最低(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
【映画 予告編】 最低。

最低(映画)の動画フルを安全に見る方法

『最低。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『最低。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

最低(映画)の内容

映画『最低。』は、2017年9月に公開されました。

原作は、AV界のカリスマ・紗倉まなによる同名小説。人気AV女優の話題作を初めて映像化した作品とあって、注目を集めました。紗倉自らが生きてきたAV業界を舞台に繰り広げられる本作は、境遇も年齢も性格も異なる3人の女性たちが、AVによって人生を左右され、家族や友人らの間で揺れ動きながら、そこに正面からぶつかってもがく姿を描いています。

監督は「ヘヴンズ ストーリー」「64 ロクヨン」などを手がけた鬼才・瀬々敬久監督。主人公は、果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦役を森口彩乃、折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、やっとAVという居場所を見つけて多忙な日々を送る専門学生役を佐々木心音、そして、奔放な母親に振り回されつつも、絵を描いている時だけ自由になれる女子高生役に山田愛奈と、タイプの違うセクシー女優のトリプルキャスト。その他の共演に、高岡早紀、渡辺真起子、根岸季衣、忍成修吾らが脇を固めています。

妻、娘、母、業界に関わる三人の状況をそれぞれの視点から上手く表現出来ている。それぞれの行く末が最後まで気になりましたが最後は意外な展開だった。

目の奥の虚しさのようなものを見せる出演者の演技力、素晴らしかった。誰も、何が正しいなんてわからない。
最後のシーンが、とても良かった。

半自伝的内容ゆえか、濡れ場が多い…というか、多過ぎる(笑)話が進むにつれ、彼女たちの心情や表情を冷静に見ている自分に気づく。バス待合室で、母の心を突き返そうとする娘をそっと抱き返す母の行動に、何とも言えない優しさを感じ、涙した。この監督は、こういう場面の描き方が上手い。

最低なクズがたくさん出てくる映画かと思ったら、最低な自分に悩む女性達の物語でした。しかし何故AVを選んだのかよく分からなかったし、最近はもっと最低な事件やニュースもあるので特に最低とも思わず・・・女優さん達の裸体はとても綺麗で良かったです。

あらすじ

安定志向だったはずの34歳の主婦・美穂(森口彩乃)は、平凡な日常に耐えきれず、人生を変えることができるのではないかと考え、AVに出演しようとします。そして、絵を描いている時だけは自由になれる17歳のあやこ(山田愛奈)は、奔放な母の孝子(高岡早紀)が元AV女優だと聞き、真相を尋ねようとします。さらに、ギクシャクした関係性の家族たちから逃げるように上京してAV女優になった25歳の彩乃(佐々木心音)は、突然やってきた母親の泉美(渡辺真起子)の制止を振り切って仕事に出掛け、撮影中に意識を失ってしまいます。

境遇も年齢も性格もバラバラながら、それぞれAVと関わりを持つという共通点のある3人の女たち。そんな彼女たちの運命が、ある出来事をきっかけに大きく動き始め・・・。

見どころ

AV女優の心模様

本作は、単にAV女優になった女性のことを描いているのではなく、その家族との関係や彼ら彼女らの心模様も丁寧に映し出しています。AV業界で、もがきながらも歩みを進める女性たちの姿は見どころです。

もし、自分の家族や親戚や知り合いにAV女優がいると知ったら、どう思うだろうか?どう接するだろうか?とおのずと考え、一層作品の世界に入り込んでしまうことでしょう。

意外なラスト

彼女たちの見つめる先には何があるのだろう?そして、その後どうやって生きていくのだろう…。観る人の受け取り方によって、その後の彼女たちの人生を想像し、今いる場所から一歩踏み出す勇気をくれる、そんな意外なラストに注目です。

スタッフ

原作:紗倉まな「最低。」
監督:瀬々敬久
脚本:小川智子/瀬々敬久

キャスト

橋口美穂:森口彩乃
34歳。何不自由なく暮らしているものの、どこか満たされない日々。空虚な思いを埋めるため、今までずっと安定志向だった自分の人生を、変えることができるかもしれないとAVの世界に踏み込む。

本間あやこ:山田愛奈
17歳。祖母と母と3人で、寂れた海辺の町で暮らしている。自由奔放な生活を送る母が元AV女優だという噂が広がり、母に真相を確かめようとする。

彩乃:佐々木心音
25歳。専門学校に通うため上京し、軽い気持ちでAVに出演。母に仕事をやめるよう説得されるが反対を押し切る。

橋口健太:忍成修吾
何事にも無関心な美穂の夫。

美沙:江口のりこ
美穂の姉。

本間孝子:高岡早紀
あやこの母。元AV女優。

本間知恵:根岸季衣
あやこの祖母。小さな喫茶店を経営。

日比野:森岡龍
彩乃とバーで意気投合して一夜を共にした男。

泉美:渡辺真起子
彩乃の母。彩乃の仕事を知り、やめるよう説得する。

 

『最低。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

最低(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

「最低」というタイトルからは、想像できないような内容でした。3人の女性のストーリーが並行して描かれていますが、それぞれの悩みは全く違います。性についての悩みを抱えているのは同じでも、欲におぼれていたり、お金のためであったり、出生であったり。性についての悩みは、人に言いづらい物・打ち明けにくい物であるし、仕方なく職業としている人もいると思います。そのような人の背景も知らずに、体の仕事=最低な仕事と決めつける考え方は、良くないと改めて感じました。ストーリー展開としては、3人バラバラの人生かと思いきや、共通点があり面白かったです。3人の女性がそれぞれ最低という感情を持ちながらも、どこかでは最低と思いきれないようにも感じました。人間はみなそれぞれの悩みを抱えているし、最低だと感じることも多々ありますが、そんなことはないと思いました。それもまた人生で、勉強になると思います。監督がAV女優の人であるということもあり、AV女優の人達の人生を描いているように思いました。「わざわざ体を売ることないのに」と沢山の人から言われている彼女たちの本心や、葛藤が描かれていると思います。この映画をはじめは最低と思っていても、彼女たちが感じるやりがいや思いを感じとると、最低という感情はなくなると思います。

40代女性
40代女性

さすがベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞しているだけあり、とても重く、深く深く考えさせられる素晴らしい映画でした。誰にも言えない苦悩や悲しみを抱えた女たちのストーリーから色々学ぶことが出来る映画だと思います。AV業界のことを全く知りませんでしたので普通の映画を通して少し知ることが出来ました。AV女優さんの大変さを見た気がします。実際のAV女優さんの大変さはこんなものではないでしょうけど・・・現実にはもっと悲惨な話や悪質なことだらけだと思います。おそらく想像を絶するつらい出来事の連発ではないかと思います。私たちのように普通の生活を送っている人間からは理解できないかもしれませんが、やはり、そういう世界も知っておかないといけないと思います。タイトル」の「最低」はよくないと思います。変更すべきだと思います。女たちの生きざまを象徴するような美しくて勇気が芽生えるようなタイトルをつけるとよいと思います。もしも自分の友人がAV女優をやっていたら、軽蔑せず支え、よりそってあげえたいと思いました。誰も、何が正しいなんてわからないし、何が正解なのか言えないと思います。ぜひ、女性のみなさんは見てほしいです。

30代女性
30代女性

それぞれ全く違う家庭環境で育ち、違う理由でAVの世界へと足を踏みれていく3人の女性にスポットライトをあてた作品。AVという普通の人には分からない世界の裏側が描かれているのも興味深かったけれど、それ以上に女性達の揺れ動く心情と彼女達をとりまく人間関係(主に家族)から目が話せなくなりました。職業的には、普通の社会人とは全く違う世界にいる彼女達だけれど、すれ違う家族との関係は、多くの人が自分を重ねるのではないでしょうか。主役の女性達は、皆とても美しく演技も上手。ですが、ひときわ目を惹くのが母親役で出演していた高岡早紀さんです。元AV女優の母親という役柄が、とてもしっくりきていました。話のベースがAV業界だけに、性病者もわりとシッカリ出てきます。ですが、女性視点から鑑賞しても、嫌なエロティックさはありませんでした。エンディングが女性達の最後をしっかり描いて終わる訳ではなく、余韻を残すふんわりとした終わり方。決して全ての問題が解決して、スッキリハッピーエンドという訳ではありません。ですが、不思議と暗い気持ちにはなりませんでした。ほんのりと光が見えるようか最後で、この映画のエンディングとしては良い形だと思います。

 

30代男性
30代男性

虚構としてのエロスを描く場であるAVの世界であっても、出演している女優は生身の人間であり、当たり前のように痛みを感じる。AVが裏の仕事であり、偏見や差別があるがゆえに、彼女たちは苦しんでいる。現実の世界では、さまざまな女優さんや男優さん、監督さんの努力もあって、AVという仕事への理解や新しい解釈が少しずつだが進みかけている。でも、「もし自分の親族が・・・」とリアルに考えた時に、すんなりと受け入れられる人間はそう多くはない。作中の登場人物たちは、この仕事を誇りに思うと声を張って言えるほど積極的な動機で選んだわけではなく、家族や友達への後ろめたさや白い目で見られる苦しみ、それらを覚悟して入ってきたわけでもない。借金や暴力の果てに止むを得ず選んだ道じゃないし、自分で選んだと言えばそりゃそうだ。だけど、誰が彼女たちを責められるんだろう。自分が同じ立場だったらこうはならなかったと自信を持って言えるのか、真綿で首を絞めるような日常から逃れたくて逃れたくて彼女たちはたどり着いたんだ。その心の空虚さを本当に理解することができないけど、その苦しみを想像することはできるはずだ。きっとそのためにこの映画は存在する。心の隙間を埋めてくれる場所だと思ったら、そこには途方もない虚無感が横たわっていた。この苦しみから彼女たちを解放する術はわからないが、ここに確かに存在している途方もない苦しみは確かに今も存在している。

 

まとめ

『最低。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました