おいしい家族(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
松本穂香主演『おいしい家族』予告編

おいしい家族(映画)の動画フルを安全に見る方法

『おいしい家族』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『おいしい家族』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おいしい家族(映画)の内容

映画『おいしい家族』は、2019年9月に公開されました。

監督・脚本は、2016年に小説「えん」で小説家デビューし、監督としてもドラマ「カカフカカ」などを手掛けている、ふくだももこさんです。ふくだももこさんが制作した短編映画「父の結婚」を原作として、再構築された作品です。

本作は、都会暮らしにつかれた女性が、母の三回忌を機に帰省し、父の再婚を知らされて驚くも、地元のおおらかな生活を通して自分らしさを取り戻す姿を描いた物語です。

主演を務めたのは、ドラマ「この世界の片隅に」や映画「わたしは光をにぎっている」などでも主演を務めている大注目の若手俳優、松本穂香さんです。松本さんにとっては、本作が長編映画初主演となりました。また、男性と再婚する父親役として、芸人や映画監督としても活躍している板尾創路さんが出演されています。

今の時代、ジェンダーの話題については触れるのが難しいですが、この作品では、カテゴライズするような言葉や表現を一切使わずに、すべての文化や考え方を受け入れているところがとてもよかったです。生きていればなんでもいい、って教えてくれます。

予告編を見る限りでは、コメディなのかな?と思っていましたが、後半になるにつれて温かみのあるヒューマンドラマに変わっていきました。家族の多様性について描かれた、心温まる作品です。

音楽や風景、食べ物など、作品そのものの雰囲気が素晴らしかった。愛の形や国籍は十人十色。自由でいいじゃないか教えてくれる、今の時代にピッタリの素敵な映画でした。

「父さん、お母さんになろうと思うんだ」のセリフの衝撃がすごかったです。主人公の戸惑う気持ちも、一番近い家族の考えが理解できない苦しさも、見事に表現されていました。「普通」ってどういうことなんだろう?と見終わった後もぐるぐると考えてしまいました。

あらすじ

銀座で働く主人公・橙花(松本穂香)は、夫婦生活もうまくいっておらず、夫と別居生活中です。ある日、母の3回忌のために実家の離島へ帰省することになった橙花は、弟の翠(笠松将)の車で帰省します。

実家に着くやいなや、父親の青治(板尾創路)は、「父さん、お母さんになろうと思う」と言い出します。さらに、中年男性・和生(浜野謙太)と再婚するというのです。翠はあっさり受け入れた様子ですが、橙花は受け入れられず、家を飛び出してしまいます。

母の三回忌の日、父親は母の喪服を着て出席しました。しかし、家族はもう何も言いません。法事が終わった後、橙花は翠に「なぜ反対しないのか」と問いかけますが、翠は「人それぞれだから」と答えるだけでした。

橙花は、妻を亡くした青治と結婚したいだけの和生の結婚は、互いに利用しているだけだ、と主張します。しかしそれを聞いた和生は、事業がうまくいかなかったときに手を差し伸べてくれた青治からもらったのは、愛だけだと言います。橙花はそこに母の面影を見たのでした。

家に戻った橙花は、青治と二人でおはぎづくりを始めます。「本当に母になりたいのか?」と尋ねる橙花。ついに青治と本音で話し合うことを決め…。

見どころ

父親・青治の唐突で衝撃的な告白

父親の青治が、女装姿で現れ、「母親になろうと思う」と告白するシーンは、観客も度肝を抜かれます。簡単には受け入れられない主人公に共感する一方、弟の翠や周りの人たちはあっさりと受け入れる様子に驚かされます。そんな多数派と少数派が入れ替わったような不思議な世界観を通して、見る側の価値観も、橙花の価値観とともに変化していく、そんな作品になっています。

長編映画初主演・松本穂香

監督のふくだももこさんは、「NHK連続テレビ小説『ひよっこ』をみて、松本さんの起用を決めた」と話しています。誰にも似ていない、唯一無二の魅力があると感じたそうです。コメディもシリアスもいける女優として大活躍の松本穂香さん。実際に作中で見せる、彼女の自然な演技にぜひご注目ください。

伊豆諸島の美しい風景

本作の撮影は、東京での1日を除いて、すべて伊豆諸島で泊まり込みで行われたそうです。口コミでも、作中で登場する風景や食べ物が美しい!という声が多くありました。公開後には東海汽船とのコラボ企画として、松本穂香さんが船内アナウンスを務め、話題を集めました。美しい離島の風景にも癒されながら、鑑賞していただきたいです。

スタッフ

監督・脚本:ふくだももこ
音楽:本多俊之
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝、金井隆治
プロデューサー:谷戸豊、清家優輝

キャスト

橙花:松本穂香
銀座のコスメショップで働く真面目な女性。母の3回忌を機に故郷の離島に戻る。

翠:笠松将
橙花の弟。何事にもマイペース。

ダリア:モトーラ世理奈
離島に住む女子高生。

瀧:三河悠冴
ダリアの親友。青治に憧れている。

エピオ:桝俊太郎
橙花の同級生で、現在は漁師をしている。橙花のことが好きだった。

和生:浜野謙太
橙花の実家に居候している中年男性。お調子者。

青治:板尾創路
橙花と翠の父親。和生を結婚したいと考えている。

 

『おいしい家族』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

おいしい家族(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

自分の中にある色々な常識を考えなおすきっかけになる素晴らしい作品でした。タイトルだけ見るとグルメ系の映画かなと思っていたのですが、全然違いました、物語としては母の三回忌をきっかけに父が母になるというかなりぶっ飛んだストーリー展開です。かなり笑えるシーンが満載なんですが、笑わそうとしてるのではなく自然なやりとりが笑えてくる感じなので、思わずクスクスと笑いが漏れてしまうような映画です。しかし笑えるシーンの中にもしっかりと感動するシーンや共感するようなシーンが多数あり話が進み連れこの世界観に引き込まれていきます。なぜ父は母になったのか、そしてそれを受け入れるおおらかな島の住人達を見ていると今の自分の価値観や常識を疑わずにいられなくなります。また母になる父約の板尾創路の演技が絶妙で、本当にこの人はこういう演技が得意だな~と感心しました。そして主演の松本穂香の可愛さが際立つ作品になってます。撮影されている島の美しさもあって、何気ないシーンでも背景が際立ち終始綺麗な映像が流れ続けるのでいつかはこんな島で引退生活を送りたいな~と思ってしまいました。そしてBGMで流れる曲も絶妙で、より感動や笑いを引き立ててくれます。

20代女性
20代女性

私は、映画『おいしい家族』を観て、「父親の変化に戸惑う娘の姿」と「父親の気持ち」が特に魅力的だと思いました。まず、父親の変化に戸惑う娘の姿についてです。この作品では、仕事も恋愛も上手くいかない主人公が故郷に戻ったことから物語が始まります。優しく出迎えてくれる母親の存在を期待していた主人公でしたが、主人公を出迎えたのは母親の格好をした父親でした。父親は亡くなってしまった母親の代わりになる決意をしたと主人公に話しますが、主人公はその決意に大いに戸惑います。父親の決意とそれに伴う家族の変化に戸惑う主人公の姿がリアルに描かれていて、なぜか共感しながら観ていました。次に、父親の気持ちについてです。主人公は、父親の決意を受け入れることができませんでしたが、周囲の人々に話を聴くうちに少しずつ父親の気持ちに気づいていくことになります。自分がこれまで知らなかった父親の姿を知り、主人公も少しずつ父親と向き合っていきます。突拍子もないことを言い出しだように思えた父親の隠された気持ちが明らかになっていく過程を、どこか安心感を覚えながら観ていました。また、自分の気持ちを語る父親の表情から、家族のことを本当に大切に考えていることが伝わってきて感動しながら観ていました。

 

30代男性
30代男性

自由な発想のテーマでありながら、やっぱり日本的な囚われがあると言うか。一緒にいたい人と一緒にいたらいいでしょみたいなシンプルなテーマは共感しました。一般的に「普通」ではない考えを、最近の流行りのようになんとかなんとか障害とかこむずかしいカテゴライズをしないで、個人個人にフォーカスをあてているのがこの映画のよいところかなと思いました。板尾創路さん良かったですね。ひところのダウンタウンさんと一緒にバラエティに出ていた板尾創路さんとは完全に違う人間になっていてすばらしい表現者だと思いました。ただ、ストーリーの前半は板尾創路さんのイメージもあいまってちょっとコメディっぽく見えてしまうのは、やはり昔のイメージというフィルターを外して見られないからだとも思いました。映画中の音楽や風景のカット、食べ物の描写なんかも個人的好みに合うもので良かったです。あたたかな雰囲気で、マイノリティとか弱者に寄り添うような気持ちが自然と生まれる映画だと思いました。日本にいると自然と目を瞑ってしまう社会的な課題が描かれているので、息子がもう少し大きくなったら勧めてみたいと思います。あまり予備知識なく見ましたが、よい映画でした。

 

まとめ

『おいしい家族』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました