咲saki(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

ヒューマンドラマ
ドラマ『咲-Saki-』15秒スポット

咲saki(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki(ドラマ)の内容

2006年から『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の小林立による人気麻雀コミック『咲-saki-』が、実写ドラマ化され、2016年12月に全4話で放送されました。

全国大会を目指して麻雀に打ち込む女子高生たちが切磋琢磨する姿を描いた本作は、少女漫画と言うよりスポ恨漫画。これまでネガティブなイメージを持たれやすかった麻雀の世界で、女子高生たちが日本一になるために本気で取り組み、感動を呼ぶ青春ドラマです。2009年春にはアニメ版が放送され大人気となり、麻雀漫画としては異例の大ヒットを記録したコミックの実写ドラマ化とあって、ファンからの期待も高まっていました。

そんなドラマ版『咲-saki-』のキャストは、主演の浜辺美波をはじめ、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈、グラビアアイドルの武田玲奈、私立恵比寿中学の廣田あいなど、新進気鋭の女優・アイドル・グラビアなど芸能界を賑わす豪華若手キャストが出演しています。

2017年2月には、同じキャストで映画版も全国公開され、大きな反響を呼びました。

 

麻雀というダークなイメージを持たれやすい題材を、青春スポ根ものとして爽やかに表現されていました。
キャストも単に人気芸能人を揃えたわけではなく、原作のイメージを大切にした人選であると思われ、スタッフの原作に対する愛情が感じられます。

咲のドラマ、クオリティ高過ぎる。こんなレベルの実写は初めてみたかもしれん。

4話でも12話ドラマ以上の面白さが詰まっています。 ドラマ、映画と共通の製作陣で、そのやる気が表れてます。何を語るより、まずは見るべし!はずれなしの作品です。

アニメもいいけど実写も良かった。なかなか人もマッチしてますし、特に優希役がぴったりで、アニメより可愛かったです。

あらすじ

21世紀。ここは世界の麻雀人口が1億人を突破し、麻雀の実力が人生を左右する世界。

ある日の放課後、清澄高校に通う宮永咲(浜辺美波)は、同級生の美少女・原村和(浅川梨奈)と運命的な出会いをします。
咲は生徒手帳を落とした和の後を追っていくと、そこにはひっそりと存在している麻雀部の部室がありました。部室には和の他に、なぜかタコスを手放さない・片岡優希(廣田あいか)と、広島弁を話すメガネっ娘・染谷まこ(山田杏奈)がいて、咲は断りきれずに麻雀を打つ事になりました。

咲は結局、三回の対局をするのですが、すべての対局の点数が“プラスマイナス0”という離れ業。これは勝つことよりも難しく、対局を見ていた部長の竹井久(古畑星夏)は、咲の打ち方を不思議に思い、咲の実力を確かめるため、ある提案をするのですが・・・。

見どころ

再現度が高くてついつい見ちゃう。

コミックやアニメの実写版となると、どうしても原作ファンの人からは厳しい意見が多くなりがちなのですが、ドラマ版『咲-saki-』に関しては、あまりにも再現性が高くて、原作への忠実さは高い評価を得ています。

もちろん、アニメをそのまま再現しているので、違和感アリアリの部分は否めないのですが、それでも、普通のドラマとして〝ついつい見ちゃう〟面白さがあります。

制服が「安っぽい」という意見も多くあったのですが、それはアニメにより近づけるため、特別にオーダーしたものだそうです。そんなビジュアルだけでなく、声やセリフ、仕草などもイメージに合わせて演じられていますので、是非アニメも併せて見てみて下さいね!

スタッフ

原作:小林立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)
製作:VAP、AMUSE、毎日放送、A-Sketch、DUB SQUARE ENIX

キャスト

清澄高校

宮永咲:浜辺美波
清澄高校1年生。麻雀部大将。麻雀においては点数調整に長け、超人的な勘を持ち合わせた感性派の打ち手。嶺上開花が得意。

原村和:浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)
清澄高校1年生。全国中学生麻雀大会覇者。運に頼らない完全理論派。

片岡優希:廣田あいか(私立恵比寿中学)
和とは中学時代からの友人。気楽で豪快な性格。速攻型の打ち手。タコスが大好物。

竹井久:古畑星夏
清澄高校3年生。学生議会長兼麻雀部部長。オーソドックスなデジタル打ち。

染谷まこ:山田杏奈
清澄高校2年生。雀荘の娘で膨大な量の対局を記憶している知識派。

龍門渕高校

天江衣:菊地麻衣
海底撈月を得意技に持つ最強の怪物。

龍門渕透華:永尾まりや
麻雀部部長。目立ちたがり屋なお嬢様。

国広一:柴田杏花
小学生の時にチームを救うためスリ替えをした経験から両手に拘束具を装着している。

井上純:小篠恵奈
ボーイッシュかつマニッシュなドイツからの帰国子女。対局中はあぐらをかくのがお決まりのスタイル。

沢村智紀:金子理江
長い髪とメガネが特徴。寡黙な性格。

風越女子高校

福路美穂子:加村真美
心優しいキャプテン。左右の目の色が違うオッドアイ。

池田華菜:武田玲奈
龍門渕高校の天江衣をライバル視している。

吉留未春:吉崎綾
メガネと銀色のショートヘアが特徴。

深堀純代:星名美津紀
ちょっぴりぽっちゃり系。口数が少なく、打ち方は堅実。

文堂星夏:樋口柚子
細い目と細身の高身長が特徴的なルーキー。

鶴賀学園

加治木ゆみ:岡本夏美
蒲原とともに麻雀部を設立した。カリスマ性があふれている。

東横桃子:あの(ゆるめるモ!)
「ステルスモモ」の異名を持っていて、気配を消して打つのが得意。

蒲原智美:大西亜玖璃(X21)
いつも口が「ワハハ」と開いているのが印象的な部長。

妹尾佳織:長澤茉里奈(放課後プリンセス)
蒲原とは幼馴染。巨乳でメガネが特徴。

津山睦月:山地まり
ポニーテールで、いつも前髪がはねている。

 

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki(ドラマ)の感想

40代女性
40代女性

女子高生が麻雀の大会に出場することになる「咲-saki-」。浜辺美波ちゃんが主人公の咲でしたが、麻雀部のメンバーが個性的ながらも可愛い子揃いでなかなか見応えがありました。ひょんなことから部室に迎えられ対局することになったのに部員が驚く手を打っていた咲に驚きました。あまり麻雀好きじゃないという言葉の真相も少しずつ明らかになっていくのも興味深かったです。また部員の中に実家が麻雀荘の子がいたのですが、メイド雀荘だったのが笑えました。メイド服を着せられる部員たち、いかがわしさはなかったものの一応、学園モノなのでこういう設定でもいいのかな?と思っちゃいました。大会に出るために強化合宿もありましたが、豪華な旅館だったのが印象的でした。もちろんハードメニューでしたが、青春の時期に麻雀って気の毒に思えました。それにしても漫画からの実写化なのでキャラ設定が独特で笑えました。広島弁の子がいたりとか、タコス好きの子がいたりとか。みんな美少女なのにそれに色を加える設定なのでちょっぴりコスプレ感もありましたが、またそのマニアックさが豪華でした。麻雀のルールを知らなくても多少の解説っぽいことを言ってくれるので分かった気になれて見てしまいましたし、オジサンたちの遊びだと思っていたイメージが変わったので興味が持てました。

 

まとめ

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『咲-saki-』作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました