三国志英傑伝 関羽(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アジア映画
映画『三国志英傑伝 関羽』予告編

三国志英傑伝 関羽の動画フルを安全に見る方法

『三国志英傑伝 関羽』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『三国志英傑伝 関羽』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

三国志英傑伝 関羽の内容

映画『三国志英傑伝 関羽』は、2011年4月に中国で公開され、1億6000万元(当時の日本円で約20億)を記録する大ヒットとなった話題作である。 日本では2012年1月に公開されてます。

中国の歴史小説『三国志』中でも屈指の人気キャラクターであり、現在では神格化もされている武将“関羽“こと関雲長にフォーカスし、彼が活躍する『関羽の千里行 過五関、斬六将』を壮大なスケールで映画化されました。
関羽が青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)なる刀で敵を討つ勇姿を、激しいアクションを交えながら活写しています。

生涯仕えていた劉備の婚約者になる美女も登場するオリジナルストーリーとなっており、関羽が今でも絶大な人気を誇る理由の1つである 忠義を貫く様も鮮明に描かれております。
この作品はアクション映画としてだけでなく、深みを持った人間ドラマとしても魅せているんです。

また、主演の関羽役を演じたドニー・イェンは、本作でマカオ国際映画祭にて主演男優賞を受賞しております。

ドニー・イェンさん演じる関羽の強さをわかり易くしてくれてます。特にジグザクに走って矢をかわしながら、木の上にいる敵を自分の弓矢で射落とす、1対多人数の戦闘シーンは、男なら誰でも憧れちゃうシーンだと思います!!

曹操の関羽への思いが強く、曹操の情け深い良い人を印象強くしてくれた映画でした。曹操が大好きなので最高すぎる作品です。

面白いなって見てたけどラスト15分あたりから三国志の根幹を揺るがすとんでも台詞が連発してましたが、そこがオリジナルストーリーならではだなと。それ含めて凄く面白いから三国志好きな人も、そうでない人も絶対見てほしい。

初めて見てみました。三国志は難しいイメージがありましたけど、わかりやすいストーリーで完成しているので、とても見やすかったです。

映画のタイトルにもなっている『関羽』という主人公の根強い人気はもちろんですが、助演枠である曹操や五関の六将など他キャラクターの人気もうなずけるコメントが目立ちました。

アクション大作として大ヒットしてますが、様々な人間関係が上手に交差している内容にも惹かれますね。

あらすじ

言わずと知れた、三国時代の武将・関羽を描いた物語である。
「赤壁の戦い(レッドクリフ)」の数年前。三国のうち蜀(しょく)国、劉備軍の武将であった関羽は魏(ぎ)国との戦いで敵である魏の実権者である曹操に捕らわれていた。

曹操軍と袁紹(えんしょう)の率いる軍勢が刀を交えた「白馬の戦い」にて、捕虜でありながらも劣勢だった曹操軍への手助けをし、無事勝利をおさめた。そこで大いなる信頼を得てました。
曹操が彼の才能に惚れこんで、様々な手を尽くし配下に引き入れようとするが、法と規律を重んじる曹操に対して、主君である劉備への仁義を重んじる関羽は従うことはできなかった。
また、曹操は劉備の側室となる綺蘭(きらん)も捕らえており、関羽は彼女を連れて劉備の元へ戻ることを譲ることはなかった。

そんな中、密偵から劉備の危機を知ったのであった。
関羽の劉備への忠義心は変わることは一切なく、その信念に感服した曹操は、5つの関所を通行手形がなくても通すよう部下たちに命令を下し、彼の忠義心に敬意を払って後は追わないと約束をかわしました。

しかし、何者かの命令で関所を訪れた関羽は曹操の6人の部下たちに命を狙われるのであった。
最初の関所にて1人目の部下である孔秀(こうしゅう)が待ち受けておりました。壮絶な戦いの後、関羽は誰の差し金かと聞くと何と思わぬ名前が…!
誰が関羽の命を狙う命令を出したのか? また、関羽は綺蘭を連れて、5つの関所を突破して主君の元へ辿りつけるのか。

見どころ

ドニー・イェンの圧巻のアクション

主人公の関羽役を演じたドニー・イェンのアクションは「甄功夫(イェン・クンフー)」と呼ばれ、ありとあらゆる才能に恵まれたカンフースターです。アクションシーンは全て圧巻されますが、中でも細い路地裏での、長い矛と槍の1対1の対決は迫力満点で特に見応えがあります!
制作者サイドの裏方さんが「古代の武術の達人である関羽を現代の武術の達人のドニーが演じる」と言っていたそうです。納得です!

関羽を惹きたてる曹操が素晴らしい

いかに魅力的な関羽を曹操が欲しがったのかをしっかりと描いています。悪役一辺倒ではない複雑な役どころの曹操役を演じたチアン・ウェンも素晴らしいの一言。さすが中国を代表する映画監督であり、名俳優です。

スタッフ

監督:アラン・マック
脚本:フェリックス・チョン
武術指導:ドニー・イェン

キャスト

関羽(ドニー・イェン)
主人公。武勇を極め、彼の忠義心は曹操だけではなく、多くの英傑たちから称賛された。ルックスは見事なアゴ髭をたくわえていたので、美髯公(びぜんこう)とも呼ばれていました

曹操(チアン・ウェン)
魏国の武将にして政治家。また戦略家としても素晴らしい功績を残しています。三国志としては、敵役や悪役としての役柄が多いが、本作では義理深い一面が見れる

綺蘭(スン・リー)
劉備の側室になる女性、本作オリジナルキャラクター

孔秀(アンディ・オン)
五関 六将の一番手

孟坦(ヘイ・ツー)
五関 六将の二番手

韓福(ニエ・ユアン)
五関 六将の三番手

卞喜(イー・カイレイ)
五関 六将の四番手

王植(ワン・シュエビン)
五関 六将の五番手

秦琪(リー・ツォンハン)
五関 六将の六番手

 

『三国志英傑伝 関羽』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

三国志英傑伝 関羽の感想

40代女性
40代女性

三国志が大好きな方がそのタイトルで選びそうな映画ですが、少し意訳しすぎでツッコミどころ満載です。単に関羽という名前を持つ男性が主人公のストーリーと捉えておいた方が良さそうです。何しろ、偉丈夫・ひげ面といったイメージの関羽役がドニーイェンです。端正な顔立ちと小柄な体形で見た瞬間から違うのです。アクションシーンも多いのでしかたなかったのかもしれません。それにしても、兄者の奥様との恋模様を描かれるなんて逆に面白がってみてくれるかもというくらいのお話でした。恋愛部分は必要なかったのではと強く思います。登場人物はとにかく多い、きちんと名前が表示されるのはごく一部で何度も出てきながら誰か分からないまま続いていくストーリーにひっちゃかめっちゃかです。三国志と言えば有名だからと細かい説明は省いて、知っている前提で・それもどのような結末になるかどういった場面なのか分かっていると考えての丸投げはやめてほしいです。有名な役なのにエキストラと一緒にされている役者さんたちも可哀そうに思えました。関羽に標準を絞って取り上げるのはいいのですが、もうちょっと役者さん・ストーリーともに練り上げてほしかったです。

50代男性
50代男性

関羽の生首を入れるための棺桶彫、葬儀の準備シーン、結論から始める回顧型の物語の進め方である。曹操は、乱戦で関羽と劉備の許嫁・綺蘭と共に捕らえた。関羽の男気を高く買った曹操は、かねてから関羽のことを認めて、一緒に仕事をしたいとも思った。曹操は劉備が袁紹の下にいると知ると劉備の一族を故郷に返した。関羽は曹操に感謝の意を持つ。曹操は、関羽と劉備の許嫁・綺蘭と関係を持つことを期待するも、つまり関羽が曹操の配下になること思ったが、もちろん関羽は、淡い想いはあったかもしれないが、義兄の劉備を裏切ることはなかった。関羽の性格からしても当然のことと思う。義理固い関羽は、いち早く劉備玄徳のもとに戻りたいの申し出に、曹操は、関羽は5つの関所を通り、劉備の下にもどることを認めた。だが、曹操の部下である6人の武将は、この五関の突破、曹操の約束を反故にして、関羽をつけ狙うのだった。要するに曹操の部下たちは、関羽を野に放たれ虎と感じて、独自に動いたようだ。曹操の胸のうちは忸怩たる思いであることは想像できる。関羽は綺蘭に恋愛感情を持った。そばにいて、一緒に行動していたら、そうなるだろうなと感じた。しかし、最後の最後まで、関羽は劉備を裏切らなかった。最後の霧の中シーンは、黒幕・漢献帝は、関羽を殺さなければ『世の平安が来ない』と考えたのだろうが、そうかなと、考えさせられた。そして、終わりに一言。特に曹操を好きな方にオススメします。

30代男性
30代男性

こちらの作品は三国志演義などに登場してくる劉備の部下である武将・関羽が主人公となっている作品となっていて、「過五関、斬六将」を映画化した歴史アクションであるため、中国史が好きな方とか三国志に興味や関心がある方とかは一度は見ておきたい作品となっております。関羽が主人公となっているため、劉備との出会いをはじめ、戦乱の中を劉備とともに駆け抜け、苦労と苦悩の日々を過ごしながらも戦乱をなくすために尽力する関羽に密着するので、知らなかった部分とかあまり公に登場することがなかった話しとかも出てくるので見ごたえがある作品となっております。きちんとですが、ストーリーには劉備の宿敵であり後々になって大規模な戦いを繰り広げることになる曹操らも出てきますし、関羽と曹操との関係にも迫ったりするのでためになる話しが多々あります。曹操軍と袁紹の率いる軍勢が刀を交えた「白馬の戦い」での戦闘もしっかりと出てきて、関羽が一時的に曹操軍に所属し活躍する場面も見ることができ、あることがキッカケで曹操のもとを完全に離れることになった関羽は愛馬の赤兎馬とともに遠い道のりを超えることになるが追手が迫り、関羽を阻むことになるが、多くの作品では大まかな部分の紹介をしているものが多いがこちらの作品は細かな部分まで話しを再現していて、関羽が張飛や劉備のもとに帰るまでの過酷な道のりと道中で起きる戦いやアクシデントなども描いております。

40代男性
40代男性

この作品における関羽を演じるドニー・イェンさんが、関羽の義に重んじるキャラクターと5つの関所破りにおけるアクションがかっこ良く、今回ベースとなっていた「過五関、斬六将」をさらにクローズアップされていてエキサイトしました。前半では、曹操軍の捕虜として軟禁状態に遭う関羽ですが、曹操が彼に惚れ込んで、次々と褒美を与えるあたり、関羽は敵将からの視点でもいかに魅力的なのかが裏付けられます。その上、関羽は決して揺らぐことのない劉備との信頼関係、忠義を曹操に伝える場面もまた、この関羽の魅力がストーリー全体に表現されているのも素晴らしいです。今作でのメインテーマである関所破りについては、曹操はあくまで通行手形なしで関所を通れるようにしたのだが、関羽に襲い掛かる6人の武将との戦闘シーンも白熱します。愛馬・赤兎馬を駆り、彼の名刀である青龍偃月刀を振るう大胆なアクションもまた、今作最大の醍醐味だと思っています。このストーリーは三国志のエピソードでも非常に人気の高いものであるだけに、劉備のもとへ帰るために長い道のりを単騎で駆け抜け、目標までまっしぐらに進む関羽と赤兎馬から、スピード感たっぷりのインパクトが強いです。三国志の映画やエピソードは戦争や計略なども豊富ななか、今回のようなアクション主体をクローズアップするというのも珍しく、新鮮な感じさえしました。

50代男性
50代男性

三国志英傑伝関羽は三国志のイメージである合戦主体の群像劇というよりかは、今まであまり語られなかった関羽自身の内面の葛藤などを描いています。従来の戦いのみを描いたような作品よりも奥が深い仕上がりとなっている為、新しい切り口での展開に興味のある方におすすめです。本来は敵である曹操との交流は必見ですし、義兄弟である劉備への忠節を守り通そうとする姿は胸が熱くなるのを止められません。そんな関羽だからこそ死後には神にと崇められ信仰の対象となっていったのだと思います。中国の三国志の時代は日本で言うところの戦国時代のようで、敵味方が様々な思惑もあり同盟したりまたは裏切ったりします。そんな戦乱の時代だからこそ忠義や武威に優れた将は自陣営に留め置きたいと考えるのは道理です。曹操もそのように考えたのでしょう。あの手この手で関羽を懐柔しようと躍起になりますが、それに従わず頑なに劉備への忠義を貫く姿がとても印象に残りました。この映画の切り口が従来のものとは違っているせいか、曹操が他の作品のように残虐非道に描かれておらず割と話のわかる人物とされている点に少し驚きました。三国志演義では創作が入っており、多くの映画では曹操は前述のような悪役とされています。もしかすると今作の曹操が史実に近い姿なのかもしれません。三国志の固定観念を払拭する意味でも一見の価値があると思います。

 

40代男性
40代男性

三国志の中でも有名な逸話である、関羽千里行を主な題材にしています。ドニー・イェンさんが演じる関羽は、これまでのイメージから関羽にしては線が細いかなと少し不安でしたが、アクションはさすがです。関羽をなんとか自分の配下にしたい曹操と、あの手この手で籠絡しようとする曹操へ辛辣な返しをする関羽。その曹操も非常に大きな器量がある英雄として描かれており、最高にかっこいいです。それもその筈、今回曹操を演じるのはあの名優である、チアン・ウェンさんです。どの作品でも彼は本当に安定した、クオリティの高い演技をしてくれます。三国志を真に愛する人にとっては、すこし物足りないかもしれないが、ドニー・イェンさんのアクション映画としてみる分には、非常に面白いです。本当に関羽かというと、我々の持っているイメージと違いすぎるのは残念ですが、アクション映画という意味では迫力満点です。関羽の代表的な武器である青龍偃月刀で敵をどんどん切り倒していく様は圧巻の一言です。三國志の映画となると、長尺になることが多いような気がしますが、こちらはその世界をお気軽に楽しめる仕上がりです。私個人的には、エンターテイメントとして最高に楽しかった映画です。

20代女性
20代女性

赤壁の戦い以前の物語のようですが、関羽を演じるドニー・イェンが思いのほか小柄だという事に気が付いて、はじめはちょっとイメージと違うんだよなぁと思いながら見ていました。三国志のゲームが好きな人は大体三国志の映画はある程度見ていると思うのですが、そういう方にとっては初めの場面で関羽のビジュアルに馴染むのに時間がかかるかもしれません。ですが、この関羽を演じるドニー・イェン、さすがアクション俳優だけあってどれだけ敵が群れようがギッタギタにしてしまいます。本人もボロボロになりますが、まさにスーパーヒーローといった感じで、特に後半になるにつれてどんどんテンポが上がっていきます。物語そのものはあまり複雑な印象はなく、キレッキレのアクションが見せどころなのか、戦闘シーンに入るたびに没入感に浸れるほどアクションのディテールが細かいです。ネタバレは防ぎたいところですが、関羽は根性がありすぎて毒蛇にかまれても戦うし、馬から投げ出されようが動きが微塵も崩れないところはもう下をまくしかありません。物語の終盤になるころには、はじめのころ気になっていた身長はあまり気にならなくなってくるのが不思議です。そのくらいドニー・イェンのアクションが見事だという事です。色んな三国志の映画は見ているけれど、この映画は知らないという方はぜひ一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

『三国志英傑伝 関羽』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました