おっさんずラブ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』予告【8.23 ROADSHOW】

おっさんずラブ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おっさんずラブ(映画)の内容

映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、2019年8月に公開されました。

本作は、2018年4月から連続ドラマとして放送された「おっさんずラブ」を映画化した作品で、ドラマ最終話のアフターストーリーが描かれています。

ドラマの演出を手掛けた瑠東東一郎さんが監督を務め、徳尾浩司さんが脚本を担当しています。

春田創一役の田中圭さん、黒澤武蔵役の吉田鋼太郎さん、牧凌太役の林遣都さんをはじめ、内田理央さん、眞島秀和さん、大塚寧々さんなどレギュラー陣が続投していて、新メンバーの沢村一樹さんと志尊淳さんも出演しています。

 

ちなみに「おっさんずラブ」は、2018年のユーキャン新語・流行語大賞のトップテンにランクインするなど社会現象になりました。

 

美しきエリートの牧を愛する春田創一の成長物語でした。テレビドラマを先に見てから映画を見た方が、春田の変化が分かる気がする。途中から別の男女カップルに見せ場を奪われた感がある。エンドロールの後が必見!

あれもこれもと、エピソードが多すぎて、正直ちょっと疲れたけど、役者一人一人がいい味出てた。役者は楽しみながら演じていたように見えた。特にジャスティスこと志尊淳が楽しそうだった。

映画2時間に詰め込み過ぎてやりたい事やりましたって感じだった。

「なんで?そうなるの?」って疑問があちこちに。
とりあえず誰かと誰かをくっつけりゃ良いってもんじゃないと思うけどな。ストーリーがめちゃくちゃで面白かったけど。

映画化したらドタバタとするのは分っていたけど予想以上のくだらない展開とふっきれた演技で笑えた。会話の間が抜群だった。

あらすじ

永遠の愛を誓った日から1年が経ち、春田創一(田中圭)は上海と香港の転勤から帰国します。久しぶりに戻った天空不動産東京第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーや最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も出迎えてくれます。

そんな彼らの前に、本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」が現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、春田たちの東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告します。

その隣には、本社に異動し、そのプロジェクトチームの一員となった牧凌太(林遣都)の姿もあります。何も知らされていなかったため春田は動揺します。そして、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いて行きます。

一方、春田がコンビを組むことになったジャスティスは、兄のように春田を慕います。さらに黒澤はある事故がきっかけで春田の存在だけ記憶喪失に。なぜ自分だけと動揺する春田をよそに、黒澤は、“生まれて初めて”春田と出会い、恋心を走らせてしまいます。

そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生し、それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫ります。

見どころ

エンドロール後のシーン

鑑賞した人のコメントにも多かった”エンドロールの後”にも、取って置きのシーンがあります。エンドロールが始まったから映画が終わったと思ったら大間違い!エンドロールの後にもう一度、本当のラストが来ます。

様々な恋模様

本作の一番の見どころは、春田と牧の”春牧”カップルですが、その春牧カップル以外のカップルも見どころです。

第二営業所の若手営業部員で春田の部下・マロこと栗林歌麻呂(金子大地)と、黒澤部長の元妻・蝶子(大塚寧々)の年の差カップル。いくつ年が離れているのかと尻込みする蝶子に、歳の差を超え真剣に想いを寄せてグイグイいくマロ。

他にも、ちずの兄で居酒屋「わんだほう」の店主・鉄平(児嶋一哉)と、春田の同僚・まいまいこと舞子(伊藤修子)の個性派カップルは、安定感があり、ペアルックで歌います。

また、カップルにはなれなかった人達も。春田と幼なじみの荒井ちず(内田理央)は、春田への恋心にはケリをつけて春田と並んでお酒を片手に話し込みます。

さらに、昏睡状態で入院中の黒澤部長(吉田鋼太郎)の手を取り悲嘆にくれる武川主任(眞島秀和)は、黒澤部長に片想い中です。

スタッフ

監督:瑠東 東一郎
脚本:徳尾 浩司
音楽:河野 伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」

キャスト

春田 創一:田中 圭
主人公。天空不動産第二営業所の営業部員。

牧 凌太:林 遣都
春田の最愛のパートナー。天空不動産本社・新プロジェクトチーム所属。

荒井 ちず:内田 理央
居酒屋わんだほうの看板娘。春田とは年の差の幼馴染。鉄平は兄。

栗林 歌麻呂:金子 大地
天空不動産第二営業所の営業部員。蝶子が好き。

瀬川 舞香:伊藤 修子
天空不動産第二営業所の営業部員。春田にたびたび詮索と助言を繰り返す同僚。

新井 鉄平:児嶋 一哉
居酒屋わんだほうの店主。ちずは妹。

狸穴 迅:沢村 一樹
天空不動産本社勤務。新プロジェクトチームのリーダー。

山田 正義:志尊 淳
天空不動産第二営業所営業部に配属された新入社員。名前の読み方は”やまだジャスティス”。

武川 政宗:眞島 秀和
天空不動産第二営業所営業部主任。

西園寺 蝶子:大塚 寧々
黒澤の元嫁。

黒澤 武蔵:吉田 鋼太郎
天空不動産東京第二営業所・営業部部長。春田に想いを寄せていたけど身を引いた。

 

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おっさんずラブ(映画)の感想

50代男性
50代男性

正直ノーマル(男性で女性好き)なのでこのドラマの世界観は未だに全く理解できていません(笑)ただ、テレビドラマの頃から一つのコメディとして楽しんでいました。似たような世界観のドラマが他にもいくつかありましたが、今作はその中で「おっさんずラブ」が映画館で見る劇場版になったということでよりスケールアップした感じは伝わりました。基本的にはテレビ版同様田中圭さん演じる春田をめぐり吉田鋼太郎さん演じる黒澤、そして林遣都さん演じる牧との三角関係をメインに周りの現実ではそうそうありえない人間関係を楽しみながら、という映画・ストーリーです。コメディならでは恐らく春田も我々と同じノーマルな感覚だったと思われるが二人のおかしいほどのひたむきさに少しずつ心を動かされていくというところが見所ですね。妻を捨ててまで春田への愛を成就しようとする黒澤、その「結婚式」を抜け出し牧へプロポーズするという春田…。でも、それだけで終わらないところが何ともコメディたるゆえんというか、ありきたりではないというか…。世界観は決して理解できなかったけど(笑)、ストーリー・展開としては最後までどうなるかわからないという部分を含めて楽しめたし笑わせてもらったというところは映画を見終わったあとである種の満腹感を感じられる映画だったと思います。

 

40代女性
40代女性

「おっさんずラブ」が映画化されたと聞いて、ついにここまで来たか!と思いました。正直ビックリしましたが、絶対観に行こう!と思った私はドハマりしていた一人です(笑)映画版では、エロ男爵と自ら名乗る沢村一樹さんと、朝ドラで人気俳優へと駆け上がった志尊淳さんが起用されていました。観る前はどうなんだろう?と正直思いましたが、ところがどっこい、いい塩梅にハマってるんです!すごいなぁと思いました。全然違和感がなかったんです。脚本が上手いのか、演出が上手なのか、はたまた役者さんの演技力が凄いのかはわかりません。思っていたよりも自然に天空不動産のオフィスに馴染んでいらっしゃいました。ドラマでおなじみ、田中圭さんや林遣都さん、吉田鋼太郎さんとの絡みも本当に面白く、映画館であんなに大きな声で笑ったのは初めてのことでした。特に笑ったのはサウナのシーン!眞島さんも含め、この6人が集結すると恋愛6角関係となり、本当に複雑怪奇で面白すぎます。男女の恋愛よりも、男性同士の恋の方がドロドロしていて、意外と大変なのかもしれないと、女心ながら思ってしまいました。映画版もドラマと一緒で、大好きなちずちゃん役の内田理央ちゃんや大塚寧々さん、瀬川さん役の個性派女優・伊藤修子さんも健在で、ほんと大好きな作品です。

30代女性
30代女性

前回のドラマから大好きで毎週欠かさず見ていました!職場の上司が自分の写真を携帯に入れているという衝撃のスタートで男性同士、しかもおっさん同士の恋愛なんて、、と最初は否定的でしたが田中圭さん演じるはるたんの天真爛漫な笑顔がかわいすぎてどんどん引き込まれてしまいました。吉田鋼太郎さん演じる部長も最初はただのおっさんにしか見えませんでしたが回を重ねるごとにもはや乙女にしか見えず。林遣都さんが演じる牧くんは奥さん、いやお母さんのようにはるたんを包み込み愛溢れるキャラクターでした。そんな大好きなドラマが映画化されたのは本当に嬉しかったのですが、このおもしろさをたった2時間ほどで伝えられるのか、、と最初は心配していましたが杞憂でした!笑えるところは爆笑できるし、感動するところはしっかり泣けるし感情が忙しかったです(笑)新キャラクターの志尊淳さん、沢村一樹さんもさすがの存在感とコミカルなお芝居で観入ってしまい、あっという間に終わってしまった印象です。基本的には明るい内容ですし、クライマックスの特効も見応えがあったので観終わったあとに晴れやかな気持ちになれます。仕事に疲れた金曜日の夜に観るのがオススメです!おもいっきりリフレッシュできます!私が一番笑ったのはCMでもやっていたサウナのシーンでした。田中圭さんの肉体美も見どころです!

 

30代女性
30代女性

ずっとドラマを見ていたので映画版が楽しみでした。感想は素晴らしいの一言です。やはりドラマとは違って命に関わる大事件だったりで設定が大掛かりな分迫力があります。劇場版ならではのアクションがありドキドキハラハラさせられます。また恋愛ストーリーも見ものです。ドラマでの三角関係が五角関係にまで増えた恋愛戦いぶりも大きな見どころです。更に恋愛では同性愛も堂々と演じられているので驚きました。現代LGBT問題は取り上げられることが多いです。そのような事に悩む人も多いと聞きます。しかしこの映画ではLGBTが当たり前のように演じられているので、共感し、自分の恋愛に自身を持てるようになる方が多いのではないでしょうか。そのような目線で見ても楽しいし、またとにかくおっさんたちのキャラクターがそれぞれ良い味を出していて大笑いできるシーンもたくさんあります。田中圭がかっこいいけど笑える演技もたくさんしてくれ本当に面白いコメディです。ドラマを見ていた方はもちろん、見たことない方も十分楽しめる作品となっています。気持ちが落ち込んでる時、恋愛での悩みがある時に見たら思い切り笑って悩みも吹っ飛ばしてくれるような最高の映画だと思います。

20代女性
20代女性

ドラマの時から大好きだった、おっさんずらぶの映画版で出演者も増えるので楽しみにしていました。最初から驚いたのは、ドラマでは男性同士の恋にかなりとまどって、牧のことを好きなのか迷っていた春田が、すごく牧のことを好きで指輪まで買ったことです。それなのに、すれ違っていく2人がすごく切なかったけれど、春田が牧のことがすきなんだなと感じるたびに、牧もすごく嬉しそうでそれはほっこりしました。記憶をなくしてしまって再び恋をする部長も今回もすごく可愛かったです。新メンバーの正義や埋穴も春田のことを好きになったり牧のことを好きになったりするのかなと思っていたので、そこは少し残念でした。でも、埋穴がすごくいい感じにこじらせてくれて、恋だけでなく仕事面もかき乱してくれたのですごく良かったと思います。サウナシーンで、全員が水をかけあうシーンは何か素のような感じがして、本当に面白く、声を出して笑えました。そして最後のシーンの大規模な爆発や脱出シーンがスケールが大きくてよかったです。春田の恋だけでなく、まわりをかこむ人たちの恋もうまくいってみんなが幸せになる最後だったのですごく良かったと思いました。最後の春田が栄転を断るシーンもぐっときました。

20代女性
20代女性

ドラマ版に引き続き、春田と牧と黒沢部長の三角関係を楽しみに劇場に足を運びました。出会いのシーンでパンツを差し出すという癖の強い登場をした志尊淳くんが演じる正義(ジャスティン)がとても可愛く、三角関係をこじらせるとてもいいスパイスだったと思います。付き合うことになってすぐ春田の海外への転勤が決まり、サプライズで春田に会いに行くと、男性と裸で寝ている姿を見てしまうというハプニングがあるのが2人らしいなと思いました。Genius7に入り、仕事の忙しさから春田との関係がギクシャクしたところ、牧がイライラしているときに、自分にできることをしようと、苦手な料理をするところ、空回りして結局牧が助けてあげるところに春田の愛らしさが詰まっていました。黒沢部長が事故にあい、春田の記憶だけなくなってしまうシーンや、同棲中の家に母が帰ってきたのもきっかけに牧が家を出たりなど、シリアスな場面もありますが、サウナでみんな集合してぶつかり合うシーンはとても面白かったです。記憶がなくなったのに、また春田に恋をしてしまう黒沢部長も一途でいいなと思いました。傷だらけになりながらお互いを支えあい、一緒に生還することができた二人にはさらに強い絆ができたと思います。天空不動産のみんなもとてもいいキャラは健在で、泣けて、でも声出して笑ってしまうくらい面白くてとても満足の映画でした。いつでもどこでもお人好しな春田の行動が、最後にはとても良い結果を運んできて、優しさは巡り巡って自分に還ってくるものだとあらためて感じました。

 

40代女性
40代女性

ドラマを観ていた人はもちろん楽しめますが、観ていなかった人も予め人物相関図を仕入れておけば充分楽しめる作品です。田中圭演じるはるたんこと春田創一と林遣都演じる牧凌太との恋愛を主軸に、あちらこちらで恋が花開き始めます。最終的には誰と誰が結ばれるのか?ドキドキしながら年齢層の幅広いイケメン達を見守るのは楽しいです。個人的にはいつも愁いを秘めた瞳の牧君がお気に入りなのですが、この作品で大ブレイクした田中圭さんのお茶目で軽いけど優しくて真面目なはるたんも素敵です。記憶を無くしてしまい再度はるたんに恋をしてしまう吉田鋼太郎さん演じる黒澤部長ですが、観ている側は叶わぬ恋と知っているので、吉田鋼太郎さんの揺れる気持ちにキュンとなります。黒澤部長のはるたんだけに見せる上目遣い。思わず「いるいるこんな女の子」とうなっちゃいました。ドラマの最後に黒澤部長といい感じで終わっていた間島秀和さん演じる武川政宗が、はるたんに再び恋し始める黒澤部長を見つめる視線が切ない。はるたんのキャラからして軽い楽しいシーンが多いですが、男女の恋愛物語よりストレートに愛を表現できない分実はとっても切ない物語なのです。その切なさは昭和の少女漫画級。お互いに気持ちを言葉にしないもどかしさがあるからこそ、登場人物達の軽妙なやり取りが生きてくるのだと思います。笑いながらその切なさにキュンキュンできちゃう唯一無二の作品です。

40代女性
40代女性

TVの連ドラ版の一年後となる続編でしたが、なんとまさかの五各関係でかなり濃厚な内容でした。春田と牧カップルは順風かと思ってましたが、それぞれトラブルが発生して見応えがありました。特に劇場版からの登場となった正義がなかなかクセがあり好きでした。ジャスティスと呼ばれていたのも笑えました。春田を兄のように慕う存在だったのですが牧には眩しかったでしょうね。牧ってそんな素直そうな感じないですから。けっこう過去に家族関係で悲しい想いをしていたので、その経験から春田に想いを伝えることの大切さを訴えてたのも見応えがあり泣かせるシーンでした。春田を慕っていたくせに、ちゃっかり不動産会社の令嬢と結婚し、会長の座を狙っていると春田に謎の耳打ちをしていたのでつかみどころがないなぁと思いました。シャレ?、それにしても令嬢役がお笑いコンビ、おかずクラブのゆいPだったのでどういう趣味?とは思いました。あながお金目当てなのはウソではないかも。それにしてもジャスティスと同じく劇場版からの登場となった狸穴は単なるにおわせキャラだったので予想外でした。牧との関係を春田が大げさに解釈しちゃったんでしょうね。牧の元彼、武川も出ていましたが、なんと黒澤部長と今後を匂わせる出来事があったので驚きながらも嬉しくなりました。やっぱり最初のヒロイン?だけに幸せになって欲しいです。

 

20代女性
20代女性

ドラマ最終回より1年後が舞台、キャストも続投だったのでドラマファンの方はより楽しめる作品だと思います。コミカルな演出が多いので、ドラマを見ていなかった方もたくさん笑って楽しめる内容となっていました。ドラマを見ていた側からすると、キャスト陣のハイテンションな部分や恋愛模様が懐かしく、また見ることができて嬉しかったです。はるたんと牧のいちゃいちゃから、部長の暴走っぷりまで期待を裏切らないクオリティとなっていました。はるたんと牧のすれ違いにハラハラしながらも、2人の浴衣デートを見ることができたり、別カップルの進展具合も恋愛要素としてとても素敵でした。今回ははるたん、牧、部長以外にも話をかき乱す2人の新キャラも登場しています。この5人がサウナでそろうシーンがあるのですが、ここは何度見ても爆笑必至な展開でとても大好きです。後半では映画ならではのスケールでだいぶぶっ飛んだ展開となりますが、それはそれで楽しめますし、ラストではるたんと牧がどうなるのか、ぜひ最後まで見てもらいたい内容でした。全体の感想としては、ドラマのテンションや空気感をもたせながら、それぞれの恋愛の進展もあり、映画館が笑いで包まれる面白さもあり、満足できるストーリーでした。

30代男性
30代男性

田中圭と吉田鋼太郎の掛け合いが大好きで全シリーズ見ています!劇場版も良かった!春田はいつも春田なんですよね~、どじでおっちょこちょいなんだけど、純情でまげられない信念みたいなものがあって、自分のことだけじゃなく相手のことも一生懸命考えすぎちゃうからなかなかずばっと答えが出せなくて、それが見ているこっちもやきもきさせるんだけど、やっぱそこが春田のいいところなんです。周りも春田に振り回されることで嫌な思いをしたり、我慢しなきゃいけなかったり複雑な状況になるときもあるんだけど、でもやっぱり春田のキャラが素敵だからみんな春田のことが好きなのがにじみ出ている!今回は映画ということで、同じ不動産業界の話でもなんか仕事のスケールが大きくて、ダイナミックな話の展開も魅力的でした。途中、これはアクション映画か?と思うようなダイナミックな炎を使ったような演出もあったりも映画ならではかなと思いました。そこで愛を再確認する春田と牧が感動的でしたね。こちらもおっさんですが、おっさんがおっさんずらぶにきゅんきゅんしてしまいました。ラストに二人の指に光る指輪がもーうれしくて妻の前で泣くのは我慢しましたが、泣けるくらい感動しました。

 

まとめ

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『おっさんずラブ』作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました