ポエトリーエンジェル(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
『ポエトリーエンジェル』予告編

ポエトリーエンジェルの動画フルを安全に見る方法

『ポエトリーエンジェル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ポエトリーエンジェル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ポエトリーエンジェルの内容

映画『ポエトリーエンジェル』は、2017年5月に公開されました。

この作品は、和歌山県で行われる「田辺弁慶映画祭」の第10回開催を記念して作られました。新鋭・飯塚俊光監督がメガホンをとります。飯塚監督の初の長編映画「独裁者、古賀。」は、同映画祭の第8回コンペ部門に入選されました。

映画『ポエトリーエンジェル』は妄想癖のある青年と、ある悩みを抱えるヒロインが、言葉の格闘技「詩のボクシング」を通じて成長する姿を描いた青春コメディです。

主演は岡山天音さんです。
NHK「中学生日記 転校生」シリーズでデビューし、その後NHKの連続ドラマ「ひよっこ」や映画「帝一の國」など、様々な映画・ドラマで活躍中の若手演技派。この作品で「第32回・高崎映画祭最優秀新進男優賞」を受賞しています。
ヒロインの武田玲奈さんは、映画「暗殺教室〜卒業編」「咲-Saki-」などに出演しています。ファッションモデルとしても活躍する注目株の若手女優です。

軽い気持ちで観たけど、驚くほど感動する作品だった。主演ふたりの雰囲気が良く、演技がうまかった。心洗われる映画。

清々しい気持ちになる、とても素敵な映画です。主人公の岡山天音さんをはじめ、メンバー全員がはまり役でした。

主人公の抱えた葛藤や焦燥感、親との衝突、そして成長する姿をていねいに表現している映画だった。

テンポがよくめっちゃ笑えました。思ってたよりコメディ色が強いです。題材は地味なのに、なんだかんだ感動しました。

多くの人から絶賛されています。悪い評価がほとんど見当たらないくらいです。
主人公の岡山天音さんとヒロインの武田玲奈さんの、演技のうまさと透明感が役にハマっており、苦悩しつつも前進する姿にはリアリティを感じます。
一見ヒューマンストーリーかと思いきや、笑えるシーンも満載のコメディ作品です。しかし、ただのコメディではないストーリー展開で、観賞後は清々しい気持ちになれるのではないでしょうか。

あらすじ

主人公・玉置勤(岡山天音)は高校を卒業した後、実家の梅農家を手伝っていました。妄想癖のある勤は、農家の仕事にやりがいを見い出せず、鬱屈した気持ちで日々を過ごしていました。

ある日、勤はふとしたきっかけで「詩のボクシング」を知ります。「詩のボクシング」とは、ボクシングのリングに見立てたステージ上で、2人の朗読者が自作の詩を朗読し、どちらの言葉が観客の心に響くかを競う〝言葉の格闘技〟です。玉置は「詩のボクシング教室」に興味を持ち、参加することになりました。

その教室の指導者・林俊太郎先生は、やたら明るい熱血漢。参加メンバーには、自称ラッパーの土井浩二、友達が欲しいという板屋智恵子、老後の趣味にしたいという老人・中島甚次郎といった、クセのある人たちが集まっていました。

勤を含めたメンバーは練習を重ねた後、実践として高校生チームと試合をするのですが、勤たちのチームは負けてしまいます。実はメンバーにはそれぞれ秘密があり、それが負けた原因になっていたのでした。
そんな中、次の試合が決まります。

いっぽう、丸山杏(武田玲奈)はボクシングのトレーニングに勤しむ女子高生。
勤とは、あることがきっかけで顔見知りになった仲です。友人を作ろうともせず孤立している杏は、ある悩みを抱えていました。

勤は杏を「詩のボクシング」に誘い、杏はメンバーに加わります。
秘密を抱えたメンバーと悩みを抱える杏のチームは、はたして試合に勝つことができるのでしょうか?

見どころ

「詩のボクシング」の大会は本当にあった!

「詩のボクシング」は、なんと本当に開催されています。20年の歴史があり、過去の大会はYouTubeで観られます。なぜもっと有名にならないのか不思議なくらいおもしろい大会です。
岡山天音さんは「詩のボクシングがもっと広まったらいいな」という気持ちで、役に挑んだそうです。

「詩のボクシング」教室のメンバーの濃さ!

「詩のボクシング」教室のクセのあるメンバーが、映画のアクセントになっています。個性が強いために一般に疎外されているような、どこか切ない寂しさを感じるメンバーを「東京03」の角田晃広、下條アトムなどが演じます。説明会の参加者役で山崎賢人さんが出演されていて、山崎賢人さん目当てで映画を観たファンも多かったようです。短い出演シーンながら、山崎賢人さんも濃いキャラを演じていました!

スタッフ

監督・脚本:飯塚俊光
企画/制作支援:田辺・弁慶映画祭実行委員会
製作:田辺・弁慶映画祭 第10回記念映画プロジェクト
主題歌 :Mrs. GREEN APPLE「soFt-dRink」

キャスト

玉置 勤:岡山天音
実家の梅農家で働きながら、鬱々とした日々を過ごす青年。妄想癖がある。

丸山 杏:武田玲奈
ボクシングジムに通う女子高生。ボクシングでストレスを発散している。中島甚次郎の孫。

玉置 靖(勤の父):鶴見慎吾
真面目で頑固物。息子に真摯に農家の仕事に取り組んでほしいと願っている。

中島甚次郎(杏の祖父):下條アトム
年金暮らしの老人で「詩のボクシング教室」の参加者。

林 俊太郎:角田晃広(東京03)
「詩のボクシング教室」の指導を務める市役所職員。

板屋智恵子:山田真歩
土井浩二:芹澤興人
説明会に参加した男:山﨑賢人
説明会勧誘の美人:安田聖愛

〈春山西高校エンジェルス〉
林原さとみ:小川あん
藤森みう:仲谷香春
ルイコスタ中島:アンジェラ
安岡夏海:富田望生
松島麻里子:染野有来

 

『ポエトリーエンジェル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ポエトリーエンジェルの感想

30代男性
30代男性

リング上で自作の詩を戦わせる“詩のボクシング”を題材にした珍しい作品。私は本当の“詩のボクシング”を昔からテレビでやっているのを見ていて好きだったので、とても楽しみにして映画館に出かけました。“詩のボクシング”の魅力は、質の高い詩のぶつかり合いもそうなんですが、どちらかというと、普段はクラスの隅っこでじっとしているような子が、攻撃的で力強い詩をつくっていたり、ちょっとお調子者風の子が意外と繊細な詩を発表したりして、発表者の外見的なイメージからは想像もつかない内面が見え隠れするところにあります。楽器が弾けたり、バンドが作れるような社交性のある子でなくても、言葉を紡げば誰でも参加できるので、クラスで陰キャ認定されているような子がスポットライトを浴びられる数少ない場所だったんじゃないかと思っています。・・・で、映画ではどうだったかというと、こねくり回さずストレートなストーリー展開の上に、素朴で優しい町の風景と、俳優陣の巧みな演技が調和して、詩のボクシングの魅力をいかんなく引き出せていました。詩のクオリティに関してはいろんな意見があると思いますが、何度も“詩のボクシング”を見てきた立場からすると、時にうまくいかなかったり、ちょっと納得がいかないことを言っていたり、そこまで強いものがなかったりするのも含めてのイベントではあるので、私はあまり気にはなりませんでした。その未完成な言葉を愛でるような懐を持って見るからこそ、青春時代の不器用さを味わうことができるものなので。そういった意味でも、この映画は良かったんじゃないかな。

40代女性
40代女性

詩のボクシングっていいです。ポエムを語るというとなんだか気恥しいようなかっこ悪い気がしていましたが、言葉っていいなと改めて思えました。出てくるのは武田玲奈さんと岡山天音くん、正直全く知らない二人でしたがだからこそ変な先入観も無くこの世界に没頭できた気がします。演技が新鮮、最後の詩は正に二人の心がしっかりと伝わってきて打たれました。これから更に伸びていって、素敵な俳優さんとなってくれると信じています。そして東京03の角田さん、コント自体も寸劇形式でお芝居をしているので慣れっこなのでしょうか。彼の演技も良かった、はまり役といった感じです。ただ、詩というよりも弁論大会といった感じもします。もっと短く的確な言葉で訴えかけるものではないでしょうか。実際に詩のボクシングという大会はあるのかも気になり、もし実在しているならそこで最優秀賞として選ばれた作品を読んでみたいと思いました。親の仕事を継ぐべきかどうかなど、青春時代だからこその悩みには共感できます。正解を見つけ出すのは難しい、でも一生懸命何かに打ち込んでいればきっと何らかの成果は出るのでしょう。爽やかな作品で見終わった後に笑顔で前を向けるのがいいです。

50代女性
50代女性

岡山天音さんが、玉置動を自然体で熱演していてとても良かったと思いました。さまざまな役柄を演じていますが、それぞれで違う顔を見せるいい演技をする役者さんだと思いました。これからもっといろいろな役を演じて欲しいです。武田玲奈さんが、すごく可愛くて、なかなか上手く生きられない丸山杏を魅力的に演じていて、とても良かったと思いました。朗読のシーンでは、武田さんが泣いてしまっていたのと同じように、自然と涙が流れてしまいました。鶴見辰吾さんが、ベテラン俳優として玉置靖を渋くて、いい味を出して演じていてさすがだと感じました。東京03の角田さんが、とてもいい味を出していて、ギャグもありはまり役だと思いました。まさに俳優としての顔をきちんと見せていて、素晴らしかったと思いました。詩のボクシングというのが、日常の人間の営みや1、人1人それぞれの人の心の中に眠っていた思いが、広がっていく展開がとても美しいと思いました。コミカルさと熱さが、いいバランスで描かれていて、とてもさわやかないい作品集だと思いました。全体的に少し地味な印象がありますが、丁寧に作られているのが伝わってきてとても良かったと思いました。見終わった後、心が柔らかくなるような感じでした。

30代男性
30代男性

詩のボクシングという実際にある競技に、主人公たちが全力でぶつかっていく姿が興味深い作品でした。劇中では規模が小さく競技人口も少ないような感じで描かれていて、初心者の主人公たちは終盤まであまり上達するような描写は見られないのですが、技術よりも心持ちが変わっていく様子が描かれていて、体育会系のスポ根映画ではなく文科系の競技を通して人が成長していく感じが新鮮でした。ひょんなことから集められ、詩のボクシングに挑戦することになった人々は性別から年齢までさまざまで、若いから良いというわけでも年齢を重ねているから良いというわけでもなく、それぞれ独自の表現方法を駆使しながら自分で考えた詩を言葉として表していくというのも個性が見えて良かったです。本物のボクシングに打ち込むヒロイン役の武田玲奈は吃音で悩む女子高生の役を演じ、難しい役どころながらみずみずしい演技が素晴らしかったと思います。心を閉ざしてしまい人前で話すことが苦手な彼女が詩のボクシングのメンバーに加入することになり、葛藤を抱えながら挑戦していくところも見どころだと思います。言葉で自分の気持ちを表現するということは、方法ではなくてそれ自体がとても尊いことのように思えた作品でした。

50代男性
50代男性

ポエトリーエンジェルは、2017年に公開された日本の映画です。和歌山県で開催された、田辺・弁慶映画祭の10回目の記念作品として作られた映画です。主演を岡山天音さんと武田玲奈さんが務めたことで話題となりました。この作品の大まかなあらすじは、自分の将来に悩みを抱えている若者と吃音の高校生が詩の朗読競技である「詩のボクシング」を通して、成長していく過程が描かれています。この映画では、主人公たちが人間的に成長していく過程がみていて心地良かったです。特に二人の演技はとても初々しかったのが印象的です。また、「詩のボクシング」という世間では知名度が低い題材を通して、若い人たちが心の声に耳を傾けていく様子や、思っていることを素直に声で表現している様子は、清々しさが表れていました。ラストシーンで主人公が見せてくれた、決意の表情は、以前のように迷っている様子はなく、頼もしく見えて爽やかでした。なお、クラスメイトを中心とした友情も美しく描かれていたと思います。主題歌として、Mrs. GREEN APPLEの「soFt-dRink」が起用されていましたが、この曲はこの映画にとてもマッチしていて、雰囲気を高めてくれたのではないかと思います。

40代女性
40代女性

アラフォー世代です。対象世代のわからない作品であるという印象がある、飯塚俊光さんの監督作品、視点世界観どれもユニークな発想で小さな枠のなかで描いていながらも、ギャグ的で面白い作品でした。なんとなく無気力で梅農家を手伝う男、彼のアンニュイ感じはわりと好きです。そして、詩のボクシング教室の仲間たち。。世代を超えた出会いとつながりのなかで何を得ていくのか。どこかで見たことのあるような小さなコミュニティを描き、そこで主人公が変化していくという。キャストについては全てよかったです。素人と玄人の間というか、いきんでいないプロというか、演技のだるさとか、男女ともにあの空気感は好きで、今の時代にあっているようにも思えます。この監督作品はどこか反社会主義というか、生きることへの難しさ、難易度のようなものを感じさせるものが多いように思います。そのなかでも、わりとピュアで、綺麗な内容であるのでは?と思うのですが。ポエトリーのタイトルの意味が未だにわかりませんが、気だるい午後に1人でソファに座りながらゆっくりと見てもよいのでは。。個人的にアンニュイ雰囲気で、こういうタイプの主人公の演技は癒されますのでよかったです。

 

まとめ

『ポエトリーエンジェル』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました