おかえり、はやぶさ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『おかえり、はやぶさ』予告編

おかえり、はやぶさ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『おかえり、はやぶさ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『おかえり、はやぶさ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おかえり、はやぶさ(映画)の内容

映画『おかえり、はやぶさ』は、2012年3月に公開されました。

2003年5月に宇宙科学研究所が打ち上げた小惑星探査機はやぶさは、幾度もの重大なトラブルに見舞われながら任務を果たしました。しかも7年間60億キロの宇宙大航海を終え、大気圏の中へと燃え尽きていきました。

このことから、2011年から2012年に掛けて、はやぶさを題材にした映画が公開されました。2011年10月には竹内結子さん主演の「はやぶさ/HAYABUSA」が、2012年2月には渡辺謙さん主演の「はやぶさ 遥かなる帰還」が公開され、本作は第3弾となります。

本作は、他の2作と違い、父と子、家族の絆というフィクションの物語でAXAエンジニアの助手の青年と理学博士の女性と宇宙を夢見る少年たちを通して描く人間ドラマとなっています。

監督は、2007年「ゲゲゲの鬼太郎」、2009年「鴨川ホルモー」、20014年「超高速!参勤交代」などを手掛けた本木克英監督。脚本は、2005年「電車男」、2018年「羊と鋼の森」、2020年テレビドラマ「恋はつづくよどこまでも」など数々の作品を手掛ける金子ありささんが担当しました。

主演のJAXAエンジニアの助手の青年には藤原竜也さんが、新人理学博士役にさんが扮しています。

 

青年技師を主人公にしたのと、プロジェクト失敗に苦悩する父のドラマを軸にしたのと、宇宙好きの少年が病弱の母の手術の成功をはやぶさの夢に託すのも悪くない。ただ盛り上がりに欠ける。

他のはやぶさ映画の中で、いちばん解かり易かったように感じた。

子どもにも理解できるように分かりやすく、リアリティを持って忠実に描かれているけど、大胆な演出やドラマティックな展開などはない。

子ども達に解りやすい工夫があり、未来への希望を感じさせてくれました。若手技術者の目線というのが面白かった。
はやぶさの長い行程のポイントを押さえ、アッサリまとまっていて良かったと思います。

あらすじ

宇宙の謎を解く鍵となる小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に帰還するミッションを課せられ、2003年5月9日、小惑星探査機はやぶさが打ち上げられました。

はやぶさの壮大なプロジェクトチームには、プロジェクトマネージャーの江本智彦(大杉漣)のもと、若手スタッフとしてエンジニア助手の大橋健人(藤原竜也)、新人理学博士の野村奈緒子(杏)らが参加しました。

同年12月、はやぶさが順調な航行を始めた頃、打ち上げから5年半を経過した火星探査機のぞみが、度重なるトラブルと故障のため、火星周回軌道への投入を断念します。プロジェクトマネージャーだった健人の父・伊佐夫(三浦友和)は、税金を無駄にしたと、非難の矢面に立たされます。健人の父は引退し、世間との関わりを避けて、息子の健人にさえ心を開こうともせず、自分を責め続けていました。

はやぶさの打ち上げから2年、健人の同僚・大吾(田中直樹)の息子・風也(前田旺志郎)は、母・多美(森口瑤子)の病気の回復をはやぶさプロジェクトの成功に託し、科学教室でみんなに説明をするくらい詳しくなっていました。

2005年11月、イトカワ付近に到着したはやぶさは、姿勢を崩して不時着しますが、リスクを冒して2回目に見事成功させます。ところが、燃料漏れやサンプルも採取されていない可能性も出て、通信も途絶となりますが、スタッフはケンカしながらもチームワークとアイデアで奇跡的に乗り越え、はやぶさは地球を目指します。

見どころ

JAXAお墨付きセット

本作は、JAXA宇宙航空研究開発機構の協力のもと撮影されています。

主演を務めた藤原竜也さんと杏さんはリアリティーを追求するため、JAXAの人に細かく質問し色んな事を教えて貰い役作りに役立ています。本作で使用しているセットもすごくリアルに再現していて、JAXAの人から完璧だとお墨付きを貰えたそうです。

その他、手に汗握る小惑星イトカワへのタッチダウンやたび重なるエンジントラブル、絶望的な通信途絶など、数々の試練を再現した映像は臨場感があります。

子役の前田旺志郎

藤原竜也さん演じる大橋健人の同僚でココリコ田中さん扮する岩松大吾の息子役に、まえだまえだの前田旺志郎さんが出演しています。

前田旺志郎さんと言えば、ドラマや映画で活躍する現在19歳の俳優さん。本作の時は11歳。可愛らしい前田旺志郎さんが見られます。

身長差

本作を鑑賞した、とある芸能人の感想記事で見どころを語っているものがありました。それは、夜の公園を歩くシーン。藤原竜也さんがブーツを履いているのでは?というもの。

藤原竜也さんと杏さんが並んで歩いているのですが、どうも身長差が気になったようです。調べてみると藤原竜也さんは顔の雰囲気から想像できないほど背が高く178cmで、杏さんは174cm。4cmの身長差があるはずです。気になる人は映画を見てチェックしてみて下さいね。

スタッフ

協力:JAXA宇宙航空研究開発機構
監督:本木克英
脚本:金子ありさ
音楽:冨田勲

キャスト

大橋健人:藤原竜也(JAXAエンジニア助手。)

野村奈緒子:杏(新人理学博士。)

大橋伊佐夫:三浦友和(健人の父。火星探査機のぞみプロジェクトマネージャー。)

岩松風也:前田旺志郎(母・多美の病気からの回復をはやぶさに託す。)

岩松多美:森口瑤子(風也の母。)

岩松大吾:田中直樹(健人の同僚。多美の夫で風也の父。)

天野克也:カンニング竹山(臼田観測所職員。)

山田幸一:豊原功補(イオンエンジン・チームリーダー。)

大橋小夜子:宮崎美子(伊佐夫の妻。)

江本智彦:大杉漣(はやぶさプロジェクトマネージャー。)

増沢公孝:中村梅雀(JAXA対外協力室長。)

文部科学大臣:岸本加世子

与党幹事長:鶴田忍(武部勤がモデル。)

文部科学省職員:金田明夫

JAXA職員:岡田圭右(小学校でのロケット発射イベント担当。)

臼田観測所職員:村井美樹

JAXA職員:石丸謙二郎

見学客:大島さと子

JAXAプロジェクトチーム:升毅、木下ほうか(通信)、林泰文、山田純大、村杉蝉之介、趙珉和

レポーター:矢柴俊博

松永昭栄:田中慎二

泰千晶:臼井志保

鯨井敦:末岡拓人

沢渡えいた:小柴亮太

【そのほか出演者】
大地泰仁、本田大輔、中林大樹、西山宏幸、佐々木崇雄、内浦純一、北山雅康、大家仁志
松永博史、下総源太朗、青山勝、小久保丈二、中岡由佳、上路雪江、伊東順二、玉木健嗣
倉田亜味、田口可奈子、山崎竜太郎、大出菜々子、丸山歩夢、藤井奈々香

 

『おかえり、はやぶさ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おかえり、はやぶさ(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

宇宙と立派なはやぶさについて勉強になります。小学生向けかなと少し思いましたが大人も一度は見るべき作品だと感じます。映像が非常に鮮明で実際に宇宙にいるような錯覚に陥ります。はやぶさの実験に実際に携わった人の気持ちや行動などが細かく表現されているため本当に素敵です。その人たちの葛藤などを見ているとはやぶさの大変さや偉大さに気付くことができます。また、一番の見どころとしては親子愛だと感じます。親として子としての気持ちが鮮明に書かれており感情移入することができるため実際にはやぶさを経験したかのように感じました。はやぶさが結果的に帰ってくるとわかっていてもそれでもはらはらするのはそれほどまでにドラマがあったんだと感じました。安心しながら見ようと思ってもどきどきしてしまい冷や汗が凄かったです。道であり広大すぎる宇宙に人間が挑もうとしていることに涙を流しました。ここまで感動する話がはやぶさに起こっていたとは知らなかったため尊敬しているだけではなくいろんな感情が沸き起こってきました。どんな危険が起きても冷静に判断し乗り越えていく姿が素敵でした。私も何が起こっても冷静に判断できるようになりたいと感じます。

50代女性
50代女性

はやぶさにはたくさんの危機が次々に起こり、帰還までは薄氷を踏むようなことを何度も繰り返していたのがこの映画でよく分かります。問題が起きるたびにみんなでその問題を解決していく姿がドキドキ感を覚えました。はやぶさの話とJAXAの関係者の人間模様の話と二つの話が展開されており二つのみどころがあり得した気分になりました。家族でこの映画は見ることが出来て見ていると頑張ろうという気持ちにさせてくれます。リアリティを持って忠実に描かれておりはやぶさのことがこの映画を見ているだけでよく分かっていました。藤原さんがどの映画でもそうですが、その演技力の凄さを感じました。主人公の境遇や葛藤、「のぞみ」の失敗が「はやぶさ」チームに重くのしかかるといった面を前面に出しており主人公の複雑な気持ちが映画を見ていると伝わって来ました。三浦さんなどのベテランの俳優さんたちもさすがというしかなく、この映画の出演しているすべての俳優さんたちが素敵でした。終わりも希望を持つことが出来る終わり方で素敵でした。主人公の父子を三浦さんと藤原さんが演じたことで感動できる作品になっていたと思います。はやぶさをテーマにした作品は多くありますが、この作品は感動的でした。

20代女性
20代女性

私は、映画『おかえり、はやぶさ』を観て、「はやぶさに関わる人々の奮闘」と「はやぶさについて深く学べること」が特に面白いと思いました。まず、はやぶさに関わる人々の奮闘についてです。この作品では、小惑星探査機はやぶさの宇宙の旅とはやぶさに関わる人々の物語が描かれます。はやぶさは、宇宙に出て様々な任務を行いましたが、その過程では任務遂行が困難になるのではないかという厳しい状況が何度も待ち受けていました。そんな中でも、はやぶさの任務を無事に遂行し、地球に帰還させようと、自分の持てる力のすべてを懸けて困難に立ち向かっていく人々の様子に、思わず熱い気持ちになり応援しながら観ていました。次に、はやぶさについて深く学べることについてです。はやぶさは、任務開始や地球への帰還の際に新聞やテレビ番組などで多く取り上げられていました。しかし、概要をつかむためのものが多くはやぶさについてそれほど深く知ることができるものはあまりありませんでした。しかし、この作品では、はやぶさについて任務の過程も含め、詳細に描かれていて、映画に夢中になりながらはやぶさについて深く学ぶことができ、知識が増えていくことを楽しみながら観ていました。

 

まとめ

『おかえり、はやぶさ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました