聖おにいさん(アニメ映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
『聖☆おにいさん』予告編

聖☆おにいさんの動画フルを安全に見る方法

『聖☆おにいさん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『聖☆おにいさん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

聖☆おにいさん(アニメ映画)の内容

アニメ『聖☆おにいさん』は、2013年5月に公開されました。実写映画も制作された中村光のギャグ漫画の劇場アニメ版で、キャッチコピーは「神も仏も、ここにいる。」。

『聖☆おにいさん』(セイントおにいさん)は、宗教を題材にした漫画で、2006年から「モーニング・ツー」で連載し、「このマンガがすごい! 2009」オトコ編で第1位となり、手塚治虫文化賞短編賞を受賞していて、さらには累計発行部数を1000万部突破する”すごい!”作品。

そんな『聖☆おにいさん』の内容はと言うと、コテコテのギャグ漫画!主題歌は、原作のファンだという星野源さんのその名も「ギャグ」。笑いたい人は、見るしかない!

 

ブッタとキリストを漫画にできるのは日本だけだろう。偉大な作品だと思います。内容ももちろん面白く、楽しく宗教を学べます。宗教で争う世界に壮大なツッコミと友情を投げ入れた愛のある作品。
これこそ世界に広めたい作品。こういう作品を作れる日本に誇りを、作者には賛美を。

見始めはそれほど面白くない思ってたけど、だんだん面白さが滲み出てきてよい映画化でした。力を抜いて気楽に楽しめる作品。せっかくこんな自由な日本に生まれてきたんだし。

仏教やキリスト教の教えを、上手くコメディに仕上げた印象。
大笑いというより、クスクスっと笑いを誘われます。

ゆるい笑いのセンスがたまらなく良い!仏陀もイエスキリストの天然キャラぶりに癒されてしまいます。原作の良さが倍増した魅力的な作品。

劇場版アニメを鑑賞した人からは、面白いと高評価でした。原作ファンからは、肝心の宗教ネタが薄いなどといった声もあるようです。

あらすじ

ダジャレやお笑いをこよなく愛し、新しモノ好きな浪費家の神の子・イエスと、自分とお金に厳しく、シルクスクリーン印刷でTシャツを作るのが大好きな目覚めた人・ブッダ。

(ブッダとイエスは言わずと知れた、仏教とキリスト教の神です。)

世紀末を無事に超えた2人は、東京・立川のアパートをシェアし、日本の四季を堪能しながら下界でバカンスを過ごしていました。6畳一間のアパートの畳にブッダがのんびりと横になっていたら、修行していると思って鳥たちが集まります。「違う涅槃(ねはん)じゃないから!ホットケ!」鳥たちを追い払うブッダを見たイエスは「ホトケだけにね。」とダジャレを呟く。

コンビニから帰ったイエスは上機嫌。コンビニで女子高生にチラ見されながら「超ジョニデじゃん!ヤバイ激似!」と言われちゃったから。モテ期の予感を感じるイエス。居たたまれないブッダは線香を買いに外に出ます。帰宅したブッダの顔色が悪い。「どうしたの?」イエスが聞くとブッダは額の真ん中にある白毫(びゃくごう)を指さし「ここ超押された」と。

2人は遊園地へ行き、動物のカチューシャを購入し頭に付け、ジェットコースターや夜のパレード、お土産屋などを彼らなりに楽しみます。

立川のアパートでマイペースな日常生活を送り、桜の花が舞うのを見て、洗濯を畳み、タイムセールのスーパーで激安の買い物をし、不思議な外国人だと近所の奥様たちに思われていましたが、もちろんキチンとした2人なので段々信頼されていきます。

夏になりプールへ行き、サウナでイエスの身体に付いている傷を見たヤクザに同業者と思われたり。夏祭りに出かけて近所の子供たちにブッダの白毫が狙われたり、秋には温泉旅行へ行ったり、冬にはイエスの誕生日のクリスマス。ブッダはイエスが欲しがっていた海外ドラマ『CSI:科学捜査班』シリーズのDVDーBOXをプレゼントに用意します。

大晦日の夜には初詣に出かけます。おみくじを引くと2人とも大吉でしたが「たまに実家に帰ると吉」。天界からの催促かと2人で落ち込みます。

2人は、マイペースに日常生活をエンジョイし、春から年明けまでを東京・立川で過ごします。ついつい神パワーを発揮し、あちこちでセイントな奇跡を起こす聖人級のミラクルな笑いに満ちたストーリーです。

見どころ

いつも間にか笑っちゃう

言わずと知れた、仏教とキリスト教の神のイエスとブッダが、バカンスを楽しむという設定と、またそのバカンスを楽しむ場所が東京・立川というディープさ。地元の人たちとズレながらも生活を共にするというストーリーにクスクスっとなり、いつのまにか完全に笑っちゃうという体験ができます。

マダール泳法

イエスとブッダが突っ込み合うけど、必ずフォローし合うという2人の絶妙な掛け合いは必見。担当プロデューサーによると、夏のプールのシーンで見せる「マダール泳法」も見どころの一つとのこと。

スタッフ

原作:中村 光
監督:高雄 統子
脚本:根津 理香
音楽:鈴木 慶一、白井 良明
主題歌:星野 源「ギャグ」

キャスト(声の出演)

イエス:森山 未來

  • 主人公の神の子
  • ロン毛、髭面で、頭に茨の冠を着けた青年
  • ジョニー・デップに似ていると言われ本人も意識している
  • 子供っぽくてノリが良く、何事も形から入るタイプ
  • 天然ボケ
  • 浪費家
  • 嬉しいことがあったりお笑いでツボに入ったネタがあると奇跡を起こす
  • 乗り物に弱くすぐ酔う
  • 「シュワッキマッセーリ」をロシア語か何かの歌だと勘違いしていた。

ブッダ:星野源

  • 主人公の目覚めた人
  • 小学生や酔っ払いから白毫を”ボタン”として押される
  • 螺髪及び白毫は神通力で毛を1本ずつ丸めた物で、戻すと周囲が暗闇に包まれるほどの相当な長さになる
  • 下界の生活では家事全般を担当
  • 倹約家となり、特売セールや広告などには敏感で数百円使うのにも厳格
  • 家電製品が大好き。怒ると頭が発光する(後光)
  • どんなことも苦行にする
  • シルクスクリーンが趣味で普段着るプリントTシャツを作成

松田 幸代:鈴木 れい子
下界の住人。ブッダとイエスのアパートの大家。自分の名前は「まちゅだ」と呼ぶ。

竜二:立木 文彦
背中にお釈迦様の刺青を入れたヤクザ(極道さん)。市民プールのサウナでイエス達と知り合う。網走刑務所に7年間収監されていた。

小学生ズ
イエスとブッダの前に現われる小学生たち。ブッダの額の「ボタン」を押したいがため様々な作戦を練ってくる。

ハッスル商店街の人々
イエスとブッダがよく行く「ハッスル商店街」。和菓子屋、床屋、銭湯、八百屋、惣菜屋、熱帯魚店など色々なお店があって賑やか。

 

『聖☆おにいさん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

聖☆おにいさん(アニメ映画)の感想

20代男性
20代男性

聖⭐︎おにいさんは地球での日常を神様が生活を、送る不思議でシュールなアニメです。このアニメをみると何気ないのんびりした日常の大切さに気づく事ができると思います。思わずクスっと笑ってしまうユーモアのある内容は面白くてオススメです。このアニメに登場するキリストとブッタのやり取りも最高に面白いです。ストーリー内の二人の生活はどこか親しみがあって懐かしい気持ちと共感できるシーンが沢山出てきます。友達や家族の大切さだったり身の回りにある日常の大切さを感じられる内容になっています。アニメの作画も非常に世界観がよくて街並みや家など雰囲気も良いです。本当に神様なのかと突っ込みたくなってしまう緩さが半端なく楽しいです。神様とは思えない二人の性格が感じられた神様のファンになってしまう事間違いなしです。他のアニメと違ってストーリーを意識せずとも楽しめる緩い感じのアニメなので気さくにみる事ができます。神様の着ているtシャツの文字なども笑える要素があるので注目しながらアニメをみるとさらに楽しめると思います。ストーリーのテンポも軽快で見やすいので良いです。一緒にこの世界の日常を楽しんでいるような気持ちで見られる素敵なアニメです。

 

30代女性
30代女性

宗教という、コメデイアニメにするにはかなりシビアなジャンルに踏み込んだ、大変勇気ある作品です。シリアスな題材でも、取り扱うにはかなりデリケートな題材ですが、本作は大胆にもコメデイにし、しかも、仏教とキリスト教という、まったく違う宗教を「共存」させた、衝撃的な作品です。宗教に詳しい方はもちろん、そうでない人も大笑いしながら仏教とキリスト教の知識が得られて一石二鳥です!この作品では、ブッタとイエスを、ゆるいTシャツにジーンズという、どこにでもいそうなお兄さんのような出で立ちにし、日本の立川にある小さなアパートで、庶民的な共同生活をさせます。ありふれた日常風景の中にとけこもうとする二人と、それを取り巻く登場人物(神仏)たちによる、それぞれの宗教ネタをふんだんに盛り込んだギャグが炸裂し、まんまと爆笑させられますが、それぞれの宗教を貶めるものではなく、親しみをもつことができます。登場人物が、神仏、ふつうの人問わず、とにかく味があって魅力的です。笑いながらも、登場人物たちの心あたたまるやりとりに、こちらも優しい気持ちになることができる、とても素敵な作品です。宗派を問わず、色々な方に観ていただきたい作品です。

50代女性
50代女性

NHKを見ていて、偶然見つけたアニメです。めちゃはまってしまいました!それでレンタルまでしてみてしまいました。普段マンガなど見ない私ですが、「宗教」というテーマ(?)で、キリストと仏陀との掛け合いはなかなか新鮮だと思います。かくいう私は特定の宗教にいるのですが、自分のような真面目な人でも楽しめると思いました。イエスは感情的になると出血したり、仏陀は髪を洗う時すごいことになったり、お金の使い方が真逆だったり、それぞれ謎の行動があることに加え、それぞれの宗派の特徴を面白おかしく表わしているのが面白いです。二人のスローなテンポもよいですし、人間界で覚りきった顔をしていないのが親しみをもてていいですね。現実の人達もこの二人のような雰囲気なら、きっと応援してもらえるだろうと思います。あと、二人の物質界での体験をときめく目線で描いているので、見る側もなるほど、と思うことが沢山あります。個人的には本来なら敵対するのではないか、と思う二人が仲良く力を合わせて生活している、という背景がとても好きです。クリスマスやお正月の設定をどう描くのか、など興味が尽きません。私はまだこのシリーズを知ったばかりです。今後も実写版、コミックどちらも楽しみたいと思っています。

20代女性
20代女性

漫画を好んで読んでいたので、映画化になった時はとても嬉しかったです。タッチもあえてなのかゆるっとしたものになっていて、それが作品のゆるさに拍車をかけるというかよりゆるい感じになっていたのでよかったです。聖☆おにいさんはほのぼのとしたゆるい作品であってほしいので、このアニメーションの感じはとても好みでした。話もちょっとだけオリジナルの話が入っていて、基本的に漫画の話が中心だったので、原作ファンとしては太鼓判を押したくなりました。漫画で度々出てくる小学生がわりとちゃんとした立ち位置で出てくるので、サブキャラを大切にしている感じも良かったです。小学生とブッダのやり取りが毎回進化しているのが面白く、そこに友情が芽生えている描写になっているのが良かったです。イエスとブッダが旅行にいっているときに「あいつら最近見ないな、つまんないな」とこぼしているのがちょっとだけハートフルに感じました。遠出する話よりも立川で色んな人と色んな交流をする話のほうが好きで、竜二さんとの絡みが個人的に一番アホらしくて好きでした。原作がアニメになると原作ファンから叩かれることが多いと思うのですが、この作品は原作ファンも納得の行く作品になっていると思います。

30代男性
30代男性

マンガでも読んでいましたが、アニメならでは雰囲気、空気感、間がとてもよかったです♪立川を舞台にしてて親近感あったし、何もない日常であそこまで面白くするのはすごいと思いました!爆笑というよりは常に面白くずっと笑っていられるような作品だと思います。BGMもよくなんかのほほんとしました。最近のアニメでは珍しい?のかCGに頼らないのでより平和感、味わいが出ていたと思います。歴史と手塚治先生の勉強になりますし、興味がわくような作品で、昔の作品も見るきっかけにもなったので、それから見ると更に面白いです。そして、最初からでなくても途中から見始めることが出来るの1話簡潔型が多いので、アニメにも向いていると思います。子供から大人まで作品で子供と一緒に見ても楽しいと思います。子供の場合は歴史にも興味が湧きそうなので、尚更いいと思います。こんな時代だからこそのほほんとずっと笑えるような作品が必要だと思いますし、知らない人には紹介したいと思います。ただイチオシってわけでなく、なんとなくオススメしたいような作品だと思いました。ただなんとなくずっと見られるような作品で時間を気にしないでたまに見返したくなる作品でだと思います。

20代女性
20代女性

聖☆おにいさんは単行本を買って読んでいるくらい好きなギャグ漫画作品です。アニメ化と聞いて少し不安でしたが、漫画原作のブッダとキリストのイメージを崩さず、声がついたことによりシュールさが増しているように感じました。ブッダとキリストが二人で生活している設定はぶっとんだ設定ですが、実際に現在の下界で暮らしていたらこんな感じなんだろうなぁ、とありありと想像できるくらい自然な関わり方をしています。親友のようにお互いの思いやる場面も垣間見えており、ギャグでの笑いではなく、ふふ、と笑微笑んでしまうようなほっこりするシーンも多いです。ブッダやキリストたちが生きていた時代と現代のギャップが要所要所にあり、それにずれた疑問を覚えている聖人たちが個人的にツボです。仏教用語や聖書の言葉がちらほら出てきますがご本人たちが説明してくれるので、アニメを見ながら無理なくやんわりと勉強できる感じがして少しお得感がありました。個人的オススメなのが現代に流行や事情に流されまくっているキリストの様子と、シュールすぎる言葉が書いている普段着でしょうか。すっかり人間に馴染んで(いると思い込んでいる)バカンスを楽しんでいる聖人たちの日常をぜひご覧ください。

 

20代女性
20代女性

まず、ブッダとキリストが現代の生活をしたら、、、という設定が面白いです。荒川アンダーザブリッチを書いた作者と同じ人が書いていて、荒川アンダーザブリッチが好きな人は間違いなくすきだと思います。桐谷美玲・小栗旬・山田孝之出演でドラマ化されているのでご存じの方も多いのではないでしょうか?ギャグマンガのジャンルになると思いますが、女性でも理解できて、笑えるギャグマンガなので、おすすめです。日常のごくごく普通の日本の生活をブッダとキリストが送っています。なので身近な出来事について書かれているので共感でき、ブッダとキリスト目線だとこんな感じなんだって笑うことができます。ブッダとキリストは二人で暮らしています。その二人の掛け合いや設定の忠実さも面白いポイントです。だれでも不思議に思う、ブッタの眉間の間にあるホクロについてや、キリストの鋳薔薇の冠について等の仏教とキリスト教の違いについても面白おかしく書いてあります。日本人にはしっかりとした宗教が生活の中に確立されていませんが、キリスト教と仏教が思わず好きになってしまうようなキャラクター設定で、キリスト教のイエス・キリストならではの性格、仏教のブッタならではの性格がとても愛らしいです。

40代女性
40代女性

イエス・キリストにブッダ、あの二大偉人たちが主人公なのだからと身構える必要はなし、彼らもオフの時をつらつらと楽しんでいるのです。でも神様だからこそ自然に奇跡を起こしてしまう、そんな日常を描いたのんびり系のアニメです。宗教について勉強しておらずキリストもブッダも知らない我が子たちにはどうかと思ったものの、こういう変なお兄さんたちもいるんだなといった感覚でそのまま受け入れてくれました。敬虔なる教徒の方にとってはパロディで茶化しまくっていて正直お怒りなのではと怖いものの、特に無宗教という日本の家庭ならば問題なく家族で楽しめるアニメだと思います。仏陀を演じるのは星野源さん、そしてイエスは森山未來さんです。客寄せ感が高い俳優の登用、口パクを見ながら演じなければならず制約が多い声優のお仕事はどんな素晴らしい俳優さんであっても勝手が違うでしょうが、彼らの演技はうまかったです。特に星野源さん、正にマルチに活躍するという感じで何でも無難にこなせてすごすぎます。宗教がもとで世界中で戦争が起こっている中、こちらは特に世界で有名な宗教2つがタッグを組んで皆を笑顔にしてくれているのですから素晴らしいです。原作漫画も見てみたいです。

50代女性
50代女性

イエスとブッダが現代日本に降臨してきていると言う展開が意外でした。さらに彼らは畳の部屋のアパートに住み、服装もTシャツにデニムパンツという姿をしています。それでもやはり髪型は隠すことができないので、その違和感はかなりあります。ですが、彼らが庶民の生活を楽しんでいる様子が良く分かり、楽しくなるストーリーだと思いました。そんな彼らが一般庶民のように生活していけるのかと思いましたが、意外と馴染んでいて、それもさすが神だと思いました。イエスが街の女性にジョニー・デップに似ていると言われていた時は、私も同感しました。確かにイエスに似たような髪方や髭を蓄えている男性は、もしかしたらどこかイエスを意識しているのではないかと思いました。私はどちらの宗教にも詳しくはないのですが、このストーリーの中で、時々説明があったので、それで初めて知ったこともありました。また、なんとなくしか知らないことも、改めて良く分かるようになりました。ジャンルとしてはギャグだと思うのですが、歴史というか宗教に関することを知るきっかけになるので、勉強になる部分もありました。本当に二人がこのような形で、現代日本に降臨してくれたら、どんなだろうと想像することもあります。

20代女性
20代女性

「聖☆お兄さん」は神の子イエスと目覚めた人ブッタが下界にバカンスに降りてきて現代日本でまったり暮らす様子を描いた日常コメディーです。知らない人はほぼいないと言える二大宗教の神様が仲良く一つ屋根の下で暮らしながら現代日本の文化に触れて感動している様子はみていてほんわかあったかい気持ちになれ、またゆるいギャグの中に宗教に対する豆知識がさりげなく組み込まれていて楽しみながら学ぶこともできます。二人の暮らすアパートの管理人さんに何の仕事をしているか怪しまれたり、ブッタが昼寝をしていると涅槃と勘違いした動物達が群がってきたり、日本の文化にわくわく興味深々に取り組むイエスの様子だったり・・・大きなイベントやトラブルが起こり続けるというよりも日常の中のちょっとしたトラブルや出来事を切り取ったように話が進んでいきます。毎話思わずくすりと笑ってしまうような、何度読み返しても面白いと感じるような漫画となっておりまた一話がそこまで長くないのでちょっとした隙間に読むのに適しています。基本的に話自体につながりもない読み切りの話が多いのでどこかでもらでも読むこともできます。また「聖☆お兄さん」は漫画以外にもアニメ映画、実写映画&ドラマにもなっているので自分の好きな媒体から見てみるのも良いと思います。アニメ映画も実写作品も原作の話を忠実に再現しており、実写作品に関してはイエス役が松山ケンイチ、ブッタ役が染谷将太でお二方とも演技はもちろん見た目も忠実に再現しており原作ファンも文句なしに楽しめる作品になっています。

 

まとめ

『聖☆おにいさん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました