レッドクリフ2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アジア映画
レッドクリフ Part2(予告編5分)

レッドクリフ2の動画フルを安全に見る方法

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『レッドクリフⅡ-未来への最終決戦-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

レッドクリフ2の内容

映画『レッドクリフⅡ-未来への最終決戦-』は、2009年1月8日に中国で、日本では2009年4月10日に公開されました。この映画は前年に公開され大ヒットとなった『レッドクリフⅠ』の続編として、前作とほとんど変らないキャスティングの映画となりました。

前作でも好評だった撮影スケールやアクションシーンなどは『ミッションインポッシブル』を手がけたことのあるジョン・ウー監督の流石としか言えない大迫力のままで、見る人たちの心を大きく動かしました。

『レッドクリフⅡ-未来編最終決戦-』は前回から引き続き『三国志』の曹操軍と劉備・孫権の連合軍が戦う赤壁の戦いを描いたもので、戦いのクライマックスに向けて、ジョン・ウー監督の手がけるアクションシーンに豪華俳優、女優陣が役にキャストされたことで、『三国志』の英雄たちが本当にかっこよく描かれています。

今作は火攻めや仲間の残酷な死などが描かれていた、前作に比べると戦争の残酷さや非情さが描かれている描写が目立ちました。

その一方で戦いが激しさを増すため主人公の周瑜、諸葛亮孔明などの魅力的なシーンや、他の英雄たちの戦闘シーンなどは、前作よりも見所が多いと思います!

英語で読みにくい方もいると思いますが、このスケールの撮影は日本ではなかなかできないと思います。中国ならではのスケールですね。

圧倒的スケールの撮影には終始感動した!

赤壁の戦いの本線に突入したこともあって、

戦闘シーンはもちろん圧倒されたけど、小喬の決死の決断とか、

どういう結末になるのか終始ドキドキだった!!

火刑のシーンは迫力あった!曹操を追い詰めるところも面白い!

映画ってこともあるのか戦争中に?みたいな違和感を覚えるシーンは

あったけど、迫力の場面が多すぎて気になりませんでした!

中国がなんで今みたいにマナー悪いみたいに思われてしまうんだろう?

こんなにすごい歴史があるのに、、

今回この映画見て、今まで三国志に興味なかったけど、好きなほとが多い理由がわかりました。

三国志の英雄たち一人一人にしっかり欠点が見えたのが

逆に魅力的に感じた!

前作同様、圧倒的な撮影スケールとアクションシーンが良かったとの声が多かったです。また戦争が本科キュかしてきたこともあって、残酷なシーンや英雄たちのかっこよさだけでなく欠点などが垣間見れて良かったとの声も多かったです。

あらすじ

2000隻もの軍艦を持っている曹操が本戦に向けて劉備、孫権の元へ向かっていた。孫権の妹、尚香はスパイとして侵入していた。曹操軍の中で疫病が流行ったことを知った尚香は孔明たちにその事実を伝えるのだった。

残虐な曹操は、疫病で亡くなってしまった兵士たちを船に積み、劉備・孫権の連合軍の岸に送ったのだった。これを知った連合軍側は周瑜を始め憤るのだが、その光景を見た劉備は撤退を決意する。

圧倒的な劣勢の孔明の知略で戦える準備は整い、いよいよ戦いが始まる。

戦いが始まるにしても様々な条件が重ならないと勝てない連合軍側は、以前劣勢のままだった。

そこで小喬は自身が戦争のカギを握っているとわかっていたので、ある決断を下す。

戦争ならではの残酷さや虚しさがリアルに再現される中、一体どのような結末になるのか。

見どころ

圧倒的撮影規模

冒頭でも紹介しましたがなんちっても圧倒的な撮影規模ですね!一体いくらかかってるんだろうと思ってしまくほど大きなスケールでした。そんな中で俳優や女優が渾身の演技を見せてくれるため、アクションシーンはもちろん戦争中のリアルな描写がカッコイイのです!

戦争の残酷さ

目を覆ってしまいたくなるような残虐なシーンや、死体を戦争に有利になるように利用するシーンなど実際の戦争でも行われていたんだろうなと思えてしまうシーンなどが多くあり、気分がマイナスになってしまうとは思いますが戦争とはこんなに残酷で虚しいのかと考えさせられるいい機会だということで、見どころの一つとさせていただきました。

スタッフ

監督:ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー、チェン・ハン
音楽:岩代太郎

キャスト

周瑜:トニー・レオン
孫権軍の軍師。曹操の狙っている小喬の夫で公明とともに戦略を考える。熱意や正義は人一倍ある。

諸葛亮孔明:金城武
劉備軍の天才軍師。数々の戦略で戦況を覆してきた。劉備が撤退する中、公明は残り周瑜たちと戦うことを決意。

曹操:チャン・フォンイー
曹操軍の大将。武力で統治しようとしていて連合軍を武力で倒そうとする残虐な人物。小喬を妻にしようとしている。

孫権:チャン・チェン
孫権軍の大将。曹操の圧倒的力を前に劉備は撤退してしまうものの、孫権は戦うことを決意。

尚香:ヴィッキー・チャオ
孫権の妹。曹操軍のスパイとして情報収集している。

小喬:リン・チーリン
天下一の美女。周瑜の妻。曹操に狙われているが、それを利用して大きな決断をする。

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

レッドクリフ2の感想

40代男性
40代男性

赤壁の戦いの後編ともいえる今作では、周瑜の軍師としての活躍が随所に見られ、孫権・劉備の連合軍がどのように曹操軍に打ち勝つかが全体の見どころです。その中でも、周瑜と諸葛亮が互いに名高い軍師であるため、それぞれの知略を巡らせた戦術を競い合う展開は、計略のひとつひとつが面白く、双方の先読みする力を比べながら見るというのも楽しみのひとつです。とはいえ、今作では周瑜が主人公であるため、孫権軍はもともと水軍の強化に力を入れている故、水軍を有効に率いる周瑜はこの環境を利用した作戦を多数披露するのも、彼ならではの魅力が見事に表現されているように思いました。また、周瑜の周辺の人間関係などもクローズアップされるのも面白い伏線があって素晴らしいです。周瑜の妻・小喬や孫権の妹・尚香にも女性ならではの戦いがあり、この赤壁の戦いには線上にいる人たちだけでなく、彼らを見守る女性たちもまた、この戦争に巻き込まれるということも頭に入れて見ると、戦争の重さやシリアス感が伝わってきます。特に、周瑜の作戦の延長線上にある火攻めは、戦争の悲惨さをさらにアップさせ、この赤壁の戦いの重みが最大のものとなるくらいに印象が強く、周瑜の勝利への執念、諸葛亮へのライバル心など、彼の公私ともにした戦いそのもので見応えたっぷりの作品だと実感しました。

40代男性
40代男性

本作はフィルム・ノワールの傑作「男たちの挽歌」でおなじみジョン・ウー監督の描く三国志映画「レッドクリフ」の続編。前作同様に三国志ファンのツボを突く展開が連続ですのでニヤリとすること間違いありません。日本では人気の高い曹操ですが「レッドクリフ」ではPart1、Part2通して悪玉で好色ジジイという役割で描かれていますので曹操ファンの方はちょっと残念に感じるかも。それでもPart2の曹操は前作よりも中身のある人物としての描写がチョットだけあり、曹操ファンも少しは溜飲が下がるのではないでしょうか。対照的に周瑜と孔明は多くの方が抱くイメージそのままに格好良く描かれています。若干、孔明がおかしな感じに見えなくもありませんでしたが、本作クライマックスである赤壁の戦いの開始を告げる風を巻き起こす場面はちょっと鳥肌もの。そして忘れてならないのが日本人俳優でただ一人出演している中村獅童。物語上、メインキャラでないものの、男を描くのが大好きなジョン・ウー監督との相性がこれほどまでに良いとは、そう思わせる活躍を見せます。最後に周瑜に語らせたセリフといい、アクションシーンの随所で見受けられるスタイル、タッチといい、どこまでもジョン・ウー臭の強い作品ですので、好みの問題はあると思いますが、娯楽映画として良作といえるのではないでしょうか。

30代男性
30代男性

パート1に比べるとアクション性が抑えられ、軍略的な駆け引きや人間関係などに重きを置いたストーリーでした。圧倒的な軍事力を誇る曹操軍の前に浮足立つ劉備と孫権の連合軍や疫病の発生などあり、その中でも一旦、引いた劉備軍の関羽たちが戻ってきたおかげで劣勢だった状況を覆したストーリーが手に汗を握って面白かったです。また、三国志の中でも非常に高い人気を誇る周瑜と孔明が友好的に描かれていたのも興味深かったです。お互いにあまり牽制せずに曹操軍に立ち向かうことのみ考えていたのは男の友情という感じがしてよかったです。さらに好きなシーンが二つあり、一つは連合軍で不足した矢を孔明が揃えるエピソードです。船に藁を敷き詰めて曹操軍から放たれる矢を集めて連合軍の矢に転用する孔明の大胆不敵な策略が光っており、矢の嵐を受けながらのんびりとしている孔明が印象的でした。もう一つは曹操軍の水上軍が一気に壊滅的な打撃を受けるシーンです。船を連結させたことによって一気に爆破され、炎上する姿は圧巻で映像的に見ごたえがありました。そして、中村獅童や金城武といった日本人の俳優が出演し、日本でも人気の高いトニーレオンやリンチーリンが登場していたのもよかったです。特にリンチーリンは美しかったです。

 

20代男性
20代男性

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-を見た感想といたしましては、レッドクリフの2作目の作品であり、今回も同じ監督さんでキャストも変わっていたなかったのには安心感を覚えました。周瑜役や諸葛亮役も今回も健在で特に、日本の方が出演されているのには感動を覚えました。また、今回は、周瑜の妻が割と大きな活躍をするのですが、その周瑜の妻の健気に旦那さんをつくすという考え方は感動を覚えました。また、その役をやっているのがリンチーリンさんという綺麗な女優さんでその役とイメージがピッタリ合っていたのでそこも安心して見ることができました。また、そのほかのストーリーで感動したのは、蜀と呉の連合軍が曹操軍に追い詰められて、兵力で圧倒的に負けだと思われながらも見事に巻き返すという闘い方や戦略のうまさには感動を覚えました。諸葛亮と周瑜の頭の良さが遺憾なく発揮されているなという感じがして感動しました。また、今回も孫権がたまに頼りないのですが、君主として見事に決断を下しておりそのカッコ良さがすごくありました。また、今回も戦闘シーンは迫力があって、古代の中国の戦い方をうまく再現していて本当に見応えがバッチリありました。

 

40代男性
40代男性

レッドクリフは男達の団結力によってより強い敵を倒す様を描いています。諸葛孔明の策により曹操は船同士を鎖でつないで揺れないようにして船上での戦いに不利だとニセ軍師の意見を採用してしまいました。しかし、これは孔明の罠で呉と蜀の軍隊は火打攻めを計画していたのです。しかし、その時期は風が曹操から孔明の方向に吹いていました。今火攻めをしても燃えるのは諸葛孔明と周瑜の軍船です。そこで、諸葛孔明は天地に風の向きを変える神儀を行うと3日3晩塚を作って祈り続けます。しかし、風の向きはなかなか変わりません。そこで小喬はこっそり呉の基地を抜け出し一人曹操の元へ訪れるのです。戦を止めて欲しいと懇願するのですが、曹操は夫の負ける様を見ておれと拒否します。そこで彼女は茶を煎じて曹操と一緒に話をしながら軍備のことから気をそらせます。将軍たちが曹操に呉の船団が迫っていると言っても後にしろと気にしません。そしてとうとう風の向きが曹操側に吹いてきました。周瑜の船団が一斉に火をつけて曹操の元へ迫ってきました。曹操の軍船は鎖でつないである為に、逃げることが出来ません。火だるまになって突撃する周瑜の軍船に打つ手もなく曹操の80万人の軍隊は焼け死にあるいは岸に到着した周瑜の軍隊に弓矢でバタバタと倒れていきます。曹操は命からがら逃げ延びて、とうとう曹操だけになってしまいました。そこで待ち伏せしていた関羽に命乞いをします。というあらすじですが、やはり火責めによって圧倒的な数の軍隊がバタバタと倒れていくシーンが非常に迫力があります。同時に諸葛孔明と周瑜の冷静な判断と油断せずに構えていた蜀、呉の連合軍が曹操に打ち勝った所が痛快で面白いです。

50代男性
50代男性

三国志を語る上で、見逃せない赤壁の戦いの最終決戦の映画で、蜀の劉備軍と呉の孫権軍は、大軍の曹操軍を相手に戦いを挑みます。曹操軍の守りは堅く、軍事力も遥かに、劉備軍・孫権軍の連合軍でも劣勢です。しかしながら、こちらには周瑜・孔明という優れた武将がいます。曹操軍の兵力、配置、軍備体制を孫権の妹である孫尚香が見事なやり方で適地に一人で乗り込み調べてきます。男顔負けの度胸はすごいと感じました。劉備・孫権の連合軍は尚香が持ち帰った曹操軍備体制とこちらの軍備体制から、火攻めで攻撃を行なうこととします。但し、風向きは向かい風の為、単純に火責めを行なうと、自分たちの軍の方に火がやってくる形になる為、どの様に風向きを変えるのかが重要なカギとなってきます。この対策をやってのけたのが孔明で時間がかかってしまい、周りをまだかまだかとヒヤヒヤさせてしまうところがありましたが、成功し、勝ち戦につながっていくところは見事で、スケールの大きな戦いは見どころがあります。風向きが変わる為の時間稼ぎに、小喬は一人で適地に乗り込んでいきます。曹操は小喬のことが好きで、自分の女にしたいとおもっていますが、曹操の剣を抜いて、その剣を自分の首に剣をあて、ならば自害すると迫るシーンには小喬の夫 周瑜に対する愛と勇気が感じられます。戦いが終わり、周瑜と小喬が孔明との別れを見送るシーンは中国の漢詩に出てきそうな良いシーンです。

 

50代男性
50代男性

2008年に公開されたアメリカと中国、日本、台湾、韓国による合作映画です。この映画はアジア映画としては史上最高規模の100億円の制作費が投じられたことで、話題となった作品です。主人公が金城武さんにより演じられていることでも話題となりました。赤壁の戦いを映画化したパート2です。映画の中では、2000隻を超える軍艦などが、コンピューターグラフィックスや、たくさんのエキストラにより再現されていてとても見応えのある作品でした。映画の中では、天気予報に詳しい孔明が濃霧が出るのを予測するなど、かつての中国にも素晴らしい技術者がいることに感心されられました。また、1800年前の中国の様子が見事に再現されているところも素晴らしかったです。1800年前の中国にて、チフスが流行するなど、どこまで事実かが分からないような描写もあり、興味深く視聴できました。人が死ぬ悲しみなども、見事に描かれていて感情移入しながら見ることができました。最終的に街に平和が戻るというストーリーで、見た後の後味がよかった作品です。拳銃でドンパチする現代の戦争とは異なり、弓で戦うシーンは味わい深かったです。また、深みのある音楽も映画のムードを盛り上げていました。

30代男性
30代男性

映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」はレッドクリフパート1の続編となっていて、前作の話の途中からストーリー展開がされていくため、「赤壁の戦い」の後半から終盤部分が見れるようになっているので、必ずパート1は見ておいたほうがいいものとなっています。謎の疫病により、戦意を喪失し撤退してしまった劉備軍、それを猛追するために迫る曹操軍の武将や兵士が新たな作戦を企て徹底している劉備軍に接近しようとしていたが、ここである人物が現れ大きな展開を発生させていくことになってしまうため、見どころが多々あり、激しいアクションとか戦闘もあったりするので大迫力のなかで作品を見ることが可能となっています。変わらず監督はジョン・ウー氏であるため、彼独自の世界観の中で実際に歴史上でおきた出来事を再現しているため、ここにも注目したいところでありストーリー展開も大注目となっております。戦闘シーンやドラマティックな展開には思わずびっくりしてしまう場面とかシチェーションとかがあるけど、ジョン・ウー氏ならではの世界観だなと感じる部分があったりします。登場する人物たちも増え、キャスト陣も追加があったりするので、更に豪華なメンバーのなかで作品が作り上げられております。

20代女性
20代女性

前作より磨きがかかっているかなと思った作品です。三国志の大ファン向けというよりは、入りたてというかビギナー向けな印象の作品です。物語がシンプルにまとまっていて、史実に忠実というよりは分かりやすく物語を伝えようとしている感じの映画です。エキストラは膨大な数いるので戦争映画にありがちな、あの人さっきも映ってたなんてことはありません。アクションシーンが非常に多く、燃え盛る船などはおそらくCGではなくて実際のセットを本当に燃やしているような気がします。リン・チーリンの美しさには惚れ惚れしますし、音楽や映像美はため息が出る美しさだと思いました。キャストは非常に豪華ですが、個人的には諸葛孔明のビジュアルに少し違和感を感じてしまいました。しかし諸葛孔明の風読みのシーンと10万本の矢を回収するシーンは想像していた通りの映像でしたし。水戸黄門の定番シーンを見る際に感じるワクワク感のようなものが感じられます。ネタバレを避けるためにあえて詳しくは言いませんが、個人的にお勧めのシーンはやはり燃え盛る船での戦闘シーンだと思います。ちなみに戦いの最中に諸葛孔明が回収した矢は実際に10万本あるのではないかと本当に思うくらい圧巻なシーンで、まるで芸術作品を見ているような気分になります。

 

まとめ

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました