パーフェクトレボリューション(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『パーフェクト・レボリューション』予告編

パーフェクトレボリューション(映画)の動画フルを安全に見る方法

『パーフェクト・レボリューション』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『パーフェクト・レボリューション』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パーフェクトレボリューション(映画)の内容

映画『パーフェクト・レボリューション』は、2017年9月に公開されました。

企画・原案は、講演やイベントなどさまざまな活動を通じて、障害者の性を訴えつづける活動家・熊篠 慶彦さん。彼の実話をもとに脚色を加え、『最後の命 』の松本准平さんが監督・脚本を務めました。

本作は、【身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい!】重度の障害者への誤解を解くために活動するクマと、彼に恋をする精神的な障害を抱えたピンクの髪の美少女ミツの物語です。

主人公のクマを演じるのは、『万引き家族』など話題作に出演し、数々の映画賞に輝いてきたリリー・フランキーさん。そして、彼に恋をするミツを演じたのは、『 TOKYO TRIBE 』のヒロイン役で脚光を浴び、同作で見事なアクションも披露した清野菜名さん。ふたりの恋をそばで見守る仲間たちを小池栄子さん、岡山天音さん、余貴美子さんら、演技派のキャストたちが演じております。

健常者として生きている身として、観ていてハッとさせられる部分も多々ありました。また、愛って深いなとも思った作品です。

互いを必要として惹かれあっていき、ただの恋やセックスに留まらないで、互いを理解して支えよう、受け入れていこうという愛の映画になっていたと思います。
冒頭からリリーさんと清野さんに心を鷲掴みにされたので、物語の飛躍はあまり気にならず、恋愛映画、エンターテイメントとして面白い映画でした。

平等とは言いつつも気がついたら障害者を自分の価値観で見てしまっている自分を見直せました。是非多くの方に観てもらいたい作品。

清野菜名さんこんな演技もできるんだ!幅が広い演技をなさる女優さんですね。リリーフランキーさんも相変わらずどんな役をやらせてもハマりますね!非常に良かったでした!

物語やストーリー展開などはもちろんですが、特にリリーさんと清野さんの演技が絶賛されておりました。

劇中に流れる銀杏BOYZの名曲「BABY BABY」は、リリーさん自らが、銀杏BOYZの峯田さんに使わせてくれないか?とオファーしたそうです。楽曲の世界観がクマとミツの関係性を見事に表現しております。さらに、作中に時々見える絵がありますが、リリーさんと原作者の熊篠さんは以前から親交があり、NPOを立ち上げた際にリリーさんがデザインしたものだそうです。映画で登場させるのは、なかなか面白い計らいだと思いますし、より作品を盛り上げてくれています。

リリーさんの今までの親交の深さが、本作をさらに最高の作品へと仕上げております!

あらすじ

幼い頃に脳性マヒを患ったクマ(リリー・フランキー)は、手足が思うように動かせず車椅子で生活をしていました。彼は、セックスに対しての関心が強く、身体障害者にとっての性への理解を世間に理解してもらう活動をしています。

そんなある日、クマは障害者の性について扱った「たった5センチのハードル」という本を出版し、その出版記念の講演に立っています。そこで、ピンクの髪の美少女・ミツ(清野菜名)と運命的な出会いをします。

風俗嬢として働くミツ自身もまた、人格障害という重い障害を抱えていました。ミツは、生き生きと過ごすクマに感銘を受け、自分たちのような人間が幸せになれることを証明したいとクマに持ちかけ、2人は究極の愛を育んでいきます。

見どころ

リリー・フランキーの名演技

いい加減で弱そうだが、魅力に溢れた主人公のクマを演じたリリー・フランキーの演技は、全編を通してやはり印象に残りました。

日常的な車いす生活をしているため、常に人から見下ろされており、また自身は人を下から見上げることに慣れてしまっている、その眼差しと表情が実に見事です。

障害者=可哀そうという世間の勝手なイメージに対して、自分は「ただの生きている人間だ」と、カッコつけずにふるまう姿は、逆に観客に対して障害という問題を雄弁に語りかけているかの様でした。彼だから出来た名演技だと思います。

清野菜名の成長振り

本作の約半年前に出演していた『暗黒少女』では、残念ながら他の女優の個性に押されてしまい、イマイチ印象に残らなかった彼女ですが、その後はCMやドラマに出演するなど活躍の場を増やしておりました。

そして、本作でミツを演じましたが、障害者同士のSEXシーンや、突然狂暴になって感情を爆発させるなど、非常に難しい役柄に果敢に挑み、しっかりとミツという役に生命を吹き込んだおりました。見事な成長振りを見せ、しかも成功させているのはさすがです!

難しいテーマを扱いながらも、主演の2人の演技に没頭し、純粋なラブストーリーとして楽しめる本作を全力でオススメします!

スタッフ

原案:熊篠 慶彦「たった5センチのハードル」
監督・脚本:松本 准平

キャスト

熊代 嘉浩:リリー・フランキー
通称クマ。脳性マヒにより全身が不自由。障害者の性について扱った「たった5センチのハードル」という本を出版している。

塩満 涼子:清野菜名
通称ミツ。クマの出版記念の講演に参加し、クマの言葉に感銘を受けて一目惚れをするヒロイン。

恵理:小池栄子
嘉浩のヘルパーさん。クマとミツの恋を応援している理解者。

悟:岡山天音
恵理の夫。恵理と同様、良き理解者。

晶子:余貴美子
涼子の母親代わりの占い師。

 

『パーフェクト・レボリューション』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パーフェクトレボリューション(映画)の感想

30代男性
30代男性

「パーフェクト・レボリューション」は、いろいろな意味で身体障害者への印象が変わった映画だったように思います。この作品に登場する主人公は手足に障害を負っていて、車いすでの生活となっているのです。車いすに乗っているという状況から見れば身体障害者には見えるものの、そこを除けば身体障害者であるような雰囲気をほぼ感じさせないように見えてきます。障害を持っているという部分は通常ネガティブに感じるような要素じゃないか?と思うのですが、この映画の主人公はそういう面をあまり見せません。彼が出会った女性も含めて、ポジティブな面がかなり溢れていた気がします。だから、そういう部分を見せられて、映画ではあるものの、私が抱いていた身体障害者に対するイメージが変わったような感覚はありました。障害それ自体はネガティブかもしれませんが、人は誰しも悩みなどのネガティブな面を抱えているので、結局はその1つでしかないと思うのです。悩みを抱えているのは健常者も障害者も同じですし、むしろこの主人公は特定の健常者と比べたら楽しく生きてるんじゃないの?くらいの状況に見えました。健常者と障害者という言葉の区別はあるものの、この2つの差ってなんなんだろう?という感覚が芽生えてきた作品でした。

30代女性
30代女性

身体障害者の中年男性クマと人格障害を患っている25歳のミツとの恋の物語です。中年のおじさんと20歳近く若い女の子との恋だなんて、見てて恥ずかしくなりそうだな、と思いながら見始めましたが、結果面白かったです。お互い何かしら障害を持っているけど、根っから明るいミツの性格と、最初はミツに引いているもののどんどんミツの明るさに惹かれていくクマの様子を見ていると微笑ましく、この二人なら障害があったとしても乗り越える事ができそう!と、途中までは見てる私まで明るい気持ちでになれる内容でした。しかしどんどん人格障害を持つミツの感情に浮き沈みが出始めて来て、見てて気持ちが痛くなってきたり、このまま二人は引き離されてしまうのかな?、とハラハラする出来事も起こりますが、最後は思ってたよりあっさり終わったかな?、という印象が残りました。とはいえ、「例え障害者だとしても自分達の人生は自分達で決める権利があるんだ!」、という強いメッセージがこの映画には含まれているように思いました。あと、クマを演じるリリーフランキーさんの演技が身体障害者という設定だったにも関わらず、とても名演技でハマり役だったと思います。身体障害者の方の思いをリリーさんが忠実に再現されているように思えました。

 

40代女性
40代女性

フィクションかと思いきやノンフィクションでした。熊代さんへの興味が湧きました。「たった5センチのハードル」読んでみたいです。身体障碍者で歩くことが出来ないクマ・人格障害をもっていて日常を普通に暮らすことが難しいミツ、でも二人は底抜けに明るいのです。だからこそ、見ていたらなんだかハッピーな気持ちが湧きました。困難にぶち当たったって二人で乗り越えていけばよいだけ、そんな単純な問題に思えます。5センチどころか何メートルもの高さで健常者も難しいハードルだって、彼らなら大丈夫でしょう。障害者というとそれだけで一つの人格のようにとらえてしまっていました。なので恋もするし性欲だってあるという当たり前のことにようやく気付かされたのです。悪人もいるでしょう、障害者だからと線引きしていたら本当の出会いは得られない気がします。メッセージ性の強い映画ですが、押し付け感はありません。それよりも普通に二人の魅力的な姿をワクワクしながら見ていたという感じでした。道徳の授業とかも妙に堅苦しくせずにこんな感じで良い気がします。そうすれば障害者と健常者という線引きがされることもなし、だって同じ人間であり足が動かないとか個性の一つです。

30代男性
30代男性

身体障害者として車椅子生活を送る主人公クマと、風俗嬢であるミツが愛を育んでいく物語ですが、いろんな社会的問題を反映した映画ですね。クマは身体障害者の性の問題について取り組んでいるのですが、これは現実社会でもなかなか世間の人々に関心を持ってもらえない問題です。たとえ身体機能に障害を負っていようと、人間の本能として健常者と同じように性欲は持ち合わせている訳ですから。最近は「セックス・ボランティア」「性介護」といった言葉が登場し、実際に活動している団体も存在しているようですが、まだまだ世の中の認知度は低いと思います。どうしてもタブー視されやすい問題ですから、このような問題が全く認知されていなかった昔の障害者の方々は大変に苦悩されたのだろうと想像してしまいます。そんなクマに惚れたミツは、こちらもかなり危なっかしい性格の持ち主で、一種の人格障害なのかも知れませんが、真剣とクマとの愛を育もうと奮闘する姿勢が健気でした。こういった問題を解決する上、最大の壁となるのは世間の無関心だと思いますので、このような映画を通じて、問題の存在そのものを知ってもらうことが大切でしょう。またミツを演じた清野菜名さんは、アクションを上手くこなす女優さんというイメージが強かったのですが、この作品では非常に純真で奔放な女性を演じていて、演技の幅の広い役者さんだなと感心させられました。

50代女性
50代女性

リリー・フランキーさんが、重度の身体障害があるクマを、さすがの演技力で見事に演じていて、素晴らしかったと思いました。存在感がすごかったです。清野菜名さんが、人格障害を抱えた風俗嬢のミツを熱演していて、とても良かったとしてもました。障害者だからということにしばられずに、自分たちがやりたいようにやり生きたいように生きる2人の姿は、とてもカッコいいと思いました。恋愛していく過程で、クマがミツを見つめる表情がどんどん愛情深いものに変化していくのが、とても素敵だと思いました。小池栄子さんが、とてもいい演技をしていて、良かったと思いました。この人が出演しているだけで、作品全体がしまるいい女優だと思います。さまざまな困難にあう2人ですが、クマのポジティブさとミツの笑顔は、苦しさを全く感じさせず見ているほうが、元気をもらえました。最初から最後まで引き込まれてしまい、見終わった後は明るい気持ちになれる映画でした。2人には本当に幸せになって欲しいと思いました。実家へ行った2人が、結婚を回りから猛反対されて、やり取りするシーンは迫力の演技ですごかったです。社会にはどうしてこんなに偏見や差別などがあって、なくならないのだろうと切なくなってしまいました。

20代男性
20代男性

松本准平監督の耽美感あふれた2017年のラブロマンス作品です。リリーフランキー、清野菜名、小池栄子らといった華があり、大人の色気があるキャストで固められ、世界観を確固たるものにしています。作品全体を通して大人向けのビターテイストのストーリーが展開されていきます。障害、愛、性を巧みにテーマとして扱い、どんどんと物語が進んでいきます。台詞や演出も衝撃的なものがおおく、ただのラブロマンスでは到底すみません。さまざまな登場人物の思惑と、愛が複雑に絡み合っていく様が凄まじいです。日本人らしい泥臭さを感じさせるほどです。心理描写も徹底していて、見ている側を沼に引き摺り込まんばかりの勢いを感じます。日本の作品はここらへんを疎かにして残念になりがちなのですが、この作品はそんなことはまったくありませんでした。これだけ濃いストーリーの中にハマれるのは細かいところの努力がしっかりしてるからなんだろうと思います。ラストに向けての展開、エンディングも衝撃的なので最後までハラハラドキドキしながら見進められます。最後のどんでん返しを見たときあなたはどんな声を出すのか非常にたのしみです。キャスト陣のファンはもちろん、サスペンスやラブロマンスが好きな方は是非!

 

まとめ

『パーフェクト・レボリューション』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

清野菜名のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 一期一会 ~キミノコトバ~

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました