おとうと(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
松竹映画 『おとうと』 予告篇

おとうと(映画)の動画フルを安全に見る方法

『おとうと』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『おとうと』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おとうと(映画)の内容

映画『おとうと』は、2010年1月に公開されました。

原作は、1950年代に幸田文さんによって執筆された同名小説作品です。

監督・脚本は、『男はつらいよ』シリーズなど人情劇を代表に、評論家や文化人からの支持も非常に高い日本映画界の第一人者・山田洋次さんが務めております。山田洋次監督から、1960年に公開された同名映画作品を撮った市川崑監督に捧げられたオマージュ作です。

映画『おとうと』は、姉弟の絆と人間模様を、笑いと涙を織り交ぜながら描いております。姉・吟子を吉永小百合さん、弟・鉄郎を笑福亭鶴瓶さんを筆頭に、日本映画界の豪華キャストが夢の共演を果たしております。

誰もがハマり約のキャスティングが素荒らしい。市川崑監督の前作をオマージュしていますが、全てにおいて優れています。特に人間愛が明確に描かれている本作品は前作品を凌駕する出来栄えです。

人間の愛の深さを感じずにはいられない作品で、見終わった後にあなたの心もきっと暖かくなっていることと思います。

おとこはつらいよの寅さん同様、鶴瓶さんの演技は地と演技の区別がつかない表現となっており、観るものの心を揺さぶります。一人っ子の私にもこの様な姉が欲しかったと、心の底から思います。

喋りから佇まいまで全てにおいて美しい吉永さんにくぎ付けでした。キャスト全員が好演をしておりますが、それすらもかすんでしまうほどに、吉永さんの演技が素晴らしい映画です。

あらすじ

東京の片隅にある小さな薬局を営む吟子(吉永小百合)は、早くに夫を亡くし、女手ひとつで一人娘の小春(蒼井優)を育てながら、義理の母である絹代(加藤治子)と三人で暮らしていました。

そんな中、小春はエリート医師との結婚が決まり、その結婚式には音信不通で、小春の名付け親でもある吟子の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)が現れます。

鉄郎は以前、吟子の夫の十三回忌にて泥酔して大暴れを起こし、滅茶苦茶にしてしまった過去があります。そんな鉄郎を親族は追い返そうとするも、今回は一滴も酒を飲まないと姉の吟子と約束を交わし、参列することになりました。

しかし、鉄郎は目の前に出された酒の誘惑の負けてしまい、またしても結婚式を滅茶苦茶にしてしまいます。さらに、このあとに起こるある事件をきっかけに吟子と鉄郎は絶縁をすることになります。それ以降、鉄郎の消息は途絶えてしまいました…。

見どころ

第34回日本アカデミー賞において、賞を総なめにした傑作。

吉永小百合さんの優しく母性溢れる表情が見事。どんなことがあろうと、弟を思い、世話を焼いてしまう姉の姿は繊細に美しく演じおります。

笑福亭鶴瓶さんはお金とお酒にだらしなく、それを悪びれることなく思うがままに生きて、あちこち迷惑をかける問題児を演じきっております。鶴瓶さんが演じることにより、チャーミングに見えてしまうのは不思議ですね。そして、ラストシーンでの迫真の演技は涙が止まりません。

また、加藤治子さんが発した最後のセリフで涙腺は崩壊します。山田 洋次監督が、10年ぶりに現代劇でメガホンを取ったということでも話題になった作品ですが、決して涙なしでは見られません。笑いあり涙ありの心温まる家族の絆に胸を打たれ、日本アカデミー賞を総なめにした理由もわかるはずです。

性別や世代など関係なく、家族や大切な人と見たくなるような人間味溢れる傑作です!

スタッフ

原作:幸田 文「おとうと」
監督:山田 洋次
脚本:山田 洋次 / 平松 恵美子
音楽:冨田 勲

キャスト

高野吟子:吉永小百合
東京の下町で小さな薬局を営む。早くに夫と死別し、一人娘の小春を女手ひとつで育てている。

丹野鉄郎:笑福亭鶴瓶
小春の名付け親でもあり、吟子の実弟。

高野小春:蒼井優
エリート医師との結婚を控えた新婦。

長田亨:加瀬亮
小春をそっと見守る幼馴染みの大工。

高野絹代:加藤治子
吟子の義理の母親で、吟子と小春の三人で一緒に暮らしている。

丸山:笹野高史
吟子と同じ町内に住む自転車屋の店主。

遠藤:森本レオ
吟子と同じ町内に住む歯科医師。

寺山祐介:田中壮太郎

丸山の息子:石塚義之

警官:ラサール石井

アパートの家主:池乃めだか

出前の親父:佐藤蛾次郎

大原ひとみ:キムラ緑子

丹野庄平:小林稔侍

丹野信子:茅島成美

浜村医師:近藤公園

小宮山進:小日向文世

小宮山千秋:石田ゆり子

ジローさん:横山あきお

ホテル従業員〈カメオ出演〉:中居正広

他:大塚麻恵 / 渡辺寛二 / 井上夏葉 / しまぞう / 二橋進 / 菅登未男 / 北山雅康 / 那須佐代子 / 藤田宗久 / 筒井巧 / 松野太紀

『おとうと』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おとうと(映画)の感想

40代男性
40代男性

山田洋次監督で、主演吉永小百合さんという二人の名前だけでも見る価値のある映画です。若干、寅さんの兄妹関係が、姉弟関係に変わっただけのような雰囲気もありますが、最終的には吉永小百合さんの持つ大きな包容力にみな包まれて、ほんわかとした気分で見終わる作品です。1960年に公開された市川崑監督の同名作品のリメーク版でもあります。主演の吉永小百合さんは芯のある女性を演じさせるとピカイチです。あんなに破天荒な弟でも、その包容力で包み込んでしまうところは、彼女にしか演じられなかったのではないでしょうか。また、その破天荒な弟を演じた笑福亭鶴瓶さんも憎めない弟を演じていました。酒に溺れる役をやらせたら、日本一かもしれません。わざとらしさもなく、そしてコミカルな酔っ払いを演じてくれています。そんな弟を心配そうに見守る姉という、こんな姉弟関係も良いなと思いました。そして娘役の蒼井優さんの演技も良かったです。彼女は表情や声のトーンなどの使い分けが豊かで、感情表現が素晴らしいと思います。この映画では波乱万丈な出来事を経験しますが、最終的には幸せになってもらって嬉しかったです。姉弟の絆、家族の絆、山田洋次ワールドが広がった作品です。ぜひ見てください。

 

50代女性
50代女性

山田洋次監督、出演は吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮…と続いただけで、名作の予感を感じましたが、間違いはありませんでした。笑わされて泣かされて、考えさせられる映画です。「寅さん」シリーズはじめ、山田監督の作品は家族の姿を描いた名作が数多くあると思います。この作品は、まず吉永さんの「おとうと」役が鶴瓶さんというキャスティングが意外性があって、一番に目を引かれました。でも、見て行くうちにこの配役が決して奇をてらったものではなく、それぞれぴったりの役柄だと分かりました。思い起こせば私が子供の頃は、親戚の集まりなどで1人は正体をなくすほど酔っぱらう「おじさん」がいました。結婚式でもノンアルコールビールが当たり前のようになった今では考えられないかもしれません。一方でその頃は、そんな「おじさん」がいても皆が笑って許せるような、世の中全体に寛容な雰囲気があったように思います。とはいえ映画は「昔は良かった」の単なる思い出話ではなく、時代にかかわらず未来にも続く普遍の物語として「家族」というものを描いているように感じました。昔の人も、今の人も、表面に現れる部分は違っていても、いかに生きるかという根本の部分でいつも同じように悩み進んでいくものなのだと考えさせられました。

 

40代女性
40代女性

普段なら観ることのない山田洋次監督の作品。大好きな蒼井優と加瀬亮が出ていたこともあり、友人と映画へ行くことに。とってもしっとりしていて、まるで昭和の映画を観ているようでした。何か、小津安二郎監督の映画のような、独特な奥ゆかしさがありました。あぁ、これが山田洋次ワールドか~と関心しながら画面にかじりついてました。吉永小百合の作品は、ほとんど鑑賞したことがなく、なるほど大物監督の好きそうな女優さん!と納得。鶴瓶がダメ弟の役で、はまり役でした。結婚式の雰囲気を台無しにしてしまって、自分だったらこんな叔父さん大嫌いだわ!と思いました。その後の結婚生活を台無しにされた蒼井優が可哀想で…。でも、傷心の彼女を助ける加瀬亮がカッコイイ!こんな男性がいたら、世の女性はころっといくのだと思います。つらい時に限って、なかなかそんな人は現れたりしませんが。蒼井優と加瀬亮の組み合わせ、カップルとしてすごく自然だし、この組み合わせ私は好きでした。山田洋次監督らしい、人情味あふれる内容で、本当にありそうな日常を描かれているので、とても共感のもてるストーリーでした。この「おとうと」は観たことのある山田作品の中で、数少ない好きな作品です。家族っていいな、兄弟っていいなと思える映画です。

40代男性
40代男性

しっかりと終盤に泣かされました。40代になると何かと涙もろくはなりますが、作品のテーマには考えさせられました。家族持ちの自分としては最期は「ありがとうね」と送り出されたいと思う。でもこの作中のように、民間のホスピスで終末を迎えたとしても、「お疲れ様・ご苦労様でした。」と送り出されたなら、どんな人生であっても「救われる」ような気持になりましたね。この作品は風来坊でろくでなしの弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)と、苦労人の姉・吟子(吉永小百合)を中心とした姉と弟の再会と別れを描いた家族のものがたり。メチャクチャやらかしてきた、おじさんがどんな最期を迎えたのか?酒が入ると大暴れしてしまう、典型的なダメおじさんの弟。身近にいそうで居たら困るタイプのおじさんです。とにかく親族の集まる席でやらかしてしまう。法事の席での一幕。極めつけの姉・吟子が女手一つで育てた娘(蒼井優)大事な披露宴。鉄郎のやりたい放題で、台無しのぶち壊し。ホントに困ったおじさんです。なんでしょうね、このどうしようもなさなのに、どこか憎めない人物像をつくるのが山田洋二監督。寅さん的な印象の姉弟関係。この作品の重要なテーマとして、身寄りのない人の最期を看取る終末期医療の現実。吉永さんと鶴瓶さんの似つかない見た目も関係なく見入ってしまう二人の演技力。こういった人間ドラマを演出できる監督は山田洋二さんしかいないと思う作品でした。

 

50代女性
50代女性

吉永小百合演じる吟子は早くに夫を亡くし、薬局を経営しながら一人娘の小春を育ててきました。しかし、役者を目指してフラフラと生きている弟、笑福亭鶴瓶演じる鉄郎の存在に胸を痛めています。夫の十三回忌の席上でお酒に酔って大暴れし、親戚たちから疎まれ、吟子の娘、小春の結婚式でも、披露宴をめちゃくちゃにし、離婚の原因を作ってしまった張本人なのです。しかし、情に厚い吟子は鉄郎を見捨てることはできませんでした。しかし、多額の借金を立て替えたことから、ついに絶縁してしまいます。兄弟姉妹は他人の始まりと言われますが、やはり他人ではありません。いつもどこかに「今、何してるのかな?元気かな?」という思いはついて回ります。吟子と鉄郎も絶縁してもどこがで求めあっているような気がしました。やがて、鉄郎が余命幾ばくもない病にかかっていることがわかります。駆けつける吟子。やはり、姉弟愛は消えてはいなかったのです。姉と言うのは弟に対しては母のような気持ちになるのだなぁと思いました。やがて鉄郎は吟子と小春に見守られて天に召されました。吟子の姑役の加藤治子さんの言葉が心に染みました。「お酒さえ飲ませなけりゃあ、いい人なんだから。」まさにその通りでした。兄弟姉妹の存在が足かせになっている人は意外と多いかもしれません。でも、生涯をともに暮らした日々はいつまでもいつまでも残ります。

50代女性
50代女性

かなり前の映画ですが、今でも印象深く残っている映画の一つです。姉役には、吉永小百合さん、弟役には、笑福亭鶴瓶さんという、『この二人が姉弟の役なんだぁ』と、観るまでは違和感ありまくりでした。『お姉さんが美人すぎるし、しかし、吉永小百合さんって一体いくつなんだろう?』等と、ストーリーとは関係ない事を考えながら観始めました。ただ、実際に観始めるとそんな違和感はどこへやらと、飛んで行っていました。出来の良い姉と出来の悪い弟、色々な人から見放されてしまうような事をしてきた弟が末期がんに侵されて死を待つしかない状態になっているというストーリーが分かった時には、もう自分の事のように見入っていました。私自身が父をがんで無くしていて、私自身もがんで死ぬんだろうな、とずっと思っている上に、人付き合いが苦手で親兄弟とも付き合いが無くなっているので、なおさら同じような境遇として見てしまっていたのだと思います。さて、話が映画のストーリーに戻りますが、この中で描かれている姉弟愛に対しても、スクリーンから目が離せませんでした。特に、どんどん弱っていって死にゆく弟の腕に結んだ紐で、弟が腕を動かして合図すると下に寝ている姉が起きて弟の世話をするシーンなど、数年経った今でも映画『おとうと』という文字を見ると真っ先に思い出すシーンです。私には私の事を世話してくれる人はいませんので、死にゆく自分の姿を想像しながら見てしまい、とても強く印象に残った映画となりました。がんに関わらず、人は皆死にゆく運命にあります。その時、どういう風に死んでいくのだろうか等、色々と考えるきっかけともなりました。

30代女性
30代女性

山田洋次監督のそうそうそんな人いるよねという映画好きです。誰にでも一人くらい鼻つまみ者の親戚がいます。私は薬剤師ですが、薬剤師が登場する映画はなかなかなくて、悪人や寄生獣に薬剤師役の方が出て来るくらいなので、山田洋次監督が薬剤師を仕事に選んでくれて嬉しく思いました。酒・タバコ・女・お金の全てに問題のあるおとうとを鶴瓶さんが演じていますが、だんだん話が進むごとにシリアスな演技に変わっていき、最後の場面では本当に感動しました。風貌からして吉永小百合さんの弟なわけはないでしょと批判的な気持ちで見始めたのですが、見ていくごとにこういう弟おるな、と引き込まれて行きました。どんなに大人になってからイザコザがあっても、子供の頃を共有した姉弟しかも二人だけの姉弟というのは、かけがえのないものです。一緒に並んで寝るなんてことは大人になってからは普通はありませんが、昔はしょっちゅう一緒に寝ていたわけです。子供の頃にしていた事を大人になって一緒にするだけで、一気にその頃に戻れるというのが姉弟であり家族です。喧嘩しても何となく元通りになっていて、深刻にならないのが家族です。そんな当たり前のどこにでもいそうな家族が、自分の家族と重なって、胸が苦しくなりました。性別年代問わず感動する作品だと思います。是非ご覧ください。

 

まとめ

『おとうと』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました