ピーチガール(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
『ピーチガール』映画×コミック スペシャルムービー

ピーチガール(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ピーチガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ピーチガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ピーチガール(映画)の内容

映画『ピーチガール』は、2017年5月に公開されました。

原作は、上田美和さんによる少女漫画で、単行本は全18巻発売され、総発行部数は1400万部を超えています。2001年にはテレビドラマが放送され、日本では、2005年にテレビアニメとして放送しています。

監督は、「モテキ」「バクマン。」など大根仁作品でチーフ助監督を務めた神徳幸治さん。ギャル風な見た目から誤解されやすい女子高生・安達ももと、ももが中学時代からずっと好きなとーじ、ももに興味を抱く学校一の人気者のカイリ、もものものを欲しがる小悪魔女子・柏木沙絵が織り成す恋愛模様を描いた作品です。

主演の安達もも役には山本美月さん、人気者のカイリ役にはHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんが演じ、ももがずっと好きなとーじ役に真剣佑(現・新田真剣佑)さん、小悪魔女子の柏木沙絵役に永野芽郁さんなど旬な俳優が勢揃いしています。

 

まさに少女漫画の世界でキラキラしていました。キャスト陣が初々しくて良かったですよ。原作を知らないんですが…ハッピーエンドで癒されました。期待していなかったけど、伊野尾くんがとても良かったですね。次はシリアスな役も見てみたい。彼はシリアスな役の方がより魅力的なように思います。

伊野尾慧と新田真剣佑の男性陣の2人が良い人すぎる役でした。主演の山本美月の役はフラフラしすぎるし、永野芽郁はこんなに根性悪い人はいないのというぐらいの性格の悪い役でビックリしました。ストーリーは若い男女のくっつき、別れの繰り返し。しかし永野芽郁は可愛いかった

永野芽郁がすごく良かった。悪い役のイメージがなかったから、そっちもいけるんだなと思った。どんな役でもいけるんだね。

○○君かっこよかった!って言う感想をしたくないけど伊野尾がめっちゃ可愛かった!原作を読み、この作品は普通の少女漫画とは違うと思いました。映画でも同じようになっていましたが、少し原作とは異なる部分もあり、少し残念にも思いましたが、映画の脚本も面白かったです。山本美月は主人公のももにピッタリで、ももを演じられるのは山本美月だけだと思う。カイリもとーじも紗英も同様。カイリが悩んでいる所をあれで再現した所が凄いと思った

あらすじ

以前は水泳部に所属していた高校生の安達もも(山本美月)は、日焼けした肌に塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から遊んでいると誤解されてしまいますが、中身は超ピュアな女の子。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいました。

ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリこと岡安浬(伊野尾慧)とキスをしたという噂まで流されてしまいます。一方、ももの同級生の沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でも沙絵の本性は、ももが欲しいものを欲しがる最強最悪の小悪魔!ももが中学時代からずっと、とーじ(真剣佑)を好きだったことを知ると、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかけます。

ももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリでした。全くタイプの違うカイリと、とーじ。2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてこの予測不能な恋の結末は…!?

見どころ

伊野尾慧の初主演映画

伊野尾さんは本作が映画初出演で初主演作となりました。伊野尾さんが演じたカイリは、チャラ男風だけど、実は繊細な心の持ち主で、ももを元気づけるシーンでは、テンションはかなり高めで演じています。

カイリは大好きなももの幸せを願う役どころでしたが、実際の伊野尾さんはというと、そんなのムリ!だそうで、好きな人がほかの男性と結ばれるところは見ていられないそうです。そんな普段、バラエティー番組や朝の情報番組などで見る伊野尾さんとは違った姿が見られるカイリ役に注目です。

悪女・永野芽郁

鑑賞した方のコメントにも多くありましたが、永野芽郁さんの悪女の演技が素晴らしく憎たらしく仕上がっています。永野芽郁さん演じる柏木沙絵は、ももとカイリと、とーじの三角関係をかき乱す同級生役。

沙絵の最凶極悪シーンとしてランキングされるほど数多く悪さをします。演じた永野芽郁さんも「全部最低だと思う」という沙絵の悪事は見どころです。

スタッフ

原作:上田 美和「ピーチガール」
監督:神徳 幸治
脚本:山岡 潤平
音楽:蔦谷 好位置
主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」

キャスト

安達 もも:山本 美月
主人公。見た目はガングロコギャルだが、実は純粋でマジメな女子高生。

岡安 浬:伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP)
学校一のモテ王子。

東寺ヶ森 一矢(とーじ):真剣佑(新田 真剣佑)
ももの中学時代からの同級生。

柏木 沙絵:永野 芽郁
ももの同級生。恋の邪魔者と化す小悪魔。

安芸 操:本仮屋 ユイカ
ももたちの学校の保健室の先生。

岡安 涼:水上 剣星
カイリの兄。

岡安 崇史:升 毅
厳格なカイリと涼の父親。

安達 桜子:菊池 桃子
ももの母親。

大路 吾郎(ジゴロー):菊田 大輔
ハンサムで優しい売れっ子モデル。

 

『ピーチガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ピーチガール(映画)の感想

50代女性
50代女性

山本美月さんが好きなので映画を観に行きました。ジャニーズも好きなので、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さんともW主演というのも気になりました。山本さんは話題の小説の映画化『桐島、部活やめるってよ』で初めて見ました。その時は可愛い顔をしてるけど、頬がコケてて余り可愛いとも思えませんでした。伊野尾慧さんはV6の岡田准一さんお墨付きの可愛さは20代後半の今でも健在ですね。極端に日焼けを避けて登校するももちゃん。学校一のモテ男でいつもたくさんの女の子がまとわりついてるカイリはももちゃんが好き。ももちゃんはとーじが好き。ももの親友のサエもとーじが好き。綺麗なお顔をした若い子の映画はキラキラ眩しい。もうストーリーなんかベタでどうでもよく思ってしまいます。私が永野芽郁ちゃんを好きになれないのは、たぶんこの映画を観てからだと思います。読者モデルをしてる可愛い子なのに、脅しのようなネタを仕込んでとーじと付き合うサエ。典型的な悪女でした。底抜けに明るいモテ男のカイリにも陰りがあったりと少女漫画の世界観にどっぷりと浸かりました。目の保養には今時の若者の映画は最適です。強いていえばももちゃんの山本さんととーじの新田真剣佑さんの高校生はちょっと旬が過ぎていたかもと思いました。恋する夏の高校生は眩しいと言うお話でした。

30代女性
30代女性

演技がどうだとか、漫画の実写化はどうだとか、そういうことは抜きに、難しく考えなくて単純に面白い!つい、何回か見てしまうほど。ずっと最初から最後まで、三角関係の恋愛モノを満喫できたなぁと思えましたよ。キャストが、ヒロインに山本美月、三角関係になる相手に伊野尾くんと真剣佑、すごい小悪魔の友人に永野芽郁と、いいメンバーじゃないですか!中でも、真剣佑はかっこいい!これは、やばかった。初めて真剣佑の恋愛系を見たのですが、これはかっこいいわぁと思いました。こんな目をするんだ、と、最近一番のドキドキ。何回でも見てしまうと先に言いましたが、何回も見たのはほとんど真剣佑のシーンです。真剣佑はヒロインが中学のときから思いを寄せていた相手トージの役。実は両思いだったのが分かり付き合うことになる男子なんですが、爽やかで男らしくて本当素敵。目線、話し方、振る舞い、すべてにおいてかっこいいですよ。これは見てみる価値あります。伊野尾くんは、学園イチモテる調子のいいかわいい王子キャラ。カイリ。愛くるしいあの表情と抜けたふんわりした声、なんか見てるだけで、これはエンターティメントとして、ありだなって思えてきます。見た目茶髪で、派手でチャラチャラしていそうなヒロインのももちゃんは、全然そんなことがない。むしろ、ももといつも一緒にいるさえのほうがもて人気ありそうなんですが、その友人じゃなく、2人のイケメンから好きになられるっていうのがいいです。中身を見てくれているっていうのは、嬉しくなります!ももちゃん、トージ、カイリみんないい奴なんです。唯一、友人のさえが、すっごい悪い女子。意地悪だし、ももに対してやることがえげつない。でもそんな悪もちゃんとバレ、いい子がちゃんと幸せになる映画です。ストレスなく見れます!

 

40代男性
40代男性

原作のファンだったので、どれくらいイメージ通りに映画化されたいるのか気になって鑑賞しました。キャストだけを聞いていると、何だかイメージを崩されそうな気もしましたが、実際に見てみるとそんなことはありませんでした。濃厚な内容であるにも関わらず、どうにか2時間でまとめていたのは素晴らしかったと思います。スピーディーな展開にならざるを得ないですが、特に違和感もなくすんなりと観ることができました。主演の山本美月さんの演技も良かったのですが、個人的には永野芽郁さんが良い演技をしていたと思います。これまでは清純派の優等生役が多かった印象でしたが、悪役もできるということが証明され、新境地を開たのではないでしょうか。コメディっぽくて笑えるシーンもあったり、原作のままの展開があったりと、観ていて飽きることなく楽しむことができました。原作もキャラクターそれぞれの個性がかなり強めでしたが、実写化のみなさんもキャラクターが立っていてとても良かったのではないかと思います。高校生の初々しい恋愛を垣間見ることができたのも、個人的には嬉しかったです。逆に高校生らしからぬ展開もあったりして、面白おかしく拝見させてもらいました。

 

20代女性
20代女性

もも役をガングロギャル感の全くない山本美月さんが演じられることに最初はびっくりしましたが、実際に映画をみたらもも役がとてもあっていました。最初の頃はとーじのことが大好きなのがすごく伝わってきて、とても可愛かったです。さえが邪魔をしているからしょうがないのかもしれませんが、ももととーじがすれ違ってしまうところが悲しかったです。もものためを思って距離をおいたけど、もものことがやっぱり好きで、カイリと幸せそうにしている姿をみると、やっぱり自分のそばにいてほしいと思ってしまう。それがすごくわかるので、辛いときにそばにいてくれたカイリもいいけど、昔からずっと好きだったとーじと一緒にいるももの未来もみたいなと思ってしまいました。でもカイリのようにもものことをよく見ていて優しく、自分のことを1番大切に想ってくれる人を、自分も大切にできることが幸せなのかなと思いました。さえのかわいいけど、ももがよいと言ったものを横取りするなどの憎たらしい感じを永野芽郁さんがうまく演じられていてすごいなと思いました。自分が1番可愛くて、人のものも平気でとっていたさえも自分が痛い目にあってはじめて人の気持ちが少しはわかるようになったのかなと思います。

 

20代男性
20代男性

非常に面白く共感できる内容となっています。特に、台湾でドラマ化され話題を生んだ作品だからこそ展開がよく見ごたえがある映画となっています。純粋な物語となっていますので、幅広い世代の人が楽しめるようなないようでもあります。学生時代の青春を思い出されるような展開にもなっていますので、ハラハラドキドキします。ギャル風の女子高生ということも今の時代に合っている設定になっています。そして、男性は学校一のモテ男でした。全く違うタイプうが繰り出す物語は非常に魅力的になっています。監督など作成者も非常にクリエイティブな人材でした。見どころや落としどころが上手な監督で面白い作品になっていました。青春映画ですので、見ている方も若返りになるような展開でもあります。さらには、キャストの実力が高く非常に魅力的な出演者が多かったです。さらには、コミックで人気作品となっていることもあり、話の展開が上手に作られていますので見ごたえはたっぷりです。純粋なラブストーリーとなっていますので、ぜひラブストーリーに興味ある人は見てもらいたい作品となっています。ラブラブな姿が忠実に再現されていますので見ている方が恥ずかしくなるような展開です。

30代女性
30代女性

山本美月さん、永野芽郁さん、伊野尾慧さん、新田真剣佑さんのキラキラした友情と青春のラブコメディかと思っていたら、意外にも青春映画のヒロインになりそうなピュアな印象の永野芽郁さんが悪役で驚きました。正直こんなに演技ができる女優さんだとは知りませんでした。ピュアな人気者の可愛らしい女の子とう裏では友達の不幸を楽しむ小悪魔的な二面性のある役を上手に演じていました。白目の演技は見事でした。ストーリーは山本美月さん演じる主人公の安達ももの心の揺れ具合が少し気になりましたが、それも青春と思えば笑って泣けるラブコメディとして楽しめました。山本美月さんと新田真剣佑さんの制服姿は反則です。その2人を見ているだけでも癒されました。伊野尾慧さんは明るくポジティブでちょっとあざと可愛い感じの役がハマっていました。新田真剣佑さん演じるとーじも伊野尾慧さん演じる浬もどちらも素敵で、どっちにしようと主人公と一緒に悩みながら観るとより楽しめます。青春映画にありがちな胸キュンシーンも満載で、とーじがももに「行くな」と言って抱き寄せるシーンはドキドキでした。個人的には主人公もものお母さん役の菊池桃子さんが可愛らしくて好きでした。

50代女性
50代女性

山本美月さんが、純粋で真面目なのにギャル風な外見のせいで、回りから誤解されてしまう安達ももを熱演していて、とても良かったと思いました。カイリととーじの2人の間で揺れ動く微妙な心情を上手く演じていると思いました。永野芽郁さんが、ももが欲しがる物を全て横取りしようとする柏木紗絵を、いい味を出して上手く演じていて良かったと思いました。ここまでやるの?ということまでやっていて、体あたりで演じていてすごかったです。こんな役もできるんだと、驚きました。やってることはかなりひどいことなのに、なぜか憎めず引き込まれてしまうのは永野芽郁さんが、魅力的だからなのではないかと感じました。これからもいろいろな役を演じて、力をつけていって素敵な女優さんになって欲しいと思いました。やっぱり可愛いかったです。伊野尾慧さんが、学校一のイケメンでモテ男を熱演していてとても良かったと思いました。真剣佑さんが、シャイで硬派なとーじを自然体で演じていて、とても良かったと思いました。YUKIやいきものがかりという、ストーリーを盛り上げる楽曲が満載で良かったと思いました。恋愛要素がたくさんで、青春のキラキラした感じが伝わってきて良かったです。

20代女性
20代女性

学生時代に原作が流行っていて、懐かしかったので見てみる事にしました。まず配役が全員イメージと異なるので違和感が大きかったです。山本美月さんは清楚な印象なので、もっとギャルっぽい子にしてほしかったです。どこにでもあるような内容なので、特別「面白い」とは言えないのですが、青春恋愛映画というのはリラックスしながら見れるので良いですね。登場人物の全員がしっかり活躍してくれていたので見ごたえはありました。またそれぞれが良くも悪くも個性的なので、どのシーンも良かったです。デートのシーンや照れている表情が可愛いので、キャストのファンであればキュンキュンしながら見る事が出来るでしょう。さえちゃんは漫画でもイライラさせてきましたが、映画でも健在でしたね。どうして騙されてしまうのか不思議でなりませんが、私も昔は悪魔のような女性に憧れたものです。恋愛中心になると傷ついたり癒されたり、自分を失ってしまいます。あまり好きな相手に入れ込みすぎない事が大切だなと、この手の作品を見るたびに思いますね。私もこういう山あり谷ありな学生時代を過ごしてみたかったです。評判は良くないみたいですが、テンポは悪くないので最後まで飽きずに見る事が出来ました。

30代男性
30代男性

映画「ピーチガール」は、2017年に公開された作品で、上田美和さんの少女漫画が原作です。山本美月さん、伊野尾慧さん、真剣祐さん、永野芽郁さん、本仮屋ユイカさんら豪華な出演者で、原作の漫画は見たことがなかったですが、とても面白く男性が見ても青春、恋愛はいいなと思える作品でした。山本美月さんは、安達ももを演じていて、外見がギャルで周囲から誤解される役どころで、伊野尾慧さんは、カイリ役を演じて、学校一のプレイボーイと呼ばれるモテる男性役でした。ももはカイリに対して最初は良い印象を持っていなかったのが、カイリの優しさに徐々に惹かれていくという少女漫画らしい展開でとても面白かったです。伊野尾慧さんの普段はテキトーそうに振舞っていて、守る時にはももをしっかり守る姿は男性目線から見てもモテるだろうなと思うような演技でした。真剣祐さん演じるとーじは、硬派なイケメン役で、とてもかっこよかったです。永野芽郁さん演じる紗絵は、ももの友人でもありますが、ももの幸せを陰で妬んでおり、裏でももの幸せを邪魔するというのが、面白かったです。高校生の青春を描いた作品で、自身の高校生活を思い出せるような恋愛映画で、とても面白かったです。

20代女性
20代女性

元々伊野尾くんが大好きで彼目当てで見に行きました。彼含めメインキャストの4人、ヒロイン安達ももを演じた山本美月ちゃん、ヒーロー岡安浬を演じた伊野尾慧くん、もものクラスメイト柏木沙絵を演じた永野芽郁ちゃん、ももの中学時代からの同級生東寺ヶ森一矢を演じた新田真剣佑さん、4人とも大好きで私にとっては豪華すぎるキャストでした。作品中もそれぞれが全く違うキャラクターを演じていて見ていて楽しかったです。特に芽郁ちゃんは普段かわいいヒロイン役を演じているイメージがどうしても強かったので、今回の沙絵の小悪魔ぶりっ子キャラは新鮮でしたが、とても自然でさすが芽郁ちゃん演技力高いなと思いました。いつも恋愛映画を見ていると(特にキャストさんが好きな女優さんや俳優さんだと)役に感情移入してしまうんですが、この作品は特にそれが強かったです。一番はかいりのももに対するまっすぐさに胸をうたれました。最初は学園のチャラ王子、という感じでももに対して強引にアプローチを仕掛けるかいりが、物語が進むにつれてももの幸せを願うようになっていくのがほほえましかったです。最後の最後までかいりかとーじ、どっちをももが選ぶのか、ドキドキハラハラしました。

 

まとめ

『ピーチガール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

山本美月のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • U-NEXT presents 君と会えた10+3回
  • U-NEXT presents あと3回、君に会える
  • ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~
  • いだてん~東京オリムピック噺~
  • アオイホノオ

 

伊野尾慧のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ピーチガール

【ドラマ】

  • 家政夫のミタゾノ
  • 家政夫のミタゾノ 第3シリーズ

 

永野芽郁のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました