貞子vs伽椰子(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ホラー・パニック
映画『貞子vs伽椰子』予告編

貞子vs伽椰子(映画)の動画フルを安全に見る方法

『貞子vs伽椰子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『貞子vs伽椰子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

貞子vs伽椰子(映画)の内容

映画『貞子vs伽椰子』は、2016年6月に公開されました。

本作は、「リング」シリーズの山村貞子と「呪怨」シリーズの佐伯伽椰子というJホラーの2大キャラクターの対決を描いたホラー作品。

監督は、2004年の映画「呪霊 THE MOVIE 黒呪霊」で長編初監督を務め、フェイク・ドキュメンタリー形式のホラー作品を数多く手掛ける白石晃士さん。2018年には松坂桃李さん主演映画「不能犯」も手掛けました。

主演は山本美月さんで、そのほか玉城ティナさん、佐津川愛美さん、安藤政信さん、菊地麻衣さんなどが出演しています。

 

さすが白石監督だな。定番の霊媒師も登場させ、化け物には化け物をという発想で貞子と伽倻子を降臨させるという素晴らしさ。この2キャラを上手く交えたプロットには感服した。

和製モンスターバトル映画!って感じだった。リングと呪怨が合わさった映画と言うわけではなくよく海外のB級映画である〇〇vs〇〇みたいな映画のノリです。
Jホラーというより子供から大人まで楽しめるエンタメ映画。

ホラー苦手なんですが、やっぱり観て行こう!と思って見た。楽しかった~。確かに怖かったけど観られた!
安藤政信さんの「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ。」は名言。

なかなかよかったと思います。全然Jホラーの良さを知らなくても楽しめる作品なのではないかと思った。話の内容も複雑な方向に行っていないところが初心者におすすめ。

 

あらすじ

女子大生の倉橋有里(山本美月)は、親友の夏美(佐津川愛美)から両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれます。しかし、「見ると電話がかかってきてその2日後に必ず死ぬ」という”呪いのビデオ”を夏美が見てしまいます。

2人は都市伝説の研究家で、大学教授の森繁(甲本雅裕)に助けを求め、霊媒師に除霊してもらいますが失敗に終わります。それでも有里は夏美を救おうと、自らも呪いのビデオを見て呪いにかかってしまいます。

一方、入ると必ず死を遂げるという“呪いの家”の向かえに引っ越してきた女子高生の高木鈴花(玉城ティナ)は、ある夜、行方不明になっていた小学生が呪いの家の中にいるのを目撃します。呪いの家に興味を抱いていた鈴花は、その家の中に入ってしまいます。

そんな彼女たちを呪いから救うため、異端の霊能者・常盤経蔵(安藤政信)と助手の少女・珠緒(菊地麻衣)は、2つの呪いを激突させることで元凶の貞子と伽椰子を同時消滅させるという秘策を実行しようとします。

見どころ

怖がる芝居

ホラー映画には怖がる芝居が付き物ですが、山本美月さんと玉城ティナさんは、怖がり方を勉強しながら演技しました。

玉城ティナさんは、白石監督から怖がり方とか悲鳴とか息遣いなどの細かい動きを見せてもらい勉強したのですが、山本美月さんに、なぜだか白石監督は見せなかったそうです。

また、2人で怖がるシーンで一緒に叫んでいたらチームワークが芽生えて、叫ぶことがだんだん楽しくなってきていたとか。叫びすぎて笑って体力を消耗し、お腹が空いてお菓子を食べて励まし合うという関係だったり、休憩中に動きの練習をしている貞子&伽椰子のマネをしてダメ出しされたりと、ストーリーとは真逆で、楽しいホラー映画製作現場だったようです。

貞子・伽椰子・俊雄の裏情報

白石監督は、貞子に関しては、VHSテープとVHSデッキとVHSならではの映像を絶対出そうと考え、またプロデューサー側から井戸も出してほしいと言われ、伽椰子に関しては、階段から降りてくる定番のシーンは外さずに王道のエンタテインメントとして見せています。

貞子を演じた女優は、顔は見えませんが、とても美人な女優の方で、伽椰子役は舞踊家の経験のある方です。オーディションでの床の這い方が素晴らしかったとか。

また、俊雄は、丁度良い年の子が見つからず、ギリギリいけるだろうと選んだようですが、これまでの俊雄より少し大きめの子になってしまいました。そこは演技力でカバーしています。

スタッフ

原作:鈴木光司(世界観監修)
監督・脚本:白石晃士
音楽:遠藤浩二
主題歌:聖飢魔II「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」

キャスト

倉橋有里:山本美月
呪いのビデオを偶然手にしたことから、貞子の呪いに巻き込まれる女子大生。

高木鈴花:玉城ティナ
謎の廃墟の向かえに引っ越してきた女子高生。伽椰子の呪念のターゲットになる。

上野夏美:佐津川愛美
有里の親友で同級生。呪いのビデオを見て、死の恐怖に怯える。

常盤経蔵:安藤政信
実力はあるけど、報酬がバカ高いと噂の霊媒師。

珠緒:菊地麻衣
経蔵と行動を共にする、霊感が強く盲目の少女。

森繁新一:甲本雅裕
都市伝説について研究している大学教授。

高木史子:田中美里
鈴花の母親。

高木誠:松島正芳
鈴花の父親。

法柳:堂免一るこ
夏美が頼る霊能力者。

山村貞子:七海エリー

佐伯伽椰子:遠藤留奈

佐伯俊雄:芝本麟太郎

【そのほか出演者】
松井美津子:おぞねせいこ、松井忠則:中野英樹、小林恵子:清瀬やえこ、橘茜:佐藤みゆき
遥:三浦透子、真来:森田想、安江:内野かずえ、裕太:中尾壮位、達也:太一
健治:酒井天満、秋彦:美濃孔之介、法柳の助手A:日野綾子、法柳の助手B:永嶋美佐子
上野昭:松井晶照、上野洋子:住松侑佳、二歳の夏美:高村雛、引越業者:渡辺龍之介

 

『貞子vs伽椰子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

貞子vs伽椰子(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

有里と夏美の二人組とは別に唐突に出てきてまた違った恐怖体験をしている鈴花、時間軸で過去と未来かと思いきや同じ時期に二つもの怪奇現象が起きていたんですね。それらを解決するためにも二つをぶつけ合いさせてやろうとは乱暴なやり方、仲良くなって更に強大な勢力とならないとも限らず無謀なかけです。そしてやっぱりと言うか、よりパワーアップしてしまうのです。すでに霊媒師も死んでしまっているしそういったことに詳しそうな先生も住職も殺されてしまって、なんだか早々と諦めモードが漂ってしまいました。そして、よりややこしくしているのが夏美の存在です。もうすぐ殺されるという恐怖でどうしようもなくなって自殺を図る気持ちというのはよく分かります。でも自分のところで食い止めようという正義感は無いのでしょうか。それよりも友人のせいで恐怖に陥れられたのだからと周り中を恨み憎しみが爆発しているのでしょうか。教授が興味本位で録画したDVDの映像を更にインターネットに挙げて全世界に拡散しようとする根性は分かりませんでした。あなたも呪い殺されるかも、そんなラストを演出するためにも必要だったのかもしれませんがもう少し工夫が欲しかったところです。貞子と伽椰子との対決シーンは迫力満点でした。

 

20代女性
20代女性

三流なのかと思いましたが試しに見てはまりました。ストーリーもしっかりとしていて演出や演技も上手で最後まで怖がりながらも楽しんでみることができます。しかし、貞子の呪いのルールーが変わっているのは本当に残念でした。貞子が好きだったためそこが残念でモヤモヤしながら見てしまいました。呪怨の少年については活躍する場が多くすごいと思ってしまう場面ばかりでした。それにしてもあの少年は本当に怖いです。今までの作品とは全く別のものだと理解して見てみると設定も気にしないで見れるので面白いです。二人の戦い合う姿に怖さがありましたがそれよりも伝説の二人が戦っていることに感動も感じました。二人の戦いが気になってずっと見ていましたが決着がつかなかったのは驚きました。親とどちらかが勝つかを予想し合っていたので展開に驚きです。それでも決着がつかないのはそれでよい気がするし結果的に面白いので良かったです。盲目の少女と霊能者の二人が意外と良い役割をしていて怖さも感じながらつい笑ってしまうこともありホラー要素だけではないと感じました。ホラー映画はオリジナルだけではなくこういったスピンオフ作品ももっとできてもいいなと思える作品になっていました。

 

40代男性
40代男性

リングでの貞子、呪怨の伽椰子の化け物同士と戦いがラストのシーンで描かれている物語です。初めはリングで登場する呪いのビデオ(一週間から2日に変更)、途中から呪怨の舞台となった呪いの家が出てきます。はっきり言って思い出せないほど浅いストーリーだったと思います。ただ、興味を持っていただきたいのは呪われることから逃げ出すために協力し合うということです。因果関係がもっと丁寧に描かれていれば納得できたのですが中々圧縮されている内容なだけに、ちょっと置いてけぼりにされていました。怖さはあまりなかったような感じがしました。2つの作品を圧縮させて物語で描いているので仕方ないと思いますが…もう少しわかりやすくそしてホラー映画として見れるようにしていただければ面白くなったと思います。最後のシーンではホラーらしく若干怖さがありましたが、結局の所、伽椰子が勝ったのかな?って、わからない感じで終わりました。迫力が増すようであれば、また、怖がらせようとする事が出来るようであれば、続編期待します。2大映画を一つの舞台でぶつけ合うことが出来たことは面白かったかなと思っています。兎に角この映画を見ていただいて続編を期待しながら待つことも楽しさが増すのではないでしょうか。

 

20代男性
20代男性

元々ホラー映画が好きで、特に呪怨シリーズが好きでリングも全シリーズ見てきた私にとっては嬉しいコラボ映画でした。初めバーサスと聞いてどう戦うのが予測はできませんでしたが、見た結果斬新でいい意味でおもしろい対決でした。(少々無理矢理感がありますが、、)私個人的には呪怨の内容が多かったように見えました。私はリングシリーズより呪怨シリーズの方が好きなので個人的には楽しめました。それに敏雄君の役の子が変わったことによって少し敏雄君の雰囲気も変わり、よかったと思います。貞子に関しては動きなどは変わりないですが、やはり対決と言うだけあって髪の演出が凄かったです。ストーリー性としてはさっきも言った通り呪怨を軸に貞子がわき役として入ったようなストーリーで、冒頭からエンディングまでほぼほぼ呪怨ストーリー(加耶子と敏雄君がメイン)でしたので呪怨ファンからすればかなり楽しめると思います。また、貞子もわき役と言うよりかこの映画では欠かせない役柄でしたが(終盤で特に重要な役柄になります)リング好きな方にしては少し物足りない部分もあるかと思いますがリング好きな人はホラー好きだと思いますので問題なく楽しめるかと思います。その他の俳優の演技も悪くなかったと思います。結果的に呪怨好き、リング好きな方には一回御覧になられた方がいいと思います。個人的にはオススメできる映画です。

30代女性
30代女性

『貞子vs伽椰子』と聞いてワクワクしないジャパニーズホラー好きがいるでしょうか。いや、いないでしょう。「貞子」といえば言わずと知れた『リング』や『らせん』等に登場する怨霊です。テレビの画面にうつる井戸から黒髪・長髪・白いロングワンピース姿の貞子が這い出てきて、やがてテレビ画面を突き破り…というあの恐怖は、ほぼほぼ国民的なものと言えます。対抗する「伽椰子」は、『呪怨』シリーズに登場する怨霊です。ジャパニーズホラー史上最も恐ろしい女の怨霊と女の怨霊をぶつけるという、タイトル通りのクライマックスを迎える映画でした。ふとしたきっかけで「貞子」の呪いのビデオを見てしまった女子大学生と、ふとしたきっかけで「伽椰子」の家に入ってしまった女子高校生。彼女たちを死の呪いから救うには、彼女たちそれぞれについている「貞子」と「伽椰子」をぶつけて戦わせて対消滅させてしまえばいいのでは!?というとんでもない思い付きから、この夢のタイトルマッチは実現します。かっこいい除霊師と盲目の少女のコンビもみどころですし、ぶつけられた「貞子」と「伽椰子」の勝負の行方は、そして物語の結末は…!?正直続編が出ていないのが不思議です。

 

40代男性
40代男性

フェイクドキュメンタリー作品で知られる白石晃士の監督作品。ジャパニーズホラー界最恐のツートップとして知られる『リング』シリーズの貞子と、『呪怨』シリーズの伽椰子のぶつかり合いが売り文句。両ヒロイン(?)の個性を活かしたグロシーンはもちろん盛り込まれているが、フランクで軽めなキャラがメインになるので、重たい雰囲気が苦手な人でも観やすいのが特徴。モチーフの2作品がシリアスな作風なのに対し、この作品ではお祭り感を重視しているのか、軽快なテンポとセリフ回しでスピード感を出している。また、ストーリーのカギを握る重要人物のキャラ付けもアクション映画に近いノリで、恐さと爽快感がバランス良くミックスされた作風はファン層を広げるポテンシャルを秘めている。シリーズが毎回ハッピーエンドとは程遠いモチーフ2作品だが、その恐怖がミックスされた今作の結末は大いに期待が高まることだろう。ラストには意外な結末が待っており、最後まで観た2作品ファンの両ヒロインへの想いを裏切らない。肝心の死亡シーンは、エグみが強いパターンとそうでないパターンがある。ストーリーの通過点はソフトでスピーディーに、重要度の高いシーンではエグさ満点…といった感じで、メリハリがついているのもモチベーションを壊さないポイント。

30代男性
30代男性

貞子vs伽椰子と、決して戦わせてはいけない悪霊同士の死闘と、思わず見てしまいたくなる恐怖がアップされている作品として仕上がっています。女子大生の倉橋有里が呪いのビデオを見てしまった親友を助ける為に、そのビデオを見てしまい、貞子に狙われてしまうとピンチを向かえ、また女子高生の高木鈴花が、呪いの家に入ってしまい、伽椰子に狙われ、二人のヒロインが悪霊に狙われてしまい、その悪霊から逃れるが為に、二人の呪いを戦わせて消滅させようとすると、二つのホラー映画の恐怖を混濁させながら、さらなる恐怖を演出している内容は、実に原作を壊さず、二つの悪霊の恐ろしさを引き立たせてくれています。貞子vs伽椰子と、日本のホラー映画を代表する二つの悪霊が、雌雄を決するが為に戦うと、どんな内容なのかと気になってしまう本作は、最初は冗談の企画として立ち上がり、お遊び感覚のプロモーションも作られてしまったのですが、企画がおもしろそうだと動き出し、ついには映画化してしまったと、まさに劇薬が混ざり合ったような感覚で出来た、決して合わせてはいけない悪霊二人の死闘は、どちらかが勝っても身の破滅と、それなのにどちらが勝つのかと魅入ってしまう恐ろしく面白いと、ホラー映画好きを満足させてくれる映画です。

 

まとめ

『貞子vs伽椰子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました