龍の歯医者(アニメ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ動画
Ryuu no Haisha | Dragon Dentist (2017) – PV1 English

龍の歯医者(アニメ)の動画フルを安全に見る方法

『龍の歯医者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『龍の歯医者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

龍の歯医者(アニメ)の内容

『龍の歯医者』は、「日本アニメ100周年」を記念で、NHK BSプレミアムの大型企画として2017年2月に放送されました。

元々、日本アニメ(ーター)見本市にて企画された短編アニメを長編アニメ作品としてリメイクされ、スタジオカラーが手がける初のテレビアニメ作品としても注目を集めました。

監督は、鶴巻和哉さん。スタジオカラーの代表でもあり世界的有名人の庵野 秀明さんに認められ『新世紀エヴァンゲリオン』の副監督などを務めたことのある方です。

本作はテーマは「限りある生と死に向き合うこと」。深夜番組において、芸人に負けじとグイグイ前に出て絡んでいた清水富美加さんの瞬発力が、主人公・岸井野ノ子にピッタリと鶴巻監督自ら指名されたそうです。声優初挑戦にも関わらず、物怖じせずにしっかりと演じきりました。他にも、山寺宏一さんや林原めぐみさんなど、豪華声優陣の起用により脇をしっかりと固め、監督の見事な采配が冴えわたっております。

NHKの企画作品なので、非常にお金のかかった、素晴らしいクオリティの作品に仕上がってるなと思いました。ストーリーも面白く、清水富美加さんの声も上手で感心しました。

観る前はそんなに面白そうじゃないなと思っておりましたが、観た瞬間、いやオープニングの時点で泣いていました。←ちょっと盛りすぎました。
ですが、それくらいハマってしまう作品なので、多くの方に観て欲しいです。

リアリティの追求と、ファンタジーの融合がとても高いレベルで実現していると感じました。スタジオカラーの作品ですが、エヴァと比べて全体的に優しいタッチになってる印象で、何回観ても飽きない作品です。

タイトルからは想像できませんでした。この壮大な世界観と設定に。直ぐに引き込まれてしまい、主人公の美しくも儚い生き方が胸に残り続けます。

今までに見たことのない世界観や設定、クオリティの高さが素晴らしく、物語も含めすべて高評価ですね。

本作が最初にして最後になってしまう可能性が高いのが、非常に残念な清水富美加さんの声優初挑戦。清水さん含め、声優陣も非常に良かったとの声が多くありました。

あらすじ

物語の舞台は龍が棲んでいる“龍の国”。古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるといいます。そして、龍を虫歯菌から守る使命を担っているのが、新米歯医者・岸井野ノ子です。

隣国との戦争が激化する中で、野ノ子は龍の上で気絶している少年・ベルを見つけました。なんと、彼は野ノ子と敵対する敵国の少年兵でした。

そして彼は、大きな災いの前に龍が起こす不思議な現象『黄泉がえり』によって現れた少年だったのです。ベルは自分の置かれた状況を知って戸惑います。野ノ子はそんな彼を励まし、二人はやがて自らの運命を受け入れていくことになりますが、その先に待つものとは…。

見どころ

果敢に挑戦した作品

制作の中心は皆様ご存じの『スタジオカラー』ヱヴァンゲリヲンシリーズでお馴染みですね。本作を見終わった感想として、ジブリの様な感じもあり、シン・ゴジラで味わった特撮映画の感覚や、エヴァのような謎めいたストーリーもありと、本当に胸がいっぱいになる素晴らしい作品でした!

従来のどのジャンルにも属さず、ワンカットごと入魂し凄く丁寧に作られています。本作のような作品ががなければ、日本のアニメ界は衰退していくと思います。こういった挑戦に溢れた作品を今後も期待していきたいです。

将来、アニメ界の名作と呼ばれると自信を持ってオススメする一作です。

名曲のカバー

小沢健二さんの名曲『ぼくらが旅に出る理由』のカバー曲が主題歌として起用されました。歌っているのは、15人の少女から成るコーラスグループ『Mistera Feo』のメンバー・RINKUさんです。透明感のある綺麗な歌声で、何度聞いても飽きません。

本作のような異世界の物語に、東京タワーや空港などの単語が出てくる歌詞とのミスマッチが逆に良く、選曲をした庵野秀明さんのセンスに脱帽です。

原曲を歌っている小沢健二さんは、日本のトップシンガーソングライターです。数々の名曲を世に送り出してきた方ですが、今の若い子たちは知らない方も多くいるかと思います。なので、このような形で名曲が語り継がれていくことを嬉しくも思います。

スタッフ

監督:鶴巻 和哉
原作:舞城 王太郎
脚本:舞城 王太郎 / 榎戸 洋司
キャラクターデザイン:井関 修一
アニメーション制作:スタジオカラー
主題歌:RINKU(Mistera Feo)「ぼくらが旅に出る理由」
挿入歌:DAOKO「かくれんぼ」

キャスト

岸井野ノ子:清水富美加
若干15歳にして龍に選ばれ、自分の仕事や使命を理解し、龍の歯医者となった少女。

ベルナール・オクタビアス:岡本信彦
龍の歯の上で気絶していた少年・通称ベル。野ノ子が住む国とは敵にあたる国の子。

悟堂ヨ世夫:山寺宏一
野ノ子を直接指導する歯医者たちのリーダー。

夏目柴名:林原めぐみ
悟堂ヨ世夫に次ぐ腕を持つベテラン歯医者。

有栖川カンネ:名塚佳織
龍の歯医者の少女。クールな佇まいをしている。

佐藤修三:徳本恭敏
野ノ子の先輩にあたる歯医者。胸には虫歯菌に効く猛毒の入った小瓶をぶら下げている。

家村宗達:高木渉
龍の歯医者の老人。

サルバトール・ブランコ:松尾スズキ
ベルが所属していたセルペナーダ軍の傭兵部隊隊長を務めている。

小澤:櫻井孝宏
龍の艦橋警備を担当する国軍の将校。

ギレリ:津田健次郎
ブランコの部下。

『龍の歯医者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

龍の歯医者(アニメ)の感想

20代女性
20代女性

舞城王太郎が好きで、この人の小説は大体読んできました。毎回刺激的な作品が多いのが特徴で、文学小説なんてつまんないなって思っている人に読んでもらい「なんだこれ!?」と言ってもらうのに快感を覚えて、色んな人にオススメしてきました。でも、貴重な時間を小説を読むことに費やしてくれる人が少なくなっているのも事実です。よく分からない小説はいいから、面白いアニメでも教えてよ、とは言われます。それなら、私は「龍の歯医者」を観ることをオススメします。何故ならこれは、原案が舞城王太郎だからです。このアニメをきっかけに舞城王太郎に興味を持ってくれる人が増えることを期待しています。この作品のテーマは、死んでしまった人に対して、残された人はどういう感情を大切にして生きていくかということではないかと思います。また、人間皆いつか死ぬけれど、じゃあどういう風にその瞬間を迎えるんだろうということも考えさせられます。私達は、生きている限りは残された人の悲しみしか分かりません。亡くなった人の悲しみは想像することしか出来ません。この作品は亡くなった人の思いをたくさん想像して生まれたように思います。それは絶望的なようにも思えるけれど、想像するということは繋がるということで、希望に満ちあふれた行為でもある気がします。この作品を見ていて、私は不思議とお盆を思い出しました。お盆の始まる日には、ご先祖がこの世で迷わず家へたどり着けるように迎え火を焚きます。お盆が終わるときには、ご先祖様の霊を再びあの世に送るために送り火を焚きます。やはり死者への想像力は、死者を思うことで繋がりたいという「思いやり」なんだろうと思います。この作品を見ると、ふとお墓参りに行きたくなるような、故人に思いをはせたくなるようなそんな静かで優しい気持ちにさせてくれます。

30代女性
30代女性

このアニメの魅力は2点です。まず一つ目は、NHKならではの圧倒的気合いが入っている作画力です。龍や虫達はたまた人間達の戦闘描写はCGをフルに使っているんでしょうが、映画でも見ているような迫力があります。人間が龍の歯を治療するという設定なので、龍の歯1本1本が人間の倍以上あるので、もはや治療という名の戦闘です。故に迫力あるアクションシーンであり、そのアニメーションは地上波では滅多に見られないような細かく、何枚描いて表現されているのか想像も付かないほどのヌルヌルとよく動きます。そして2つ目の魅力はその壮大な世界観と設定です。しかしこの世界観が魅力は魅力なのですが、賛否両論が分かれそうな危うい諸刃の魅力です。というのも、このアニメが前編・後編とたった2回で話が終わってしまっているのです。壮大な世界観に対しての風呂敷を包むのが収まらず、半分ぐらい気になる部分は謎のまま終わってしまっているのです。しかし、その全てが解明されていない部分も含めて世界観がこのアニメの魅力と言えます。主人公・野ノ子の夢で見た少年や、サブキャラ達の過去や心情、ベルの存在など、複雑に細かくコチラの想像力を刺激され、あれはどういう意味なんだろうかとか、これからどうなるんだろうかと考察しがいがあります。考察や解釈が好きだという人は考えしがいのあるアニメですので、そういうことが好きだという人には是非オススメです。

20代男性
20代男性

このアニメは龍の歯医者という題名ですが名前の通り主人公は龍の歯を守る歯医者でその子を中心としたお話となっています。内容はネタバレになるのであまり触れられませんが、アニメ中の音、音楽、空気感がとても良くつい集中して見てしまいました。躍動感もすごいです、ついついいい緊張感を持ちながら鑑賞してしまうようなとても作り手の本気度合いが伝わってきました。声優陣も注目で色々ありましたが今は懐かしい清水富美加さん、岡本信彦さん、山寺宏一さんなどが出演しており、皆さんキャラにとてもハマった演技をされていてその点も僕はとてもこのアニメの好きなところです。個人的に山寺宏一さんの低い声が大好きなので聞いた時とても気に入ってしましました。前編、後編と分かれており長さも短くなく、長くもなくというちょうどいい長さで描かれており一気見してもいいでしょうし、前編、後編と分けて見てもいいでしょうし個人個人で好きな長さで見れるのがまたいいのではないのでしょうか。内容に触れない様に書いたので中身のないレビューになりましたが、とても内容も面白く僕の中ではかなり記憶に残るアニメになりました!雰囲気が雰囲気なので人によって意見はとても割れると思いますがぜひ見てみてください。

 

20代女性
20代女性

エヴァンゲリヲン以外の「スタジオカラー」作のアニメを始めてみたのが、この作品でした。「龍の歯医者」というタイトルから、最初はほのぼのした、お医者さん系のアニメかと思っていのですが、実際はアジア的な雰囲気の、バトルファンタジーアニメでした。さすが「スタジオカラー」とあって、絵がめちゃくちゃ綺麗で、よく動きます。しかも、意味深な描写や、セリフに富んでいて、目だけでなく、耳も楽しい。キャラクターデザインが愛らしい一方、ストーリーや世界観にどこか悲壮感がただよっているのも、とても好きな雰囲気でした。設定が入り組んでいたり、少々理解が難しいところがあるかもしれませんが、その分、見応えはばっちりです。出てくる敵は、CGで作られた奇怪ながらも美しい見た目のデザインで、このデザインも、アニメの中の独特な世界観にほどよく溶け込んでいました。まずは、難しいことは考えず、みたまま、聴いたままを楽しんで欲しい作品です。そのあとで、ストーリーや設定、世界観を考察すると、より楽しめると思います。もちろん、アクションやストーリー展開を純粋に楽しむこともできます。見る人によって、自由な楽しみ方ができる作品だと思います。

40代女性
40代女性

龍も人みたいに歯の治療が必要という設定で、龍の歯医者さんが主役のアニメです。戦艦が登場して敵艦隊を襲撃しようとして逆に襲われ次々と船が沈んでいくのは戦争だからといっても嫌なものですね。所変わって日本ぽい建物に少女が寝起きしていて龍のものと思われる歯の前に立ったのは壮観でした。歯から現れた少年は黄泉帰りでもう死んでいるとか不思議だね、良くない事が起こる前兆らしいけどせっかく助けたんだから仲良くして欲しいな。生きている龍の上に艦隊があり、歯の中で暮らしているのかな。泣きながらおにぎり食べてるのは緊張が解けたのかな、歯医者の仕事もする事になって良かったよ。虫歯菌の種類が豊富で面白い、大きくて元気の良いのもいて特殊な武器で倒しちゃうのも面白いです。歯石虫もいて死んでしまった人の声が聞こえるなんて不思議ですね、遺品も落ちてるなんて不思議だな。ベルも担当する歯が決まって慣れてきたと思ったら、大物が出てきてヤバイね。人も食べるし、歯の中を自由に行き来できるってモンターだな、皆で取り押さえようとするけど手強くてハラハラします。修三が二人に見える不思議な現象が起きたけど、食べられちゃって持っていた赤い石で虫を弱らせてくれたおかげで退治することが出来ました、修三は虫たちによって歯の中へと連れ帰ってもらうって神秘的ですね。野ノ子は旅籠で働いていたけど龍の試験を受けて歯医者になったんだね、兵隊に殺された運命を受け入れて合格したって、他の受験者は歯になったって凄いな。柴名が龍の運命に縛られたくないと自分の歯に虫を飼っていたなんて気持ち悪いな、自分自信も虫歯菌になってしまってビックリです。治療中の歯を攻撃して抜いちゃって逃げたけどどうなっちゃうの、地上では龍の歯を狙っている奴がいるしドキドキです。龍の歯は地上に落ちると歯はボロボロになって核みたいなのが出てきて龍の方向を示してるとか良く出来てるな。敵に襲われたり味方に助けてもらったりと慌ただしい、ベルが死んだ時の事も分かって人間が一番残酷だなって思いました。ベルは歯医者になれないと残りますが襲ってきた奴らが龍の歯を狙ってきて歯も飛行機も奪われてしまいます。野ノ子とベルは飛行機に乗り移りますが落ちそうで怖い、取り返したと思ったら柴名に捕まって残念です。柴名は死んだ竹本に会いたくて事件を起こしたらしい、歯の中に入っていったけど龍まで地上に落ちちゃって大変だ。龍の歯から飛び出た虫歯菌は兵士達を殺意を持った人殺して酷い惨劇で凄いわ。それを利用してブランコを殺しちゃうってベルは勇気だしたね、野ノ子は歯を龍に戻して虫歯菌も粉々になって良かった。龍の歯は元に戻って日常を取り戻したけどベルは居なくなっちゃって寂しさが残りました。まだまだ続きが見たいと思わせるぐらい感動したし面白かったです。

30代男性
30代男性

ボーイ・ミーツ・ガールと言えば、よくあるアニメの王道ストーリーですが、この作品に関しては逆でガール・ミーツ・ボーイから物語が始まりましたね。国を守る龍の存在、そしてその龍の歯を虫歯から守る龍の歯医者という設定も斬新で面白かったです。ファンタジーとしてもスケール感がありますし、洋風とも和風ともつかない独特の設定もユニークです。こういったファンタジー作品は多くの場合、設定によって面白さが左右されると思うのですが、『龍の歯医者』はまさに設定でまず見る者を惹きつける作品の1つだと思います。そして主人公の少女岸井野ノ子がとても躍動感のあるキャラクターで、ただ元気いっぱいなだけでなく、自分たちの龍の歯医者という仕事自体にも疑問を持つ考察力の持ち主です。龍の歯医者に隠された衝撃の秘密や、死というものを恐れずに自分の運命を受け入れることができるのかどうかといった、なかなか考えさせられる展開が多く、大人でも十分に視聴に耐え得るアニメ作品に仕上がっています。あと、キャラクターデザインと作画も良かったですね。キャラクターデザインはこれといった欠点もなく、また作画が良いためか、登場キャラクターたちが流れるように動いてくれます。総じてクオリティの高いアニメと言えるでしょう。

 

50代女性
50代女性

空を飛ぶ大きな龍と、その中に住む「龍の歯医者」という設定は、これまでにない発想で度肝を抜かれました。重量感のある龍が、空を飛んでいるシーンやバトルのシーンは、見ごたえがあったし、本当に美しかったです。また、龍の歯が人の死とかかわっていたり、戦争の残酷さを描いた部分など、重いテーマもあり、色々と考えさせられる骨太の物語でもありました。人の心の醜い部分と、それが戦いにつながっていくことをきちんと描いている点は素晴らしいと思いました。でも、何よりも登場人物のキャラクターが魅力的でした。龍の歯医者の一員、野ノ子が元気いっぱいで、過酷な過去がありながらも明るさを失わない姿。初めて後輩ができたことがうれしくて飛び跳ねるように動く姿。野ノ子の後輩になったベルの葛藤と、だんだんと打ち解けていく姿。周囲にいる他の龍の歯医者の先輩たちも、それぞれにドラマがあって、魅力的でした。龍の歯に巣くう虫たちの造形も、ぶきみでありながらちょっとかわいいところもあり、これまでにない造形と物語に夢中になってしまいました。主題歌の「ぼくらが旅に出る理由」も、作曲した小沢健二ではなく女性ののびのびとした声で歌われていたことで、魅力を増していたように思います。

 

まとめ

『龍の歯医者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました