おっさんずラブ2016(ドラマ)の無料動画フル配信|dailymotionやpandoraよりオススメ

国内ドラマ

おっさんずラブ2016(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『おっさんずラブ(2016)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『おっさんずラブ(2016)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おっさんずラブ2016(ドラマ)の内容

ドラマ『おっさんずラブ(2016)』は、2016年12月30日にテレビ朝日で”年の瀬恋愛ドラマ”の第三夜として放送されました。

本作は、連ドラ版『おっさんずラブ』とは違った物語で「春田とハセの恋」を描いています。連ドラ版のような切なさは少なめですが、テンポの良いラブコメディーとして楽しめます。春田と黒澤が登場するもうひとつのパラレルワールドといった感じです。

連ドラ版と同じく脚本は、徳尾浩司さん、演出は瑠東東一郎さんで、プロデューサーの貴島彩理さんは本作が初プロデュースとなりました。キャストは、お馴染みの春田役には田中圭さんが、黒澤部長には吉田鋼太郎さんが扮し、春田に想いを寄せる後輩・ハセ役に落合モトキさんが扮しています。

 

連ドラより作品として完成度は高いと思う。連ドラは割とエンタメ感が強くて、それはそれで良いんだけど、こっちバージョンの連ドラも見てみたかったな。

連ドラ観賞済み。脚本徳尾さん演出板東さんで同じで撮り方が好き。
牧と武蔵の可愛くて好きなシーンがあって、本作でもこのシーンか!っていうところがあって、アレンジしてたのか~と楽しみながら観ました。

内容をぎゅっと詰めてる感はあるけど、よくまとめられたなと感心した。2018年ver.の春田と性格が全然違うので、そのへんの対比を楽しめた。

ストーリーが短いけど、その中でちゃんと収まってて、でも物足りなさもなくて良かった。連ドラ版はコメディタッチな印象だけど、こっちは結構切ない感じ。夜景とか夜の描写が綺麗だった。ハセのグイグイ来る感じ、いいね~。

あらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)はある日、見てはいけないものを見てしまいます。それは会社の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)のスマホに隠し撮りされた、春田の写真の大量コレクション。

「え、何? 怖い、怖い。」

更に、ビビる春田に黒澤はトイレで壁ドンして、「好きです!」とまさかの愛の告白をし、弁当を作ったり手編みのマフラーを贈るなどしてアタックします。

一方、春田にはルームシェアをしている後輩・長谷川幸也(落合モトキ)がいます。長谷川は料理も家事もできて、さらに寝る前に春田と一緒にゲームまでしてくれる優しい男。ロリで巨乳ではないが、巨根と自負する長谷川は、春田が女性に求める理想を体現した存在。黒澤に告白されたことを長谷川に話した夜、風呂上がりの春田は長谷川に壁ドンされ告白されます。

見どころ

春田のハセ

本作では、連ドラ版と違い、春田の相手が落合モトキ扮する長谷川、通称ハセです。ハセは連ドラ版の春田の相手・牧(林遣都)と同じ25歳という設定。ハセは、のほほんとした柔らかい話し方の青年です。

ごちゃごちゃ言い訳する春田をキスで黙らせるシーンでは、”キスしてみてどうよ”と問いかけるような表情をします。そんなハセは、春田にご飯を作ってあげたり掃除をしたり、さらに仕事の愚痴も聞いてあげて、Sっ気のある牧よりも攻撃性が低いのが特徴です。酔いつぶれた春田に毛布をかけてあげて、髪をなでなでして寝顔にキスしようとするというけなげさ。

春田ファン必見!

連ドラ版で春田のファンになった人に本作は特におすすめです。クリスマスパーティーで王子風なコスプレをし白タイツを履いている姿やコート姿や、女性の同僚を押し倒すが脳裏にハセの顔がちらついてクネクネした動きを披露。

さらに「男なんてありえない」「俺は女が好きなんだ」と長谷川への恋愛感情を否定してきた春田が最後には…。リアルさのある春田の表情の移り変わりは見どころです。

スタッフ

脚本:徳尾 浩司
演出:瑠東 東一郎
主題歌:Hi-STANDARD「My First Kiss」

キャスト

春田 創一:田中 圭
主人公。アイデアグッズ販売会社の商品開発部に勤務している。

黒澤 武蔵:吉田 鋼太郎
春田の所属する部署の部長。バツイチ。

長谷川 幸也:落合 モトキ
春田の会社の後輩。デザイン部所属。通称「ハセ」。

湊 あすか:宮澤 佐江
春田と同期入社の同僚。独身。春田とは何でも言い合える善き友人関係。

山下:葉山 昴
春田の後輩。

 

『おっさんずラブ(2016)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おっさんずラブ2016(ドラマ)の感想

 

20代女性
20代女性

この作品は、笑いと共感の嵐を与えてくれた大好きなラブストーリーです。男性が男性を好きになるという奇抜なストーリー設定のため、どこかリアリティに欠けるのではと思いがちですが、決してそんなことはありません。むしろこの作品ほど、リアルに恋をしている状態を描いたドラマは少ないかと思います。相手のことを本気で好きになったときの、どうしようもない衝動やその後の後悔、幸せを願い気持ちを押し殺したいと思う反面で嫉妬をしてしまう自分へのいらだち、大切な人だからこそ傷つけたくないのに上手く言葉にできない葛藤など、誰もが共感してしまう名シーンが連続します。恋をするのに好きになるのに、年齢も性別も関係ないのだと素直に思わせてくれた作品でした。基本的には笑えるシーンが多いですが、たまに泣けるほど切ないシーンも挟んでくるため、見ていて飽きることなくどんどんハマってしまいます。主演演じる田中圭さんの温和な雰囲気が醸し出す人柄の良さが素晴らしく、また吉田鋼太郎さんの見事なキャラクターの二面性も見どころの一つだと思います。恋をする楽しさや難しさを面白おかしく、そしてどこか温かく学べるいいドラマなので、ぜひ一度見ていただきたいです。

40代女性
40代女性

地上波で実写版のBLドラマを放送する、という告知をTwitterで見て驚きました。そして最初は「とうとうテレビ業界がBLに媚を売り始めたか・・・」とかなり身構えてしまいました。まぁどうせ少女漫画を無理やりBLに焼き直したようなドラマだろ、と高をくくって観はじめたのですが、そのよく練られた脚本と絶妙な演出にかなり驚いてしまいました。黒澤部長がはるたんを追いかける深夜のオフィスのシーンで、映画「ターミネーター」のパロディを盛り込んだり、田中圭さんや吉田鋼太郎さんのおかしな演技の間もあいまってコメディドラマとしての完成度もすごく高いと感じました。BL好きの腐女子だけでなく、もっと幅広い世代も楽しめるエンタメコンテンツに仕上がっていると思います。もちろん、『おっさんずラブ』と銘打つからにはちゃんとおっさんもラブしていました。禁断の恋に身をゆだねる黒澤部長の少女のような愛らしさ、優柔不断で割りとクズなはるたん、パーフェクト年下攻めの後輩・長谷川の三つ巴バトルも視聴者をハラハラさせます。最後の最後まで「どことどこがくっつくの!?」と分からせない演出もよかった。そして伝説のラストシーン・・・橋の上のあの衝撃のシーンからエンディングロールが流れる瞬間、私は心の中で拝みました。尊い・・・と。『おっさんずラブ』は2018年の連続ドラマ版でブレイクしましたが、その後のシリーズも通して「2016年版のラストシーンを上回る“萌え”はない」と言い切れます。2016年の放送当時はまだそんなに注目されていなかったので見たことがない人も多いと思いますが、絶っっっ対に観てほしいです!

 

40代男性
40代男性

田中圭演じる春田創一と吉田鋼太郎演じる黒澤武蔵のおっさん同士の恋愛を描いたドラマで、おっさんたちが恋に悩む姿がコミカルに見えてとても面白いです。春田創一は優しく真面目ですが、仕事はどこか抜けていて、女性にもモテません。でもなぜか男性の母性本能をくすぐってしまい、同僚の男性陣にモテモテとなってしまいます。そんな状況に戸惑いながらも、徐々に男性に恋をしてしまっている自分に気づくということで、その揺れ動く気持ちを田中圭がうまく演じています。この演技が女性視聴者の母性本能をくすぐって、田中圭のその後のブレイクにつながったのだと思います。一方、黒澤武蔵は男気のあって、仕事のできる上司なのですが、春田への恋に思い悩む姿とのギャップが笑えます。そんな二人の間に入ってくるのが、林遣都演じる凌太です。生活力の高さから春田と同居を始め、急接近します。突然の春田へのキスは衝撃映像です。また、その他キャストでは伊藤修子演じる同僚や、アンジャッシュ児島演じる春田の行きつけ居酒屋店主が、良いアクセントになっています。このドラマは続編や映画が作られていて楽しめますので、まずはこの作品でおつさんずラブワールドにどっぷりハマってみることをおすすめします。

 

30代女性
30代女性

最初はちょっと話題になったなという軽い気持ちで見ました。すぐに田中君と林君のカップルを応援したくなった。同性同士の愛を描いた作品でここまで面白く、心が温まるドラマはなかったです。そういった話題をたぶーとしていた日本テレビ業界に新しい風が吹きましたね。三角関係から、四角関係に発展していくところではどうなるんだろうとドキドキ、とにかくノンケの主人公が突然BLの世界に巻き込まれていく様は笑いが止まりません。元々BLに対して抵抗がないですが、おっさんずラブは抵抗なく見れる作品だと思います。一つの見所としては田中君の肉体美も重要なポイントでしょう。林君に言い寄られているシーンは何度見ても笑えますね。最後の方はあれ?あれれ?と急展開に惑わされますが……もちろんハッピーエンドです。純粋な愛と友情と……それを温かく見守る周りの人間がこのドラマを崇高なものにしてくれています。とにかく、敵がいない、偏見を持った人間もいない、現実的にはあり得ないんですが……こんな世界だったらいいなと思わせてくれます。人を愛するのに性別なんか関係ないと思わせてくれた大きな作品です。もちろん映画も最高にドタバタで面白いですよ!!

 

30代女性
30代女性

男性同士の恋愛ドラマには、あまり興味はありませんでしたが、あの吉田鋼太郎が演じる同性愛についてはとても興味を持ち、視聴していました。もともと、同性愛ではない上司と部下の恋愛がどの様な展開になっていくのか、毎回見逃せないストーリーが魅力のドラマです。特に純粋な心の主人公が、いままで未経験の同性同士での恋愛に対して、まっすぐに向き合って葛藤していく姿はとても好感が持てます。自分は女性ですが、もしも同じように同性から告白されたりしたら、同じ様な対応ができるのだろうか?という同性愛に対する新しい発想や考え方を提供してくれたドラマでもあります。さまざまな性の在り方が認められつつある現代社会において、まだまだ偏見や差別という問題も後を絶ちません。その中で、コメディタッチで描かれるストーリーの中には、笑いの合間に、人間として考えさせる様な展開も出てきます。もしも、職場や友人に同じ様な立場の人がいたら、偏見や差別的な感覚を一切なく平常心で接することができるのでしょうか。同性愛はもっと身近にあるものなのでは?という疑問符を世間の多くの人々に投げかけるきっかけを作ってくれた意義のあるドラマだと感じています。

50代女性
50代女性

田中圭さんが、ちょっと天然で男性から告白されて動揺する春田を、熱演していてとても良かったと思いました。春たんと呼ばれて、驚き戸惑うのですがだんだん馴染んできて春たんそのものだったと思いました。春たんの可愛らしさと、林遣都さん演じる牧の切なくて一途な思いに最初から引き込まれてしまい、胸キュンが止まりませんでした。男性同士の恋愛に、こんなにさわやかな気持ちになって応援したくなるストーリーは、まさに奇跡のドラマだと思います。吉田鋼太郎さんが、普段は頼りになる素敵な上司なのに、春たんを好きになって乙女になる姿が可愛かったです。天空不動産は最高だと思いました。恋愛に性別や年齢は関係なく、相手を思いやる気持ちが一番大事なのだと、改めて考えさせられました。とても大切なことを教えてくれるドラマだったと思います。牧は、完全に春たんを愛しているのに、春たんは少し温度差があって、自分からルームシェアを申し込んだり出て行こうとする牧にバックハグで引き止めて、「付き合ってくれ」と言われるとそれがどういうことなのかをしっかり認識してないのに、「はい」と答えてしまいます。面白過ぎるキャラだと思いました。最終回で、春たんを教会から牧の元に向かわせて春たんが、橋の上でプロポーズするのは感動しました。

 

20代男性
20代男性

吉田鋼太郎演じる上司と主人公の田中圭との,笑い溢れるラブラブ感がたまらないです,田中圭は春田という名前の不動産会社の社員。この春田が非常に優しいんです。男性同士の恋愛をもちろん描いているのですが,春田の人を思う心,優しさ,お客様に対する気遣いなどは,社会人である僕にとって非常に勉強になりました。だからこそ,とてもドラマの中でもモテるんですね。そして,おっさんズらぶという名前の通り男性同士の恋愛を描くのですが,途中で女性との恋の様子も出てきます。個人的には,その恋を応援したいのですが,それはみなさんがみてからのお楽しみですね。登場人物は,まだまだおり,本社から来たできる同僚や,もう一人の上司など,様々なタイプの男が出てきますが,どの人にもいいところがあり,あらゆる恋愛が繰り広げられるので非常にみていて面白いです。それだけではありません。悩みが出た時に,誰もが通う居酒屋があるのですが,これがまたいい。アンジャッシュの小嶋さんが演じている店の店主が,アイディア溢れる居酒屋メニューを考えて春田やそれ以外の人に提供するのですが,その感想や食べ方が人によって違い,これも見どころの一つです。春田は誰と恋に落ち,恋愛をしていくのか,全ての話を飽きることなく見ることができるでしょう。

40代女性
40代女性

優柔不断、押しに弱い、優しいだけが取り柄のはるたんに最初は全く魅力を感じなかったんだけど、最後には大好きに!はるたんを好きになっちゃう上司(男性だし吉田鋼太郎だし笑)が、長年連れ添った奥さんときちんと分かれてはるたんと一緒になろうとする姿に、笑い以上のピュアな気持ちを感じて応援せずにはいられません!不倫じゃないのね?遊びじゃなくて、真剣にはるたんと一緒になりたいのね?てなっちゃいます!普通の男女の恋愛ドラマを見るよりよっぽどみんなピュアで、恋愛に真剣で、はるたん以外全員を応援したくなるドラマです!むしろはるたん(主人公)が一番魅力が無いていう…。こんなにこれといった魅力もない、とにかく周りに流されて自分で行動しない主人公の恋愛ドラマって今まで無かったと思うくらい周り任せ(笑)。でも、最後までちゃんと見たら、結局ちゃんと主人公のはるたんが輝いて見えるから不思議です!このドラマ以降別ストーリーのドラマや、映画「おっさんずラブ・インザスカイ」も全部観たけれど、2016のこのドラマが一番好きです!少し地味だけどちゃんと皆が頑張って真剣に恋をして、ちょっとしたことで喜んだり落ち込んだり、辛くても相手の幸せをきちんと望んで身を引いたり、恋愛の基本をおっさんたちの恋愛に共感です!異性、同性、男、女、おっさん、そういう肩書にとらわれず、恋愛している皆を素直に応援できるドラマでした!

 

20代男性
20代男性

おっさんずラブのドラマの感想といたしましては、田中圭さんの本当に可愛い演技がキュンキュンしました。田中圭さんは林さんに言い寄られるという役なのですが、言い寄られた時のシャワーシーンもとてもセクシーなのですが、言い寄られた時の戸惑う姿は本当に可愛いです。また、田中圭さんに言い寄る役であるもう一人の主役である吉田さんも意外とかわいいシーンが多くて、女子力が本当に高くてかわいいなと思いました。そして、意外とピュアであり、田中圭さんを本当に好きなんだなという印象がすごく伝わってくるのでそれが本当にいいです。また、吉田さんの奥さんである大塚寧々さんの懐の多きさもすごく良かったです。男性と付き合われて離婚を切り出されたにもかかわらず、吉田さんを見守るというのが本当に素敵だなと思いました。また、会社の中での田中圭さんの立場も本当に可愛いなと思いました。仕事はお世辞にもできるとはいえないのですが、その可愛さが本当にいいなと思いました。また、意外とアンジャッシュの児島さんがいい役割を果たしていたなと思いました。田中圭さんや林さんを見守りながらおちょくられるというのが本当に面白いです。また、変わった料理も好きです。

20代男性
20代男性

放送終了後も大きく話題を呼び、その後も展開を続けているおっさんずラブですが、もう一作目が4年も前のことになるとびっくりしてしまいます。当時大きく話題になっていて、つられて見たのが懐かしいです。女の人でないと楽しめないものかと思いきや、男性の僕でも楽しめたのでそれがとても嬉しかったです。田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、内田理央など実力と華やかさを兼ね備えたようなキャストばかりで、かなり印象に残りました。この作品が一躍話題になったのは彼らの存在感や功績も大きいと思います。田中圭なんてこの作品で、再度大きく売れましたもんね。たくさんバラエティーやCMで見かけるようになりました。肝心のストーリーも他の作品に無いような独特のものであり、大胆にボーイズラブをテーマに用いているものの、見やすいのが本作の特徴でしょう。そしてなにより、インパクトのあるせりふ回しや演出が人気でした。そういったオリジナリティあふれる要素がたくさんつまっていて、なおかつ作品としてのクオリティが高いこともあり、ヒットしたんだなと改めて感じました。現在でも多くのファンがいる作品ですが、今後もさらなる展開がなされていくといいなと心の底からファンとして感じています。

 

まとめ

『おっさんずラブ(2016)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『おっさんずラブ』作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました