王様とボク(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『王様とボク』予告編

王様とボク(映画)の動画フルを安全に見る方法

王様とボク
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

王様とボク
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

王様とボク(映画)の内容

映画『王様とボク』は、2012年9月に公開されました。

原作は、やまだないとさん作の漫画「王様とボク」。やまだないとさんはドラマの脚本家としても活躍されています。

監督は、妻夫木聡さん主演の映画「ブタがいた教室」や、大泉洋さん主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」などを手掛けた、前田哲さんです。

映画「王様とボク」は、植物状態から目覚めるも心は6歳のままである幼馴染と接するうち、「自分も大人になりたくない」と葛藤するボクの姿を描いた物語です。難しい役柄である、植物状態から目覚めた幼馴染を演じたのは、俳優として絶大な人気を誇りながら、モデルや歌手としても活躍されている大人気俳優・菅田将暉さんです。

 

大人になるってどういうことだろう、って今でも思います。子供でいたいという気持ちと、年齢だけがあがっていくギャップ…大人って何だろう、と問いかける作品でした。それにしても菅田将暉の演技が素晴らしい!

菅田将暉さんの演技がさすがでした。中身が子供であることに違和感のない演技。誰にでもできるものではないと思います。ファンは必見です!

不思議な世界観で、長い夢のような映画でした。主題歌も映画にマッチしていて、映画の世界観を引き立ててくれました。

見た人によって感じ方が変わるような作品だと思います。何回か見ると自分の気持ちも変わってくるのかなぁ。色々な想像を掻き立てられるラストシーンになっています!

実力派人気俳優・菅田将暉さんの演技力を高く評価する声が多くありました。「心が子供のままの大人」という難しい役柄を演じきった菅田将暉さんに魅了されること間違いなしです!

あらすじ

ある日、12年ぶりに昏睡状態から目覚めた少年がいる、というニュースが報道されます。ミキヒコ(松坂桃李)は、それが幼馴染だったモリオ(菅田将暉)のことだと直感的に気づきます。ミキヒコとモリオとトモナリ(相場祐樹)は6歳のころまで仲が良かったが、モリオがブランコから転落して入院してからは、モリオと関わることがありませんでした。

病院を退院したモリオは養護施設へと送られます。実はモリオの心は6歳のままで止まっていたのです。ミキヒコはそんなモリオを守るため、大学を辞める覚悟を決めます。モリオは初めは周りに気味悪がられますが、時間が経つうちに周りの小学生とも打ち解けていくのでした。そんなモリオを遠くから見守るミキヒコ。

一方トモナリは、モリオを内心気にかけながらも、大人になるんだという覚悟を決め、泣いていました。ミキヒコのことを覚えていたモリオは、ミキヒコと一緒にバイクに乗ります。しかし、ミキヒコはバイクで転倒して、そのまま意識を失ってしまい・・・。

見どころ

ミキヒコとトモナリの対比

モリオが昏睡状態から目覚めたことにより、ミキヒコは大学を辞める決意をします。一方で、モリオとは会わず大人になる覚悟をするトモナリ。「子供でいたい気持ち」と「大人になること」の間で葛藤する2人の対照的な様子が、見る人の心を揺さぶります。

難しい役柄を見事に演じきった実力派・菅田将暉

菅田将暉さんといえば、仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーW」で俳優デビューし、その後も、ドラマ「民王」や映画「溺れるナイフ」、映画「火花」など、数々のヒット作に出演し続けています。共演した俳優や監督に「天才的な感性の持ち主」と言わしめるほどの言わずと知れた実力派俳優です。本作でも、「18歳でありながら心は6歳のまま」という難しい役柄を見事に表現されています。ファンは必見ですね!

スタッフ

原作:やまだないと「王様とボク」
監督:前田 哲
脚本:やまだないと、前田 哲

キャスト

モリオ:菅田将暉
18歳でありながら、心は6歳。6歳のころにブランコによる事故で意識を失って入院した。12年後奇跡的に目を覚まし、退院する。退院後も自由気ままに過ごしている。

ミキヒコ:松坂桃李
モリオの幼馴染。18歳の大学生。モリオと積極的にかかわるうちに、大人と子供の間で葛藤する。

トモナリ:相葉裕樹
モリオの幼馴染。18歳の大学生。モリオのことは内心気にかけながらも、積極的にかかわろうとはしない。

キエ:二階堂ふみ
ミキヒコの彼女。ミキヒトが関わるモリオに興味を持つ。ミキヒトのことをいつも気にかけている。

 

王様とボク
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

王様とボク(映画)の感想

40代女性
40代女性

事故にあったことで頭の中身は6歳、でも身体はすでに18歳という身体になってしまったモリオを演じるのは菅田将暉さんです。難しい役どころではあるものの、見事に演じきっていると思えます。ただ実際に我が子2人が6歳だった姿を見てきた私としては幼すぎる印象も、事故による障害で年齢が退行したままに身体が成長していったのでしょうか。小学校に入り集団生活をして漢字だって書き始める年齢なのですから、もう少ししっかりしていても良かったのですがそれだとストーリーが進まないのかもしれません。そんな青年と友達がもう一度会って葛藤していくという題材は今までになく、面白かったです。大人になりたくはないというピーターパンが一人存在しているかのよう、でも18年生きてきて大人だからこその良さも分かっているのではないでしょうか。ただ庇護するだけだといびつな関係に、お互いに成長していく様を描いた素直な作品が良かったです。見た目はともかく6歳児を放っておく世間にも違和感、親ももう少し関わりましょう。施設の人たちだって勝手に抜け出したなら血眼になって探すのが普通です。設定はともかくそういった部分でリアリティを持たせてほしかったです。

40代男性
40代男性

率直な感想としては、菅田将暉ファンのための映画という感じがしました。私自身も彼の演技は好きで、若手俳優の中でも個性的で評価は高いです。十分楽しむことができました。しかし、肝心のストーリーはというとお世辞にも面白いとは言えないかなと思いました。設定が曖昧で非現実的、最後まで伏線も回収し切れていないところも否めません。ほっこりできるシーンがあることで救われているという印象でした。もっと深いメッセージが隠されているのではないかと最後まで期待して観ていたので、正直ガッカリしてしまいました。菅田将暉の演技力が光っていただけに、それを生かしきれていなくて、ものすごく残念です。ストーリー展開のテンポは悪くはありませんでした。しかし、ラストまで観た後に自分の中でもあまり整理がつかず、何が言いたかったのか未だに分かっていません。作品のメッセージを大切に映画を観ることが多いので、そういった点でも良作とは言えないと思います。設定がしっかりしていないので、これは現実ではあり得ないのではないかと突っ込みたくなるところがたくさんあったので、何だか集中して鑑賞できませんでした。もう少し設定を丁寧に、現実に寄せながら作って欲しかったです。

 

50代女性
50代女性

6歳の時の事故で12年間植物状態だったモリオ(菅田将暉)が目をさまし、幼馴染のミキヒコ(松坂桃李)は会いに行きます。体は18歳、精神年齢は6歳、モリオの家庭は12年の間にばらばらになっていて、養護施設に預けられます。もう一人の幼馴染トモナリ(菅家有都)といつも3人一緒で、事故の時も一緒でした。ミキヒコとトモナリには、モリオの存在は周りが思う以上に大きかったのではないかと思います。もしも、そこで死んでしまっていたら、思い出の中の人になっていくのでしょうが、生きています。自分達は、どんどん年を取って、大人が近づいています。しかし、モリオは6歳のまま眠っています。そのことで、自分が大人になれない気持ちになるのかもしれません。一緒に遊んでいた時の事故という後ろめたさがあるかもしれません。モリオに会いに行って、モリオを守ろうとするミキヒコと、一切会おうとしないトモナリ、抱えている思いはそう違わないのかもしれません。トモナリはモリオとさよならして、大人になろうとしていて、ミキヒコはモリオと一緒に子供のままでいたいと思っているのでしょう。不思議な世界観の映画でした。でも、気になることが一つ、12年間寝たきりになっていた場合、体が固まってしまっていて、動かすことが困難なはずです。ほかの作品では、リハビリに苦労しているものがありました。リアリティーのない、不思議な世界を描いているので、それでも感情移入して観ることはできました。

20代男性
20代男性

最初に単純に出ているキャストに非常に魅力を感じたので、気になったのがきっかけでした。菅田将暉、二階堂ふみ、松坂桃李と今では考えられないくらいの豪華なキャストで固まっています。今じゃもうこの三人は主役級のキャストです。そして見どころとしてはこのころから彼らの演技には光るものがあり、実力がすでに十分発揮されていることです。彼らの演技力の高さがルックスの良さとも相まって、非常に魅力的なものになっています。気になる話の本筋はといいますと、この作品の根幹のテーマとして精神障害など重いものとなっており、今でも日本にとって重大な社会テーマが基軸となっています。障害の影響もあり、大人の姿のまま子供でいたいとする主人公の考えにはなかなか感じさせられるものがあります。そこに絡むような形で、複雑でせつない人間模様が巧みに描写されている様子から、とても丁寧な作品だということが分かります。今の日本のドラマではあまり扱われないようなテーマを扱っているからこそ、見るべき価値があると思います。さらに、主役のキャストにはたくさんのファンがいると思いますので、昔どんな演技をしていたのか確認できる作品でもあり、そういった方々にも非常におすすめの作品となっています。

40代女性
40代女性

週間ヤングサンデーに掲載された漫画が原作ということもあり、青春の気持ちを表現している子ども向きの内容であると悟った。なのに、内容は事故、事故の後の重たさを含んでおり、何かメッセージがあるのではと真剣に考えてしまう。漫画の原作を読んで初めてこの作品のノリを感じ取れるのだと思う。
事故にあってしまった主人公みきひこ、自分がそうなってからある友人のことを思い出した。これはよくわかる事情だと思う。相手の立場になってみて初めて気にとめることがあるものだから。だから事故にあったのかもしれず。。主人公みきひこの状態はモラトリアム人間で、言ってしまえば幸せすぎて、錆びている状態じゃないかなって思えてならない。モリオの過ごし方も理解できるけど、この作品は一体何を伝えたいんだろうって、真剣に考えてしまう。
2012年に公開されたこの作品は、ゆとり教育の世代には理解できそうな青春作品でした。キャストがとても少なく、限られた人物と交流するだけなので、少年たちに集中して観れました。キャストでは、ただただ内容関係なく主役演じる松坂くんが若くてかっこよかったです。可愛い印象も与える主人公でしたので、かなりの目の保養になっています。

50代男性
50代男性

かなり評価が見る人によって分かれる映画だなと思いました。世界観が合わないと、頭に全く入ってこない可能性もあると思います。正直、私はちょっと分からなかったです。二階堂ふみさんと松坂桃李さんが屋上の布団で朝に目覚めるシーンから、何かしらザワザワしたのですが、そこからの展開も自分とはリズム感が何か合わないので、ギクシャクしてしまいました。12年間昏睡状態だった患者が目を冷ましたらどうなるかというところから、このお話は組み立てられたと思うのですが、「そのまま中身は6歳だった」という、ある意味ひねりのない設定がもう駄目な気がします。このプロットで1本の映画を撮ってしまおうと思えるのが、自分には不思議です。「世にも奇妙な物語」でも、もう少し変化球を投げてくると思います。まあ、この何にも考えていない感じが「子供っぽさ」を表していると解釈してあげても良いのですが、それならばヤマを何個か作ってくれないと見ていて飽きてしまいます。セリフも凡庸で、日頃アメリカドラマを見慣れているせいか「おいおい、屋上でみんなで大人になんかなりたくないって叫んじゃってるよ」と冷ややかな目線になってしまいました。菅田将暉さんを使うなら、もっと彼を活かしてあげて欲しかったです。

30代女性
30代女性

菅田将暉さん、松坂桃李さん、二階堂ふみさんという今の日本の映画界に欠かせない存在となった3人が出演しているので気になって鑑賞しました。重くなりそうなテーマを時々出てくるファンタジーのような演出が映画を明るくしていて最後まで観やすかったです。菅田将暉さん演じるモリオが目覚めた後に仲良くなるズッコケ3人組のような小学生3人が可愛らしくて、こども時代の自由な感じがよく表現されて微笑ましかったです。松坂桃李さん演じるミキヒコと喫茶店でパフェを食べるシーンでの外の小学生たちの動作にクスッとしてしまいました。映画の中の菅田将暉さんの笑顔が本当にこどものようで輝いていました。こどもの時は何気ないことがすごく楽しく思えたのに、大人になるにつれていろんなことを「つまらない」と感じてしまう、その境目にいる10代最後のミキヒコの気持ちには共感できました。こども達が生き生きと楽しそうにしている姿に、大人になるってつまらなくなることなのかなぁと寂しく思いますが、この映画の中でミキヒコの支えになる景子を演じている松田美由紀さんがかっこいい大人の魅力を表現してくれていて安心します。それぞれの感情や性格を表現したような衣装も印象的でした。

 

まとめ

王様とボク
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました