オカンの嫁入り(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『オカンの嫁入り』予告編

オカンの嫁入り(映画)の動画フルを安全に見る方法

『オカンの嫁入り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『オカンの嫁入り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

オカンの嫁入り(映画)の内容

映画『オカンの嫁入り』は、2010年9月に公開されました。

原作は、2007年、第3回日本ラブストーリー大賞ニフティ/ココログ賞を受賞し、作家としてデビューした咲乃月音さんのオンライン小説。2008年に書籍化され、本作公開後には、30万部を売り上げるベストセラーとなりました。

監督は、2006年「酒井家のしあわせ」、2014年「そこのみにて光輝く」を手掛けた呉美保さん。主演の母と娘役に大竹しのぶさんと宮﨑あおいさんが扮し、親子の葛藤をリアルに体現。ぶつかり合いながらも互いを思う母娘、そして彼らを見守る周囲の人々の温かな姿が描かれています。

母と結婚を宣言される若い金髪の研二役には、桐谷健太さんが扮し、「どこの田舎のヤンキー?」と言ってしまいそうなダサい服装にリーゼントの金髪姿を披露しています。

 

大竹しのぶのダメな母親役が素晴らしかった。身勝手で、人の話は聞かないし、すぐおちゃらけるけど、母親なりに娘のことを愛して想っていることも伝わってくる。この頃の宮﨑あおいは可愛かった。怒った顔も笑顔も最高!

登場人物が自然で本当の家族のように心地よい。母親との関係もリアルで女性ならより共感できる。大家さんも犬も、周りの人がいい人過ぎる。

大竹しのぶがチャーミングで宮﨑あおいがいじらしかった。

撮影場所は、大阪の京阪電車・牧野駅を使っていたらしい。すごく素敵な場所であんなところで育ちたいなと思いました。

 

あらすじ

母ひとり子ひとりで仲良く暮らしていた親子、娘の月子(宮﨑あおい)とオカンの陽子(大竹しのぶ)

ある日の深夜、陽子が酔っぱらって、若い金髪の男・研二(桐谷健太)を連れて帰ってきます。

「お母さんは、この人と結婚することにしたから」

あまりに突然のことに、とまどう月子は、とっさに部屋を飛び出してしまいます。母に裏切られたという思いから、月子は陽子に対しても、研二に対しても頑に心を閉ざしますが、大家のサク(絵沢萠子)、陽子の上司・村上(國村隼)ら、月子・陽子親子を家族同然のように見守ってきた周囲の者たちが、2人の間を何とかとりなそうと必死になります。しかし、この娘と母は、それぞれに、ある秘密を抱えていて…。

見どころ

関西弁

なんと、原作者の咲乃月音さんは、大竹しのぶさんをイメージして陽子のキャラクターを作ったそうです。その陽子に太刀打ちできる女優ということで、宮﨑あおいさんが選ばれました。

本作は大阪の下町に生きる母娘のきずなを描いた家族ドラマ。しかし、大竹さんも宮﨑あおいさんも関東出身。監督の呉美保さんは三重県伊賀市出身の大阪芸術大学卒で生粋の関西人。下手な関西弁では納得できないとして、監督自ら方言指導担当の方と共に念入りな関西弁の指導をしました。その成果があり、大竹しのぶさんと宮﨑あおいさんの関西弁は全く違和感がありません。

ちなみに、脇を固めるキャストはネイティブな関西弁を喋れる俳優陣が揃っています。

調理の腕前

桐谷健太演じる研二は、元・板前という役柄。そのため桐谷健太さんは撮影の1ヶ月前から大阪の辻調理師専門学校の指導を受け、調理の猛特訓を重ねています。

劇中で、観られる何げない包丁の動きは見どころにひとつです。映画のなかでの重要なシーンとなっています。

愛犬ハチ

劇中に登場する月子の家の愛犬・ハチの人懐っこくて、食いしん坊で、鼻息がスゴかったり、首までかしげて演技するところが見どころです。このハチは、黒のパグで、”がんも”と”ゴロー”の2匹で演じ分けています。

また、エンドロールが始まるまでの間の画面に何も映っていない間にハチのグウグウという鼻息の音が聞こえますので、聞きたい方は、耳を澄ましていてくださいね。

スタッフ

監督・脚本:呉美保
音楽:田中拓人
主題歌:ji ma ma「大好きな人」

キャスト

森井月子:宮崎あおい
陽子の娘。外出恐怖症で引きこもり。

森井陽子:大竹しのぶ
月子の母。村上整形外科医院で働く看護婦。

服部研二:桐谷健太
捨て男。陽子の結婚相手。30歳。元板前で現在無職。

上野サク:絵沢萠子
森井家の大家。通称サクちゃん。

村上章:國村隼
村上整形外科医院・院長。サクと陽子の上司。

本橋信也:林泰文
月子の元同僚。月子の元ストーカー。

佐々木義男:斎藤洋介
月子の元上司。経営企画部のトップ。

島村幸:春やすこ
上野家の常連の主婦。

和田真:たくませいこ
和田動物医院・医師。

小谷聖子:友近(友情出演)
上野家の常連の主婦。

猪瀬亮二:綾田俊樹
総合病院・医師。

ラジオDJ:吉見由香

ハチ:がんも、ゴロー
森井家の愛犬

 

オカンの嫁入り(映画)の感想

40代女性
40代女性

娘と同じくらいの年齢の男性と交際している母と、それを受け入れられない娘とのお話ですが、私は娘の月子側の目線で鑑賞しました。自分も月子と同じく母子家庭育ちだったため、確かに親が自分と同世代の男を家に連れて来たならば拒絶してしまっただろうと思います。しかし母・陽子の恋人の研二は見た目は如何かと思われるものの、陽子への想いはとても真摯。月子に認められようと懸命になる研二に好感が持てました。チャラそうだけど実は真面目という研二のキャラと、演じた桐谷健太さんの雰囲気がピッタリですね。また劇中のストーリーは、”オカンの嫁入り”についてだけではなく、陽子や月子にまつわる様々な問題も多分に描かれていて、決してロマンチックな面だけではありませんでした。特に月子が抱えている悩みは深刻で、とても気の毒です。精神状態があまりよくないからこそ、月子にとって陽子の存在が大きかったのだろうと思いました。また陽子に降りかかる現実もとても切ないのですが、それでも変わらない研二の愛情に心が温かくなりました。「年下の彼」を題材にした映画が紹介される時に、この映画の名前があがることが少なくて残念に感じています。おそらくラブシーンが無いからでは?と推測しますが、年上女性と年下男性の純粋であったか~いラブストーリーでした。

30代女性
30代女性

登場人物がみんな魅力的で温かい映画です。自由奔放な母親役の大竹しのぶさんはその自由奔放さが天真爛漫にも見え可愛らしくさえ思えてしまう不思議な魅力を存分に発揮していました。笑った顔がこどもっぽくて、純粋で頼りないけど大きな愛を持っている陽子の役にぴったりだと思いました。娘の月子役の宮崎あおいさんも怒った顔や笑った顔がこどもっぽく、親子の雰囲気が似ていてこちらもまた素敵でした。桐谷健太さんが演じていた研二も可愛らしくて憎めないキャラクターが素敵でした。髪型の理由がまた可愛らしくてキュンとしてしまいました。陽子が白無垢を着て出てくるシーンはもちろん涙が止まりませんでした。陽子の言葉も胸にグッときましたが、月子が陽子の白無垢姿を見たときの嬉しそうな顔も印象的でした。陽子の病室のベッドに月子が一緒に横になるシーンも可愛らさと温かさが混ざっていて好きでした。こどもが弱った母親を抱きしめるという描写がとても切なかったです。個人的には陽子と月子2人を見守るお隣のサクちゃんがとってもいいキャラクターで好きでした。ラストは泣いてしまうかなとちょっと心配しながら観ていましたが、観ている人を悲しませずに終わるので安心して見れました。

30代男性
30代男性

年甲斐もなく惚れっぽく奔放な母親の陽子役を大竹しのぶが、常識的でちょっぴり神経質な娘・月子役を宮崎あおいが。世代を超えたふたりの演技派の女優によって実現した豪華な共演と、漫才のようなノリの良い関西弁で繰り広げられるふたりの会話は必見です。ストーリーの舞台として映し出されている大阪の下町の生き生きとした街並みと、森井親子が住んでいるノスタルジックな賃貸住宅には癒されますよ。夜の街で酔いつぶれた挙句に娘とたいして年齢差のない今時の若者、服部研二を自宅に招き入れてしまう陽子には笑わされました。研二役を演じている桐谷健太も、ひとつ屋根の下でまるっきり正反対のふたりの女性に挟まれて肩身の狭い様子を巧みに表現していますね。拾われてきた捨て猫のような研二に対して、あからさまに嫌悪感を露わにする月子の複雑な胸の内も少しずつ明かされていきます。これといった仕事をしている様子のない月子、彼女が電車に乗ることができない理由、月子の父親であり陽子の夫でもある薫の不在。母と娘の葛藤と過去に触れていくにつれて、ド派手な金髪にリーゼントで固めていた自らのヘアースタイルを落ち着いた雰囲気へと変えていく研二にも注目して観てください。

60代男性
60代男性

二人だけで暮らす母陽子(大竹しのぶ)と娘月子(宮崎あおい)家に金髪でヤンキーみたいな男研二(桐谷健太)を陽子が連れてきたところから物語は始まります。30歳の研二が60歳(位)の陽子にプロポーズしたという設定はどうかと思いましたが話が進むうちに研二の苦労してきたことを微塵も見せない明るさと、陽子の抱える問題が見えたとき腑に落ちました。ふとプロ野球選手で日本でも活躍したことのあるペタジーニ選手は小学校の時であった友人の母親と結婚して今でもラブラブという話を思い出します。それでも二人が結婚することに反発する月子の心情は何となくわかります。心に残ったのは、病院で母子並んで会話するシーンです。「癌にかかって余命が短いことを(研二に伝えたように)自分にも言って欲しかった。そうしたらあの人(研二)のことももっとちゃんと受け要られたのに」という月子に、陽子は「死ぬから受け入れるん? そんなん全然嬉しない」とつぶやくように漏らすところです。またストーカーにあって電車に乗れなくなってしまった月子が陽子の言うことを受け入れて電車に乗ろうとするシーン。物語前半に出てきた整形外科の先生が野球少年に緊張しないおまじないとして教えた「鶴亀鶴亀」という言葉がほほえましく効いてます。大竹しのぶと宮崎あおい。どちらも演技派の代表のような名優です。いちいち数え上げたらキリがありませんが、おすすめの映画だと思います。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『オカンの嫁入り』を観て、「恋をしている母親の姿」と「母と娘の絆」が特に魅力的だと思いました。まず、恋をしている母親の姿についてです。この映画では、母親の再婚によって変化する母と娘の日常が描かれます。年齢を重ねている母親の再婚に娘は戸惑い反対しますが、母は再婚相手を家に招き一緒に暮らし始めます。娘をはじめ、周囲の人々に反対されても再婚の決意を変えない母親の姿から、本気で恋をしていることが伝わってきて思わず応援しながら観ていました。また、母親と再婚相手のやり取りから二人の絆が感じられて、微笑ましく思いながら観ていました。次に、母と娘の絆についてです。長年一緒に暮らしていることから仲の良い母と娘ですが、母親の再婚を機に二人の気持ちは徐々にすれ違ってしまいます。娘は母の再婚を素直に認められず、戸惑う日々が続きます。しかし、母のある秘密を知り、母親の大切さに改めて気づいた娘は母親のために力になることを決めます。離れそうになっても離れない母と娘の姿から、二人の間にある強い絆が感じられて羨ましく思いました。また、お互いに対する言動から二人の相手に対する愛情が伝わってきて、感動しながら観ていました。

50代男性
50代男性

映画の冒頭の早朝というよりまだ深夜である時間の部屋の薄暗さからいいと思いました。「ダサい」金髪の若い男・研二(桐谷健太)を酔っ払った母・陽子(大竹しのぶ)が家に連れ込み、あげくのはてに結婚すると言い出すという筆舌につくしがたい状況に娘・月子(宮崎あおい)が寡黙に耐えて、瞬発的に怒りを示すというのがよいです。その突然現れた若い男が意外とちゃんとした人であることがわかっていきますが(ジャンパーや寝袋をきっちりとたたむ人なのです)、母親の結婚相手を娘が少しずつ理解していく過程が食べ物を通じて示されます。月子は、最初は研二が作った朝食を生ゴミにしてしまいますが、やがて研二の作った料理を隣に住む大家さん(絵沢萠子)を含めて四人で味見するシーンで初めて研二の作ったものに手をつけます。そして母が入院した後、母へのお弁当を作る研二を手伝い始めます。「皮にいちばん栄養がある」と言われてニンジンの皮を薄く剥き始めます。板前の研二がナイフか包丁で皮を剥く様にさすが板前さんと私は思いました。ところで、そうやって作った料理を月子の家では、椅子にすわってではなく、ちゃぶ台に向かってお座りして食べます。大家さんの家の食事も同様です。母の恋に障害として立ちはだかる娘という大メロドラマのシチュエーションを古き良き日本、というか大阪にもってきた映画なのです。

 

まとめ

『オカンの嫁入り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました