オーバーフェンス(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「オーバー・フェンス」予告編

オーバーフェンス(映画)の動画フルを安全に見る方法

『オーバーフェンス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『オーバーフェンス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

オーバーフェンス(映画)の内容

佐藤泰志の小説『黄金の服』に収められている短編作品『オーバーフェンス』は、「松ヶ根乱射事件」「苦役列車」などの山下敦弘監督が映画化し、2016年11月に公開されました。

その生涯において5回も芥川賞にノミネートされながら受賞することなく41歳で他界した佐藤泰志。「オーバーフェンス」は彼にとって最後の芥川賞候補となった作品で、作家活動に挫折しかけた時代に故郷の函館に戻り、職業訓練校に通っていた自身の体験をベースにした人間物語です。

『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章として、愛をなくした男と愛を望む女が出会い、それぞれ苦悩を抱え共に生きていこうとする姿を、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら豪華キャストが競演しています。

山下監督が「その瞬間を生きている人間たちの映画にしたい」と撮影前に記したという本作は、特定の時や場所を超え、誰しもの生涯の一本になる傑作です。

蒼井優、オダギリジョー、松田翔太、優香、それぞれが最大限に持ち味を出し、壊れて、不気味で、哀しくて、紆余曲折、浮き沈み、なんと人生とは面白いのか。人生劇場だ。

平坦な展開のようで、身につまされ、いろいろと深く考えさせられるエピソードやセリフの数々です。答えは見つかりませんが、とても楽しく見れて、爽快な気持になれました。最高のオダギリジョーと蒼井優が見れました。

か弱く、寂しい者たちにも明日は来る。そんな思いにさせる映画。オダギリジョー好演。さとしの危うさの中に見せる純な心。蒼井優って素晴らしい。何度も見返したくなる。そんな映画。

少し切なくて少し温かくなれる映画です。傷つけあいながら慰め合う人間の根幹を丁寧に描かれています。心が疲れた時にオススメです。

あらすじ

家庭をかえりみず、好きなように生きて来た白岩(オダギリジョー)は妻に見限られ、東京から故郷の函館に舞い戻りました。それでも実家には戻らず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らし、訓練校とアパートの往復だけの、淡々とした毎日を送っていました。

ある日、同じ職業訓練校に通う仲間・代島(松田翔太)の誘いでキャバクラに連れて行かれ、そこで鳥の動きを真似る風変りなホステス・聡(蒼井優)と出会います。どこか危うさが漂う美しい聡に、白岩は強く惹かれていき…。

見どころ

蒼井優の熱演に圧巻。

本作で不思議な魅力を持つホステス役を演じた蒼井優さんは、「こう言う役を柄演じれば右に出るもの無し!」と高く評価されていて、蒼井優の女優魂が強く感じられる演技に注目です。

急に大声で泣き叫んだり、人前で鳥の求愛ダンスを始めたり・・・典型的な躁鬱気質で自由奔放、感受性が強くヒステリックで極めて激しい恋情を持ち、完全に自分をコントロールできない〝ぶっこわれた〟キャバ嬢・聡は狂気を感じるものの、蒼井優の吐出した演技は美しく、特にダンスはファンタジックで見応えがあります。

スタッフ

原作:佐藤泰志「オーバー・フェンス」(小学館刊「黄金の服」所収)
監督:山下敦弘
脚本:高田 亮
音楽:田中拓人

キャスト

白岩義男:オダギリジョー
妻に三下り半を突き付けられ、職業訓練校に通学しながら失業保険で生活している。

田村聡:蒼井優
自由奔放で、情緒不安定なキャバ嬢。

代島和久:松田翔太
白岩と同じ職業訓練校に通うチャラい男。

森由人:満島真之介
職業訓練校の仲間。鬱屈した無口な青年。

原浩一郎:北村有起哉
職業訓練校の仲間。ワケあり人生を歩んできたらしい。

尾形洋子:優香
白岩の元妻。

島田晃:松澤匠

勝間田憲一:鈴木常吉

原大河:中野遥斗

 

『オーバーフェンス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

オーバーフェンス(映画)の感想

60代女性
60代女性

『オーバー・フェンス』という題目を初めて聞いた時は刑務所の中の囚人たちが繰り広げるストーリーかと思いました。フェンスは柵ですから、普通の人の社会と刑務所内での別社会を区別するのかと考えたのです。でも映画の題目とストーリーは全然違っていました。職業訓練校に通う人たちの内容だったので、多少ホットしました。私自身、職業訓練校で学習したことがないので、職業訓練校はこんな所なんだなと改めて認識させられました。主人公のバツイチで子持ちで無職のどうしようもない男をオダギリジョーが演じています。何度かオダギリジョーが出演したドラマや映画を見ましたが、この人はシリアスな役よりもどこかおかしく、いかれていたりアウトロー的な役を演じるのが上手です。今回もこの主人公を見事に演じてくれたのには喝采を送ります。主人公の周りもベテラン、若手を問わず個性派俳優が演じているので、映画の内容を一層盛り上げてくれます。そしてヒロインを演じる蒼井優ですが、彼女の演技にも定評がありいい女優だと思います。蒼井優は今回キャバクラで働く女性を演じています。彼女もシリアスな役より、どこかぬけていて、それでいて可愛げのある役がぴったりです。映画の背景は函館なので、そこには都会にない人間味や面白さを感じさせてくれて、映画の好感度を高めてくれます。

20代男性
20代男性

オーバーフェンスは映画によくある王子様が現れてお姫様を救うような映画でも男性に都合のいい女性が現れて毎日がハッピーな映画でもない。私たち自身がもしかしたら体験するかもしれない、体験したかもしれない、どこかIFを感じる映画だ。一言で言ってしまうならオーバーフェンスに出てくる人間はヒーローやヒロインではない。主人公は職業訓練校に通う40代の男。相手役は自由奔放で情緒不安定なキャバ嬢。演じるのがオダギリジョーや蒼井優でなければどうしようもないような人間だ。しかしこのオーバーフェンスという映画は何故そんな人たちをここまでも魅力的に見せてしまうのだろうか。映画的な表現もある。居酒屋で話されたらいや嘘だろと思えるような話を映像を使ってオーバーに見せてくることもある。映画に出てくる人々も人生に過度な期待もしておらず人間関係にも目を輝かせることもない。訓練校に出てくるほかの生徒はそのようなキャラクターばかりだ。しかしそんな身近さがこの映画に感情移入してしまいとても主演の二人を魅力的に見せている。映画でよくあるハッピーで現実離れをした映画を見飽きてしまった人やこんなご時世だからこそ何か映画を見たいが何を見ようか決まっていない人にお勧めしたい映画である。

 

20代女性
20代女性

ザ大人の恋愛映画です。大人ならではのはっきりしなささ、曖昧さ、そして少し諦めのような空気感が映画全体に流れています。色味もなんだかくすんでいて、気持ちが特別明るくなるような映画では全然ないのですが、それでもその中に、はっとするような瞬間がありました。蒼井優の演技が、要所要所ですごく光っていたなと感じました。オダギリジョーは終始行動力のない中年男性といった印象で、普通にいそうな人物でしたが、蒼井優演じる田村聡に出会い、彼女に飲み込まれてゆく様子はつい目で追ってしまいました。聡は反対にどこからどう見ても普通の女性ではなく、感情的で危うい人物でしたが、鳥の真似をするときの表現力がとても美しくそのギャップがまた人を惹きつける力になっているのだろうと思いました。私自身このような人は見たことがなく、けれどもしかしたらいるのかもしれないと思わせるような迫真の演技でした。二人の恋愛はいわゆるお付き合いのような型にはまったものでは全くなく、お互いの気持ちはお互いにしかわからないような、観ているこちら側も二人の関係がよくわからなくなる部分がありました。そしてその部分に心が動かされるような、そんな映画でした。わかりやすいハッピーエンドではありませんが、色んな人がいて、色んな関係があるのだと知ることが出来ました。大人の方におすすめです。

 

まとめ

『オーバーフェンス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました