任侠学園(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
西島秀俊がとってもイイ人なヤクザに!『任侠学園』予告編

任侠学園(映画)の動画フルを安全に見る方法

『任侠学園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『任侠学園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

任侠学園(映画)の内容

映画『任侠学園』は、2019年9月に公開されました。

ドラマを経て映画化された『ST 警視庁科学特捜班』などの人気作品原作を執筆した今野敏さんによる同名小説を原作に、『99.9 刑事専門弁護士』を手掛けた木村ひさしさんが監督を務めました。

本作の物語は、困っている人を見過ごせないヤクザが、経営不振の高校を建て直す姿が描かれており、義理と人情の厚いヤクザを西島秀俊さん、西田敏行さん、伊藤淳史さん。経営不振の高校の校長を生瀬勝久さんに、生徒たちを葵わかなさん、葉山奨之さん、桜井日奈子さん。彼らを取り巻く方々を光石研さん、白竜さん、高木ブーさん、佐藤蛾次郎さん、中尾彬さんと豪華面々が集結しました。

今は反社に厳しい世の中だから現実では無理ですが、こういったカタギには手を出さない真面目なヤクザが学園を建て直したら、しっかりとした学校に出来上がる気がする。

面白いだけじゃなくてハートフルなシーンもあり、バランスが取れた作品で面白かったです。キャストも豪華で、西田敏行さんの名優ぶりはさすがでした!

今野敏さん原作だから、設定からありえない感じが楽しみで鑑賞しましたが、これが良い!任侠物はベタベタなのに限る!とても面白かった!

2時間があっという間で単純に面白かった。落とすところは落として、締めるところはしっかりと締める。安心して観られる作品です。

あらすじ

義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”は以下の3箇条を厳守しています。

1.カタギに手を出さない
2.勝負は正々堂々
3.出された食事は残さず食べる

困っている人を見過ごせない組長は、社会貢献に目がなく次から次へと厄介な案件を引き受けてしまいます。今度は、経営不振に陥った高校の建て直しでした。

いつも親分に振り回されてばかりだが、案件をしっかりこなしてきた中卒で大の学校嫌いである阿岐本組NO.2の日村(西島秀俊)は気が進みませんでしたが『親分の言うことは絶対』に従って引き受けます。

子分たちを連れて、仕方なく学園へと出向きましたが、そこで待っていたのは、無気力で無関心のイマドキ高校生たちと、ことなかれ主義の先生たちでした…。

見どころ

義理と人情を重んじるヤクザが、経営不振の高校を再建させる、なかなか皮肉の利いたコメディ作品。破天荒な人物が生徒と向き合っていき、その流れで学校も良くなっていくという作品ではなく、学校の本質そのものを変えていくことがメインテーマとなっております。

舞台となる「仁徳京和学園高校」は、平均を重視するあまり部活も潰してしまい『普通』ということが重視される。まさに現代の世の中を反映させたような学校に、時代に取り残されたような男・日村が理事を任され、時代錯誤とも言える判断基準だけで、学校を変えていきます。

エンタメ色が強い作品なので、実際に日村のような男がいても学校が良い方向に変わるかは疑問ですが、『普通であること』『人と同じであること』を教える教訓よりも『自分の好きなことで勝負』させようとする方針に胸を打つものがありました。そして、勝負するということで初めて見える『負けることの価値』も語られております。

一見、こういった作品は暑苦しくて説教臭い映画になりがちですが、コミカルな演出を得意とする木村監督が、シリアスな重いシーンの後に、必ずオチとなるコメディシーンを入れているので、最後まで楽しい作品に仕上がっております。

スタッフ

原作:今野敏「任侠学園」
監督:木村ひさし
脚本:酒井雅秋
音楽:末廣健一郎
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「ツギハギカラフル」

キャスト

阿岐本組(学園理事)

日村誠司:西島秀俊
組のNo.2。組長の気まぐれもしっかりこなす。情に厚い頼れる兄貴分。

阿岐本雄蔵:西田敏行
組長にして、仁徳京和学園高等学校理事長。

二之宮稔:伊藤淳史
派手な柄シャツがトレードマーク。

三橋健一:池田鉄洋
大卒で教員免許を持つ料理上手な武闘派。

志村真吉:佐野和真
一見チャラ男風の組員。

市村徹:前田航基
IT系頭脳派の組員。

仁徳京和学園高校

綾小路重里:生瀬勝久
校長。これ以上トラブルが起きないよう最低限の職務をこなしている。

沢田ちひろ:葵わかな
生徒。血の気が多くひねくれているが、根は真っ直ぐで正義感が強い。

黒谷祐樹:葉山奨之
生徒。ちひろのファンを名乗る神出鬼没のカメラ小僧。

小日向美咲:桜井日奈子
生徒。成績優秀で生徒会もつとめる優等生。

生徒:永野愛理
森野学(教師):狩野健斗

その他人物

小日向泰造:光石研
美咲の父。隼勇会をバックに持つフロント企業の経営者。

唐沢隼人:白竜
巨大組織のドン。隼勇会組長。

高木のオジキ:高木ブー
今は亡き高木組組長。

西潟源太:佐藤蛾次郎
街のガラス屋西潟工務店の親方。

永神健太郎:中尾彬
インチキ感が満載の永神組組長。

白崎仁:戸田昌宏
島本義行:猪野学
定岡潔:加治将樹
甘糟達男:川島潤哉
江守太一:福山翔大

『任侠学園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

任侠学園(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

映画「任侠学園」は、任侠をおもんじる昔ながらのヤクザが、経営不振の私立高校経営を半ば強引に任せられてしまい、任侠ヤクザ流の「情にあつく、何事にも精一杯取り組む」という精神からその手腕を発揮し、荒れている私立高校を立ち直らせていくというストーリーです。西島秀俊と西田敏行が同じ組の任侠ヤクザ役でダブル主演を務めており、ふたりの圧倒的で、重厚感まで漂わせる演技力を楽しむこともできます。映画「任侠学園の」のテイストはコメディー調になっており、意気込むことなく、軽く鑑賞することができます。わたしは映画館で観たのですが、まわりの鑑賞客もくすくす笑いながら楽しそうに観ておりました。おもしろさの中にも、無気力な生徒、荒れている生徒、モンスターペアレント、責任感のない教師など現代教育の問題をしっかりと反映させた映画の作りになっており、様々な問題を知ることができて、とても勉強にもなりました。現実では入り混じることのないと思われる、異色の「ヤクザと高校教育の組み合わせ」からの化学反応を、映画の作品の中でみることができて大満足でした。頭をそれほど使わなくても簡単にストーリーを追うことのできる映画を観たいという方や、とりあえずコメディー映画が観たいという方に、とてもお勧めできる映画です。

40代女性
40代女性

怖いヤクザではなく、指定暴力団ではない、合法のヤクザさんの学園コメディモノです。高木ブーさん、西田敏行さん、伊藤淳史さん。この三人のキャストでぱっと見、わかる人はわかるかも知れません。高木ブーさんはコント、西田敏行さんと伊藤淳史さんはドラマで、西遊記の猪八戒をしてるのです。これを知っていると、さらに楽しさ倍増です。なにせ共食い(?)をしてますから。これだけでもわかるように、ウケるポイントが随所にあるんです。うまく任侠の怖さを扱った笑いや、細々としたよーく見聞きすると、幸田シャーミンさんをチラッと言い放ったり、大の大人が怪我をして行ってる病院が小児科だったり。大ネタの笑いは誰もが笑えて、小ネタは中高年の笑いのツボが随所にあります。もちろん、笑いだけではありません。西島秀俊さんの怖い顔して笑う難しい演技も素晴らしい。もちろん、締めるところはシメて、学生と一緒にムシャクシャするのを晴らす姿や、正義感のある姿が、硬派なヤクザだからこそわかりやすい。舎弟が少し理不尽な殴られ方をしますが、それをフォローする姿もしっかり出ています。ストーリーとしては、学園モノの王道ですが、だからこそ大人から子供まで、ヒーローもののようなイメージで楽しめる作品だと思います。個人的には、西田敏行さんのエンディングの歌もなかなかの貴重な歌声かと思いました。あまり、歌っているのは最近みないですから。しかも、この組長、けっこうちゃっかりもの。これはネタバレになるので、言えませんが、そこはヤクザさんなので、見返りがないと…ね(笑)

50代女性
50代女性

組の代貸日村の心配をよそに学園を立て直すといった難題を易々と引き受ける阿岐本組、組長阿岐本雄蔵のその義理と人情を重んじる姿勢にグッとくる場面がたくさんありました。正しいことは正しいんだと貫く姿勢や弱いものを助けようとする優しさ。数々の困難が降りかかるも最後には相手をギャフンと言わせることができるのはやはり一貫して正しいことを貫いているからでしょう。だけどいくら正しいことをしていると言っても彼らはヤクザなのです。「暴力団ではないヤクザだ」と彼らは言います。私から見たらどっちも同じだけどなと思ってしまいましたが阿岐本組の面々が学園復興のために我慢強く奮闘している姿をみて生徒たちも徐々に心を開いていきます。私達はヤクザがそんな慈善事業のようなことをするはずがないと言う先入観でみてしまいますが生徒たちのその純真な心には学園のために汗を流す大人の気持ちが伝わったのだろうと思います。ヤクザだろうがマフィアだろうが真剣に向かい合えば子供達には伝わるんだなと思いました。そして「この人たち本当にヤクザなの?」と思うくらいに礼儀正しく節度ある組員達。私もこの映画を見て日頃、生活に追われて忘れかけていた人間として大切な事を思い出すきっかけになりました。

 

40代男性
40代男性

任侠とタイトルに入っていたので、ヤクザ映画かなと思って見たのですがヤクザが学校の経営を立て直すために奮闘する作品で以前にTVドラマであった『任侠ヘルパー』に近い作品でした。主演は、西島秀俊でヤクザ役を演じているのですが他の映画でもヤクザ役を演じていたので違和感が全くありませんでした。ただ、西島秀俊と言えばクールであまり感情を表に出さないタイプが多いイメージがあったので覇気がない学園の生徒たちに熱く向き合うシーンは、新鮮に感じました。ヤクザらしく曲がった事が嫌いで筋が通らない事は許せないというキャラクターに好感が持てました。また、W主演のしている西田敏行が演じているヤクザの組長が人間味溢れるキャラクターを演じていて同じようにヤクザを演じていた『アウトレイジ』の凄みがあるヤクザとは違った感じの役を演じており、流石だなと思いました。西島秀俊の筋を通す熱い男と、人間味溢れる西田敏行の組長の組み合わせが絶妙で見ていてとても楽しかったです。作中で、対立する黒幕として白竜が出演しているのですが圧倒的な存在感は凄すぎるなと思いました。この作品は、純粋なヤクザ映画として見るよりもコメディ映画として見た方が楽しめるのではと感じました。

 

20代女性
20代女性

CMや公式サイトを見ていて、見た目はばっちり強面のヤクザだけど、悪行は働かない。むしろ、一般の人より真面目な感じがうかがえて、「え、これはコメディなんだな」と分かりました。だからこそ、興味を持ったのですが…。主役の西島秀俊さんはとにかく情に熱く、仲間思いで、ヤクザの恰好も似合っていてかっこよかったです。西田敏行さんもさすがの貫禄でした。西田さんの存在が作品の安定感・安心感を出していたように思います。また、伊藤淳史さんが出演されていて、個人的に西島さんと伊藤さんのバディ物や共演作品は結構観ていて、どれも好きだったので、そこもポイントが高かったです。今回は師匠と弟子のような関係で、『ダブルフェイス』を彷彿とさせました。個人的に佐野和真さんが演じられていたキャラクターが好きでした。ヤクザというよりは一昔前の学園の不良とかヤンキーのような…。ガラは悪いけど、クールで何も考えていないわけではなくて、という感じがとてもナチュラルでどこかに本当にいてそうな存在だなと思いました。とてもかっこよかったです。何も考えずに楽しめる作品だと思うので、続編があったら観てみたいなと思いました。原作の小説は学園から他の舞台に移したりして、続編があるみたいなので、続きを期待してます!

 

まとめ

『任侠学園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました