パラレルワールドラブストーリー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『パラレルワールド・ラブストーリー』予告編90秒 5月31日(金)全国ロードショー

パラレルワールドラブストーリー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『パラレルワールドラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『パラレルワールドラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パラレルワールドラブストーリー(映画)の内容

映画『パラレルワールドラブストーリー』は、2019年5月に公開されました。

原作は、1995年に単行本と1998年に文庫本が発売となった東野圭吾さんの『パラレルワールドラブストーリー』で、累計発行部数150万部を超える大ベストセラー小説です。

主人公が恋人と幸せな日々を送る世界と、恋人が主人公の親友と交際している世界が並行する物語を描き出した作品です。2つの世界で翻弄される主人公の青年・敦賀崇史役には、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが、恋人・津野麻由子役には吉岡里帆さんが、親友・三輪智彦役には染谷将太さんが扮しています。ほかにも、筒井道隆さん、清水尋也さん、石田ニコルさん、田口トモロヲさんなどが出演しています。

監督を務めるのは、「宇宙兄弟」や「聖の青春」などの映画監督やテレビ番組、CM作品、演劇作品などの演出も手がける森義隆さん。脚本は、様々な話題作の脚本を担当するほか、小説家としても活躍している一雫ライオンさんが担当しています。

 

原作を読んで2つの世界が混じっていて理解できなかったので映画ならと思い鑑賞したけど、やっぱり難しい。玉森&吉岡が恋人の世界と、染谷&吉岡が恋人の世界。ストーリーが進むにつれてどちらが現実なのか、なぜ2つの世界が存在するのか、映画の世界に引き込まれてあっという間でした。玉森の迷う姿、染谷の不気味な存在感、吉岡の可憐だけど何かを企んでるような表情など目が離せない。主題歌 宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」もいい!

小説はミステリーの要素が強かったけど、映画ではミステリー要素よりも登場人物の気持ちの動きに焦点が当てられていたような気がします。ラストシーンで、玉森さんと吉岡さんが交差点ですれ違い、お互い振り返るもそのまま別れて歩いていくところが最高によかったです。運命を感じずにはいられない微妙な終わり方…そのシーンを追いかけて流れる宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」が最高だった。

展開が分かったけど、予想を超える部分もあって面白かった。ファンタジーではなく、現実味があるストーリーだったのがとても良かった。時系列がとても分りにくかったので、もう一度観たいと思った。

魅力的なキャストだし、面白そう!というだけで観てみたけど、話についていくので必死でした。あまり気持ちいい話ではなかったかな。悪くはないです。玉森くんは影のある役が似合いますね。

あらすじ

大学院を首席で卒業する頭脳の持ち主でスポーツも万能な敦賀崇史(玉森裕太)と、崇史の中学時代からの親友で足が悪く、子供の頃に友だちがいなかった三輪智彦(染谷将太)は、最先端研究を行うバイテック社に入社し、研究所のカレッジで研究に取り組んでいました。そんな2人はお互いを尊敬し合う良きライバルで、二大天才とも呼ばれていました。

ある日、崇史は、智彦が紹介したいと連れてきた恋人の津野麻由子(吉岡里帆)が、学生時代に並行して走る電車で見て、人知れず思いを抱いていた女性だったことに驚きます。

ある朝、崇史が目覚めると自分の部屋で朝食を作っている麻由子の姿が。崇史の記憶の中では彼女は崇史の恋人で、智彦に紹介された2人は付き合っていたのです。しかし、崇史は智彦が消えたことに疑問を抱き始めます。

麻由子が「親友の恋人」である現実と、「自分の恋人」である現実。2つの世界で崇史は翻弄されていきます。目覚めるたびに変る世界を体験し、混乱する崇史の前には、2つの世界を繋ぐ謎の暗号が現われます。そして崇史は、驚愕の真実と向き合うことになります。

見どころ

ハラハラする謎解き

本作は、謎を解くというミステリーですが、誰かが死ぬとか、殺人事件が起きるというサスペンス要素はありません。人間の感情と恋愛で行われる謎解きで、パズルがはまるだけでなく感情が伴って、ハラハラドキドキさせられます。

もう一回見たくなる作品

森監督曰く、もう一回観たくなる作品を目指したというだけあって、鑑賞した方のコメントにも「もう一回観たい」という声が多くありました。

なぜ、もう一回観たくなるのかというと、初めて観た時とは違った感じ方ができるから。登場人物の表情も観る人の気分で変化が感じられるように作られているようです。

スタッフ

原作:東野 圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」
監督:森 義隆
脚本:一雫 ライオン
音楽:安川 午朗
主題歌:宇多田 ヒカル「嫉妬されるべき人生」

キャスト

敦賀 崇史:玉森 裕太(Kis-My-Ft2)
バイテック社に入社し所属研究所のカレッジで智彦とともに研究に取り組んでいる。

三輪 智彦:染谷 将太
崇史と中学から大学院まで一緒で親友。足が悪い。内向的で子供の頃には友だちがいなかった。

津野 麻由子:吉岡 里帆
崇史と智彦の後輩としてカレッジに入る。智彦の恋人で、崇史の恋人でもある。

小山内 譲 : 筒井 道隆
カレッジで崇史の教官。

桐山 景子 : 美村 里江
カレッジで崇史と同じ班の先輩研究員。

篠崎 伍郎 : 清水 尋也
カレッジで智彦と同じ班に所属。智彦を心酔している。

柳瀬 礼央 : 水間 ロン
カレッジで崇史と同じ班に所属。篠崎と仲が良い。

岡田 夏江 : 石田 ニコル
崇史の遊び仲間。

須藤 隆明 : 田口 トモロヲ
カレッジで智彦の教官。

 

『パラレルワールドラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パラレルワールドラブストーリー(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

最初から頭フル回転で、終始ハラハラドキドキするストーリー展開でした。原作を読んだことのある友人は、淡々とストーリーが流れていて展開が早かったので、原作を知らない人には難しいのではないか、と言っていましたが、原作を読んだことのない私はそんな風には感じず、むしろ次々と訪れる問題やシチュエーションに、どんどん吸い込まれていきました。頭や集中力を使いながら、最後はどんな展開になるのか予想もつかない程どんどん物語は進み、え?どうなった?何?と、必死についていく感じがとても楽しく、久しぶりに見ごたえのある映画に出会ったな、という感じです。ストーリー展開や映像は、シリアス感が出ており、その演出がこの映画をいい意味でより重く、また視聴者をドキドキさせる工夫だったのではないかと感じました。主演の玉森くんの演技も驚くほど素晴らしく、今まで見た作品の中でいちばん良かったです。また吉岡さんと染谷さんの演技も非常に良く、3人が作り出す世界観やバランスが作品と合っており、違和感なく見ることができました。原作を読んだことない人にもおすすめです。私は見終わった後に、ここどうだったっけ?と、気になることがたくさんあったのでDVDで何度も見てしまいました!

30代男性
30代男性

毎朝の通勤時に同じ時間の電車の同じ車両に乗り、同じドアの所に立つ主人公の目的は並走する電車にいる憧れの相手であり彼女もまた何故か毎朝そのドアの所にいるという運命的な場面から映画は始まります。映画タイトルが表示された後、主人公の友人とヒロインが結ばれているシーンと主人公自身が無事に結ばれて同棲しているシーンという真逆の事実が連続的に映し出され物語は始まりこの後どう展開していくのか想像が付かず非常にわくわくさせられます。この映画の結末を解き明かす大きな謎は二つ存在しそれは過去と現在という時間軸です。物語の時間軸は主人公とヒロインが結ばれている事実を基に進み主人公が日常に潜む違和感に気付いていき過去を回顧したり回想シーンが何度も流れるのですが、同じ場面であるにも関わらずに主人公とその友人の立場が逆転している二つの既成事実が流れ題名のパラレルワールドという要素が強くなっていきます。もう一方で謎を強めるのが友人が回想シーン以外では全く登場しないという点です。主人公もこの物語の核心に次第に迫っていくのですが、この部分に関しては過去や複数あるように見える事実とは切り離された現実時間の中で進んでいく為、逆にパラレルワールドという要素が弱まり前述の過去の部分との対比が生まれることで真実に奥深さが出ています。最後には物語の真実と共に終始控えめに表現されていたヒロインの複雑な心情が混じり合い単なるサスペンス的要素だけでなく人情的かつ感情的な部分が描かれています。非現実的要素であるパラレルワールドというものをどう表現するかに注目していましたが見事に表現されており、同時にラブストーリーという言葉をタイトルに入れたことも非常に納得させられました。

30代女性
30代女性

CMで聴いた宇多田ヒカルさんの主題歌「嫉妬されるべき人生」がとても耳に残り、観に行くことを決めた作品です。東野圭吾さん作品は比較的多く読んでいる方だったのですが、偶然にもこちらの作品はまだ読んだことがなく、前情報を何も入れずに観に行きました。玉森裕太さん演じられる、どこにでもいそうな主人公・崇史と、彼の恋人(?)となる麻由子が出会うシーンから始まります。2本の電車が併走する、予告などでもよく流れていたシーンです。日常の一コマのはずなのに、どこか非現実的な雰囲気が漂っており、映画の中でもかなり印象的なシーンになっています。そこから崇史の周りで起こる、不思議なパラレルワールドの世界にどっぷりとハマっていきます。麻由子は自分の恋人なのか、それとも親友の恋人なのか。確証がつかめないまま、どちらが本当の世界なのか彷徨い、時には苦しむ崇史の表情が忘れられません。親友・智彦は実力派の染谷将太さんが演じられているのですが、目の表情がなによりも素晴らしいです。優しそうで、何を考えているかわからなくて、時に怖くも見える表現力が、より一層この作品の魅力を深めていると感じております。崇史と一緒に、どちらの世界が本当か、どうして「パラレルワールド」に来てしまったのかを考えながら観ると、あっという間に時間が経ってしまう作品です。ストーリーはもちろんなのですが、何よりも一番良かったのは主題歌が流れるタイミングでした。この映画のために作られた楽曲ではないのですが、作品の少し暗い部分と歌詞がリンクしているようで、鳥肌が止まりませんでした。人とはこうあるべきだ、というような、哲学的な要素も含まれているので、頭を使いながら観るのがとても楽しい作品です。

40代女性
40代女性

先に原作を読んでからの映画鑑賞となりました。原作のある作品の映画化は、原作とかなり違う部分が目立ってしまうことがあったりイメージと違ったりしてガッカリさせられることもあります。しかし、この作品は見事な映画化でした!原作を読んでいた時にも感じたのですが、配役がイメージどおりだった点も良かったのだと思います。特にヒロイン役の吉岡里帆さんがイメージにピッタリだと思いました。タイトルどおり、パラレルがキーワードとなる物語なので、人によってはどちらが現実でどちらが仮想現実なのかというように何が何やら分からなくなってしまう人も居るかもしれません。しかし、そこが面白いと思いました。そして、もう一つのキーワードであるラブストーリーがとても切なかったです。原作でも複雑な感情が湧き上がったのですが、映画も同じような気持ちになりました。染谷将太さんの演技力が素晴らしかったと思います。若い人にはもちろん、年配の人でも様々な感情を抱くのではないかと思いました。ラブストーリーとSF的な面もある物語ということもあり、様々な人に楽しめる映画だと思いました。今度は早く地上波で放映してほしいなと思っているところです。もちろん地上波でもまた観たいです。

30代女性
30代女性

東野圭吾の大ヒット小説ということで話題性があり、興味がそそられました。映像にすることは不可能と言われていた作品ということもあって期待度は高かったです。見終わった感想としては、この作品は1度だけではなく何回か繰り返して見る方がより作品の面白さが理解できると思います。また、原作と読み比べてみることで新しい発見もあるのではと思いました。2つの世界を行き来するストーリーですが、見ていると頭の中が混乱します、でもそれが良い。不思議な感覚に陥ります。物語が進むにつれ、だんだんと謎が解けていく感覚がとても面白かったです。ラブストーリーではありますが一般的な綺麗な部分でのお話ではなく、人間のあまり見たくない、でも誰にでもあるだろうなと思う部分を出しているので共感できて、とても良かったです。また、俳優さんたちの演技が予想以上に良かったです。独特の雰囲気が出ていて、ストーリーの中にスッと引き込まれた感じがしました。特に主演の演技力が高かったことに注目してほしいと思いました。自分の中でのイメージが変わり、とても良かったです。映画を見終わった後に充実感を感じられる作品が好きなのですが十分当てはまる作品でした。

 

30代女性
30代女性

私はKis-My-Ft2のファンです。この映画もキスマイのメンバーの一人、玉森裕太が主演ということで必ず見に行こうと決めていた作品です(ミーハーです)それだけでなく、白夜行やガリレオシリーズで有名な東野圭吾のミステリーということもあり、ストーリーも非常に面白そうと期待大でした。ストーリーは二つの世界が交錯し、どちらが本当の世界か、どちらが本当の自分なのか…真実を突き止めたときに出会う事実とは。まさに謎解きです。玉森裕太演じる主人公の敦賀崇史は頭は良いがちょっと陰湿な性格です。普段の玉森裕太とはゆるふわ、天然キャラなのですが、まさに真逆の性格です。そんな自分とは対極のキャラクターを演じるということは本当に難しかったと思います。公開前の雑誌のインタビューでは、「自分だったらこんな考え方や行動はしないから、主人公を理解し自分に落とし込むのが難しかった」という主旨のことを語っていました。苦しみ、もがき、考えながら挑んだ作品だったんだなあと伝わってきます。ヒロイン役の吉岡里帆とのラブシーンは追い詰められた主人公の男性らしさを感じる豹変が、ドキドキしました。最後に記憶を消すことを選んだ二人。スクランブル交差点ですれ違った時、お互いをしばらく見つめ合います。何かがまた始まってほしいと思った観客はたくさんいたんじゃないでしょうか。その時に宇多田ヒカルが歌う主題歌の「嫉妬されるべき人生」には鳥肌がたちました。

 

20代女性
20代女性

玉森裕太さんのファンなので見ましたが、染谷さんが良い味を出していて素敵な役者さんだなと思いました。特に期待していませんでしたが、思っていたより面白かったです。二つの物語が交互に同時進行する作品です。どんでん返し系ではありませんが、予想外の展開には「そうきたか!」と思いました。難しくて置いてけぼりになりそうになる部分も多かったですが、上手くまとまっていて面白かったです。世にも奇妙な物語のような内容で、日常的なテーマでありながら不思議な事が起こります。パラレルワールドという興味深い作品名ではありますが、ファンタジーというよりは現実味が強いので一気に引き込まれました。次から次へとよく分からない事が続くので、面白かったです。ただ所々で違和感を覚えても、その伏線回収があっさりシンプルに行われるので、ハラハラしたり緊張感を持てるような映画ではありませんでした。ただ最後には全ての真実が分かるので、すっきりした状態で見終える事が出来ます。二時間という丁度良い長さではありましたが、無駄が多く感じたのでもう少し短縮させる事も出来たでしょう。原作が東野圭吾さんの人気小説との事なので、いつか読んでみたいと思います。

40代女性
40代女性

玉森くん目的で行ったのですが、作品自体に引き込まれました。最初はあぁ…そうなんだ…と思っていたのに突然麻由子が彼女になって…あれ?夢…?と混乱します。智彦はいつ何時も崇史に優しく、ヒーローで、崇史も智彦の才能は認めていて、、順風満帆なんだよねやっぱりと思うと、麻由子がふと暗い表情になり…タイミングさえ合っていれば崇史は麻由子と恋人同士だったはずなのに、もどかしい…。玉森くんの相手に嫉妬したり、不安になったり、疑ったり、だんだん壊れていく演技が迫真で、一役者として素晴らしいなと感じました。観終わったあとしばらくは崇史のあの表情が…あそこの演技が、と思い返して反芻しました。智彦役の染谷さんの足が不自由な演技は自然で。名優です。崇史が大切だからこそあそこまで壮大な事を計画して、実行し、隠し通して最後はいないまで投げ打つことも惜しまない優しくて強くい気持ちにも涙打たれました。それでもやはり崇史は疑いを強く持ち、最後にはたどり着いてしまいます。崇史を取り巻く人たちは辛かったんじゃかいですかね…。最後はまさかのシーンで、これが運命なんだ!!と強い感動を覚え観て以降そこを訪れるときはよくこの映画のことを思い出します。今頃は幸せになっていますように。

50代女性
50代女性

この謎はどう明かされるのかというハラハラする流れと、登場人物たちの複雑な感情に面白みがあります。智彦は、崇史を親友として好きで自慢にも思う一方、ずっと妬ましさを抱えていたのだと思いますね。一緒にいると楽しい反面、つらくなる場面もあったのかも。いつか彼の上を行きたい気持ちをひそかに持っていたのでは。崇史も智彦を大事に思っていたのはそうだろうけど、全く同情の気持ちがなかったとは言えないのではないでしょうか。あんな形で、惹かれていた女性に出会うなんて驚きだし、悲しいですよね。麻由子への気持ちを抑えられなくなって、彼女にぶつける場面にドキドキです。麻由子もずっと同じ気持ちを抱えていたんだろうし、それを思うと苦しいですね。もし崇史に会わなかったら、智彦とはどうなっていたのでしょうか。麻由子が智彦を好きになったことは間違いないとしたら、彼だって崇史とは違うにしろ、魅力があるわけですよね。不思議な展開に、一体どちらが現実なのか分からず、引き込まれました。智彦はどうなってしまうのか、残念なことにだけはならないでほしいと祈るような気持ちに。それぞれに新しい希望が見えたと思えるラストに、ホッとしてうれしくなりました。

20代女性
20代女性

パラレルワールドラブストーリーは、Kis-My-Ft2の玉森裕太さん主演、吉岡里帆さん、染谷将太さん共演のサスペンス・ラブストーリーです。玉森裕太さんが主演ということもあり、またそのタイトルから恋愛要素が多く含まれた胸キュン映画なのかな、と思いきや穏やかなのは最初だけで、どんどんサスペンス色が強くなっていきます。さすが東野圭吾作品の実写化、ところどころにちりばめられた”違和感”がぞっとするような気持ち悪いような、すべての問題が解決されたとき、本当に鳥肌ものです。伏線がどんどん回収されていくので、物語を完璧に理解するのに何回でも見たい、注目ポイントはたくさんあるので毎回楽しみ方を自分でカスタマイズできます。謎解きはもちろんですが恋愛関係も巧妙に描かれていて実在しそうな設定になっていますから、ロマンス映画好きも満足できるはずです。玉森裕太さん吉岡里帆さんの体を張った演技も魅力の一つで、普段演じている役や本人のプライベートな姿からは想像もつかない激しい役を熱演していらっしゃいます。恋愛感情、友情、様々な人の思惑が交錯した、サスペンス・ミステリーとしてはもちろん、人間の複雑さを描いた見ごたえのある作品となっています。ぜひ一度、だまされたと思ってご覧ください。

 

まとめ

『パラレルワールドラブストーリー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

吉岡里帆のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 見えない目撃者
  • 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ?
  • 明烏
  • 幕が上がる
  • パラレルワールド・ラブストーリー
  • STAR SAND 星砂物語
  • あの家に暮らす四人の女

【ドラマ】

  • 時効警察はじめました
  • 時効警察・復活スペシャル
  • メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
  • 煙霞-Gold Rush-

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました