ポテチ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ポテチ』予告編

ポテチ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ポテチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ポテチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ポテチ(映画)の内容

映画『ポテチ』は、2012年5月に公開されました。

本作は、東日本大震災で被災後の宮城・仙台で復興の後押しをしたいと仙台在住の小説家・伊坂幸太郎さんから、何度もタッグを組んできた中村義洋監督へ映画化を持ちかけた作品です。できるだけ早く作りたいという思いから緊急集結し制作されました。

原作は、伊坂幸太郎さんの短編集「フィッシュストーリー」所収の書き下ろし作。仙台を舞台に、同じ年、同じ日、同じ病院で生まれたプロ野球のスター選手と凡人の2人が、家族や恋人を巻き込んで奇妙な繋がりをみせ、思わぬ事態へと転がりながら小さな奇跡を起こすストーリー。伊坂ワールドあふれる独特な切り口で、誰かを想って生きていくことの強さと喜びを描いた作品。

主演は、伊坂&中村監督作品の常連・濱田岳さん、共演は、大森南朋さん、木村文乃さん、石田えりさんなど多彩な顔ぶれが揃います。

濱田岳が最高!人情くさいけど、うっとうしくない。観ている私達が応援したくなるようなこの感じが出せるのは彼の素晴らしいところだと思う。
またしても中村義洋監督×伊坂幸太郎作品で普通に感動してしまった。

くすっと笑えるところ多くてかなり好き。最後の展開は優しくて切ない。

伊坂幸太郎の独特の世界観が出てて時間も60分ちょっとと短いし観やすい映画。松岡茉優が芋っぽくて可愛かった。

タイトルに込められた意味に不意を突かれる映画。濱田岳が纏うポップな空気に惑わされて見始めると、終盤の展開に感動させられる。

あらすじ

宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいました。

空き巣をなりわいとする今村(濱田岳)には、交際していた恋人に騙され自殺を試みる前に恋人の自宅に電話をかけた際、たまたまその家に空き巣に入っていた今村によって自殺を思いとどまり、それがきっかけで今村と同棲することになった恋人の若葉(木村文乃)がいます。

そんな2人はある日、地元のプロ野球選手(阿部亮平)の家に盗みに入りますが、今村はのんびりして、一向に仕事を開始するそぶりを見せません。すると家に女性から電話がかかってきて、留守電に助けを求めるメッセージが入ります。今村は助けに行こうと若葉に言います。

今村と若葉はその女性と会い、女性が1週間前、若い男に付きまとわれているところを尾崎に助けられたことを知り、尾崎に代わって問題を解決しようとします。今村は、空き巣仲間の黒澤(大森南朋)に協力してもらい若い男の名前を突き止めます。

見どころ

ポテトチップス

劇中では、濱田岳さん演じる今村が、木村文乃さん演じる若葉にコンソメ味のポテトチップスを買って来るように頼まれたことで、”ポテチ”が登場します。

今村は、若葉のコンソメ味と、自分のために塩味のポテトチップスを買ってきて、間違えて塩味を若葉に渡してしまいます。若葉は食べ始めて間違いに気づき、「取り替えて」と今村に言いますが、「やっぱりいい」と塩味のポテトチップスを食べ続けます。

今村が替えるよと言いますが、若葉は美味しいからこれでいいと、塩味のポテトチップスを食べ続けます。そして今村は涙を流します。

タイトルにもなっている”ポテチ”。ラストまで涙したワケは教えてくれず、本作のキーワードになっています。

主題歌は斉藤和義

主題歌は、中村監督&伊坂作品の常連で「フィッシュストーリー」では劇中バンドの逆鱗の楽曲を提供、「ゴールデンスランバー」では物語の鍵となるビートルズのカヴァーなどでコラボレートしてきた斉藤和義さんの「今夜、リンゴの木の下で」。作品をイメージして書き下ろしています。しかも斉藤さんは劇伴も担当。

あんな人もこんな人も出演

本作は、これまで制作された中村監督&伊坂作品の常連さんが多く出演しています。

そんな中、尾崎を騙そうとする落合役で中林大樹さんが出演しています。中林さんは「ゴールデンスランバー」のケンジ役で出演していました。しかも、奥様の竹内結子さんも「ゴールデンスランバー」に出演していて、本作では、通行人としてエキストラ出演しています。3秒という見落とすほどの短さです。ちなみに、竹内さんと中林さんは、2019年2月に結婚しています。

さらに、本作には、中村義洋監督も今村のボス役として出演しています。その名も中村親分。監督の演技にも注目です。

スタッフ

原作:伊坂幸太郎
監督・脚本:中村義洋
音楽:斉藤和義
主題歌:「今夜、リンゴの木の下で」斉藤和義

キャスト

今村忠司:濱田岳
空き巣を生業とする青年。

大西若葉:木村文乃
今村の恋人。

黒澤:大森南朋
今村が尊敬する空き巣のプロ。

今村弓子:石田えり
今村の母。

中村親分:中村義洋
今村のボス。

落合修輔:中林大樹
尾崎を騙そうとしていた男。

ミユ:松岡茉優
尾崎を騙そうとしていた女。

尾崎選手:阿部亮平
プロ球団・仙醍キングスの選手。

堂島監督:桜金造
仙醍キングスの監督。女好き。

通行人:竹内結子

 

『ポテチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ポテチ(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

伊坂幸太郎の小説を元にした作品でした。主人公は、人生に躓き空き巣に落ちぶれた今村とプロ野球選手の尾崎。ある日、恋人と一緒にプロ野球選手の尾崎の家に恋人と一緒に空き巣に忍び込みます。尾崎が試合の遠征で自宅を開けている事を事前に調べて知っていたので、留守中の自宅で悠々自適に過ごしています。すると、女性から助けてくれと電話が掛かって来ます。尾崎に代わって電話に出た今村は、自殺を阻止するために電話してきた女性の元に向かいます。プロ野球選手の尾崎が来ると思っていた女性の元に来たのが見ず知らずの今村。今村は必死に説得しますが、女性は唖然として立ち去ります。実は、この女性は尾崎を騙してお金を取ろうとしていたので目的が達成出来なかったので逃げ出したのです。シーンが変わり、今村の恋人が偶然にも今村の母親に遭遇し今村の生い立ちを知ってしまいます。今村はと尾崎は、同じ病院で同じ日に産まれていた実は取り違いをされたいたという事が分かりました。まるで「そして父になる」ような話だと感じました。今村と彼女が、買い物をしてポテチを食べようとしたのですがお互いの買ったポテチが入れ替わってしまいます。その時に、今村はイイよと言いながら泣きながら食べていたのですが、入れ違えた人生で自分は空き巣、相手はプロ野球選手の人生をポテチで演出しているのだと感じました。

 

30代男性
30代男性

この映画は、伊坂幸太郎原作で濱田岳が主演した映画です。映画としては68分と短いものなので、ゆったりとした気持ちで観ることが出来るでしょう。内容は伊坂幸太郎原作らしく、人と人との人生のすれ違いに重きを置いているように感じました。派手さはありませんが、選択できなかった人生の無情感。それでも頑張って生きていかなければいけない生き方の大切さをこの映画から感じ取ることが出来るでしょう。根本にある物語の大筋は悲しく暗いです。タイトルにもある「ポテチ」の意味が分かった時、自分がその立場に置かれたらどう思うかよく考えました。濱田岳演じる、空き巣をしている今村忠司はプロ野球選手の尾崎に親近感を抱いています。自分の人生とはまったく違う人生を歩む尾崎に憧れの感情を持っています。そこで「ポテチ」が大きなエッセンスとして、小道具として活かされていることに原作者の話作りの巧みさを感じました。もし自分の人生が、どこかの地点で違っていたらどうなっていただろう。あの時、違う選択をしていればどうなっていただろうと、たらればの人生を考えてしまう内容でした。今村のようなどうしようもない人物が、最後に全力で尾崎を応援するシーンもグッとくるものがあります。また、それに応えようと必死になってバットを振るう尾崎の姿に心が揺さぶられました。この映画を鑑賞後、思わず自分はどのポテトチップスが好きだろうと考えてしまいました。どの「ポテチ」も、美味しいような気がしてなりませんでした。

30代男性
30代男性

原作の伊坂幸太郎さんが「原作よりも映画のほうがいいと言われそうで怖いです」とコメントを出しておられました。個人的には、伊坂さんには申し訳ないですが、こっちのほうが私は好きでした。映画も小説もそれぞれの良さがあって、純粋な比較はもちろんできないけど、そこにある空気感とか、役者さんの演技を通して現れる熱量とかが、胸に響いてきてしまって・・・。伊坂幸太郎の原作がもれなく面白いのは読んだことがある人ならわかると思いますし、その原作を超える出来の映画はそこまで多くはないんじゃ無いかと思います。もちろん、伊坂作品を映画化した作品は大体面白いですが、原作のハードルが高すぎるのでそうそう超えることはないという感じ。個人的には映画『アヒルと鴨とコインロッカー』も原作並みに面白かったですが・・・。ポテチというタイトルに込められた意味がわかるシーンは、本当にグッときます。泣けます。この伏線の回収の妙は伊坂作品ならではですね。68分という短い尺であることも、無駄がなくてとてもいいです。この短い時間の中に、優しさとか、切なさとか、罪悪感とか、いろんな感情が濃縮されていて見応えがありました。出演している役者も今考えるとかなり豪華でみんな上手なのもいいですね。見ると野球を見に行きたくなる作品です。

30代男性
30代男性

伊坂幸太郎さんが大好きな弟に勧められて拝見しました。結果、伊坂さん原作作品の中では一番かもというくらい気に入りました。いろいろとぎすぎすしたことが多い世の中で、この映画の世界観はなんだか胸がほっととして苦しかった息が自然と空気を吸えるようになり、自然と笑顔になってしまうようなそんなやさしい雰囲気をかんじました。自分自身仕事でいらいらしていた時期に見たこともあって、とても癒された記憶があります。固まっていた気持ちがほぐれてほろほろと涙がこぼれてしまう映画でした。キャスティングですが、しかし濱田岳さんは名優の域にはいりつつありますね。まだお若いのに。シリアスな雰囲気から泣ける場面、笑かす場面なんでもござれで、ベテランの域に達した俳優の雰囲気すらあります。それくらいすごかった。この映画の世界観にもぴったりで、濱田岳さんの自然な表現のおかげでどっぷり映画に浸ることができました。木村文乃さんもかわいらしくて素敵でした。漫画でも小説でも実写化というのは少なからずがっかりするときもあるのですが、この映画はそんな心配ないですね。いくつもの伏線がしっかり回収されていってラストまで大盛り上がりさせてくれる良い映画です。

 

30代女性
30代女性

伊坂幸太郎さんの小説が好きでよく読むのですが、この「ポテチ」も伊坂さんらしい作品で大好きなお話です。なので映画も期待して見始めましたが、中村義洋監督と俳優・濱田岳さんのコンビで作られていることもあり、さすがの安定感でとても面白かったです。伊坂さんの作品の映画化といえば、濱田岳さん!とすぐに思い付くほど、伊坂作品常連の濱田さんですが、この作品では主演をつとめていて、キャラクターにあったとてもいい演技をしていると思います。伊坂作品に多い、悪いことを仕事にしているけれど、人間臭くてどこか憎めない登場人物たちは、見ていて愛おしくなりますが、それが映像化されてより身近な存在に感じられました。今村の、自分を育ててくれた母親に対する申し訳ないと思う気持ちも痛いほど伝わってきます…。題名の「ポテチ」の取り違えが暗示している事実が何なのか、その事実がわかったとき、原作を読んで知っているはずなのに涙が出てきました…。また、黒澤を演じる大森南朋さんも存在感があり、この映画の良いスパイスになっていると思います。映画としては70分と短い作品ですが、その中にもギュッと詰まった、伊坂作品の良さを堪能できる素敵な映画だと思います。

 

まとめ

『ポテチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました