者(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

救いのあるラストだと解釈しました。それでも切なく、悲しくもありました。松田龍平と長澤まさみの夫婦の物語です。松田龍平は宇宙からの侵略者に体を乗っ取られてしまいます。夫に対する愛情が冷めつつある長澤まさみは、夫の様子を見てもふざけているだけと捉えます。侵略者は理解できない物事が多く、例えば家族とはどういうものか理解出来ません。妻のことも地球で生き延びるためのガイドだと解釈しています。なので妻の妹、つまり義理の妹にあたる人に対してもうまく接することが出来ません。妻は夫の言葉に混乱しながらも、少しずつ現状を受け入れていきます。侵略者という理解し難い存在を追いかける報道記者として、長谷川博己がいます。深刻な物語の中で軽やかに動きまわります。松田龍平とは別行動の男女の侵略者と行動を共にします。10代の若者ですが、侵略者の理屈での行動が理解を超えていて、この2人の結末も悲しいものがありました。舞台で上演されたのちに小説が発表され、映画化した作品だったと思います。それを知ると、侵略者の考え方の表現などは、舞台で見てみたかったなと思いました。散歩する、という言葉はとても軽やかな印象を受けます。そしてもしかしたら身近にこういうことがあるのかもしれないと思わされるタイトルだという印象も受けました。

30代男性
30代男性

宇宙人が地球を侵略する様子を描いたSF劇なのですが、ハリウッド大作にあるような、CGを駆使したスケールの大きなスペクタル映像なんてものはありません。特撮シーンも皆無ではないものの、わずかでかなり控え目。何しろこの宇宙人が目的としているのが「人の概念を奪う」ことであり、狙われているのが夫婦愛や親子愛といった家族間の愛情に関わることなのですから。つまるところ、私たちの日常生活を脅かす、ある意味非常に質が悪く、恐ろしい侵略者なのです。そんなはっきりと目に見える形のない侵略にこの映画の人々は追い詰められてゆくのですが、最終的には愛?の力で勝つことができましたね。全体的にコミカルな要素はあまりなく、ダークでシリアスな雰囲気に満ちた映画です。そんな中で注目するべきは、主人公の夫婦を演じた松田龍平さんと長澤まさみさん。とりわけ長澤まさみさんは、つい最近まで若手女優という印象を強く抱いていたのですが、この映画では夫の奇行に悩み、そして立ち向かう大人の女性としての魅力を全面的に放っています。大女優へ向けての階段をまた一歩登ったんだと感じさせられる作品でした。それに対する松田龍平さんの宇宙人に乗っ取られた終始無表情の演技も非常に良かったですね。出演している役者さんたちの演技が魅力的な映画だとも言えそうです。

 

40代女性
40代女性

前半、すごく笑えました。SFコメディ的で飄々とした真ちゃん(松田龍平)が真面目なのかふざけているのかわからない感じがウケます。そして、あまり頭が良くない人からは概念を奪いずらい描写をアンジャッシュの児嶋さんでするのはいい意味でズルイと思いました。ズバリタイトルに侵略者とついちゃってるのがもったいないです。その事で真ちゃんが侵略されてるってすぐにわかってしまいます。脳の病気なのかな何かな?と考えながら楽しみたかったです。しかし、途中から「あれ?これ笑う話?」と状況が変わっていきます。天野(高杉真宙)と立花(恒松祐里)が他の人間に侵略し直さなかったのは概念が増えたことで桜井(長谷川博己)との道中に疑問を感じたのでしょう。その皮肉な感じは星新一作品の様に思えました。桜井がどんどんマッドサイエンティスト化していく感じは長谷川博己さんの真骨頂だと思います。そして、愛の概念は人によって感じ方が違う一番表しにくいものと言うことを改めて感じました。ラストはアルマゲドン的世紀末展開でさらには、現在のパンデミックを予言したかの様な侵略後の世界でした。鳴海(長澤まさみ)と真ちゃんは究極の愛とも取れますが切なかったです。

 

20代女性
20代女性

映画を見始めた時と見終わった後で、大きく印象が変わった映画でした。見る前は、タイトルから宇宙人が地球を侵略していくパニック映画だと思っていました。映画の序盤も不気味な雰囲気でしたし、SF要素があるパニック映画でスリルを味わう作品なのかなと思いながら見ていました。しかし、見終わって見ると、宇宙人が地球を侵略していくストーリーとして描かれているけれど、愛がテーマの作品なのだと感じ、見終わった後に少し心が温かくなりました。また、人は生きていく中で様々な経験をし、それによって沢山の概念が形成され人格が作られていて、その概念を失うと人としての温かみが無くなり正気ではいられなくなるのだと、少し考えさせられる部分もありました。概念の中にも、奪われると大きく人格が変わるものとそうでないものがあるように描かれていて、そう言った描写から人生の中での大切な事柄について伝えているのかなと感じました。出演している役者さんは皆さん演技が上手いと思いましたが、特に松田龍平さんの演技が素晴らしかったです。映画の序盤では無機質な雰囲気で宇宙人にしか見えませんでしたが、ストーリーが進むにつれて優しさなど温かな感情が分かるようになり、人間味を帯びていく真治をとても自然に表現されていました。どこを変化させているのか分からない位自然な演技なのに、確実に映画の序盤とは違う人間に見える演技で驚きました。少し変わった映画だと感じましたが、見れば何かを感じることのできる作品だと思います。

30代男性
30代男性

松田龍平さんが出演されているということで、実はあまり予備知識もなく拝見しました。普段はこういったタイトルの映画にはあまり惹かれないのですが、いい映画に出会えました。ちょっとSFっぽくはあるんですが、これ、地球を侵略レベルまでいかなくても、配偶者や家族がいつの間にか入れ替わっていて、自分がおかしいのか周りがおかしいのかという状況は実際に起こってもおかしくないなとすごく想像力を刺激されました。こういったテーマに心理的なトリックやなぞかけまで組み合わせてあるとすごく自分好みの映画でしたが、いくつもの伏線が張られていて、それが回収されていって意外な展開を迎える最終局面までずっとアドレナリン出まくりで時間を忘れて没入できました。キャストもとても良かったです。個人的にファンである松田龍平さんには文句のつけようもなく、こういったなにを考えているか分からないキャラとかおそろしい考えをもっているサディストから、ちょっと抜けていて笑わせられるキャラまで幅広い表現ができるすばらしい俳優さんだなと改めて思いました。長澤まさみさんも、やや不幸でありながら平凡な日常から、異常な非日常に落とされてしまう心理をよく表現されていて映画に入りこむことが出来ました。

 

10代女性
10代女性

ある日突然性格が変わり、毎日散歩をするようになった夫に対する少しの違和感が物語が進んでいくに連れてどんどん大きくなり、予想もしないラストへと向かっていく様は圧巻でした。物語序盤は平穏な時間が流れており、しかし小さな違和感と近くで起きる一家惨殺事件と、そして様々な歯車が重なりあったとき小さな違和感は侵略者となって観客の心にも侵略してきます。長澤まさみ、松田龍平という演技派俳優のコラボにより、より一層日常から一転してゆく様がリアルに描かれており、まるで我々の実世界でももう侵略が起こっているのではないか、と思わせるような映画でした。ファンタジーの世界なのですが、映像と出演者とが相まって日常の中の小さな不気味さが見え隠れしており、静かに、確実に侵略が進んでいる様が恐怖さえ覚えました。侵略者の意図とは何なのか、誰が侵略されているのか、その全貌が見えたとき、人間はどう立ち向かうのか、侵略された世界は、果たして侵略者とは何なのか、2人の夫婦の行く末など見どころのポイントがたくさんあって見る価値のある映画でした。私自身また見たいと考えています。日常に潜むスリリングで、ファンタジーな世界を楽しみたい方は必見です。

30代女性
30代女性

宇宙人ものの映画はいろいろと見てきましたがこの映画は宇宙人が人間の概念を奪うという設定が斬新でした。冒頭はショッキングなシーンがあり怖い映画かとドキドキしましたが、ストーリーが進むにつれて宇宙人たちが不思議と可愛く見えてしまい、ラストには感動もありました。概念を奪いに来た宇宙人が人間にわからない事を聞くところがなんだか真っ直ぐなこどものように見えました。宇宙人を演じた松田龍平さん、高杉真宙さん、恒松祐里さんの3人の演技が素晴らしかったです。松田龍平さんのポーカーフェイスが宇宙人感をさらに引き立てていました。高杉真宙さん演じる天野が長谷川博己さん演じる桜井に出会ったシーンで「君はのあとはなんだちゃんと喋れ」というセリフが本当にこどものような言い方でぶっきらぼうだけどなんだか可愛らしくて印象に残りました。宇宙人に侵略されるSFものかと思っていたら意外にも人間ドラマで、愛もテーマになっているところが面白かったです。ラストの数分間の重要なシーンは音楽も映像も美しくてとても魅力的な演出でした。日本で宇宙人ものの映画を作るのは難しいのではと思っていましたが、これは新しい要素が入っていて日本らしい素晴らしい作品でした。

50代男性
50代男性

三体の宇宙人が、地球の本格的侵略の準備として地球にやってきます。それぞれが地球人の体を乗っ取り、他の二体と連絡を取ろうとします。この映画で面白いのは地球外生命体が地球人に適応するのに苦労することです。この点でこのジャンルの古典である「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」等に比べてこの映画を興味深いものにしています。まず、体が慣れない。真治(松田龍平)はすぐ転ぶし、女子高生の立花あきら(恒松祐里)もふらふら歩いていました。でも体の方はあっさりなれるようであきらは映画の後半では殺人マシーン化しています。体以上に困るのは地球人の「概念」への慣れ。そのために彼らは、話した相手にある概念を思念させてからそれを奪っていくということを繰り返していきます。人類の概念について学んでいるという点で、目的は全く違いますが、宇宙人たちはスティーヴン・スピルバーグ監督「A.I.」の人類滅亡後に進化したロボットたちに似ていると言えるでしょう。そして「散歩する侵略者」でも後半では真治の関心の対象は「愛」という概念になっていきます。真治の妻・鳴海(長澤まさみ)は、浮気者だった、体を乗っ取られる前の真治以上に、いちおう元の真治の記憶を引き継いでいるけれど、いわばできそこないの人間である真治、突然自分は宇宙人だと言い出した男を愛するようになっていきます。せっかく愛という概念をもっていても、愛を育むには人間はよけいなものを覚えすぎているのかもしれません。

 

まとめ

『散歩する侵略者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました