サムライフ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「サムライフ」予告編 三浦貴大、松岡茉優が出演 #Samu life #movie

サムライフ(映画)フルを安全に見る方法

『サムライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『サムライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

サムライフ(映画)の内容

映画『サムライフ』は、2015年2月に公開されました。

原作は、長野県の元高校教師で、現在はNPO法人・侍学園スクオーラ・今人の理事長である長岡秀貴さんの自伝小説。自らの理想の学校を作るという夢が仲間に拡がり、その夢を実現させるまでの青春群像劇です。

監督は、「しあわせのパン」、「コドモ警察」などのプロデューサーである森谷雄さんが務め、脚本は「僕は友達が少ない」を手掛けた及川拓郎さんが担当。

主人公のナガオカ役には三浦貴大さんが、生徒役に松岡茉優さんや、加治将樹さん、山本涼介さん、「今日から俺は!!」の佐川役でお馴染みの柾木玲弥さんなどが扮しています。

さらに、連続テレビ小説「まんぷく」にも出演していたカメレオン女優・岸井ゆきのさんやマキタスポーツさん、きたろうさん、本多力さん、大杉漣さんなど豪華キャストが脇を固めます。

 

クサい台詞とサムいギャグがツボだった。久々に胸熱の映画で何度も目頭をぬぐってしまった。若者達が頑張ってる姿を見るとどうしても父親目線になってしまう。そして松岡茉優がかわいかった。

実話だから説得力がある物語。最初の方はカット割りが多く、カメラも安定しないので嫌になるが、少し時間が経つと、そんなことはなくなった。

自伝映画とあって、ただの自慢話と感じてしまう向きもありそう。好き嫌いは結構分かれるかも。困難にも決して諦めずに夢に走っていく様子が爽やかで、印象的だった。

え?これ、実話なんだ…と驚くほどあまりにも映画的展開で主人公が主人公過ぎる。そして、実話だとわかると夢と希望を持って努力する人は報われるんだなと、気持ちが救われた。

あらすじ

長野県で高校教師をしているナガオカ(三浦貴大)の夢は、“自分で生き方を決める学校”をつくること。そして、ナガオカは夢を実現するため退職。

数か月後には貯金もわずか725円となり、資金を集めるためにショットバーの経営を始めます。そんなナガオカの噂を聞きつけて集ったのは、元教え子の4人。働きながら自分を発揮できないケンジ(加治将樹)ユミ(松岡茉優)、大学受験に失敗したタカシ(柾木玲弥)、そして、旅をしながら自分の居場所を探し続けるダイスケ(山本涼介)

ナガオカが作ったショットバーは社会をさまよっていた4人の若者の居場所となり、4人が居る場所はまた、ナガオカの居場所にもなります。

そして、更なる資金調達のため、ナガオカの自伝本の自費出版を目指します。4人の若者たちにとって、ナガオカの夢はいつしか自分たちの夢となっていました。

一方で、ナガオカは様々な事情から学校に通えない子どもたちや引きこもりの若者と出会います。子どもたちと向き合う中で、自分が目指す学校ができるのか悩みます。

 

見どころ

主人公に似ている

本作は、森谷監督が原作に出会って構想に7年も掛けて出来上がった作品です。なぜ7年もの時間が掛かったかというと、主人公のナガオカを演じられる人物に出会えなかったから。そして、森谷監督は三浦貴大さんと出会い本作の制作を始めました。森谷監督にとって三浦さんはナガオカそのものだったそうです。

そんな主人公・ナガオカを演じた三浦貴大さんは、大学時代に勉強した”精神保健福祉士”を通してその頃に思っていたことと脚本の中でナガオカが思っていることが似ていると感じたそうです。さらに、共演の松岡茉優さん曰く、本物の長岡秀貴さんと三浦さんが並んでいるところを見て雰囲気も似ているし、2人の話の内容はいつも意気投合していて、2人の姿が重なると語っています。

そんな本物の主人公に似ている三浦貴大さんに注目です。

20kg増量のケンジ役

サムライフの5人組のメンバーは戦隊ヒーローのような構成になっていて、それぞれのテーマカラーがさりげなく衣装や小道具に配されています。

その中でも1番インパクトのあるケンジ役を演じた加治将樹さんは、撮影に合わせて体重を20kg増やし、役に挑みました。しかし、実は本作の前の作品で15kg減量していたので、合計35kgの増量をしています。

この役作りは、もちろん、モデルとなったケンジさんが大きな方だったから。35kg太った加治さんは、ケンジさんを知る人たちから、よく似ていると言われていましたが、加治さんが本物に会った時に未完だったと感じたそうです。本物のケンジさんは加治さんよりもう一回り大きかったそうです。

スタッフ

原作:長岡秀貴「サムライフ」
監督:森谷雄
脚本:及川拓郎
音楽:原田智英
主題歌:「サムライフ」爆弾ジョニー

キャスト

ナガオカ:三浦貴大(少年時代:西山潤)
周囲の反対を押し切って高校教師になったが、5年後、夢を実現するため退職する。高校時代、原因不明の病で左半身不随となり、9カ月をかけて復帰した過去を持つ。

ユミ:松岡茉優
ナガオカの元教え子。仲間を支えるしっかり者の頼れる女性。

ケンジ:加治将樹
ナガオカの元教え子。ムードメーカー的存在。

タカシ:柾木玲弥
ナガオカの元教え子。大学受験に失敗する。

ダイスケ:山本涼介
ナガオカの元教え子。旅をしながら自分の居場所を探している。

アケミ:岩井堂聖子
悩みながら1人で子どもたちを育てる母親。

ハル:岸井ゆきの
自傷癖のある学校に行けない少女。

ハルの母:阿南敦子

ノゾミ:蒼波純
透明感のある少女。

ノゾミの母:河井青葉

アキ:山田望叶
家庭の事情により学校に通えない少女。

アキの弟:関塚廉世

コイデさん:マキタスポーツ
ナガオカ行きつけの居酒屋の店主。

ナガオカの父:きたろう

ナガオカの母:夏川加奈子

アリちゃん:渡辺大
ナガオカに教師になるきっかけと学校設立を目指すきっかけも与えた恩師。

ミホコ:佐藤めぐみ
夢に向かって突き進むナガオカを支える妻。

クボタ:大杉漣
ナガオカの教員時代の先輩教師。

ディレクター:本多力

ヒロさん:永野宗典

カメラマン:鈴木理学

えりさん:上野なつひ

警察官:三四六

不動産屋:瀬下尚人

印刷所の社長:田中要次

書店店員:鈴木太一

 

『サムライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

サムライフ(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

僕は学校に行っている時間がとても嫌いな子どもでした。かといって、不登校になったわけでも、激しいいじめにあっていたわけでもありません。ただちょっとだけ、居場所がなかった。それだけだけど、それがとても苦しかった。ありのままの自分は学校に歓迎されていない。学校に問題なくいるためには、優等生である必要がありましたが、うまくやれるほど器用ではなく、自分を押し殺すことができないほど純粋でもなく、自分ではない自分である時間がとても長かったように思います。今にして思えば、学校が嫌いだったんだと思います。この映画は、そんな私のような人間でも、ちゃんと居場所になれるような学校を作ることに全てをかけた若者たちの物語。教育には、強い思いや熱量が絶対に必要なはずなのに、それが表面的になってしまっている学校はとても多いと思います。学校という場所を維持するには、校舎や施設よりも、きっと志が一番大事で、それが風化してしまった時に学校は終わってしまうんじゃないか。この映画を見ていて、ふとそんなことを思いました。今も学校に馴染めずに苦しい思いをしている子どもはたくさんいますし、かつての私のようにそこまで深い闇ではないにしろ、日々モヤモヤしている子どもも多いと思います。そんな鬱屈した子どもたちを救い出し、光の射す方へ導いてくれるのは、案外こんな学校なんじゃないかな。映画を通して、志を持った熱い教育者を応援したい気持ちになりました。

30代男性
30代男性

嘘のような本当の話とはまさにこのことで、見終わった後にノンフィクションであるこに改めて驚きました。「“自分で生き方を決める学校”をつくる」これが主人公のナガオカの夢であり、その夢を実現する為に安定した職をすて周囲の反対を押し切り教師となりさらには教師も辞め自分の理想とする学校を作る為に奮闘するナガオカ、そんな熱い思いに共感するように仲間が集まり、生徒たちが集まっていく、類は友を呼ぶとはまさにこのことで熱い男の周りには熱い人達が集まるもんですね。やりたい事も見つからず、もしくはやりたい事があってもやる前から諦めて安定を求めていくそんな最近の若者にぜひ見てもらいたい作品の一つだなと感じました。出来るかどうかじゃなくてやるのかやらないのかそれが重要なんだなとナガオカを見てると思わずにはいられません。どうせ一度きりの人生だからと尊敬する恩師を亡くして気が付いたナガオカ、死んでからでは遅い、当たり前のことなんですが、日常を過ごしているとついつい忘れてしまいがちなその大切な事、この映画を見ることで改めて感じることが出来ました。すべての登場人物が何かしあ欠点を抱えておりそれをお互いにかばい合いながら先に進んでいく姿に勇気をもらえます。

 

まとめ

『サムライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました