小田霧響子の嘘(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

小田霧響子の嘘(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『霊能力者 小田霧響子の嘘』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『霊能力者 小田霧響子の嘘』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

小田霧響子の嘘(ドラマ)の内容

ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』は、2010年10月からテレビ朝日系列の「日曜ナイトドラマ」枠で放送された連続ドラマです。

原作は、「ライアーゲーム」の甲斐谷忍さんが2007年からビジネスジャンプで連載されたマンガで、天才霊能力者・小田霧響子が、事件を持ち前の推理力で解決する推理漫画です。

天才霊能力者・小田霧響子は、圧倒的な存在感と何でも見通す“霊視”能力で絶大な人気を誇りますが、実は霊能力など持たず、テレビ収録の合間に地道に集めた情報を基に推理し、超常現象の謎を暴いていくというストーリーです。

普段は地味ですが、華やかなドレスに身を包めば、奇想天外な天才美人カリスマ霊能力者に変身する小田霧響子役は、当時23歳だった石原さとみさんが、響子の相棒の谷口一郎役を谷原章介さんが、響子を自在に操るツンデレ女性社長役を大島優子さんが演じました。

 

インチキ霊能者・小田霧響子が難事件を推理して解くというおふざけ推理ドラマ。まぁまぁ面白い。石原さとみの演技力がすごい。

石原さとみの魅力も十分すぎるほど生かされていてエンターテナー要素溢れる華のある作品でした。谷原章介さんがの明るさと紳士的な振舞いと三枚目キャラとのギャップがよく生かされていたと思う。特にお勧めは2話。思わずもらい泣きしてしまった。2話のゲスト・甲本雅裕さんはとても好きなバイプレーヤーで、悪役も三枚目も何でもこなすとても素晴らしい俳優だと思う。

くだらなく面白くて大好きなドラマ。まだ石原さとみさんが今ほど認識していない時で、この女優かわいいなと思ってた。ドラマとしても面白かった。

原作漫画を見ましたが原作とは全く違います。石原さとみさんと谷原章介さん主役たちと豪華な脇役の魅力がたっぷり味わえます。バラエティドラマなのでお芝居は少し大きめだけど、それもあり!全編を通してやさしい人しか出てこないのでリアルを求める人には向きません。やさしい世界の話でほっこりしたい人にオススメ。

あらすじ

持ち前の美貌と自信に満ち溢れた言葉で、多くのファンから羨望の眼差しを送られるカリスマ霊能力者・小田霧響子(石原さとみ)は、幽霊、未来予知、ポルターガイストなど、様々な超常現象に敢然と立ち向かいます。

そんな響子は、難病の弟・幸太(竹内寿)の入院費用を稼ぐために、テレビ番組「オカルトーーク」で霊能力タレントとして活動し霊視を成功させ、喝采を浴びていました。

ところが、そんな華やかなオモテの顔とは裏腹に、実際の響子は霊能力など無くて、地味で臆病な普通の女の子。持ち前の観察眼と推理力、そして地道に足で稼いだ情報により真相にせまりますが、今の仕事も、従姉妹の芸能事務所社長・薫(大島優子)の考えから無理やりやらされています。

響子は人気が上がるにつれ、嘘をつき続けることに、後ろめたさを感じていました。そんな響子に警視庁の警部補・谷口一郎(谷原章介)が、霊能力を利用した犯罪捜査をするために近づいてきます。

見どころ

今作は、石原さとみさんの魅力全開!です。

作中で、石原さとみさん演じる響子は、極めて地味ですが、ひとたびド派手な“オダキョー”ドレスに身を包むと、ぶっちゃけた性格の霊能力者に大変身します。シリアスからコメディまで幅広い演技を披露してきた石原さとみさんならではの役どころで、人を救うためならば、あらゆる“嘘”をつく、型破りなヒロインの活躍は必見です。

スタッフ

原作:甲斐谷 忍「霊能力者 小田霧響子の嘘」
脚本:渡辺 雄介、森 ハヤシ、小泉 徳宏、山岡 真介
演出:常廣 丈太、本橋 圭太
音楽:山下 康介
ナレーター:永井 一郎
主題歌:世界の終わり(現・SEKAI NO OWARI)「天使と悪魔」

キャスト

小田霧 響子(おだぎり きょうこ):石原 さとみ
主人公。通称オダキョー。

谷口 一郎(たにぐち いちろう):谷原 章介
警視庁の警部補。

飯伏 薫(いぶし かおる):大島 優子
響子の従姉妹で、彼女の所属事務所であり、番組企画&芸能事務所の社長兼テレビ番組のプロデューサー。

女刑事「S」:三浦 理恵子
谷口の上司。

小田霧 幸太(おだぎり こうた):竹内 寿
響子の弟。難病で入院中。

戸井 睦子(とだ むつこ):篠原 真衣
東和テレビ(架空)の人気番組「オカルトーーク」の司会を務めるアナウンサー。

 

『霊能力者 小田霧響子の嘘』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

小田霧響子の嘘(ドラマ)の感想

20代女性
20代女性

霊能力を持っていることが嘘なのに推理力が高いことで今までの不思議な現象を暴いている姿に圧巻です。家族を守るためや同じ女性を守るため、ストーカー被害を避けるためなど人が考え起こした騒動の数々にも驚きですがそれを解決する小田切響子もかなり驚きでした。一話一話が面白いのは一緒にパートナーと馬鹿な発言をしながらドジを踏みながらの操作が面白かったです。本当は小田切響子は不思議な力を持っていることにも驚きました。最終話が近づくにつれて過去が少しずつ露になってきたときにはこんなに悲しいことがあったんだと悲しくなりました。両親が行方不明になっていたことや弟が入院していることで孤独ながらもいとこが助けてくれたり自分で働くことで生計を立てていて素敵でした。人間として学ぶことがたくさんある素敵なドラマです。また、人を幸せにする嘘もあると聞きそこまで信用できませんでしたが、今まで綺麗に嘘を隠しその人を守っている小田切響子を見ていると本当に人を幸せにできる嘘をついているんだと尊敬しました。私はよく嘘をついてしまいますが人を幸せにしない嘘はやめようと考えさせられるドラマでした。ストーリーが面白いだけではなくちょっとしたアクションも最高です。小田切響子が意外と幽霊がダメなシーンもかわいいです。

30代女性
30代女性

石原さとみ主演で、コメディタッチのミステリーです。とにかく、石原さとみの演技がすばらしいです。ニセ霊能力者として活動する石原さとみが、奇抜なファッションで登場するシーンは思わず笑ってしまいますが、いったんスタジオを離れると普通の気弱な女の子になってしまうのがツボでした。そして、全体的にコメディではありますが、ニセ霊能力者の小田霧響子の言葉には人を救う嘘が散りばめられていて、胸がほっこりと温かくなるようなドラマです。登場人物全員、とても個性的で、誰にフォーカスしてもドラマが成り立ってしまう感じがしました。特に谷原章介については、小田霧響子を都合よく使っているだけの人間なのか、他に裏があるのかと疑心暗鬼になってしまいました。ドラマを見ていても、こんな楽しい関係がずっと続けばいいのにと思っていました。意外だったのが、大島優子の演技力です。このドラマが始まる前まではアイドルというイメージしかなかったのですが、女優としても充分できる演技をしていました。このドラマを機に大島優子を女優として認識した人も多いと思います。くすっと笑えてほんの少しジーンとする、ホームコメディのような温かいドラマになっていました。

20代女性
20代女性

偽物霊能力者の小田霧響子が、持ち前の洞察力で事件を解決する過程が面白かったです。谷口という霊能力者捜査官をみつけないとクビになってしまう警察庁の警部補とバディをくんで行動することも魅力のひとつだと思います。私が特に好きな話は、撮った写真が意図せず心霊写真になってしまい、その後神隠しにあってしまう女性の回です。スタジオでは、小田切響子がピーターパンに憑依される話ですね。ピーターパンという幽霊でもなんでもないキャラクターに憑依してしまう、小田切響子の滑稽さも好きです。小田切響子が霊能力者として依頼人に対峙するときに、霊に憑依されるという設定で依頼人や周囲の人が少しでも心が軽くなるような言葉がけをしていたことが印象的でした。心が軽くなるというのは、罪を犯してしまった人も真相を暴くという意味ですっきりするのだと思います。小田切響子のもとにやってくる依頼人は嘘をついていることが多いです。小田切響子が偽霊能力者として活動しているから、類は友を呼ぶということでしょうか?もちろん最初から嘘だったわけではなく、偶然が奇跡と持て囃され自分や大切な誰かを救うことになったり利益になったりして、奇跡を何度もおこさなくてはいけない状況に陥り結果嘘を重ねることもありました。けれど嘘を重ねることにも限界があるので、小田切響子が除霊というかたちで、嘘をついていたのは幽霊などが憑いていたからなのだと解決していくことは、ある種の優しさなんだろうと思います。ミステリーと緩いコメディさを楽しめたドラマでした。

40代女性
40代女性

占い師として有名な方を見ていると、話術や人を見る目・推理力があるからこそ言ってほしい言葉が言えたり将来がある程度見通せるのではないかと思えます。場合によってはその真っただ中にいる本人には分からなくても、第三者としては一目瞭然のこともあります。とは言え、まったく素の状態で恋愛とか仕事とか相談を受けてもさっとは言葉が返せないもの、頭がいいんだろうなあと感心します。そんな推理力の強さ・頭の良さを生かした探偵、それが小田霧響子です。霊能力者という名目で番組を持っているけれど霊能力など全くなし、ですがファンが大量にいるというのですからすごいものです。その素顔はおとなしく恥ずかしがり屋の女性、自身の大袈裟な衣装に照れて嘘をついているプレッシャーに逃亡ばかりしているという厄介者です。石原さとみさんというと、超高飛車だったりお嬢様だったりというのが多かったので本当におとなしい系キャラは新鮮でした。でも彼女の美貌にあのファッションはばっちり、どうせならいろんなコスプレとかもしてほしいなと思えてしまいます。小田霧響子になった時の美人っぷりも素敵で、やっぱり当たり役でした。いとこで守銭奴社長の薫も面白いキャラです。

30代女性
30代女性

石原さとみさんが好きな方は是非見ていただきたいドラマのひとつです。「ライアーゲーム」で有名な漫画家・甲斐谷忍先生の原作漫画なのでミステリーとしてのクオリティは充分によく出来ていて謎解きが楽しいです。そして事件のエピソードも一話完結して収まるので、軽く見ることにもちょうど良いドラマです。しかし一番の見所は石原さとみさんが毎話、役の設定上、色んなものが憑依してくるという体で色んな役を演じてくれます。時に消しゴムや時に宇宙人など、ブッ飛んだ感じで謎を解きますが、色んな表情に石原さとみさんを楽しむことができます。普段は弱気な役で、謎解きには綺麗な役となって、そして何かが憑依する直前の「にゃ!」は文句なしで可愛いし、憑依完了した体のブッ飛んだ演技もとても面白可愛いです。主役の響子との相棒役はコメディ役に安定の評判である谷原章介さんが演じられるので、良い感じの深夜ドラマ臭がします。個人的に地下アイドルが出てくるエピソードでそこで歌われる歌がこのドラマのしかも一回限りには惜しすぎるほどの歌です。良い感じのチープ感で非常にキャッチーで一回聞いただけなのに歌える様になったので、この歌のCD出ないかなと当時は本気で思いました。

20代男性
20代男性

まず、この作品を見た理由がいくつかありまして、まず一つは「ライアーゲーム」などで有名な甲斐田先生の大ファンであり、この作品の原作も読み込んでいたことから非常に楽しみにしていだことが大きいです。甲斐田先生の書く漫画はトリックや伏線が複雑に練られており、それが実写で見られるので期待値が高かったのです。もう一つの理由としては出演するキャスト陣の豪華さに目を惹かれたことです。まず、石原さとみがもともと大好きで響子役に抜擢され、非常に嬉しかったです。あとは谷原章介や、大島優子らも出演しており、とても華がありイメージにぴったりでした。実力も申し分なく最高のキャスティングだなと思いました。実写化の際にストーリーや演出の具合が非常にどうなるのか楽しみであり不安もあったのですが、基本は原作に寄り添う形で話が進んでいき、安心して見進めていくことができました。演出に関しても原作をそのまま実写化したかのような巧みな技量が目立ち、それに関しても感動いたしました。2010年のドラマでもういつのまにか10年経ちましたが、クオリティ的に今見返しても全く古臭いと思うことはありません。特にキャスト陣にはたくさんファンがいらっしゃると思うので、見てない方はおすすめです。

 

まとめ

『霊能力者 小田霧響子の嘘』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました