咲saki阿知賀編(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
【映画 予告編】 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

咲saki阿知賀編(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki阿知賀編(実写映画)の内容

麻雀に懸ける少女たちの情熱を描いた、『ヤングガンガン』連載の小林立によるベストセラーコミックを映画化し、原作ファンのみならず多くの観客を魅了した『咲–Saki–』。そんな麻雀漫画実写化プロジェクト第2弾として、奈良県代表の阿知賀女子学院にフォーカスした外伝的作品『咲–Saki–阿知賀編 episode of side-A』を原作とした同名の実写版映画が2018年1月に公開されました。

本作のストーリーは、前作の『咲–Saki–』で描かれた長野県・清澄高校のドラマと同時進行し、かつて原村和が住んでいた奈良県の阿知賀が舞台となり、阿知賀女子学院麻雀部5人と、全国の強豪との対決が描かれるもうひとつの本格美少女麻雀物語です。

監督の小沼雄一、脚本の森ハヤシをはじめ、前作『咲-Saki-』のメインスタッフ陣が再集結し、今回もテレビドラマの放送(2017年12月~)と連続して行われました。

主人公の高鴨穏乃を演じるのは、子役時代から活動しているモデルで女優の桜田ひより。ドラマ版と共に主役を務めた桜田さんにとって、今作がドラマ・映画の初主演作でした。「いつも以上に不安や心配があった」という桜田さんですが、約1ヶ月の麻雀練習を経て、支えてくれたスタッフや仲間と共に、麻雀に打ち込む女子高生のピュアな思いと熱いバトル、友情、絆を堂々と表現しています。

 

若手女優やアイドルのオンパレード!
女性版仮面ライダーのように、何年かすると活躍する女の子が現れるのかなぁ。

若手の女優のアンサンブルが凄まじく魅力的で、それだけでも楽しい。
原作未読、アニメ未視聴、ドラマ版未視聴、麻雀のルール分からない状態で行っても、面白かった。2時間、麻雀しかしてないのに!

咲ファンは勿論の事ですが、そうでない方も観て欲しい。そんな作品に仕上がっています。まだまだ実写映画は捨てた物ではないと再認識しました。

咲は阿知賀編が一番劇場版向きだと思っていたので見ることが出来て幸せでした。細部にわたるこだわり、キャストスタッフ全員の熱量、原作では分かりにくかった箇所の捕捉説明、女性ファンへの気遣い等、とても素晴らしく極上の作品だと思います。

あらすじ

全国高校麻雀大会・奈良県予選で強豪を打ち破り、インターハイ団体戦への出場を決めた阿知賀女子学院・麻雀部の5人。

高鴨穏乃(桜田ひより)は、長野県代表・清澄高校の主力選手・原村和とは子どもの頃に麻雀を打ったことがある幼なじみで、「彼女ともう一度対局したい。強くなった自分を見て欲しい。」と強い思いで、廃部になった阿知賀女子学院麻雀部を復活させ、メンバーとともに全国大会を目指していました。

「あの頃の麻雀の楽しさをもう一度、感じたい。」その一心で、インターハイまで勝ち抜いてきた彼女たちでしたが、清澄と戦うためには決勝に進まなければいけない・・・そんな彼女たちの前に、全国レベルの強豪校の凄腕選手の面々が立ちはだかり、突破するには無名校の阿知賀にとってそれは無謀とも言える高い壁。阿知賀女子学院・麻雀部はこの強敵にどう挑むのか?運命の戦いの結末は・・・。

見どころ

ネクストブレイク必至の30人!

前作同様、『咲–Saki–阿知賀編 episode of side-A』でも、桜田ひよりをはじめとする女優、アイドル、タレント、モデルなど、芸能界の各界で活躍する若い少女たちが豪華競演していて、その数なんと30人!

もちろん、原作コミックを忠実に再現するべく、それぞれのキャラクターの魅力を存分に発揮できるキャスティングがされているのですが、今作をきっかけにネクストブレイク必至と言われているように、〝仮面ライダー現象〟が巻き起こる可能性大なので注目です!

また、前作『咲–Saki–』のキャラクターのサプライズ登場も見逃せないポイントですね。

スタッフ

原作:小林立(掲載「月刊少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)

キャスト

阿知賀女子学院

高鴨穏乃:桜田ひより
高等部1年生。ポニーテールと紺色のジャージがトレードマーク。

新子憧:伊藤萌々香(フェアリーズ)
高等部1年生。穏乃の幼馴染で同級生。能力者ではないが、阿知賀では一番麻雀がうまいと言われている。

松実玄役:恒松祐里
高等部2年生。穏乃の幼馴染。手牌にドラが集まる特殊な能力を持っていることから〝阿知賀のドラゴンロード〟の異名を持つ。

松実宥:渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)
高等部3年生で玄の姉。年中マフラーや手袋を身に着けている極度の寒がり。赤い部分がある牌が集まる能力者。

鷺森灼:中山莉子(私立恵比寿中学)
高等部の2年生で、玄の同級生。団体戦では副将を務める。実家がボウリング場を経営していることから、対局時にはボウリングのグローブをはめている。

阿知賀女子学院監督

赤土 晴絵:南沢奈央
阿知賀女子学院のOGで麻雀部の監督。高校1年時に麻雀部のエースとして活躍し、初めて全国大会に導いた〝阿知賀のレジェンド〟と呼ばれる伝説の選手。

千里山女子高校

園城寺怜:咲良菜緒(チームしゃちほこ)
千里山女子高校3年生。一巡先を見る未来予知能力を持つ。

清水谷竜華:小倉優香
千里山女子高校3年生。麻雀部部長。

江口セーラ:水春(桜エビ~ず)
千里山女子高校3年生。

船久保浩子:島崎莉乃(Cheeky Parade)
千里山女子高校2年生。副将。

二条泉:新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))
千里山女子高校1年生。

新道寺女子高校

鶴田姫子:岡崎紗絵
新道寺女子高校の2年生。大将。

白水哩:高田里穂
新道寺女子高校3年生。「リザベーション」という能力を持つ。

花田煌:矢野優花
新道寺女子高校2年生。「すばら!」が口癖。

安河内美子:琴海りお(レッツポコポコ)
新道寺女子高校3年生。

江崎仁美:岩崎春果
新道寺女子高校3年生。

白糸台高校

大星淡:志田友美(夢みるアドレセンス)
白糸台高校1年生で大将。

弘世菫:日比美思(元Dream5)
白糸台高校3年生。麻雀部部長。

渋谷尭深:RaMu
白糸台高校2年生。

亦野誠子:岩田華怜(元AKB48)
白糸台高校2年生で、副将。

宮永照:浜辺美波
宮永咲の姉。白糸台高校3年生。前年度のインターハイ及び今年度の春季大会の2冠優勝者。

晩成高校

岡橋初瀬:工藤美桜
晩成高校1年生。新子憧と中学校での同級生。

小走やえ:天木じゅん
晩成高校3年生で麻雀部部長。縦ロールにしている髪型が特徴。子供の頃から麻雀の実力を鍛えている。

丸瀬紀子:其原有沙
晩成高校3年生。短いツインテール。

上田良子:北村優衣
晩成高校3年生。副将。

巽由華:川津明日香
晩成高校2年生。レギュラー唯一の2年生で大将を務める。

車井百花:岡崎百々子(さくら学院)
晩成高校1年生で初瀬の親友。

その他キャスト

原村和:浅川梨奈
龍門渕透華:永尾まりや
天江衣:菊地麻衣
加治木ゆみ:岡本夏美
東横桃子:あの
小鍛治健夜:東亜優
新子望:やのあんな
福与恒子:川口智美
赤土晴絵:南沢奈央

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki阿知賀編(実写映画)の感想

30代男性
30代男性

『咲-Saki-』の 阿知賀編は、本編が長野県を舞台にしていたのに対して、奈良県が舞台となっています。ただし、本編がもっぱら県大会をじっくりと描いていたのに対して、阿知賀編はとんとん拍子に全国大会へ進むという違いがありますね。阿知賀編の高鴨穏乃や新子憧が、本編の原村和と友達で、彼女に会うために全国大会へ出場するという経緯があるのですが、実は主人公サイドである阿知賀女子学院高等部のメンバー以上に、気になっていたキャラクターが本編主人公である宮永咲の姉である宮永照です。最強と位置づけられる、主人公サイドにとっては悪役的ポジションの少女なのですが、演じ手が本編の映画版で宮永咲を演じた浜辺美波であったことにびっくりですね。確かに姉妹ですから、同じ女優さんが演じるのが見た目的にぴったりだと思いますが、性格がかなり異なる姉妹ですから、それを演じ分けられているのは凄いなと感心させられました。原作の宮永照に比べると、メディア向けに愛想の良い姿を見せるシーンもありましたが、それでも圧倒的な強さを見せる、迫力のあるキャラクターを良く再現できているなと思います。あと、何気に麻雀の技を、解説しているシーンも、元々ありえない技が次から次へと登場する作品なので、真面目に解説しちゃうところが笑えました。

30代男性
30代男性

普段はアニメの実写映画は身に行かない私ですが、友人からの強い勧めもあり、この映画を見に行きました。感想としては想像以上に良く出来た、面白い映画です。アニメの実写化には反対の人はいますが、この映画に関しては見に行くことをお勧めします。原作ファン以外にも、麻雀を好きな方が見ても非常に面白いと思います。というのも結構、麻雀の専門用語が出てくるのと、今回は麻雀の全国大会の話でもあるので盛り上がりがあり、登場人物達の勝ち負けの攻防は見ていてハラハラします。むしろ麻雀好きの人にとっては原作を知らなくても楽しめる映画だと思います。また起用している女優達も、今をときめく可愛らしい女の子達を起用しているので、とても良い目の保養になります。私は浜辺美波ちゃんのファンなので、彼女を見ているだけでも心がほっこりしてきました。この映画の凄いところは、ストーリーや麻雀よりも、男性俳優が1人も出てこないところじゃないでしょうか。そのため、この映画は女性よりも、男性に好まれる映画かもしれません。実際に、観客には男性が多く、女性はほんの少ししかいませんでした。話の終わり方は中途半端だったので、恐らく続編がいずれ制作されるのではないでしょうか?とにかく面白い映画ですので、実際に見に行ってみる事をお勧めします。

40代女性
40代女性

アニメからドラマ化され、本編?咲は浜辺美波ちゃんが演じていましたが、阿智賀編は主人公が咲とチームメイトの和の幼馴染が主役でした。ジャージにポニーテールと体育会系?と思うほど元気な穏乃。咲とは違う雰囲気の子でしたが、和と再会して遊ぶという可愛くて熱い想いに好感が持てました。それにしても和って昔から天才麻雀少女だったんですね。奈良が舞台だったので咲の時よりも昭和感?が少しあったような気がしました。基本的に話は穏乃のチームの話ではありましたが、咲の姉たちも登場したりして豪華だなぁと思いました。しかも姉の照をドラマで咲を演じた浜辺美波ちゃんが演じていたので嬉しかったです。ただ照は所属する高校の絶対エースの存在だったのでなんだか咲より存在感というか貫禄があったような気がします。違うタイプを演じられるなんて美波ちゃんも成長したなぁと勝手に感心しちゃいました。それにしても男性キャストほぼなしなんて青春ものなのに珍しいなぁと思いました。インターハイを目指すのですが、さすがに映画だと最後まで入れ込めなかったんでしょうね、次に続くような終わり方ではありましたが、とにかく美少女いっぱい、麻雀の用語もいっぱいで新鮮ではありました。たぶん麻雀を知っている方が楽しめるとは思いますが、夢に燃える少女たちを見ているだけでもさわやかな気持ちになれるのでおススメです。

 

まとめ

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『咲-saki-』作品

【映画】

  • 咲-saki-
  • 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

【ドラマ】

 

浜辺美波のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました