レッドクリフ1(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アジア映画
レッドクリフ Part1

レッドクリフ1をフルを安全に見る方法

『レッドクリフ Part I』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

/div

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『レッドクリフ Part I』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

レッドクリフ1の内容

映画『レッドクリフ Part I』は、2008年7月10日に中国で、2008年11月1日に日本で公開されました。この映画は後に公開される『レッドクリフ2』につながる作品です。

この映画は、西暦200年頃の中国を舞台にした作品で、英雄伝『三国志』の赤い壁の戦いが描かれたものです。『ミッションインポッシブル2』を手掛けたジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた大作となっており、注目された作品でした。

中国映画過去最高額の投資と言われたこともあり、『三国志』の英雄たちが繰り広げる大迫力の戦闘シーンはもちろん大迫力で、その英雄たちと女性たちとの恋愛シーンなどアクションシーン以外にも多くの見所が注目されていました。

三国志最高だわ!

レッドクリフおもろすぎる!

アクションシーンとか撮影のスケールの大きさとか、ジョン・ウー監督ぽさが出てて非常にいい!

映画やドラマでもこういうわかりやすい作品が三国志ファンを増やしてくれそう!

レッドクリフ好き!

諸葛孔明と周瑜かっこよかった!

BGMとか中国っぽさが出ててすぎテンション上がる!

劉備がただのおじさんだったのは残念だったけど、

それを差し引いても面白かった、続編が気になります!

三国志知らないから人間関係わからないけど、

金城武がとにかくかっこいい!

今まで三国志に興味なかったけど、観ると三国志に興味がわく!

三国志を知らないからこそ新しくて興味が湧くのかな!

続きも気になるし、前後の人間関係とかも知りたくなる!

中国が多くのお金を投資したこともあって、アクションや三国志の英雄たちがかっこいいなどの声が多く目立ちました。

また三国志をあまり知らない人でも、英雄たちのアクションや撮影規模に魅了されたなどの声も多くありました。

アクションに重きを置くあまり、三国志好きからはストーリーの再現度の声が低いなどの声もありましたが、逆に言えば三国志を知らない人でも魅了されるほど、圧巻の撮影規模であることが言えますね。

諸葛亮孔明役の金城武がかっこいいや、小喬役のリン・チーリンが可愛いという声がとても多かったので、キャストも魅力のほとつなのではないでしょうか。

あらすじ

西暦208年、中国の漢王朝は乱世の時代だった。

当時漢王朝は曹操が事実上権力を掌握していた。しかしその状況を、我こそがと各地で旗揚げをし始めた時代であった。

当時北部を支配していた曹操は、天下統一に邪魔な劉備・孫権の抹殺だけでなく、周瑜の妻となった小喬を我がものにするために、兵を進めていた。

曹操の標的となった劉備は敗走を余儀無くされ、関羽、張飛、趙雲そして天才軍師の諸葛亮孔明の活躍でなんとか逃げ延びることができた。その後孫権の軍師の周瑜の後押しもあり、劉備と孫権の同盟が決まり、打倒曹操に向けて準備を始める。

諸葛亮孔明と周瑜の天才的な采配で決戦前の前哨戦で見事勝利を収める。

しかし状況は良いとは言えず、曹操の軍勢が80万なのに対して、劉備・孫権連合軍の軍勢は、2万個の絶望的な戦力差での決戦がいま始まろうとしている。

見どころ

映画『レッドクリフ Part I』の見どころは、鑑賞した人のコメントにもあった通りジョン・ウー監督が手掛けるアクション、中国だからできる圧倒的な撮影規模でしょう。

そしてその当時の英雄たちが武力で国を収めようとする曹操を関羽、張飛、趙雲が協力する姿、天才諸葛孔明の戦略が映像で観れるというところが見所だという声が数多くあります。

男性陣なら当時の男たちの生き様に心動かされてしまう人も多いと思います。国を民に寄り添って助けようとする劉備に共感する人も多いと思います。

挿入歌がテンション上がる!といた声も数多くありました。

これを見たら三国志のゲームをプレイしたくなりますね!

スタッフ

監督:ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー、チェン・ハン
音楽:岩代太郎

キャスト

周瑜:トニー・レオン
孫権軍の軍師。劉備軍との共闘に力を入れる。

諸葛亮孔明:金城武
劉備軍の天才軍師。打倒曹操に向け周瑜と協力し、様々な策を考える。

曹操:チャン・フォンイー
武力で支配をしようとする武将。劉備たちを倒すため、南部に進軍している。

劉備:ユウ・ヨン
戦が嫌いな武将。孫権と協力して曹操と戦うことを決意する。

孫権:チャン・チェン
周瑜が仕えている軍の長。劉備と協力してそうそうと戦うことを決意する。

小喬:リン・チーリン
周瑜の妻、天下一の美人。曹操が妻にしようとしている。

 

『レッドクリフ Part I』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

レッドクリフ1の感想

20代女性
20代女性

三国志は孔明と関羽しか知らなかった私が観ても理解できました。どこが争っていて、各軍のトップはだれで、だれがだれに仕えているのかという状況だけでなく、戦術や駆け引きも非常に分かりやすく描いています。海外の歴史ものの映画なのでとっつきにくいと感じるかもしれませんが、三国志ですし、またキャストも金城武、リン・チーリン、中村獅童と日本人にも覚えのある方が出演しているので、私は「あ!この人、日本のCM/ドラマで見たことある!」と感じで外国人キャストしか出ていない他の歴史映画よりも観ていてどこか親しみを感じました。ストーリーだけでなく映像や音楽も観る価値ありです。特にリン・チーリン、化粧していない(ようにみえる)のに綺麗で、耳飾りや衣装も派手ではないけど品があり、すごく美しかったです。彼女の衣装だけでなく、扇や剣、書道や茶道の道具などちょっとしか映らないものでも時代に沿った良い品を集めたのか、映画の世界から浮くことなく、映像の美しさのひとつになっていました。ファン・ビンビンが出演している「武則天」は豪華絢爛な美しさですが、「レッドクリフ」は上品で自然な美しさを表現しています。個人的には村の少年が横笛を吹いていて、その音色とともに兵士が訓練している風景から自然の風景が流れるシーンがおすすめです。

20代男性
20代男性

この映画の感想といたしましては、赤壁の戦いという実際に三国時代の古代の中国で起こったとされる大きな戦いについて、各国の勢力をピックアップして描いたものになっており、すごく映像が綺麗でした。中国の歴史観や当時の風景をそのまま表現しており、中国の三国時代にまるで来ているかのような感じで映画を見ることができたのでそこがものすごく面白かったです。特に、孫権がいたところの城の風景は見事に再現されてあって、自分の持っているイメージととてもあっていたのでそこがものすごく良かったです。また、そのほかにも、この映画は2部作になっており、2作見て内容がとうしでわかるような作りになっており、ストーリーが細かく描かれており見応えがものすごくありました。諸葛亮の天才的な考え方に呉の将軍たちが渋々納得するあたりや劉備と団結して曹操を倒すということにしぶっている孫権の表情など細かく人物の背景やセリフ、当時置かれた歴史的な立場などを再現されてあって良かったです。また、個人的には孫尚香が出演していて、意外とピックアップされてあったのには嬉しかったです。また、見事に曹操軍を混乱させたのには感動を覚えました。また、孫権がカッコイイです。

 

50代女性
50代女性

レッドクリフ1は、人生の中で時間を忘れて没頭した数少ない映画の一本である。時間、天候の移り変わりと共に様々な表情をみせる大陸の広大で美しい景色の数々は、今も脳裏に鮮やかに焼き付いている。そして、その圧倒的な自然美の中で行われる戦い。いつの時代の戦いでも、多くの尊い命が権利者の傲慢で失われる。戦う人たちの志が高く純粋であるほど、失われる命になんとも遣る瀬無い気持ちになる。その遣る瀬無い気持ちを更に深くさせるのが、全ての俳優さんの素晴らしい表現力であり、その遣る瀬無い気持ちを救ってくれるのも全ての俳優さん一人一人の存在であると思う。タイトルから血なまぐさい戦闘物を想像していたので、戦闘場面よりも心理的闘いの描写の巧みさに圧倒された。特に、金城武さんという俳優さんの存在をあまり知らなかったのだが、彼の穏やかながらも芯の強い人間味溢れる孔明は「諸葛孔明とはこういう人だったんだな」と自然に思ってしまう位に素晴らしかった。今でも私の中の諸葛孔明は、草原で風に吹かれて佇む金城武さんしか浮かばない位に素敵だった。実はこの映画を観たのは、公開から大分経ってからだ。「日中合作映画」「軍事物」というハードルが当時の私には高かったのだ。しかし、今では生涯忘れられない作品の一つである。

40代男性
40代男性

2008年公開の映画で、監督はジョン・ウーで、キャストにトニー・レオン、金城武、中村獅童が出ていました。物語の元となっているのは誰もが知っている「三国志」で、その中でも人気のある「赤壁の戦い」が元となっています。三国志といえば、劉備玄徳、関羽、張飛の3人が曹操と戦い、劉備が勝てば子供は笑い、曹操が勝てば子供は泣くというくらい曹操は嫌われ者です。この映画の場合、メインがどちらかといえば諸葛孔明と周瑜公瑾がメインで曹操と戦っている印象があります。というのも、この映画では三国志の「呉」の国をフューチャーしているので、劉備、関羽、張飛はどちらかというと脇役であまりパッとしません。映像に関してはやはりジョン・ウー監督なのでとてもスリルがある撮影をされています。騎馬隊の戦いは本物の騎馬隊を使って撮影していますので迫力があります。水軍も出てきますが、とても迫力のある映像で実際にその場にいればきっとこんな感じだろうなという感じです。物語はいろいろな解釈があるので、三国志好きな人が見たらいろいろ思うところがあるかと思います。しかし、映画で三国志がここまで仕上がるというところがもはや最高なエンターテイメントです。

40代男性
40代男性

三国志の中で最も激しい戦争・赤壁の戦いをメインテーマにしたこの作品から、戦争シーンそのもののスケールの大きさや曹操・劉備・孫権の3陣営で繰り広げられる群像劇などが見られ、終始息をのんで楽しめました。今作では孫権軍の名軍師・周瑜を主人公とした展開というのも珍しく、彼の活躍がいくつかクローズアップされているのも面白みが増しました。曹操が中国統一する上で障害となった劉備・孫権の討伐だけでなく、後に周瑜の妻となる小喬を奪おうとするなど、今作では曹操がヒール役としてのインパクトが強く、対する劉備・孫権が同盟を結ぶことを狙いとした諸葛亮が孫権のもとへ訪れたとき、孫権に対する自信満々の説得や周瑜との意気投合のシーンなど、一見、チームワークの向上するように思われながらも、そこには見えない心理戦を覗かせるあたりも、良い意味で緊迫感がありました。特に、周瑜と諸葛亮の間では双方とも名軍師であるため、そこでは知略戦、駆け引きなども面白く、間に挟まれている魯粛の心理描写などからも静かな戦いという言葉にぴったりでした。その他、周瑜の妻・小喬の愛と彼女を狙う曹操の心理描写、関羽と張飛の八卦の陣の戦闘シーン、趙雲が曹操から阿斗を救出するシーンなどもあり、赤壁の戦い以外にも見どころのエピソードもいくつかあって、すごく面白かったです。

40代男性
40代男性

レッドクリフPart1のすごさは諸葛孔明の人間としての魅力を描いている点です。赤壁の戦いをこれまで、中国では作品にしてきましたが、今回は、日本、韓国、中国、台湾の主なスターを集めての映像化です。特に私が注目したのは諸葛亮公明を演じた金城武がいかにして圧倒的に不利な体勢から、逆転の発想で劉備の蜀と孫権に仕える周瑜の水軍を戦わせるかという点です。諸葛孔明は冷静に劉備と孫権が手を組んで曹操に対峙すべきであると、呉の孫権と周瑜に説明します。そして、曹操は周瑜の愛する妻で絶世の美女である小喬を奪うために大軍を押し寄せて戦を仕掛けていると諸葛孔明は周瑜にそそのかしたのです。それを聞いて周瑜は怒り心頭に達して諸葛孔明と手を組んで曹操を討つことを決意します。私は諸葛孔明が相手の心をうまくつかんで上手く周瑜を自軍の仲間にする大どんでん返しが大好きです。さらに諸葛孔明はまだ疑念を捨てきれない呉の将軍から100万本の矢を作ってほしいと言う罠を受けていとも簡単に100万本以上の矢を持ってきます。それは夜襲を曹操軍に仕掛けて船に弓矢を放つようにするという作るより敵からもらってくるという孔明ならでの発想の賜物でした。それぞれのシーンで諸葛孔明がいかに策を練ってくるか、そして魏の大軍に圧倒されそうな蜀と呉の兵士にいかにして勝てると信じさせ実行する周瑜や諸葛孔明の統率力の巧みさに、ただスケールが大きいだけでない見どころが満載の映画です。

50代男性
50代男性

2008年に公開された中国の映画です。ミッションインポッシブルを制作したジョン・ウーが監督を務めたことで、期待感を持って見ることができました。この映画は、三国時代の中国が舞台です。その時代の人たちが、天下統一のために戦う様子が描かれています。特に、2万しかいない兵にて80万人の曹操に立ち向かうという無謀な作戦などが描かれていて見応えがあります。孔明と周瑜が、一丸となって戦う気力があれば、決して負けることはないという台詞は名言にも感じました。最後に、孫権の妹が鳩を飛ばすことで、天下分け目の戦いが赤壁で開かれるというストーリーで、エンドロール後にはパート2の特報の宣伝があり、次回作への期待がとても高まりました。細かい登場人物などはフィクションではありますが、なんとなく1800年前の中国はどんな雰囲気なのかがわかり、歴史的にも興味深い作品に仕上がっていると思います。また、主役にあの有名な金城武さんが抜擢されていて、彼の演技力の高さと迫力には脱帽です。また、その当時の建築物が見事に再現されていて、とてもリアルなところもよく、たくさんのエキストラを起用しての大群が集まるシーンはとても見応えがありました。

20代男性
20代男性

赤壁の戦いが題材となっているだけあり、蜀と、呉の目線で、物語は描かれます。一応、登場人物の名前は出てくるのですが、関係性などまでは紹介されないので、ある程度の知識は必要だと思います。ただし、専門的な知識は必要ないので、ゲームなどをやったことあるくらいの知識で大丈夫です。そして、内容についてですが、まず驚かされるのが、規模の大きさです。まるで、本物の戦場を見ているかのように、ドキドキしてしまいます。赤壁の戦いは、船がよく出てくるのですが、その感じもよく出ています。そして、登場人物も、イメージ通りです。周瑜は、賢そうで、趙雲は誠実で、力強い印象を受けます。役者の役作りにもこだわっています。細かな場面で言うと、劉備の息子、後の劉禅である、阿斗を守る趙雲、周瑜と諸葛孔明が、同盟を結ぶシーンなど、三国志を知っている方が見ると、思わず唸るようなシーンも多数入っており、知識の分、にやりとできるところも増えていきます。物語としては、前編であるため、この作品だけでは、戦いの終結を見届けることはできません。しかし、見終えた後は、すぐに後編も見たくなるほどの、よくできた作品です。三国志が好きな人、もしくは、ゲーム作品をプレイしたことがある方は、きっとハマる作品であると言えます。

30代男性
30代男性

こちらの映画は三国志時代におきた出来事を実写映画化しているものとなっていて、主に三国志時代の中盤であり、魏・蜀・呉の国が3つできる前におきた出来事である「赤壁の戦い」がメインとなっております。登場してくるキャラたちも実在した人物たちとなっているため、三国志とかが好きな方は一度見ておいたほうがいい作品となっております。全2部作の前編となっているため、こちらは必ず見ておきたいものであり、監督がジョン・ウー氏であるため、オリジナルの世界観の中に三国志時代におきた出来事をうまく再現しているため、こちらにも注目を集めたいところであり、起用している役者陣たちも名が知られている人たちばかりとなっているため、演技やアクションとかにも注目したいところとなっています。歴史上の出来事を大迫力で見ることができる作品であり人間関係とかのやり取りとかも見ておきたいところであり、当時の時代に活躍していた人たちがどういった人間ドラマを繰り広げながら過ごしてきたのかとか、同盟国と敵対する国との激しい戦いとか戦略とかにもスポットをあてたいところとなっています。歴史的な出来事を忠実に再現している作品ではあるので歴史が好きな方は要必見です。

20代女性
20代女性

三国志のゲームが好きな人が見ると面白いです。キャラクターや世界観がイメージそのものといった感じの映画で、物語が難しくてとっつきにくいといった感じもありません。三国志でこの話は知らないという人はいないくらい有名な話なので、適当な造りにはするまいという監督のこだわりがよく分かる映画です。キャストは有名人ばかりですが、殆ど全員がキャラクターのイメージに合いすぎてたまにクライマックスになるとついついにやけてしまいました。ジャッキーチェンの映画が好きな人にもお勧めできるかもしれませんが、映画を見ていてふと思ったことは、なんだか黒澤明の七人の侍に似ているなと思ったシーンがあるなと思ったことです。なのでおそらく黒澤明の映画が好きな方にもおすすめ出来る作品だと思います。中国映画にありがちなセットがたまに安っぽく見えるといった事もなく、映像や音楽はだいぶ凝った出来になっていて、映画の始まりからすっと世界観に入り込める印象でした。周瑜がイケメンだし、彼の妻はびっくりするほど美人なので、諸葛孔明のビジュアルは初めほど気にならなくなります。ゲームが好きな方だと、この映画を見た後にまた三国志のゲームを遊びたくなる不思議な感覚に陥ります。

 

まとめ

『レッドクリフ Part I』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました