サムライマラソン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
映画『サムライマラソン』予告

サムライマラソンの動画フルを安全に見る方法

『サムライマラソン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『サムライマラソン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

サムライマラソンの内容

映画『サムライマラソン』は、2019年2月22日に公開されています。この映画は 2014年7月15日に発表された「日本のマラソンの発祥」とも言われる史実「安政遠足」を舞台に、さまざまな事情を抱えて走るサムライたちの悲喜こもごもを描いた長編小説『幕末まらそん侍』が原作です。

「安政遠足」とは幕末である1855年、安中藩主板倉勝明が藩士の鍛錬のため、藩士96人に安中城門から碓氷峠の熊野権現神社まで走らせた徒歩競走のことで、このことが日本におけるマラソンの発祥といわれおり、安中城址には「安中藩安政遠足の碑」と「日本マラソン発祥の地」の石碑が建てられています。

 

人間の性(さが)をくすぐる作品。

撮影方法のせいなのか、役者さんの表情や音がリアルになめらか。

主演の佐藤さんは、良い意味で役者としての枠が外れてるような。

一つにクローズアップしてないとこも多くの役者さんの動きが手近に感じることができ逆にワクワクしました。

まず、出演者の方の演技が素晴らしいです。引き込まれます。
映像、ところどころ美しいJAPANが顔を出してます。
音楽、映像を盛り立ててます。
物語は実話をベースという事を念頭に置いて観るべき映画です。

山賊の首は飛ぶし、斬り合いの殺陣もリアルそのものでビックリ。
よくこんな撮影が出来るなと思って調べたら外国人の監督さんでした。
日本のことをよく理解しておられます。

昔はそれこそ残酷だったろうから、真実味がありリアルで凄い!
そんな皆んなの走り見て欲しい。佐藤健さんは大好きです

この映画はイギリス人監督による時代劇という事で、海外からみた日本という視点があり、これが新鮮だという意見がある一方、今までの時代劇と違い違和感があるという意見もありました。

あらすじ

260年間、日本は国を守るために鎖国してきた。だが、それもいよいよ終焉を迎えようとしていた、1855年いわゆる幕末。幕府大老の五百鬼祐虎は、黒船でアメリカからやって来た海軍総督ペリーと会談し、和親条約という名の開国を要求されます。

一方安中藩主の板倉勝明は、アメリカは言葉では和平を唱えているが、日本への侵略が目的だと疑念を持っていました。そこで「国と藩を守らなければならない」と決意した勝明は、まずは藩士たちの心と体を鍛錬するために「明日、十五里(約60km)の遠足を行う」と 宣言します。「優勝者にはどんな願いも叶えさせる」と聞いて、藩士たちは歓喜します。

そんな中、城内で騒ぎが持ち上がります。勝明の娘である雪姫が、城を抜け出したというのです。絵の才能に恵まれた雪姫 は、江戸へ出て絵画を勉強したいと願い、いずれは異国へも留学したいと願っているのだが、父・勝明からは激しく反対されていました。重臣の息子で、辻村平九郎を婿に取り藩を治めるよう命じられため、城から脱出します。

城下の人々の間では、さっそく誰が1着になるかの賭けが始まります。藩で一番足が速いのは、足軽の上杉広之進だというのが衆目一致するところ。しかし上杉は両替商の留吉に茶屋でおごられ、1着にならなければ10両渡すと八百長を持ちかけられます。妻子の待つ家へ帰った上杉は、1着と10両のどちらをとるか頭を悩ませます。

ところがその夜、江戸城では安中藩の人々にとって、絶体絶命の指令が下されていたのです。以前から勝明を警戒していた大老・五百鬼が、安中藩の遠足を「幕府への謀反の動き」と考え、最新式の銃を携えた刺客を放ったのです。

しかし翌朝、五百鬼の企みに気付いた男がいました。彼の名は唐沢甚内といい安中藩に仕える勘定方なのですが、それは仮の姿で実は代々幕府の隠密だったのです。これは藩の上司の植木義邦にはもちろん、妻に知られてはならない秘密でした。しかし、何かを感じた妻の結衣は、秘かに忍びの武器を着物に仕込んだ夫に、「どうかご無事に」と声をかけるのでした。

それぞれの想いを抱えた遠足参加者たちが、出発地点に集まってきます。どうしても娶りたい雪姫は消えたが、虚栄心から八百長をしてでも1着を取ろうと気合を入れる辻村。だがその後ろには、遠足に乗じて江戸まで行こうと計画し、男装に身を隠した雪姫がいたのです。守衛番を解雇された栗田又衛門は、最後に老花をひと花咲かそうと、亡き親友の幼い息子と出場します。

太鼓の音が響き、開始の掛け声で一斉に出発する藩士たち。だがほどなく刺客たちも到着し、まずは関所が襲われます。幕府のためか藩のためか揺れるなか、自分が愛する者たちとはすべてここで出会ったことに気付いた甚内は、仲間たちに危機を告げ、危機を救うため一刻も早く城へ戻ろうと全力で走り始める。

見どころ

映画『サムライマラソン』の見どころは、史実をもとにしながら日本最初のマラソンとその中で藩と幕府の攻防が繰り広げられるという破天荒なストーリーでしょう。そしてそのストーリーを体当たりで演じる豪快俳優陣だと思います。

またイギリス人監督が描く日本と日本人の姿も今までの映画には無い切り口もあり見どころの一つです。

スタッフ

監督:バーナード・ローズ
脚本:斉藤ひろし、バーナード・ローズ、山岸きくみ
音楽:フィリップ・グラス

キャスト

唐沢甚内:佐藤健
普段は平凡な侍。しかし、実は幕府の隠密として藩に潜入している忍び。

雪姫:小松菜奈
藩主の娘。男装しながら遠足に参加する。

辻村平九郎:森山未來
藩の重役の息子。雪姫の婿候補、野心溢れる侍。

上杉広之進:染谷将太
侍にあこがれる足軽。遠足の優勝候補

植木義邦:青木崇高
唐沢の上司

栗田又衛門:竹中直人
隠居を言い渡された老侍

五百鬼祐虎:豊川悦司
安中藩に刺客を放つ幕府大老

板倉勝明:長谷川博己
藩士たちに遠足を申しつける藩主

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

サムライマラソンの感想

40代男性
40代男性

この映画を観て驚いたのは、お恥ずかしながらマラソンがこんな時代にあったと言うことです。幕末の際に勝明の命令により十五里と言うとてつもない距離を藩士たちに走らせたので非常に驚きました。また、これを機に城に攻めいられるとあって、予想外の展開になったのも非常に面白い内容でした。そして、そんなマラソンが城に戻るためのマラソンとなったことで、今度は戦のための遠足となり一気に雰囲気が変わったのがまた良かったです。今度は城を守るための戦が始まり、多数の死者も出ながら戻っていく様は本当に格好良く思えました。また、感動しました。そして、特に印象的だったのは、そんな遠足でライバルだったすべてのみんなが城に藩を守るために一致団結していく様は物凄く活気があり、また誰よりも美しく見えました。観ているこちらまで、胸が熱くなり応援したくなりました。我が藩を守るために、ひたすら走っていく様は本当にタイトル通り、サムライマラソンという名にふさわしいものと思いました。また、出演人が非常に豪華なメンバーでしたので、それもまたこの映画の魅力だったと思います。個人的には竹中直人さん演じる栗中又衛門が老輩ながら奮闘するところが特に良かったです。

50代女性
50代女性

日本のマラソン発祥と言われる安中の遠足のはなしでただの江戸時代のマラソンの話しかと思いましたが、江戸幕府から安中に刺客が送り込まれ遠足で疲労した安中の侍がお家を守るために走るという面白い設定になっていました。ただマラソン発祥の話しを題材にしているのに、その他にも多くのテーマを持たしたために日本初のマラソンの要素が少し薄くなってしまった気がします。笑えるシーンも良い感じで織り込まれており楽しみながら見る事が出来ました。しかし、この作品は全般的に刺客の緊迫した話を描くために少しシリアスなシーンが多くなっており少し重たい感じはしましたが、重たい分だけ映画に重みと迫力が出ており楽しむことが出来ました。藩士を鍛えるために開催したマラソンが、幕府からすると反逆ととらえられてしまい取り潰しのために刺客が送り込まれるというストーリーはとてもいいストーリーだと思いました。佐藤健さんの演技がとても格好良くストーリーが重たくなり過ぎている分も彼の魅力で補われていたと思います。出演者も豪華で期待値が高かったんですが、その期待に見事にこたえてくれた映画になっていました。それぞれの俳優さんが魅力的に描かれていてよかったです。

40代女性
40代女性

「超高速参勤交代」で思いっきり笑わせていただいた土橋章宏さんの作品、あの時の面白さを期待して見ると喜劇要素は思ったよりも少ないです。それよりも藩士と刺客との緊迫感が強くて手に汗握る内容となってしまうのです。マラソンの発祥の地と言われている安中の遠足が題材に、最近は時代物と言ってもただのちゃんばらで終わらない作品が多くなりそれ以外の人たちの現実を知ることが出来て楽しいです。時代劇はお年寄りが見るもの・ちょっと苦手だと思っている方だって、歴史背景を知らずとも見ることが出来るのではないでしょうか。マラソンシーンばかりかと思いきや、どうやらそれは動きが少なすぎて退屈するからかサイドストーリー満載です。それが多すぎて、結局は何の映画やら分からなくなる時もありマラソンからもう少し離れてタイトルも変えた方がよかったのかもしれません。主人公は佐藤健くん、やっぱりかっこいいです。侍姿はるろ剣も思い出されてよかったです。ただ彼のせいでトラブルが起きるし死人まで出てきてと、良い役ではありませんでした。しっちゃかめっちゃか広げ過ぎて分かりにくい部分もあり、彼が出てくるからと言って大きく話題とならなかったのはすべて脚本のせいでしょう。

30代男性
30代男性

こちらの作品は日本のマラソンの発祥と言われる安政遠足(あんせいとおあし)を参考に実写化した映画でもあり小説「幕末まらそん侍」を映画化しているものでもあるので、実話のことを忠実に再現しつつ、マラソンのルーツを作った出来事を教えてくれるものとなっているので、見ていて楽しめるようになっています。また、俳優や女優陣とかも豪華メンバーが勢揃いしていて、一人ひとりの絡みも注目しておきたいところとなっております。遠足参加中に藩の危機を知った安中藩士は藩を潰そうとする人物の計画を阻止するために、あらゆる難関をクリアしつつ、移動していくことになりますが、その中に色々と展開が起きていくため手に汗握るシーンとかが多くあります。ハラハラ・ドキドキするような場面とか激しいアクションがあったりするので迫力がありつつ爽快感を感じることができる作品でもあり、実話の話しを実写化しているので人間ドラマとかも感じ取れるようになっています。ほんとにあった出来事を感じながら、作品を通して、昔はこういったことがあったということを知ることができるものとなっているので、歴史が好きな方とかにもおすすめしたい映画となっていて、幕末好きには推奨したいです。

30代男性
30代男性

まずは、なんといってもこの映画の出演陣がとりあえず豪華だったのいうのが感想です。佐藤健さんが主演ですが、その他にも竹中直人さんや長谷川博己さんや豊川悦司さんまで出ていたのが驚きました。そしてこの話が実話を元に作られたという事でよりリアリティーのある話だったと思いました。そして、江戸幕府の時代は恐ろしい時代と思います。スパイがあちこちに配置されていて、佐藤健の勘違いで始まった襲撃でしたが、止める為にひたすら走る、みんなが走り続けるシーンが多くまさにタイトル通りの作品だと思いました。他にもスパイがいて最終的にはこいつもスパイなのかと思ってしまいました。R12指定されているだけあって、殺害されるシーンなどは、かなりグロテスクなシーンもありましたがそれが逆に実話の感じをリアルに表現されていました。そしてこの映画で再評価した小松菜奈のかわいらしさだと思います。雪姫とただのお姫様かと思いましたが、城を抜け出し泥だけになるシーンは見ていた男性陣はみんな好きになってしまったかもしれません。特殊な世界だった江戸時代も黒船襲来で、その後時代が変わるのですが最後の武士というものがどういう生活をしていたのか、どういう環境でそだったのかを知る事ができる良い作品だったと思います。

20代男性
20代男性

この映画のキャッチコピーにある「行きはマラソン 帰りは戦」という言葉が、マラソンの往復の復路はそれだけキツく辛いものであるということを表す意味かと思っていましたが、実際にはそうではなくまるで戦争のような状態になっていく様子に、この19世紀の時代背景が非常によく浮き出ているな、という印象を持ちました。ただ、この当時のマラソンをするということはもっと過酷だったと思いますが、そういった本来の走る大変さの部分にもう少し触れて欲しかったです。「マラソンをしていただけなのに人がどんどん死んでいってしまう」というシーンが多くマラソンをスポーツとして捉えてしまう方には何となく残酷すぎる描写が多く、クセが強すぎる印象はあります。ただそういった話を単にコメディとして描くのではなく、シリアスな物語に落とし込むことで、笑いだけでなく生真面目さもしっかりと出せている点は非常に上手いなと思いました。日本におけるマラソンの発症の頃のストーリーということですが、幕末の「サムライ」という古来の制度に理不尽さを感じると同時、一方で今の日本で途中で何かに侵されるという危険も無く、色々な人の応援を受けながら平和にマラソンを走れるということがどれだけ素晴らしいことなのかを再認識できたような気もしました。

30代女性
30代女性

1855年に開催された日本で最初のマラソン「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材とした映画で、作中とにかく登場人物たちが走り続けます。家族の為に走る者、男装をして走る者、とある目的があって走る者など、このマラソンに参加する人達の思惑はそれぞれです。そんなマラソンが開催される最中、ある手違いが原因で安中藩が絶体絶命の事態に巻き込まれます。けれど、マラソン参加者のほとんどはそのことを知らず一生懸命走り続け、安中藩に戻ってきた時には、藩が大変なことになっています。この過程がとてもコミカルに描かれていて、初めは嫌な奴だなと思っていた人物にも、どんどん愛着が湧いてくる映画です。中でも竹中直人さん演じる栗田は、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』が好きな方にはグッと刺さる、竹中さんならではの面白く、けれども芯がきちんとある人物になっています。栗田と少年のシーンは、息つく暇もない中で、ほっと肩の荷を下ろせる癒しパートになっていて、何度も観たくなります。作中では自然の中をとにかく走り続けるのですが、日本ならではの美しい自然の色が随所に見られるので、背景に注目しても非常に楽しめる作品になっていると思います。歴史物の映画ではありますが、老若男女誰にでも分かりやすいお話になっているのも魅力的です。

50代男性
50代男性

2019年に公開された日本の時代劇映画です。外国人のバーナード・ローズさんが監督を務めたことでも話題となりました。また、佐藤健さんや小松菜奈さん、森山未来さんなどの人気の俳優さんたちも出演しています。簡単なあらすじは、時代は、鎖国が終わろうとしている時代です。いよいよ、黒船が来航します。ペリーは献上品としてピストルやウイスキーなどの舶来品を献上します。しかし、日本人は異国の人々の到来に強い不安感を抱いていました。安中藩主の板倉勝明は開国に備えて武士を鍛えることを提案します。その案は、藩士たちを集めて十五里を走らせる「遠足」として実現しました。しかし、藩士たちはいくさもなく穏やかな生活にすっかりと慣れてしまいました。植木義邦も腰痛持ちで遠足の参加には否定的です。しかし、一部の藩士の間では遠足で勝って武士になり家族を楽させたいと考えているというストーリーです。この映画は、外国人が監督であることもあり、これまで見たことがないタイプの時代劇に仕上がっています。そのため、日本人文化がデフォルメされ、日本人よりも日本人らしい、侍よりも侍らしい姿が描かれているところがよかったと思います。この映画を見ると、監督のバーナード・ローズさんが、こよなく日本を愛していることがわかります。

30代女性
30代女性

サムライマラソン、評価は分かれると聞いていたけど暇つぶしに見ると色々と思いました。侍的な設定は、安政遠足ですが、小説「幕末まらそん侍」を熟読したこともない身には逆に独立した外国人監督の作品として見ることができました。お家のために走るという箇所がしきりに印象に残るというちょっと変わっているサムライ映画ですが、外国人らしいといえばそうですね。製作陣の豪華さが売りの一点とも。監督はバーナード・ローズ氏が担当。その他音楽、衣装ともに実績ある担当者が演出しているという。
キャストに佐藤健、森山未来を採用しているのは下級サムライを表現しているのだろうか。衣装もサムライの仕上がりも何かしっくりこないような出来栄え。日本映画とはいえ、外国人監督の影響からか映像的に異邦人的に見えてならない。そもそも日本の映画とは場面の切り替えが多いもの、サムライがお家のために必死になるという場面にスポットを当てて当作品を日本映画として高く評価していくことは抵抗を感じてしまう。とはいえ、サムライマラソンとタイトルを決めている以上、少なからず、中身のジャンルは想定できたものとも言える。若手俳優の演技で新進気鋭な作品に仕上げたというのであれば大いに受け入れられる作品です。

20代女性
20代女性

幕末が舞台の映画だそうで、史実とは知らずに見ました。国内でのマラソンは戦時中とか日本が近代化されてからあったものと思っていたので、こんなに早い時期から国内にマラソンがあったことは知らず、少し意外だと思いました。はかま姿で必死に走る侍たちの必死の努力があらゆる形で表現されるのですが、中にはどうしてそんな発想になるんだと突っ込みたくなるほど変な行動にでるキャラがいて、腹がよじれるほど笑わせていただきました。初めの頃はマラソンとだけあってひたすら走る侍集団か、なんて思っていましたが、それぞれの走り方が様々で性格がはっきり分かるところがシュールでした。お転婆な雪姫は童顔でかわいらしい顔なのですが、アクションをみるとその見た目と性格のギャップがなかなか萌えます。起承転結の「転」があまりにも急展開なので驚きましたが、一気にクライマックスに入るところはドキドキで目が離せません。ただの競技が最終的には戦いになるのがさすが時代劇だなと思いましたが、スピード感があって無駄がないところが制作陣のプロ意識を感じさせる作品でした。初めは色とりどりでなかなかおしゃれな侍たちが、後半になるにつれてどんどん泥だらけになってハチャメチャになっていくところがじわじわと笑えてくるので、ぜひ一度鑑賞されることをお勧めします。

 

まとめ

『サムライマラソン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました