パッチギ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
パッチギ(予告編)

パッチギ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『パッチギ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『パッチギ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パッチギ(映画)の内容

映画『パッチギ!』は、2005年1月に公開されました。翌2006年には韓国ソウルでも公開されております。

監督は、幅広いジャンルの作品で数々の受賞歴を持つ井筒 和幸さん。本作でも第29回日本アカデミー賞 優秀監督賞を含む5つの賞を獲得しております。

映画「パッチギ!」は、1968年の京都を舞台に、日本と在日朝鮮の高校生が巻き起こす恋・友情・ケンカを描いた作品となっております。その高校生役を塩谷瞬さん、高岡蒼佑さん、沢尻エリカさん、真木よう子さん、小出恵介さん、桐谷健太さんらが熱演しております。井筒版ラブ&ピースを是非!

素直に良い映画で泣きました。こんな良い映画を今まで見なかったのは、もったいなかったと後悔してます。
真木よう子さん、桐谷健太さんなど、前線で活躍している俳優陣の若かりし頃の姿が見られるのも良いですね。本作の前から活躍してはいますが、オダギリジョーさんは相変わらず良い味出してますね。

とても面白く見れました。ですが、井筒監督の一番の功績は当時の若手、沢尻エリカさん、高岡蒼甫さん、塩谷瞬さんらを大胆に起用して、世にひっぱり出したことだと思います。残念ながら、諸問題で観られなくなってしまいましたが、彼らの演技はもう一度見たいです。

ケンカシーンは本物かと思うくらい迫力があり興奮しました。何度も見直しては、その都度興奮しています。ビー玉の使い方って、色々あるんだなと。作中のような使い方は一生ないですが…(笑)

大好きな映画の一つです。特に音楽も非常に良く、映像と音楽の重なり方が最高。昭和の時代背景が蘇えってきます。秀作だと思います。

若かりし頃の演者さんたちの熱演への評価が高かったです。確かにそれぞれの個性の良さが際立っている作品だと思います。

あらすじ

京都の高校生・康介(塩谷瞬)が通う府立東高と朝鮮高校は常に争いが絶えない険悪な関係でした。そこで、康介の担任の先生が、朝鮮高校との親睦を深めるために親善試合を行いなさいと、康介に指示を出します。

そこで、康介と友人・紀男(小出恵介)は朝鮮高校へ、サッカーの親善試合を申し込みに訪問します。朝鮮高校の番長であるアンソン(高岡蒼佑)は面白そうだと快諾しました。

いざ試合の日、案の定朝鮮高校の生徒は何でもあり、対戦相手に頭突きをするは蹴り飛ばすはとやりたい放題。災難に見舞われた康介でしたが、そこでフルートを吹いている少女・キョンジャ(沢尻エリカ)と出会い、あまりの可愛さに一目惚れしてしまいました。

彼女の気をひくために、ギターを買い、朝鮮語の習得にも力を入れるなど本気です。しかし、キョンジャの兄はというと、試合当日に暴れまわった朝鮮高校の番長・アンソンだったのです。

見どころ

突き破る・乗り越える・頭突き!

タイトルであるパッチギとは朝鮮語で『突き破る、乗り越える、ならびに頭突き』と意味があります。

康介はキョンジャに恋をし、愛を打ち明けるシーンがあります。そこでキョンジャは「もし結婚したら、朝鮮人になれる?」という質問を投げかけます。そこで即答できない康介。日本と朝鮮の隔たりを強く感じてしまいます。そんな壁を突き破る、乗り越えるため、お互いが歩み寄れる作品になっているかと思います。

また、もう一つの意味である頭突き。これはアンソンの得意技でもあり、ラストシーンで「これがパッチギじゃ!」と言いながら敵対している相手に頭突きをするシーンはカッコ良すぎです!

男気溢れるラジオ局のディレクター

登場人物たちのさまざまな感情が高まる怒涛のラストシーン。ラジオで朝鮮の楽曲『イムジン河』を披露しようとする康介。それを阻止しようとするプロデューサー。

そこで、大友康平さん演じるラジオ曲のディレクター・大友の名セリフ
『どんな理由があろうとな、歌ったらあかん歌なんかあるわけないんだ!この銀河系のどこ探してもな。天体望遠鏡で見渡してもな。そんなモノはどこにもないんだよ!』

大友は自分のクビを覚悟し、こんな狭苦しい世界を打破しようとする名シーンとなっており、ここでほとんどの方は間違いなく涙腺崩壊します。

大友さんは、実は作中の映像で10分程度しか出演しておりませんが、迫力ある名演技をやってのけております。さすがです!

名曲の宝庫

ザ・フォーク・クルセダーズさんの「イムジン河」・「悲しくてやりきれない」。そして、フォークルのメンバー二人で作詞・作曲した「あの素晴しい愛をもう一度」が本編に使用されております。

見事に時代背景とマッチしております。また歌詞とメロディが素晴らしい。観た方に『パッチギといえば?』と質問をすると、ほとんどの方が「イムジン河」と答えてくれるほど、素晴らしい楽曲となっております。

スタッフ

原案:松山 猛『少年Mのイムジン河』
監督:井筒 和幸
脚本:井筒 和幸 / 羽原大介

キャスト

松山康介:塩谷瞬
府立東高2年生でキョンジャに恋をする。

リ・アンソン:高岡蒼佑
朝鮮高校の3年生。自国愛が強く、サッカーの代表選手になることを夢見ている。

リ・キョンジャ:沢尻エリカ
アンソンの妹。朝鮮高校に通っており、吹奏楽部に所属している。

坂崎:オダギリジョー
康介に「イムジン河」を教えた坂崎酒店の若旦那。

桃子:楊原京子
アンソンの彼女でボーリング場で働いている。

チョン・ガンジャ:真木よう子
朝鮮高校の3年生。姉御的存在。

チェドキ:尾上寛之
朝鮮高校2年生でアンソンの弟分。悲しい結末を迎える。

モトキ・バンホー:波岡一喜
朝鮮高校3年生でアンソンの親友。

吉田紀男:小出恵介
府立東高2年生で康介の同級生。

布川先生:光石研
康介と紀男の担任教師。朝鮮高校にサッカーの親善試合を申し出るように促した張本人。

野口ヒデト:加瀬亮
バンドグループ・オックスのボーカル。

金 太郎:趙珉和
朝鮮からの密航者。アンソンらに色々教えてもらう。

さなえ:余貴美子
康介の母。

モトキのアボジ:前田吟
アボジ=父親。皆に内緒にしているが日本歌謡曲が好き。

ボウリング場の支配人:ぼんちおさむ
桃子が働いているボウリング場の支配人。

アンソンとキョンジャのオモニ:キムラ緑子
オモニ=母親。みんなのお母さん的存在。

大西:ケンドーコバヤシ
空手部主将。東高の空手部の主将

近藤:桐谷健太
大西の子分。東高の空手部の副主将で独特な構えの持つ主。

安倍:出口哲也
大西の子分。口癖は「押忍押忍!」

大阪ホープ会:坂口拓
大西たちの助っ人集団。それらを束ねるリーダー。

ヘヨン:江口のりこ
ガンジャの友達。

シルサ:ちすん
キョンジャの友達。

大友:大友康平
男気あふれるラジオ局のディレクター。

椿:松澤一之
ラジオのプロデューサー

滝本くん:平松豊

ボンファさん:木下ほうか

アル中のおじさん:長原成樹

大西の父:徳井優

楽器屋の店主:小市慢太郎

団子屋:笑福亭松之助

チェドキの叔父:笹野高史

ナターシャ:ニキータ

『パッチギ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

パッチギ(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

高校生同士の青春群像劇ですが、根底には人種や国籍による差別を突きつけるメッセージがこめられた映画だと思いました。1960年代の京都を舞台に、府立高校と朝鮮高校の抗争が、ストーリーの主軸になっています。主人公が恋に落ちる朝鮮高校の女学生を演じた沢尻エリカの純朴さは、現在の姿からは想像がつかないほどかわいかったです。劇中で使われている「イムジン河」「あの素晴らしい愛をもう一度」「悲しくてやりきれない」といった楽曲は、日本の懐メロですが、映画の雰囲気にピッタリでした。井筒和幸監督の作風だと思いますが、生徒同士が激しくぶつかりあうシーンは迫力がありました。激しいだけでなく、恋愛の場面になるとしっとりとなり、緩急つけた物語のスピードに、すっかりと世界観に引き込まれてしまいました。見る人によっては、現在の国際問題につなげてしまう可能性はありますが、あくまで映画だということを忘れないでほしいですね。現代よりももっと偏見や差別が横行していた時代を舞台にしているので、演出が過剰な部分があるのかもしれませんが、その分、高校生たちのまっすぐな思いというのが、現れたのではないかなと思います。国と国のはざまで揺れる若者の心情が、激しくも切なく描き出された映画です。

30代女性
30代女性

井筒監督の代表作と言っても過言ではないほど、有名な映画だと思います。この映画を通じて国籍、在日、人種のさまざまな差別のことを知ることが出来ました。当時の若手俳優さんが多く出演されており、なんと言ってもヒロインの沢尻エリカさんが可愛すぎます。映画の中で歌われている「悲しくてやりきれない」、「あの素晴らしい愛をもう一度」などの歌がとても心に響いて染みるので、なんとも切ない気持ちになります。京都が舞台となっていますので、京都出身の私としては、馴染みのある風景がたくさん出てくるので親しみを持って観ることが出来ました。喧嘩や暴力のシーンが多く出てくるので、そういったシーンが苦手な方は目を覆いたくなるかもしれません。いろんな生き方、生き様を観ることができる映画だと考えさせられました。出演されている俳優さんたちの演技が上手で間のとり方など、引き込まれる映画です。60年代の物語になっていますが、現代においても日本人男性と在日朝鮮人の女の子との恋愛には難しい壁などが多くあると考えさせられました。国籍問題や人種差別は今でもいろいろな国で起こっていることなので、日本の中学生などに道徳の時間に観るなど、教育の教材になりそうな映画です。

30代女性
30代女性

一途に恋をする気持ちが切ない良い映画でした。国籍差別などの国際問題を乗り越えていくストーリー。とても感動できます。国籍が違うだけで何故差別が起こるのか、朝鮮学校との抗争、歴史的に日本が抱える問題についても考えさせられる映画でした。私は小学生の頃に朝鮮学校との交流会に参加した事があります。女の子が着ていたチマチョゴリが可愛いなと印象的でした。またその朝鮮学校の子としばらく文通が続き、本当に楽しかった事を覚えています。国籍が違くても同じ日本にいる人間、争う必要なんて全くないのだからこの事を大人がしっかりと子供に教えていく必要があるなと思いました。国籍が違くても皆同じ人間。好きなものは好き良いものは良いと突き進んでいく康介には応援したくなりました。途中気持ちが折れてしまうシーンもありますが、ラジオで朝鮮の民謡を歌うところでは感動で涙しました。国際問題を抱えながらの恋愛は大変で、複雑な気持ちになるところもたくさんありますが、人を一途に愛する気持ちの強さを教えられました。キャストも豪華で皆演技が本当に上手なところもみどころです。ケンカシーンも多いですがアクション映画ほどではなく、程よく楽しめる作品となっているので子どもにも大人にもおすすめできます。

 

40代女性
40代女性

日本人と在日朝鮮人のカップルを描いた作品だったので、いろんな点で文化の違いなどを感じた作品でした。舞台が京都でしたが、朝鮮人たちが日本社会に迎合する感じではなく自分たちの仲間内だけで独立共同体となっている感じを受けました。歴史的にも色々あったので日本人を受け入れない気持ちは分かりますが、今、ここ、目の前のひととの交流を大事にしてほしいなぁと感じます。本編は主人公の康介が普段から争いごとが絶えない朝鮮高校にサッカーの練習試合を申込みに行き、ヒロインと出会うのですがやっぱり年頃の男子にとって綺麗な女子って何より眩しいんだろうなぁと感じました。フルートを吹くキョンジャに一目ぼれして、彼女の演奏していた曲をギターで弾くために習いに行ったり、韓国語を覚えたりと健気さに心を打たれました。憧れのキョンジャが朝鮮高校の番長の妹だと分かった時は気の毒でしたが。何もしてなくても高校の時って不良だったり力のある男子は恐怖ですもんね。意外にもキョンジャの兄、アンソンにも恋人がおり悲しい結末を迎えるので、強気に見せていてもそれぞれに悩みを抱えているのだなぁと感じました。またアンソンの部活の後輩が亡くなった時に参列した康介が遺族に日本に対する恨みをぶつけられたりしていたのは切なかったです。自分が関わってないのに言われたらどうしたらいいのかなと身につまされる想いでした。最後はそれぞれに抱えていた悩みから自分なりに一歩踏み出す感じになったので希望が見えて良かったです。

 

40代女性
40代女性

見た目はほぼ変わらない我々日本人と韓国人、でも国が違うと様々な問題があるのだなと思いました。日本でいると多数派である私はそういうことに無頓着でいたのですが、この映画を観たことで歴史背景とかも調べてみたいと思えたのです。接することがあれば国籍なんて関係なく恋は芽生えるものなのです。ひたむきに愛を貫こうとする青年の姿がまぶしく、青春を感じました。ラジオで朝鮮の唄を歌おうとするシーンとかが見せ場、何とかセッティングしてくれようとするプロデューサーにかっこよさが感じられました。心を交し合いたいと考える人は日本にも韓国にもたくさんいるのです。日本だから韓国だからと区別することなく誰もが笑顔でいられる世界が出来た時に、ようやく平和は実現することでしょう。沢尻エリカさんが本当に美しかった。朝鮮人でも美しい人がたくさんいるのであえて日本人を外国人役で抜擢する必要は無かった気はしますが、彼女の美貌が見えたのでそれでいいです。柄の悪い学校にいる美女は正に掃き溜めに鶴、でもお兄ちゃんがその学校の番長だったという設定になるほどと思いました。美しい音色を奏でる吹奏楽部もあるのですし、朝鮮の評判を落とすだけ・もっとまじめにしていればいいのにと思います。

 

20代男性
20代男性

私が小さいときにやっていた2005年の映画で、井筒和幸監督作品の映画です。キャスト陣も塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、松永京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、オダギリジョーらなど非常に今見ても主役級のキャストで固められており、華に溢れています。小さいときに見たのが最後だったのですが、最近見たら新たに感じられるものがあり、感動してしまいました。作品のテーマとして在日について大きく扱っており、決してソフトなものではありません。しかし、そこにはコミカルなテイストなどが詰め込まれ、決して見づらい作風ではないのも確かです。作品の熱量が非常に高く、泣けるところも多いです。子供の時に見て分からなかったところも大人になって見返すと本当に胸がいっぱいになります。キャスト陣の演技力の高さもあり、思わず感情移入してしまいます。ここまで作品の中に入り込めるのは彼らの存在感ありきだと思います。作中の挿入歌も非常に素晴らしく、作品を大きく盛り上げてくれます。これもパッチギの魅力の一つだと思います。この演出のクオリティの高さは今も見ても色あせないのです。もう15年前ほどの映画ですが、今見ても突き刺さるモノになっていると思います。

20代女性
20代女性

私は、映画『パッチギ!』を観て、「一途な恋心」と「在日朝鮮人に対する差別」が強く印象に残りました。まず、一途な恋心についてです。この作品では、主人公が在日朝鮮人の少女に恋をしたことから物語が始まります。主人公は、彼女のことを理解するために朝鮮人の歴史や文化について学ぶなど、少女に自分の気持ちを伝えながら少女のことを理解するために懸命に努力を重ねます。その様子から、好きな相手に対する気持ちの強さが伝わってきて、恋が実ってほしいと応援しながら観ていました。次に、在日朝鮮人に対する差別についてです。この作品では、在日朝鮮人が人種差別により、何も悪いことをしていないにも関わらずひどい嫌がらせに遭うなど、厳しい実情が描かれます。そのあまりにも身勝手で残酷な仕打ちに思わず目を背けそうになるほどの辛さを感じながら観ていました。また、過酷な状況の中でもその状況を我慢して必死に生きようともがく少女たちをはじめとした在日朝鮮人たちや少女たちを取り巻く厳しい状況を変えようと全力で立ち向かっていく主人公をはじめとした若者たちのエネルギーは凄まじいものがあり、その力強さに圧倒されながら、夢中になって観ていました。

 

20代女性
20代女性

京都を代表する映画だと思いました。在日朝鮮人と日本人の学生たちによる喧嘩のシーンが凄く多く結構目を背けたくなるシーンもありましたが、国境を越えて繰り広げられる熱い男の友情物語です。在日朝鮮人と日本人がぶつかり合う内容でした。在日朝鮮人と日本人の学生を題材とした映画と聞くと重くて暗いイメージがあったのですが、全然そんな心配はなく笑いあり涙ありの素晴らしい映画です。いつの時代にも、国籍が違う人間同士では言葉の壁や文化の壁や歌の壁等様々ありますがこの映画を見ることで色々考えさせられました。井筒監督が何を伝えたいのか、映画を見終わった後にどんなことに気付いて欲しいのか凄く伝わってきます。出演しているキャストの方々も有名な方が多く、懐かしく感じる方も居て楽しかったです。個人的に印象に残ったのは、映画の中で使用されている挿入歌です。超有名な「あの素晴らしい愛をもう一度」が挿入歌として使われていました。映画の内容と凄くマッチしていて感極まるものがありました。他にもオダギリジョーが歌う「悲しくてやりきれない」もしみじみきました。映画のなかで流れる音楽に注目して見てみると話の内容と繋がるものがありました。思わず何度も見てしまう好きな映画は?と聞かれたら「パッチギ!」と答えられる作品となりました。

30代女性
30代女性

日本人の少年と在日朝鮮人の少女の恋を描く青春映画で、背景には日本人と朝鮮人の確執みたいなことも描かれてますが恋をきっかけにお互いの文化や歴史や人種を理解し合おうとする若者の姿に感動しました。前半は喧嘩や暴力シーンも多いですが、笑いがある演出もあって楽しめます。後半にかけて様々な盛り上がりがあって展開の良さがあり、飽きずに観ることができました。出演者も今になったら豪華なキャスト陣です。この作品の沢尻エリカは最高だと思います。本物の在日朝鮮人にみえてくる素晴らしい演技をしますし、ピュアな魅力がありました。真木よう子も良かったです。所々にでてくるオダギリジョーも最高でピッピー姿がよく似合ってました。音楽も素晴らしく、『イムジン河』歌い、流れるシーンがどれも哀愁が漂い、物語りをより深いものにしていきます。喧嘩、暴力シーンは前半だけでなく常にある印象ですが、それぞれの感情をぶつけて吐き出すことが暴力に表現されている気がして、内に秘めていた怒りや悲しみなども全部ぶつけている感じがとても伝わりました。人生の悲しみや幸せが表現されている映画で大好きな作品です。エンディングの『あの素晴らしい愛をもう一度』が涙を誘います。

40代男性
40代男性

映画「パッチギ!」について、私の感想をお話しします。パッチギは、日本の高校生と朝鮮高校の女子高生の恋の話で、まさに最近問題になっている、日本と北朝鮮、韓国の関係になぞらえるような話です。監督は井筒和幸監督、主演は沢尻エリカとまたこちらもここ最近いろいろあった人達の話でもあります。特に日本と朝鮮についてはここ最近特に注目されている話で、日本では朝鮮人に対する差別やヘイト問題なども起こっています。ただ、実際に私が付き合っている韓国の人たちや在日朝鮮人の人たちはいい人達が多く、問題はあくまでも政治の世界だけだと私は思っています。そういう意味では、ののしりあっている人たちにはぜひ見てほしい、そして民族同士で対立するのではなく、共存できるようにしていけたら、そう思います。この手の作品は日本作品、韓国作品ともにいくつかあったりしますが、井筒和幸監督の作品だからこそメッセージ性が強いし、だからこそわかることがたくさんあるように思います。また、沢尻エリカさんの韓国の女子高生の役も個性が強烈であり、思いが深いのか、民族間での争いなど無意味と言わんばかりの名演技をしてくれます。朝鮮人の方たちを理解をしようともせずヘイトしている方にみてほしい、そういう作品です。

 

まとめ

『パッチギ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました