楽園(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『楽園』本予告/綾野剛・杉咲花・佐藤浩市/衝撃のサスペンス大作

楽園の動画フルを安全に見る方法

『楽園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『楽園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

楽園の内容

映画『楽園』は、2019年10月18日に公開されています。この映画の原作は、2016年10月に発表された吉田修一さんの短編小説集『犯罪小説集』で映像化されています。

ベストセラー作家として知られる吉田修一さんの作品は、2010年の公開の『悪人』や2016年公開の『怒り』と立て続けて映画化され、国内外で多数の映画賞を受賞されています。

その吉田修一さん自身が「こんなにも物語をコントロールできず、物語の登場人物の感情に呑み込まれそうになったのは初めて」と語ったのが今作品です。

物語は、未解決の幼女誘拐事件とまた同じ場所で12年後に起きた2つの事件で、容疑者と疑われてしまう青年、心に傷を負っている少女、限界集落に暮らす男性の人生が交錯していく姿を描くドラマとなっています。

ストーリーは結構重い、救いのない世界となっています。弱っている時は見ないほうがいいかもしれないくらいです。エンディングの曲だけが沈んだ闇から心を拾い上げてくれます。

時系列も主人公も右往左往し感情移入も出来ないまま観ている人間を置いてきぼりにする映画ですが、実力派揃いの役者陣のおかげで成り立っていた感じがします。

時系列、場所、人間関係が分かりにくい。今はどの場面?いつの場面?この人とこの人ってどういう関係なの?とか、見てて疑問のオンパレードでした。しかしそれを除けば色々と考えさせられる良い作品だったと思います。

吉田修一さんの「犯罪小説集」から二編が原作であり、綾野剛さんの物語と佐藤浩市さんの物語、二編が編集されて一本になっています、繋ぐのが杉咲花さんの存在です。
この作品は「この事件のホントの犯人は誰なんだ?」というミステリーとして見ても十分に面白いと感じました。

レビューからすると相当難解で頭を使う映画のようです。しかし題名である『楽園』の意味と人間の生き方を考えさせてくれるような良作となっています。

あらすじ

物語は青田が広がる、とある地方都市で起こります。
屋台や骨董市で賑わう夏祭りの日、一人の青年である中村豪士が慌てふためきながら助けを求めてきます。それは、偽ブランド品を売る母親が男に恫喝されていたからでした。

仲裁をした藤木五郎は、友人が一人もおらず母の手伝いをする豪士に同情し、職を紹介する約束を交わしますが、青田から山間部へと別れるY字路で五郎の孫娘である愛華が忽然と姿を消す事件が起こり、その約束は果たされることはありませんでした。
必死の捜索もむなしく、愛華の行方は知れぬままとなります。

消えた愛華の親友で、Y字路で別れる直前まで一緒にいた紡は事件に罪悪感を抱えながら成長します。

12年後のある夜、紡は後方から迫る車に動揺して転倒してしまい慌てて運転席から飛び出してきた豪士に助けられます。豪士は、その時に笛が破損したお詫びにと新しい笛を弁償します。

彼の優しさに触れた紡は心を開き、二人は互いの不遇のため共感しあっていきますが、心を乱す者もいました。

一人はひそかに紡に想いを寄せる幼馴染の野上広呂、もう一人は愛華の祖父である藤木五郎でした。そして夏祭りの日に再び事件が起きるのです。12年前と同じようにY字路である少女が消息を絶ちました。
住民の疑念は一気に豪士に向けられ、豪士は追い詰められた街へと逃れます。

一方その惨事を目撃していた田中善次郎は、Y字路に続く集落で亡き妻を想いながら愛犬レオと穏やかに暮らしていました。
しかし、養蜂での村おこしの計画を提案するもののこじれ、村人から拒絶され孤立を深めていきます。次第に善次郎の正気は失われ、想像もつかなかった事件が起こるのです。

見どころ

映画『楽園』の見どころは、サスペンスドラマということで事件の「犯人」は誰か?という事になりますが、姿も顔も見えない犯人に対して人は身近な人物を信用できなくなるという心のもろさ、怖さがあることが描かれています。

そんな醜い思い込みから犯人に仕立て上げられてしまう豪士や善次郎の心情や行動にも注目です。そしてその難解な演技を綾野剛さん、佐藤浩市さんがどう魅せてくれるのかが最大の見どころだと思います。

スタッフ

監督:瀬々敬久
脚本:瀬々敬久
音楽:Joep Beving

キャスト

中村豪士:綾野剛
母親である洋子と共にリサイクル品販売をしている青年。12年前幼女誘拐事件が発生した同じ場所で再び発生した少女失踪事件の容疑者として疑われます。

湯川紡:杉咲花
12年前に起こった幼女誘拐事件の被害者の親友。当時事件直前まで被害者と一緒にいたため、12年を経た現在も罪悪感が残っている。

野上広呂:村上虹郎
紡の幼馴染。紡に想いを寄せている。

黒塚久子:片岡礼子
限界集落における村おこしの事業において反対され、孤立を深める善次郎の心配をする女性。

中村洋子:黒沢あすか
豪士の母。

田中紀子:石橋静河
善次郎の妻。

藤木朝子:根岸季衣
藤木五郎の妻。12年前の幼女誘拐事件被害者の祖母。

藤木五郎:柄本明
12年前の幼女誘拐事件被害者の祖父。

田中善次郎:佐藤浩市
限界集落に暮らす養蜂家。限界集落の村おこしの事業を行うが、村民から非難を浴びてしまう。その影響で凶悪な事件に手を染めることになってしまう。

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

楽園の感想

30代男性
30代男性

限界集落や移民問題など、いまだに日本人の中に残っている小さなコミュニティで繰り返される迫害。“村八分”という嫌な日本語は、本当にいつになったらなくなってくれるのか。村の論理から外れたものを排除する原動力は、コミュニティが壊される恐怖心からなのか、優位に立ちたいゆがんだ自尊心を満たすためか。この作品は、そんな日本的な閉じられた社会での差別を、はっきりと描き出す。繰り返される差別は、見ていてとても醜い。俳優陣の見事な演技と、巧みな映像表現によって、それはむしろ強調されているようにすら思える。映画の読後感も非常に悪い。嫌な感情が心の奥底にたまっていくような気持ち悪さがある。しかし、この不快な感覚こそが、作品の本質であり、テーマなのではないか。こんな居心地の悪い感情が、人間の奥底にはあり、それが表面化した時、かなしい犯罪は起こってしまう。本当の加害者は果たして誰なのか。人間が普遍的に持っている醜さを、人はなくすことができない。でも、この映画は、そんな社会への絶望では終わらない。未来へのかすかな希望を漂わせていると私は思う。その答えを、ここで書くことはできない。あとは、見た後に、観客の一人一人がそれぞれの結論を出すべきことなのかもしれない。

40代女性
40代女性

都会での喧騒に疲れて田舎暮らしを夢見る人たちは多くいます。でも、決して良い場所とは言い切れず人が少なく皆が身内という状況だからこその人間関係の様々な面倒ごとは日々起こっているのです。この作品では、村八分というやり方で犯人かどうか分かっていないような人を追い詰めていき、殺人を決して起こすことのないであろう善人だった人物を殺人犯へと変えてしまいました。集団の暴力というのは学校でもあること、田舎暮らししたことの無い方でもきっとその恐ろしさを実感できることでしょう。犯罪を犯した人間のことはニュースを通じて一般の方たちはほんの一端を知るだけ、もちろん中には本当の極悪人もいるでしょうがこんな方もいるんだなと知ることが出来ました。自分がその状況に陥った場合に、ずっと善人でいられるとはとても思えません。でも直接的であれ間接的だと特にその圧力は形として表れるものではありません。だからそれに負けた側は罪を償わなければならなくとも、その状態へと追いやった集団は今まで通りの日々を過ごすことが出来るのです。その不条理さを実感できました。綾野剛さんと杉咲花さん、役者さん2人の熱演も良くて手に力が入ってしまう作品でした。

50代男性
50代男性

ホラー映画(特にゾンビもの)が好きな自分ですが、こういう「雰囲気重めのサスペンス」映画は苦手です。なぜなら見終わってからの爽快感が皆無だからです。特に吉田修一さんの原作ものは、見ている人間の心に突き刺さるような陰鬱なエネルギーを浴びてしまい、数日気分が重くなるからです。この作品も予想していたような雰囲気でした。実話からヒントを得て練り上げられたストーリー展開は、胃袋の冷たいものを無理矢理詰め込まれるような、もはや「見る拷問」のような画像。田舎暮らしは生きてきてほとんどしたことがありませんが、これからも絶対にしたくないと思いました。もちろん、気のいい住民で構成されている田舎の方が多いのだろうとは思いますが。田中善次郎を演じた佐藤浩市さんのお芝居が、やはり圧巻でした。杉咲花さんは皆さん高評価のようですが、何となく彼女が苦手な自分はそこまで評価できませんでした。しかし、ここまでモヤモヤが残るラストは、お金を払って鑑賞した結果としては残念な気もします。少なくとも精神状態が悪い時には見る映画ではないと思いました。逆に言えば、出演者たちの演技力が逆にもう少し低かったら、ここまで心にダメージを受けなかったかもしれません。

30代女性
30代女性

事件の真相についてはわからないところもあるけど、ただただ、村八分の最悪さがわかる作品です。みんな知り合いってのもいいのはいいけど、異分子を嫌って、標的にして、すごく嫌でした。佐藤浩一さんが、村八分にあった原因なんて、子どものいじめなみにひどいものだし、佐藤浩市さんは被害者だと思います。みんや殺されても仕方のない、そんな奴らだったと思いました。綾野剛さんの最後も壮絶でした。わからなかったというのは、彼が冤罪だったのか否かというところです。ほんとに犯人だったから、怖くて自殺したのかもしれないし、犯人じゃないから自殺したのかもしれません。そこらへんははっきりとはわからなかったけど、もしかしたら犯人だったのかもなと思いました。綾野剛さん、佐藤浩市さん、杉咲花さんら、キャストは全員素晴らしいと思いました。綾野剛さんは外国人の役でしたが、ちゃんと外国人に見えました。日本語もよくわからない中、みんなからあまりよく思われてなくて、暗くなっていく感じがよく出ていました。杉咲花さんは、若いし、よくわからず村にいたけど、閉塞感とかがあり外に出て、少し大人になって、村の異常さに気がつく女性の役です。ほんと、嫌な村だし、こんなところ住みたくないなと思いました。日本は楽園かと思ったとのセリフに身をつまされる思いです。

30代女性
30代女性

「怒り」の吉田修一が原作というだけあり、彼の作品にみられる独特のじっとりとした雰囲気を終始まとった映画作品でした。1番のおすすめのポイントは役者の演技です。柄本明・佐藤浩一といったベテランの俳優陣から、杉咲花・村上虹郎といった若手注目の俳優まで、これでもかというくらいの演技派が名を連ねているだけあり見応え抜群です。様々な過去の出来事からもがき苦しむ登場人物を熱演していて、観ている方まで辛くなってしまうほどです。また映像と音楽の美しさも評価できます。地方都市の田園風景や田舎の祭りの描写、それらとユップ・ベヴィンの音楽がマッチしていて、視聴者は映画の世界観にこれでもかと引き込まれます。ストーリーは〈村社会での集団心理の怖さ〉を描いているのかと思いきや、強ちそれらの感覚は的外れではないということに最後の最後でゾッとさせられる展開が待っています。若干ストーリーの主軸がハッキリしなく感じますが、原作では2本の短編を一本の映画としてまとめているとのことで仕方ないのかもしれません。そのため映画を観たあとに、ゆっくり原作小説を読むことで2度楽しめると思います。良くも悪くも、観賞後にしばらく余韻を残されてしまう作品です。

30代女性
30代女性

楽園、そのタイトルを見聞きしただけで、どんな素敵な世界観が描かれているのだろうかということを期待してしまう映画タイトル。しかし、実際は楽園は視聴者がイメージできるような素敵な夢物語でもないのです。なぜならばどうして楽園というタイトルであるのか、この作品を鑑賞した後もわからないままです。監督は怒でも知られているサスペンスが得意な方ですが。他の作品ともジャンルが異なるようでした。まず、サスペンスと呼ぶには無理があるような、昔の日本の実話、あるいは日本の文化、風習から出たおそろしい差別があるのでした。そこには実に人間とはおそろしいものであるということが感じられる二話から成ります。鑑賞後、差別という言葉が脳裏に浮かんでいました。村で都合の悪いことが起これば、普段から差別を受けているものが批難の対象となる。これは誰もに起こり得る可能性があるのです。そこに、1人の良き人がいたおかげで、犯人にされずに助かるという。これは現在の社会でもあり得る事態です。良き人がいるおかげで、冤罪が起こらずにすんでいるのです。楽園、視聴者が思うような物語ではありませんでした。でも目を背けずに見ていきたいストーリーだったのです。

 

まとめ

『楽園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

杉咲花のU-NEXT配信作品

【映画】

  • トイレのピエタ
  • 劇場版 MOZU
  • BLEACH
  • 繕い裁つ人
  • パーフェクトワールド 君といる奇跡
  • スキャナー 記憶のカケラをよむ男
  • 愛を積むひと
  • 楽園
  • イン・ザ・ヒーロー
  • メアリと魔女の花(声の出演)

【ドラマ】

  • 緊急取調室(2014)
  • ドラマスペシャル 緊急取調室
  • いだてん~東京オリムピック噺~
  • ハケン占い師アタル

 

石橋静河のU-NEXT配信作品

【映画】

 

佐藤浩市のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 記憶にございません!
  • 64-ロクヨン-前編
  • 64-ロクヨン-後編
  • 町田くんの世界
  • THE 有頂天ホテル
  • ザ・マジックアワー
  • 清須会議
  • 天然コケッコー
  • 少年メリケンサック
  • 闇の子供たち
  • 海猫 umineko
  • アンフェア the answer
  • アンフェア the end
  • GONIN
  • 愛を積むひと
  • 楽園
  • 壬生義士伝
  • あなたへ
  • 誰も守ってくれない
  • 亡国のイージス
  • 起終点駅 ターミナル
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
  • 暗いところで待ち合わせ
  • 大鹿村騒動記
  • 文学賞殺人事件 大いなる助走
  • 魚影の群れ
  • あ、春
  • らせん
  • 草原の椅子
  • 道頓堀川
  • 新・仁義なき戦い。
  • 青春の門
  • 青春の門 自立篇
  • KT
  • これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫
  • 友罪
  • 北の桜守

【ドラマ】

  • 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • 最後の晩餐 刑事・遠野一行と七人の容疑者
  • ハッピー・リタイアメント
  • 陽はまた昇る

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました