咲saki(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『咲 Saki 』 60秒予告

咲saki(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki(実写映画)の内容

映画『咲-saki-』は、小林立による人気コミックを実写映画化し、2017年2月3日に公開されました。

『咲-saki-』は、麻雀に打ち込む女子高生たちの青春姿を描くユニークな世界観が読者を熱狂させ、2006年から「ヤングガンガン」にて連載中の超ロングベストセラー作品です。2008年にはテレビアニメ化され、2016年の実写ドラマ化に続く実写映画の公開は注目されていました。

監督は、『童貞放浪記』などの小沼雄一。主演は『君の膵臓をたべたい』で人気を集めた浜辺美波が務めるほか、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈、元「AKB48」の永尾まりや、グラビアアイドルの武田玲奈や星名美津紀、テレビドラマ「デスノート」の佐野ひなこ、『GANTZ』シリーズの夏菜と、女優、モデル、アイドルなど各界の若手女性キャストが結集しています。

脚本を担当したのは、「神様はバリにいる」の森ハヤシ。麻雀につきまとう後ろ暗い賭博性を一蹴し、女子高生のライバル同士が麻雀に懸ける熱い思いをぶつけあう青春映画として、競技の楽しさにフォーカスして描かれたこの作品は、麻雀のルールを知らなくても興奮と感動を存分に体感できる傑作。もちろん、麻雀ファンにも十分見応えある対局シーンは本物さながらの仕上がりになっています。

 

いや〜、いいものを見た。
私自身麻雀は全く知らないし、原作もドラマ版も観てないのですが、これは本当に良かった。豪華キャスト陣が眼福過ぎる!女子高生の青春群像劇が意外にもしっかりしていました。

これまで私が漫画原作の実写映画に対して持っていた悪い印象や拒絶反応を、ガラリと変えてくれた作品。
キャラの数が多いにも関わらず、それぞれの完成度は高く、一切の妥協も許さない唯一無二のクオリティ。

一応作品的には咲のいる清澄が主役なんだけど、物語が進んでいくごとにどこにも負けて欲しくないそれぞれの物語があってすごく良かった!

登場人物ぞれぞれの背景や思いは、人数が多いので時間を取って描かれてはいなくても、伝わってくるものは十分ありました。

原作等知らず、麻雀のルールも分かりませんが、面白かったです。

あらすじ

清澄高校・龍門渕高校・風越女子高校・鶴賀学園の4校が、インターハイへの切符を手に入れるために、決勝戦となる全国高校麻雀大会・長野県予選に臨みます。

初の決勝進出を果たした清澄高校1年の大将・宮永咲(浜辺美波)は、さまざまな思いが交錯する中、「必ず勝つ」と心に決め、全国中学生麻雀大会個人戦優勝者・原村和(浅川梨奈)、速攻型で東場に強い片岡優希(廣田あいか)、麻雀部部長の竹井久(古畑星夏)、雀荘の娘で誰よりも多くの経験を持つ染谷まこ(山田杏奈)、「この5人で全国に行く!」と意気込んでいました。

ところが、そんな彼女たちの前に、予想をはるかに超えた驚異的な才能を持つ強敵が現れ・・・。

見どころ

完璧な再現性

映画版『咲-saki-』は、初めて見る方でも楽しめるようになっているのですが、先行して放送されていたアニメやドラマ版を見てから観ると、さらに面白い、と評判です。

アニメに異様なほど寄せた演者の外見や衣装、セリフ、カメラのカット割り、さらに声質まで、原作を忠実に再現されているので、映画版で初めて『咲-saki-』を見た人は、あまりにアニメチックな展開に「?」となる人がいるかもしれません。でも、アニメやドラマを先に見ていれば、その完成度の高さに感動するはず!

実写版だと、どうしても原作との違いに違和感を覚える人も多いのですが、これほど徹底的に再現された実写版は少ない、との反響も多く寄せられていました。

雀士・浜辺美波

ドラマ版同様、主人公の咲役を務めた浜辺美波さんの、慣れた手つきで麻雀を打つ姿は見どころの一つです。浜辺さんは、ドラマが決まるまで麻雀は打ったことがなかったそうで、1ヶ月以上かけて「打ち方」「牌の持ち方」「和了役」などを麻雀の先生から学んだそうです。スクリーンでの堂々たる打ちっぷりをじっくりお楽しみください。

スタッフ

原作:小林立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)

キャスト

清澄高校

宮永咲:浜辺美波
清澄高校1年生。麻雀部大将。普段は気が弱くて泣き虫なだが、麻雀においては点数調整に長け、超人的な勘も持ち合わせた感性派の打ち手。嶺上開花が得意。

原村和:浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)
清澄高校1年生。全国中学生麻雀大会覇者。運に頼らない完全理論派。

片岡優希:廣田あいか
和とは中学時代からの友人。気楽で豪快な性格。速攻型の打ち手。タコスが大好物。

竹井久:古畑星夏
清澄高校3年生。学生議会長兼麻雀部部長。オーソドックスなデジタル打ち。

染谷まこ:山田杏奈
清澄高校2年生。雀荘の娘で膨大な量の対局を記憶している知識派。

龍門渕高校

天江衣:菊地麻衣
海底撈月を得意技に持つ最強の怪物。

龍門渕透華:永尾まりや
麻雀部部長。目立ちたがり屋なお嬢様。

国広一:柴田杏花
小学生の時にチームを救うためスリ替えをした経験から両手に拘束具を装着している。

井上純:小篠恵奈
ボーイッシュかつマニッシュなドイツからの帰国子女。対局中はあぐらをかくのがお決まりのスタイル。

沢村智紀:金子理江
長い髪とメガネが特徴。寡黙な性格。

風越女子高校

福路美穂子:加村真美
心優しいキャプテン。左右の目の色が違うオッドアイ。

池田華菜:武田玲奈
龍門渕高校の天江衣をライバル視している。

吉留未春:吉崎綾
メガネと銀色のショートヘアが特徴。

深堀純代:星名美津紀
ちょっぴりぽっちゃり系。口数が少なく、打ち方は堅実。

文堂星夏:樋口柚子
細い目と細身の高身長が特徴的なルーキー。

鶴賀学園

加治木ゆみ:岡本夏美
蒲原とともに麻雀部を設立した。カリスマ性があふれている。

東横桃子:あの(ゆるめるモ!)
「ステルスモモ」の異名を持っていて、気配を消して打つのが得意。

蒲原智美:大西亜玖璃(X21)
いつも口が「ワハハ」と開いているのが印象的な部長。

妹尾佳織:長澤茉里奈(放課後プリンセス)
蒲原とは幼馴染。巨乳でメガネが特徴。

津山睦月:山地まり
ポニーテールで、いつも前髪がはねている。

 

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

咲saki(実写映画)の感想

30代男性
30代男性

私が『咲-Saki-』という作品を知った最初のきっかけは、テレビアニメを見たことでした。女子高生たちが麻雀を競技として競い合う不思議な世界観もさることながら、登場キャラクターたちが個性的かつ魅力的で、最初の1話か2話だけ見て終わるつもりが、つい最終話まで見続けてしまったものです。そんな『咲-Saki-』の実写化プロジェクトが進んでいると聞いて、最初は否定的な想いを抱いていました。過去に実写化された漫画・アニメ作品は失敗としか思えないような作品が多かったからです。しかし、この『咲-Saki-』に関しては、映画の予告編動画を見た時に、キャラクターや作品世界の雰囲気の再現度が高くてかなり驚かされました。そのため、期待を高めながら映画の本編を見ることとなったのですが、その期待が裏切られることはなかったと思います。主人公の宮永咲たちがいる清澄高校麻雀部のメンバーを初め、登場する女子高生のキャラクターの特徴を、演技の面でも出演女優さんたちがしっかりと再現していたからです。特に主演を務めた浜辺美波さんは、まだ10代半ばなのに、とてもよく原作キャラクターの再現ができていて、感心させられました。登場人物の髪の色など、原作の漫画・アニメを知らなければ、違和感が強いかも知れませんが、原作ファンにとっては再現度の高さがとても嬉しい、そんな映画だと思います。

30代男性
30代男性

漫画の世界を忠実に再現しようとしているのが伝わってくるような作品で、登場人物それぞれのキャラが立っており、その世界観にすんなりと入り込める人であれば楽しめる作品になっていると感じました。漫画的な描写が多い分、物語の流れや構図などは分かりやすく、個性的なキャラから圧倒的な実力を持ったボスキャラ的な存在などがはっきりと描かれています。麻雀を題材とした作品なのでルールなどの予備知識があるとより一層楽しむことができると思いますが、麻雀の範疇を超えた能力を有するキャラもいて上手く脚本の中で生かされているので違和感なく見ることができました。女子高生が麻雀の全国大会に挑むという作品で、基本的には部活青春もののような楽しみ方ができる作品であり、仲間たちと一緒に勝ち抜いていく団体戦で描かれているのも良いと思えるポイントでした。主人公たちのいる高校だけではなく、大会に出場しているそれぞれの高校のキャラたちの人間関係も描かれていて、時間的にどうしても限られてしまうもののそれぞれの関係性が垣間見られる部分があって良かったです。映画を見たあとにドラマの存在を知りましたが、そちらも合わせて見るとより映画が楽しめると思います。

20代男性
20代男性

咲の映画を見た感想といたしましては、浜辺美波さんの演技力が可愛らしくて漫画と同じような可愛さと頭の良さがあってそこがとても良かったです。実際のアニメでも主人公は頭が切れてみんなを引っ張るような役割なのですが、それを実写の映画で見事に描き切っていてそれがとても良かったです。また、そのほかにも、特に好きだったのは永尾まりやさんが演技していたキャラクターです。高飛車でみんなのことを見下しているのですが、実際周りとの勝負に負けそうになって焦っている演技を見ていた時には普段は高飛車で負けん気が強いにもかかわらず悔しさを表に出して感情を出したのはグッときました。また、どのキャラクターも独特の麻雀の打ち方があって、作品の良さであるキャラクターの特性を活かしたような打ち方を映画の中でも描かれてあってそれが良かったです。また、麻雀の勝負のシーンはとても臨場感があって、負けれない勝負の中で必死に各学校の威信をかけてぶつかり合う姿は青春を思い出しますし感動します。また、各学校のストーリーがきちんと描かれていて、各学校が別々で主人公というのがとても良かったなと思いました。映画という短い時間の中で素晴らしいなと思いました。

30代女性
30代女性

アニメを見た事があるのでどのように再現されるか楽しみな作品でした。感想はとても楽しめて見た後はしばらく麻雀の事が頭から離れませんでした。咲が可愛いしその他のメンバーの再現度も高くすごいすごいの連続です。1人1人のしぐさや表情もしっかりアニメに似せているなと感心しました。またアニメを実写化すると台詞や表現に違和感があり残念な事がよくあります。しかしこの映画は全く違いアニメに似せるクオリティが高いです。アニメでのセルフなのに実写化することで更に面白おかしく表現できているのも本当に驚きました。違和感も全くなくて、アニメを見た事ある人もない人も存分に楽しめる作品に仕上がっています。ストーリーはアニメよりテンポよくすすんでいますが大将戦はじっくりと描かれていてゆっくり楽しめました。やはり全国大会など全ての対局の中でも大将戦が1番面白くて好きです。スムーズに話もすすむので分かりやすいのも良かったです。大将戦の咲もやはり咲きらしく素晴らしい戦いを見せてくれます。アニメの咲の事を知っている人はぜひ見てほしいと思います。麻雀好きな人もそうでない人もたっぷりと楽しめる作品だと思います。アイドルの子たちが演じている姿を見ているだけでも癒され楽しめるので本当におすすめの映画です。

 

まとめ

咲-saki-
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『咲-saki-』作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました