るろうに剣心2(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』本予告編

るろうに剣心2(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『るろうに剣心 京都大火編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『るろうに剣心 京都大火編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

るろうに剣心2(実写映画)の内容

『るろうに剣心』は1994年から1999年にかけて週刊少年ジャンプにて連載された和月伸宏さんによる日本の漫画を実写化した作品となっており、本作は原作における『京都編』のストーリーが基となっております。

京都編は原作でも人気の高いストーリーで、敵の要である藤原竜也さん演じる志々雄 真実(ししお まこと)との死闘を描いており、2014年8月に前編として【京都大火編(第2作)】が公開され、続編となる【伝説の最期編(第3作)】は2014年9月に公開されました。

前作の映画『るろうに剣心』では、最終興行収入は30.1億円。日本公開と同時に世界64か国2地域で配給・上映決定され、日本以外でのアジア全土最終興行収入が日本映画初の1億円(日本円換算)を超えるなど、大ヒット作品となりましたが、本作はそれを超える52.2億円の興行収入を記録しました。
公開前のプロモーション活動として、2014年4月1日のエイプリルフール限定でポスターの佐藤健さん演じる主人公の緋村剣心(ひむらけんしん)がくまモンに入れ替わり話題をさらに集めました。

また、主演の佐藤健さんと信仰の深い日本ロックバンド『ONE OK ROCK(ワンオクロック)』が前作同様に、主題歌を務めております。

大好きな志々雄さんの実写化を1つに納めず、前後編にしてくれたのでボリューム満点。見ごたえ抜群。最高です!

神木君演じる瀬田宗次郎が大久保利通を殺害するシーンが原作通りすぎて鳥肌。かっこ良すぎてファンになりました。

前作の成功で美術面、セットはもちろん、キャスティングもすごいことに!神木隆之介さん、伊勢谷友介さん、藤原竜也さん、福山雅治さん。実力派俳優さんばかりの豪華さ。
江口洋介さんの続投も嬉しかったです。

続きの3作目が気になる終わり方で、話が綺麗にまとまっていて良かったです。

なんと言ってもキャスティングがすごい映画ですね。前作のキャストはそのままに、他にも土屋太鳳さんや滝藤賢一さんなども出演しております。
※明神弥彦は前作とは違い大八木凱斗さんが演じております。

アクションシーンは前作超えとの評価多数です。

あらすじ

「人斬り抜刀斎」も過去の人物として扱われる平穏な時代の中、剣心と比類する剣術を持つ「影の人斬り」であった志々雄が政府への復讐を目論んでいました。
志々雄は直属の部下である十本刀の一人、瀬田宗次郎を使い政府の役人である大久保利通を殺害。大久保と親交のあった剣心は、自らの過去の過ちと照らし合わせ、志々雄がいる京都へ行くことを決意します。

剣心は京都へ向かう途中で操と名乗る少女と出会い同行します。旅の途中、志々雄一派が襲い廃墟となった村で、宗次郎と闘うことになった剣心。闘いの末、剣心の逆刃刀を折られてしまいました。
それでも旅は続け、ついに京都へ辿りついた剣心は、逆刃刀の生みの親である刀鍛冶の元へ向かい、新たな逆刃刀を手に入れました。

その頃、志々雄は京都の町を火の海にしようと進撃を始め次々と火を放ちました。京都へ向かう途中で同行した操の素性は旧幕府の隠密御庭番「京都探索方」の一党であり、京都を守るために奮闘する。また駆け付けた左之助、薫と弥彦も木刀を手に志々雄勢を迎撃します。市中の戦いは志々雄勢の勢いが弱まるが、剣心と斎藤は違和感を覚えます。そもそも京都大火の現場に志々雄や十本刀さえ見当たらないのです。
二人は京都大火はただの第一段階に過ぎず、志々雄が歴史をなぞろうとしているのなら東京が本当の攻撃目標だと気づきます。

一方、戦い続ける薫の前に宗次郎が現れ、隙を突いて拉致しました。それを目撃した剣心は宗次郎を追い、その先に巨大な甲鉄船を発見。この巨船こそ志々雄一派が身を隠していた軍艦「煉獄」でした。剣心はすぐに船に乗り込むが、薫が人質とされており身動きが取れなくなる。剣心は志々雄と剣を交えていると、十本刀の一人で佐渡島方治が薫を海原へ蹴り込む。剣心は咄嗟に志々雄の刀をかいくぐり薫を追うように嵐の海原へ飛び込む。

海原に飛び込み、気を失って砂浜に打ち上げられていた剣心は謎の男に救出されるのであった。

見どころ

前作以上のアクション

京都へ向かう途中や、本作クラマックスの志々雄との激闘での剣心のアクションシーンはもちろんだが、なんと言っても御庭番衆の翁(おきな)を演じた田中泯さんと、元御庭番衆の頭首である四乃森蒼紫(しのもりあおし)を演じた伊勢谷友介とのアクションシーンは凄く渋い!

テンポの良いストーリ展開

アクションも映像も音楽も全体的にグレードアップされ、ストーリーの流れも早く全く飽きることなく見終わります。

スタッフ

原作:和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
監督:大友啓史
脚本:藤井清美、大友啓史
アクション監督:谷垣健治

キャスト

緋村剣心:佐藤健
「不殺(ころさず)」の信念のもと、人々のため逆刃刀を振るう心優しき流浪人。古流 剣術「飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)」の使い手で、最強の剣客でもある。

神谷薫:武井咲
人を活かす剣「活人剣」を目指す、神谷活心流道場の師範代。

斎藤一:江口洋介
元・新撰組三番隊長。現在は「藤田五郎」と名を変え警部補の役職に就き、政府直属の密偵として暗躍する。

四乃森蒼紫:伊勢谷友介
元・将軍直属の隠密「江戸城御庭番衆」最後の頭。人斬り抜刀斎=剣心と出会い、彼に勝つ事で御庭番衆の「最強」を証明しようとする。

巻町操:土屋太鳳
隠密御庭番衆・先代御頭の孫娘。

志々雄真実:藤原竜也
幕府の要人を暗殺をしていたが、政府の暗部を知り過ぎたため、政府から暗殺の的に。だが、全身を炎に焼かれながらも生き残り、復讐のため政府打倒に執念を燃やす。

瀬田宗次郎:神木隆之介
幼少の頃、志々雄に出会ってから絶対的な忠誠を誓う。剣士としての腕前は、剣心と互角以上。

 

『るろうに剣心 京都大火編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

るろうに剣心2(実写映画)の感想

30代男性
30代男性

「ねえねえ、コレ観る?」「まさか、冗談でしょ?」前作『るろうに剣心』公開時に、109シネマズの入り口でJK二人がそう言って笑っていた。彼女たちほど冷笑的ではないにせよ、正直誰も大きくは期待していなかったのではないか。ところがどっこい、蓋を開けてみれば実写版「るろ剣」は面白いのなんの!素早い殺陣で世間をあっと言わせた前作から二年、原作でも最も人気の高い『京都大火編』~『志々雄真編』をいわゆる前後編での映画化である。前作に負けず劣らず、いや、全編パワーアップして帰って来たと言っていいだろう。正直、時代劇と言い切ってしまうには、全てに於いて軽妙過ぎるきらいがあるが、面白ければ問題ない!特にアクションの素晴らしさは邦画随一と言っていい。この興奮の立役者は誰であろう、アクション監督の谷垣健治氏!前作に引き続き作品の肝とも言うべき素早い殺陣、激しい体術の攻防の全てを演出した。いやはや素晴らしい仕事である。珠玉のアクションは見る者の手や脇から汗を吹き出させ、鼓動を早める。見てる側はイイけど役者陣は大変だったろうな。とりわけ剣心役の佐藤健の刀捌きはより磨きがかかっていた。とにかく速い速い!電光石火とはこのことだと言わんばかり。個人的なベストバウトは神木隆之介演じる瀬戸宗次郎との激闘。ずっと見てたいくらいに興奮した。

30代男性
30代男性

映画「るろうに剣心京都大火編」は、2012年に公開された、佐藤健さんが主演を務めた映画化の第2作目です。全身包帯姿との志々雄真実が登場します。国を亡ぼす為に、人を斬りまくり、警察の討伐隊もやられ、政府は佐藤健さん演じる剣心に闘う事を依頼するが、武井咲さん演じる薫は、人斬りに戻ってしまうのを恐れて反対しますが、剣心は戦う事を決心します。藤原竜也さんが志々雄真実役を演じて、とても不気味な役を上手く演じていました。京都の町を焼き尽くそうと、志々雄真実が計画を決行し、剣心と決闘する姿は迫力があり、とても面白かったです。神木隆之介さん演じる宗次朗と剣心の決闘も面白く、この映画の魅力の一つでもあるアクションシーンを多く見る事ができとても面白かったです。剣心が、昔の人斬りに戻ってしまう事を恐れて、剣を抜けない葛藤を佐藤健さんが演じていて、改めて高い演技力をもっている役者さんだなと思いました。薫が、剣心の事を心配で、京都に来て志々雄真実に拉致されてしまう事で、剣心も動かされるところや、志々雄真実が剣心に言った俺が興味があるのは、あんたの中に脈々と流れる人斬りの血だ、どっちが最強の人斬りか、決着つけようじゃないかと言ったシーンは印象に残っています。

40代男性
40代男性

映画版「るろうに剣心 京都大火編」は、漫画原作において人気が高いエピソードが実写映像化された作品です。映画版シリーズの中でも、この京都大火編はかなりの強敵である志々雄や瀬田宗次郎らが出てくるお話で、ストーリー・演出共に面白かったです。剣劇シーンがスピード感溢れるものに仕上がっていて、通常の時代劇とは異なり、漫画原作ならではの派手なアクションが良く出来ているなと思いました。原作で見た各キャラクターの必殺技も実写として上手く表現されていますので、実写化にありがちなチープな作りにはなっていないところが見事です。剣心と志々雄という2人の元人斬りたちを中心に京都を舞台に、激しく両陣営がぶつかり合いますが、登場人物たちの生き様も実写映画版では細かく表現されていますので、ただの時代劇アクション映画としてではなく、ドラマ性を楽しめる作品に仕上がっていると思います。しかし、この映画の見せ場は、やはり、格好良い剣劇アクションシーンです。このシーンは観ていて、気持ちが良いほど良く出来ています。漫画原作ファンだけでなく、原作を知らない人でもアクションシーンには惹き込まれると思いますので、アクションシーンを中心に観ていくのがおすすめです。

20代男性
20代男性

この映画において最も良かったと感じたのは、主演の佐藤健の演技力である。漫画実写映画でありがちな、ファンタジーを上手くキャラクターに落とし込めないという問題点も、主演の佐藤健は上手く生きたキャラクターに落とし込んでいるように思えた。声色口調動作など些細な物事ではあるがその一つ一つが主人公の剣心そのもののようで、見ているこちら側を上手く作品へと誘導してくれた。見所である藤原竜也との戦闘シーンでは、実写映画においてもかなりのクオリティといって差し支えない迫力ある演技となっている。剣心の難しい心情をどう描くのか、個人的に楽しみにしていたのだが、こちらは評価としてイマイチといわざるをえない。剣心と似た境遇にあった敵キャラクターは、もしかすると剣心が追っていたかもしれないイフの世界線であり、ただの他人と定義することは本来難しいものであるのだが、本作品は剣心の敵キャラクターに対する理念や考えが上手く伝わらなかったように思えた。せっかく佐藤健という優秀な俳優が主人公を務めているのだから、シンプルな描写にしてでもそこら辺の考えを提示すべきだったのではないだろうか。しかしながら、全体的に本作品は傑作であったと胸を張って断言することができる。まだ観ていない人は観て後悔しない作品となっています。

30代女性
30代女性

私は原作の漫画も、アニメの方も親しんでいた時代がありましたので、とても懐かしい気持ちで見させて頂きました。正直始めは、この作品が『実写』で映画化というニュースを聞いた時、失敗しないか心配していました。漫画の実写映画化は私の主観ですが、成功している例が少ないので、当時は怖いもの見たさで映画館に足を運んだ記憶があります。しかし、蓋を開けてみたら良い意味で遥かに予想を裏切る出来の映画で感動しました。剣心役の佐藤君の圧倒的な殺陣の演技、闘志の瞳、そして仲間に対する思いやりの眼差し、全てがパシッとピースにハマったような楽しい感覚にさせて頂きました。もちろん、薫役、左之助役、恵役など剣心の温かい仲間もイメージピッタリで本当に言うことがありませんでした。そして、敵ながら最高に興奮したのは志々雄役の藤原君の演技です。この世の全ての地獄を見ながら生き永らえてきたような苛烈な剣士の生き様は善悪はさておき、目が惹きつけられました。原作をご存じの方はもちろん、今回初めてるろうに剣心という作品に触れる方にも強くおすすめ出来る作品です。ストーリー展開のスマートさ、しかし重厚な見せ場はきちんと魅せてくれるメリハリの良さが良いです。そして映画の熱気を後押ししてくれる主題歌等様々な要素が重なって出来上がっている素敵な作品だと思います。

 

40代男性
40代男性

2014年の公演の映画で、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画が実写化された映画です。この映画は、幕末からしばらくした明治時代が舞台になっています。時代も変わりゆく中に、主人公の剣心も含めまだ変わることができない人たちが自分の居場所を求めて彷徨っている印象があります。この映画のキャストもとても豪華で、主人公の剣心は佐藤健さん、斎藤一は江口洋介さん、宿敵の志士尾真実に藤原竜也さんなどものすごく豪華なかおぶれです。個人的には斎藤一がかなりハマっていたと思います。また、佐藤健さんはスタンドアクションや、剣術などすべて自分でこなしていたということですが、動きはまさに剣心という感じでとても迫力がありました。映画の物語は、原作をなぞった形で抑えられています。なので、原作の漫画を読んでいるとなんとなく次の話が分かる感じです。個人的には十本刀がもう少し活躍して欲しいと思いました。唯一活躍していたのが瀬田宗二郎扮する神木隆之介さんでしたが、実在したらこんな感じなんだと納得してしまいます。見所は、やはり最後の志士尾真実と緋村剣心が戦うシーンです。藤原竜也さんの迫真の演技が本当にカッコ良かったです。この映画はとにかく必見です。

20代女性
20代女性

壮絶な戦いでした。アニメの実写化の中でもかなり、レベルが高いと思いました。映画館では二回見たんですが、二回とも食い入るように見たのを覚えております。すごくインパクトに残ったのは最初の方の斎藤一を演じる江口洋介の咥えタバコ。まずかっこよすぎて、なんかドキドキしてしまいました。剣をかまえて、志々雄に向かう姿、素敵過ぎました。ワンオクロックの主題歌もすごく映画にあっていてとても良かったです。戦いって感じが曲に現れている気がしました。志々雄を演じる藤原竜也さんの演技、とても印象的でした。志々雄って、悪のカリスマ的なイメージあって、包帯ぐるぐる巻きで恐ろしい男ってイメージがもともとあって今回の映画では、志々雄がなぜあんなに恐ろしくなって幕府を恨むのかとても明快で、同情までしてしまいました。しかし、焼かれても、生きてる姿はなかなか怖かったです。薫の剣心を思って京都に行かないでというシーン。切なかったです。剣心役の佐藤健さんも、戦うと時の険しい表情の剣心と、薫たちと話す時の優しい表情の剣心の演技がとても素晴らしいなと思いました。薫が志々雄にとらえられてしまうシーンで終わったので続きが気になって大変でした。

 

40代男性
40代男性

前作が大ヒットした人気漫画が原作の実写化映画ですが、剣心と志々雄との戦いがメインの京都が舞台の作品でした。何と言ってもこの作品の見どころと言えば、佐藤健と藤原竜也の演技が半端なく上手くアクションシーンの殺陣シーンの緊迫感がこちらにバンバン伝わってくるので片時も目が離せませんでした。息も切らさずにド迫力のアクションシーンを演じるのを見て改めてこの2人は凄いなと感じました。原作からこの作品好きなので、実写化されると知った時はどんな作品になるかと思っていましたが期待を裏切られて流石だと思いました。漫画が原作の作品の中では、1番の作品だと思いました。出演している俳優陣も、剣心役の佐藤健はこの役が代表作と言っても良いほどハマり約だと思います。普段の少しコメディーなシーンとアクションの殺伐としたシーンの演技の切り替えが凄いなと感じました。敵役である志々雄を演じた藤原竜也は、まさに怪演と呼ばれる演技は見ていて引き込まれました。蒼紫役の伊勢谷友介が、原作そのままであったので相当な役作りされたのだなと言うのが伝わりました。江口洋介が演じた斎藤も前作から引き続きハマり役でした。次回作が近日公開予定であると聞いたので早く続編が見たいと思いました。

 

10代男性
10代男性

るろうに剣心 京都大火編は伝説の最期編に続くための前半の内容でした。志々雄が残虐で武力で日本を制圧しようとする危険なやつなのだとわかりました。小さい村の住人を殺し、木に吊り下げていたのは卑劣な行為で剣心に何としてでも志々雄を倒してほしいと思いました。四乃森蒼紫というお庭番衆出身の剣士が出てくるのですが、伊勢谷友介が演じていてほんとうにかっこいいです。剣心を探していて、恨みを持っているようなので次回作では戦闘シーンが見れると思うと楽しみです。志々雄によって薫が人質にされ剣心が助けに行き、海に飛び込んでしまい助かったのかどうかわからない終わり方で続きが気になりました。ここで終わるのかという感じでした。京都大火編では、志々雄と剣心の戦いはお預けですが、宗次郎との戦闘シーンはワイヤーアクションがド派手で、俳優たち本人が実際にたてをやっているので驚きましたし、かっこいいです。宗次郎は可愛らしさを持つ美少年で神木隆之介が演じていて正解でした。これ以上マッチする役者はいまいと思いました。街全体が火事になり、舞台にもお金を相当かけているのがわかり、豪華でした。十本刀も出てきて、原作どおりになっていてよかったです。

20代女性
20代女性

前作からさらにスケールアップしたダイナミックなアクション、出演している俳優陣が豪華なこと、飽きさせないストーリー展開など映画の持てる全てをつぎ込んだような作品に仕上がっています。特に主演の佐藤健の激しいアクションからは目を離せないほど、動きがしなやかでキレがありつつ、時折見せる影のある演技や繊細さはもうファンにはたまらないものになっています。特に見どころは随所で見られる剣心の戦いのシーンです。時代劇にあんまり興味がないという女子でも見入ってしまうような、現代のアクロバティックな要素も取り入れた動きや、カメラワーク、退屈させないスピード感、リアリティー、それでもあまりグロテスクさは出しすぎない、そのバランスが完璧に取れているところが多くのファンを虜にする理由の一つだと思います。脇を固める出演陣の演技の高さも魅力の一つです。土屋太鳳や神木隆之介など若手実力派俳優たちの演技はファンでなくてもこの作品をきっかけに好きになること間違いなしです。ただ戦って勝てばいい。というわけではなく、実はそれぞれが過去に深い傷を負っているという人間味のある設定も、感動をよぶポイントになっています。アクションあり、感動ありの作品です。

 

まとめ

『るろうに剣心 京都大火編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました