三国志(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アジア映画
映画『三国志』 予告編

三国志の動画フルを安全に見る方法

『三国志』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『三国志』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

三国志の内容

映画『三国志』は、 2009年2月14日に公開されています。この映画は史書である『三国志』を小説化した『三国志演義』を改変して書き上げた『三國之見龍卸甲』が原作で映画化した作品です。

三国志という物語は昔からマンガ、ドラマ、映画や小説と様々な媒体で表現されてきましたが、今作は三国志でも蜀の将軍である趙雲にスポットを当てたストーリーとなっています。また史実も元の三国志からは大きく脚色されており、関羽と曹操が生きている間に劉備が蜀の皇帝を即位しており、張飛の死因が部下の裏切りではなく、先に死んだ関羽の弔い合戦で討ち死にしたことになっています。

 

一本筋の通った男である趙雲が、乱世を戦い抜いた。それこそが、多くの人に知られ愛された勇将「趙雲」の本質ではないでしょうか?

人生の半分を過ぎると、栄光や勝利が人生の終着駅ではないことを悟ります。運命は自分で切り開くものと信じていても、やがて運命の前には人は抗えない存在だと知ります。しかしそうした人生をしっかり生きなければならないことを本作からは感じられました。

アンディ・ラウをこれほどかっこいいと思ったのは初めてですし、
久しぶりにマギーQが見られてうれしかった。
香港映画マニアではない自分にとってはも脇役にいい役者も発見できました。
映像はアジア映画ではトップレベルの素晴らしさで、最後の趙雲のセリフは痺れました。

三国志を全く知らない人にはなんとなく楽しめると思うが、三国志を好きな方はあまり楽しめないかもしれません。特に蜀好きは、ガッカリすること間違いなしです。
趙雲ファンや、この映画を割り切って「なんだこれ(笑)」と楽しめる方にはお勧めします。

ストーリーは別にして三国志を超越しているが、カット割り、アクション、殺陣、カメラアングルなんかはよかったです。戦うシーンがリアルで引き込まれました。

物語が趙雲中心なため、純粋な歴史ファン・三国志ファンにとっては題名に騙されたという評価もありましたが、単純にアクション映画として評価する声も多くありました。

あらすじ

蜀の兵士である趙雲は、同郷常山郡出身で兄と慕う羅平安と共に魏の侵攻を軍師諸葛亮が指揮する軍略の元に挫きます。

前衛隊長の首を取った羅平安は蜀の大将である劉備の家族の警護を任されますが、魏の大群が侵攻した際に劉備の妻と息子達を見失う失態を犯してしまいます。羅平安に代わって趙雲はその責任を一人で負い、長坂へ赴きます。魏の大群をかいくぐり劉備の息子である阿斗を救った趙雲はたちまち英雄となり、蜀の五虎大将軍に任じられます。

時が過ぎ、主君の劉備や他の将軍達が次々没する中、最後の五虎大将軍となった趙雲は蜀の丞相となった諸葛亮に願い出て、最後の北伐の指揮を任されることになります。曹操の孫娘で魏の都督の曹嬰と対戦するうちに、趙雲は自分が若い関興や張苞が魏へ奇襲するための囮であったことを知ります。しかし曹嬰はそれらの作戦を見抜いた上で、常勝将軍と呼ばれる勇将趙雲を倒して蜀の士気を削ぐべく一騎討ちを申し込むのです。

見どころ

映画『三国志』の見どころは、やはり香港映画ということでアクションの素晴らしさが際立ちます。アンディ・ラウ扮する趙雲はやはり文句無しでカッコイイです。アクションもきれいで無駄がありません。計算しつくされたアクションは見ていて本当に美しいものです。

スタッフ

監督:ダニエル・リー
脚本:ダニエル・リー、ラウ・ホーリョン、フォン・チーチャン
音楽:ヘンリー・ライ

キャスト

趙雲:アンディ・ラウ
常山郡出身、蜀の勇将。五虎大将軍に任じられる。その中で最後まで生き抜く。

羅平安:サモ・ハン・キンポー
趙雲と同郷の常山郡出身。趙雲が兄のように慕う。

曹嬰:マギーQ
曹操の孫娘で都督。

諸葛亮:プー・ツンシン
蜀の軍師。

鄧芝:アンディ・オン
蜀の武将。

関興:ヴァネス・ウー
蜀の武将。関羽の息子。

『三国志』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

三国志の感想

40代男性
40代男性

この作品で、劉備玄徳に仕える趙雲子龍が主人公であるという点にすごく興味があり、趙雲の活躍が全編で見られたことが最も素晴らしかったです。キャスティングについては予備知識がない状態で見ていましたが、主人公のアンディ・ラウさんの容姿端麗な魅力が、趙雲子龍に乗り移ったというくらい、趙雲の勇敢さ、義を重んじた行動などが忠実に表現されていて、アンディさんの演技や立ち回りがとてもかっこ良かったです。これまでの三国志とは視点が違いながらも、趙雲が、曹操軍から劉備の妻と子供を単騎で救出に成功するシーンはとてもかっこ良く、彼の戦闘シーンでも槍の名手である史実と同様に違和感なく演じられたのも素晴らしかったです。設定上で意外な面白さを感じたのは、曹操軍の孫・曹嬰が趙雲の宿敵として登場したところです。女性が趙雲の宿敵として登場するというのもインパクトが強く、曹嬰の容姿端麗な魅力、戦場で琵琶に似た楽器を演奏するシーンなど、独特の存在感を放つ姿もまた、静かでありながらも激しい闘争心を感じました。ラストでは、これまで無敗続きの趙雲の最後の戦として、魏に勇敢に立ち向かうなど、この作品でしか見られない趙雲子龍の活躍や彼の人生そのものを見ることができる、素晴らしい作品だと実感しました。

50代女性
50代女性

映画は趙雲をメインにその一生を描いている三国志映画になっており面白さを感じました。この映画は趙雲と言う人物に注目しておりその人物の心の動きや怒りや悲哀をそっかりと描かれており三国志の中では、あまり主人公にならない趙雲のことが詳しく理解出来ます。今まで三国志の映画というと関羽や孔明や曹操などを主人公にした作品が多かったのでとても新鮮に感じます。この映画には、サモ・ハンが出ているのも魅力の一つでした。かつて多くの映画に出ていたサモハンキンポーがサモハンとなって出演しており彼が出演していることにかつての香港映画が大好きだったので感動しました。アンディ・ラウさんが演じる趙雲もとても素敵に描かれておりその人徳に感動しました。今まで趙雲に対してあまりイメージを持っていましたが、今回の映画で趙雲という人物がどんなに、優しく人望のある人だったかを知ることだを知ることが出来ました。劉備は自らの鎧を渡し、家族の救出を趙雲に託すシーンがありましたがそのシーンがとても素敵でした。アンディ・ラウさんの素敵なイメージと趙雲のイメージが重なり素敵な映画に仕上がっていました。最後に趙雲が単騎で戦に挑むシーンは涙が出ました。深く感動できる映画で良かったです。

40代男性
40代男性

趙雲子龍は、これまでの三国志演義の中では、主役になることはありませんでした。それを今回主役にしたのはダニエル・リー監督が惚れ込んでいたからです。この映画でアンディ・ラウは趙雲の若い時から老年までは演じます。そのせいで、ほかの演義では大きく描かれるようなシーンでも趙雲の出番がないようなところはすっぱりカットされています。しかし、しかし、そこが逆にリアルに趙雲目線になっています。今回の話で、これはおもしろいと思ったのは、途中何万もの敵を突破しながら、主君である劉備玄徳の才子を救いに行くシーンがあります。このときに趙雲は、劉備から鎧をたくされ、一騎駆けします。その強さは圧巻で、目的を半ば達成するだけでなく、敵の大将である曹操の武器を持って戻ります。その際に、曹操の軍にいた小さな女の子。この女の子が、成長し、魏の将軍となって、その趙雲に挑むのです。しかも、彼女は大軍を率いながら、幼いころに圧倒的な力を見た趙雲に一騎打ちを挑むのです。一生を描いたためにできたこの場面は圧巻です。この映画は普通の三国志演義とは違っています。しかし、自分たちがよくしっている三国志演義も様々に脚色されているので、そんなに考えないようにしてください。

20代女性
20代女性

レッドクリフが好きな方は嵌る作品だと思います。劉備や諸葛孔明、張飛や関羽が目立つ三国志の映画は多いですが、この映画は趙雲が主人公として出てきます。平安を演じるのはなんとサモハン・キンポーです。彼が登場した時はちょっとうれしかったのですが、キャラクターのイメージがしっかり合っていて違和感がなく、話が進むうちに仲良くなる二人を見ていると、男の友情を見ているようで微笑ましい気持ちになったものです。劉備の家族を捜索した後から趙雲の運命が少しずつ変わっていきます。三国志の知識がほとんどない方にとっては趙雲の運命の変わっていく様にだんだんやりきれなさを感じる事もあるかもしれません。戦いでありがちな捨て身や切り捨て、希望がすべて裏切られたとしても誰を恨むわけでもない趙雲の静かな面持ちで旧友に信頼をのまなざしを向けるシーンは、それまでの彼の苦労を見ていると切なくて悲しい気持ちになりますが、男の覚悟を見せられているようで、たくましさを感じます。レッドクリフのように映像は美しいし、やはりアクションがとても見事だと思いました。たまに出会う酷い出来栄えの三国志の映画を見た後にこの作品を見ると、やはり質の違いに驚きます。趙雲がメインの話はありそうに見えてなかなかないので、三国志が好きな方にはぜひおすすめしたい映画の一つです。

 

まとめ

『三国志』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました