人間失格(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」主題歌入り本予告(90秒)

人間失格の動画フルを安全に見る方法

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人間失格の内容

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、2019年9月に公開されました。

監督は、世界で活躍する写真家かつ映画監督の蜷川実花さんで、太宰治の小説「人間失格」を原作としたものではなく、太宰治と3人の女性との関係を基に描いたフィクション作品です。

主演の天才・太宰治を演じるのは小栗旬さん。才気と色気にあふれた究極のダメ男&モテ男に扮し、スキャンダラスな恋と人生を大胆に演じています。世界的ベストセラー「人間失格」誕生の裏側を描いたゴージャスで禁断なエンターテイメントストーリーとなっています。

タイトルにもある”3人の女たち”とは、

1.太宰の正妻の津島美知子(演:宮沢りえ)

2.太宰の愛人で弟子の太田静子(演:沢尻エリカ)

3.太宰の愛人で最後の女の山崎富栄(演:二階堂ふみ)

沢尻エリカさんは、映画公開中の2019年11月16日付で薬物所持で逮捕されましたが、配給側が今後について発表し、約12館で公開中のスケジュールの変更はしませんでした。

 

蜷川監督らしい極彩色は後半抑えたことでより効果的になってた。結局は、したたかな女達の方が1枚上手だったというオチか。一瞬だったけど印象的だったのは高良健吾の三島由紀夫。

太宰さんは、はっきりしないから、女性たちから逃げ切れませんでしたね。小栗旬さんのクズ男っぷりが見事だった。

人気作家・太宰治が「人間失格」を書き上げるまでの物語。蜷川実花監督の花の使い方、色彩美が女優を際立たせ、二階堂ふみの豹変におののき、小栗旬の今まで見たことのない表情に震撼する。流石の宮沢りえ。

三島由紀夫にズバッと言われて首を絞めるなんて。スゴイ!蜷川実花ワールド。色調といい音楽といい花といい、めくるめく太宰の精神ではなく、三人の女達にスポットが強く当てたことといい、想像以上に楽しめたし、キャストがはまってた。

蜷川実花さんの鮮やかな映像が印象的な映画だったという声が多くありました。また、小栗旬さんのクズ男ぶりと、二階堂ふみさんの大胆な演技と、高良健吾さんの三島由紀夫役が高評価でした。

あらすじ

海の中で入水自殺を図ろうとする男女。手首に結んだ赤い紐が解け男性だけが生き残ります。その男性は天才ベストセラー作家、太宰治(小栗旬)。太宰は、妊娠中の妻の津島美知子(宮沢りえ)と2人の子供がいますが、恋の噂は絶えずあり、自殺未遂を繰り返す破天荒な生活を送っています。

弟子でもある作家志望の女性・太田静子(沢尻エリカ)の文才に惚れ込み、激しく愛し合い、子供が欲しいと言われ、静子のお腹に命が宿ると太宰は静子の元へ来なくなります。

やがて、太宰は新しい未亡人の女性・山崎富栄(二階堂ふみ)にも救いを求めます。富栄は、太宰の不貞行為に嫌悪感を抱きつつも太宰に惹かれていきます。しかし、太宰は結核に侵され、薬と酒に溺れ、富栄は妻の美知子や以前の愛人・静子への嫉妬心から太宰と心中し永遠に自分のものにしたいと思います。

ふたりの愛人、そして愛人の子供、イカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかります。

ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしています。

見どころ

3人の女たち

宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんの3人の女たちが、太宰に振り回されているかのように見えて、実は自分の意志で力強く生きている女性を熱演しています。

この3人の女優たちが、とてつもない色気を発していて、その中でも二階堂ふみさんの大胆な演技は必見です。

甘い言葉

数多くの女性を恋に堕としてきたモテ男・太宰を演じる小栗旬さんが、口説き文句を甘く掠れた声で再現しています。2人の愛人にはキザな言葉をささやく太宰ですが、宮沢りえさん演じる正妻の美知子の前では本当の自分をさらけ出し甘えた幼さを見せる姿は、母性本能をくすぐる魅力があります。

数々のラブシーンで濃密なエロスを体現する小栗の演技と太宰の文才から生みだされる甘い言葉に注目です。

スタッフ

監督:蜷川 実花
脚本:早船 歌江子
音楽:三宅 純
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」

キャスト

太宰 治:小栗 旬
天才ベストセラー作家。恋の噂と自殺未遂が絶えない。

津島 美知子:宮沢 りえ
太宰の正妻。「ヴィヨンの妻」のモデルと言われている。

太田 静子:沢尻 エリカ
太宰の愛人。 作家志望で弟子。「斜陽」のモデルと言われている。

山崎 富栄:二階堂 ふみ
太宰の愛人で最後の女。嫉妬深い。

佐倉 潤一:成田 凌
太宰を崇拝し「人間失格」の執筆を依頼する若手編集者。

太田 薫:千葉 雄大
静子の弟。

伊馬 春部:瀬戸 康史
脚本家としてラジオやテレビを中心に活躍した太宰の友人。

三島 由紀夫:高良 健吾
「僕は太宰さんの文学が嫌いです」とケンカを売る、血気盛んな21歳の学生。

坂口 安吾:藤原 竜也
無頼派を代表する作家。太宰に「地獄に堕ちて書いているか」と悪魔のようにささやく。

 

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人間失格の感想

30代女性
30代女性

「人間失格」と言えば太宰治の有名な本の題名で、似たようなドラマもありましたが、今回は映画によるものでした。蜷川実花さんが監督なのて、華やかな描写が期待されましたが、思っていたより華やかさは無かったです。でもそれはマイナス面ではなく、何度も大事なシーンを撮り直ししたり、また一発勝負のシーンもありと、真面目さが表現されたリアリティー溢れる映画となったのだと思いました。メガホンをとり、脚本を「紙の月」の早船歌江子が手がけた。身重の妻を美知子役に宮沢りえさん。既婚者でありながら、2人の子どもがいながら、他の女性2人と関係を持つ太宰治役の小栗旬さん。役が変わる度に生み出される彼のパワーと色気は絶大なる物です。監督も小栗旬さんの他にこの役は浮かばなかったとおっしゃる位、太宰治になっていました。その関係を持つ女性に二階堂ふみさんと沢尻エリカさん。タイトルの3人の女たちが勢揃いするわけです。綺麗過ぎる豪華な女性に、太宰治さんの小栗旬さんもメロメロだったはずです。日本映画には珍しくテンポの早い、カメラワーク的には切り替えが鋭いという印象でした。他、共演者に藤原竜也さん、高良健吾さん、成田凌さん、千葉雄大さん、瀬戸康史さんとこちらもイケメン揃いなのは勿論のこと、何方も主役級という映画界を将来を担うスターばかり。個性的な演技も見物でした。

40代男性
40代男性

キャストが豪華だったのと、太宰治が好きだったのを理由に鑑賞してみました。率直な感想としては、太宰治の繊細さがもう少し丁寧に描けていると良いかなと思いました。ただ、蜷川実花監督作品と思えば、彼女らしい世界観が描けていたとも感じています。写真家としても活躍していた彼女だからこそ、美しい映像を表現できているのだと思います。太宰治と三人の女性達との関わりは、それぞれ見応えがありました。ただ、太宰治はこんなに華やかな世界もあったのだろうかと疑問に思う点もありました。もう少し、孤独な部分も描いていると更に良かったのではないかと思います。キャストが豪華過ぎて、そういった部分を上手く描くのは難しかったのかもしれません。美しい妻がいながらも、若くて美人な愛人達を従えていて、それが実話かと思うと驚きを隠せませんでした。こんなことが許されて良いのかと、共感できない部分もありました。でも、実話なら仕方がないと諦めることはできました。男としては、嫉妬しながらも羨ましくありました。妻が許してくれるのも、感動しました。こんなに懐の深い奥さんをずっと大切にして欲しいと思いました。人に恵まれていたからこそ、良い作品を残すことができたのだと思います。

40代男性
40代男性

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見ようと思ったのは、太宰治という作家がどのように小説を書いていたのか、何で何回も自殺未遂を繰り返していたのか以前から気になっていからです。太宰治の学生時代のことや小説を書き始めた頃のこと、井伏鱒二との交流などは教科書には載ってないことだったので、この映画で初めて知りました。イメージ的にはハイセンスなお坊ちゃまというイメージが強かったのですが、この映画を見て印象がガラッと変わりました。ハッキリ言って女性依存のダメ男だと思いました。自分の作品が世に出ないのを他人のせいにしたり、芥川賞を受賞できないのも他人のせいにしたりする性格の悪さが際立っていたように思えます。そういうダメ男を好きになる女性も多く、そういう女性が3人の女ということだったのだと思いました。映画の中には太宰治の小説の執筆の様子なども描かれていたので、こういう風に作品を作り上げていたのかと見ていて新鮮に思えたところが多かったです。映画の描写が事実に基づいているのだとしたら、太宰治は頭の中にある言葉を描き示しただけで作品を作り上げていたことになるので、それも凄い才能だなと思いました。本当にタイトルのように人間失格な作家だと思います。

 

30代男性
30代男性

小栗旬演じる太宰がいかに才能にあふれ、女性に溺れた人生を送ったかを、豪華なキャスティングと蜷川実花監督によりゴージャスでロマンティックに演出されています。男とは、本当に愚かな生き物であると自分も含め思います。異性に対して、理性より本能が勝ってしまう時があるからです。ただ、妊娠している妻や子どもがいるにも関わらず、他の女性に溺れ翻弄される部分は、同じ男性として、ある意味羨ましく思ってしまうところでもあります。たいていの男性は、理性などが浮気や女遊びの抑止力になりますが、小栗旬演じる太宰は、男の本能のまま、自分の気持ちに正直に生きているように感じました。人生の最終地点で自分の生きざまを振り返った時に、なんの悔いもないまま死を迎える事ができる事が幸せなことだと感じ、自分もそうなりたいと思い、世間体を気にしすぎないよう毎日を送ってきましたが、この映画を観てそのことを改めて再確認できました。女遊びをしろということではなく、もっと自分の心の奥深くに潜む本音を掘り起こして、その実現のために人生を送り、充実させていくという事です。太宰のように才能はないですが、自分の心の声に素直に人生を全うしようと思います。

20代男性
20代男性

まず、太宰治役である小栗旬の色気がとてつもなく半端なかったことが印象に強く残りました。蜷川実花監督が全体的な演出を手掛けていることもあり、画面全体から華やかでバイオレンスなほどにアダルティックな雰囲気に包まれていました。私は蜷川実花監督の他の作品も大好きなのですが、この作品においても期待以上のものでありました。その演出に負けないくらい宮沢りえ、二階堂ふみ、沢尻エリカらの女性陣の本気度もすさまじく画面越しから執念のようなものを感じました。原作も中学生の頃から大好きであの退廃的で人間のどうしようもない負の部分が、ストーリー、演出、キャスト人の力によって現代的な再解釈が入ったようなかたちになっており、とても満足しました。特に男性独特の弱くてどうしようもなくもろくて崩れやすい部分や、それを強く支える女性の強さというコントラストが作中でも大きな題材ですが、そこに関しても十分に描き切れていたと思います。新宿でこの作品のポスターを目にすることが非常に多く、必ず見ようと思っていたくらい好きな作品で、きちんと好奇心を持って自分の目で確かめてみてよかったと思います。原作のファンはもちろん蜷川実花さんのファンなら尚更見るべきだと思います。

40代女性
40代女性

監督は蜷川実花さん、3人もの女性と関係を結んだ太宰治の物語にふさわしい鮮やかでエロティックな色彩豊かな画面が繰り広げられます。太宰を演じる小栗旬さんが色っぽい、花に惹きつけられる蝶のように女性たちがよってくるのも当然と言えるでしょう。国語の教科書でしか見ることの無い太宰治ですが、本人もどこかに魅力をたたえた人物だったのでしょう。浮気を繰り返そうとも作品のためと我慢する奥さんが可哀そうすぎる、しかしながらさすがに彼女が作った安定の上で胡坐をかきすぎでしょう。最後には見捨てられるのも当然、むしろ遅すぎたくらいです。教科書にも出てくるような有名な人物がこれほどまでにだらしないとは、知りませんでした。義務教育の中では人名と作品を覚えさせられるので精一杯、でも彼らだってその昔普通に生きて恋をして悩んで生きてきたのです。こういった形で様々な方にスポットライトを当ててくれたら面白いなと思います。そうすれば文学や歴史も覚えやすくなるのかもしれません。ただ、すべてが史実とは限らずフィクションも入り混じっているとのこと、どこまでが本当なのでしょう。もう一度彼の作品を読んでみたいと思えました。人間失格など感じるものがあるのかもしれません。

 

30代男性
30代男性

太宰治の傑作と名高い「人間失格」をはじめとする作品がいかに生まれたかを「3人の女たちとの恋愛」という観点から描かれた映画です。いわゆる傑作を生みだすためには、これほどまでに波乱万丈、浮き沈み、苦しみや絶望の繰り返し、そして危険で刺激的な恋愛が必要なのかと考えさせられ、この映画を見終わった頃には、平凡な人生からは何も生み出されないのか、とありきたりの日常を疑ってしまう自分もいるほどです。蜷川実花さんが監督ということもあり、明治から昭和初期という時代設定でありながらも随所に現代的な美やアート感覚が取り入れられ、そして感情を揺さぶる効果的な音楽もあり、見ていて心地良さを感じます。また、女性の監督ということで、太宰治を取り巻く3人の女性それぞれの目線での描写や心情の変化が巧みに表現されていて、いつの間にかあたかも自分がそれぞれの女性の立場に立ち、太宰治と危険な恋愛をしていると錯覚してしまいます。太宰治はなぜそれほどまでに魅力的なのか、そしてなぜ自分の命や人生をかけてまで3人の女性は太宰治を愛し続けたのか。3人の女性との恋愛がなければ、「人間失格」という作品は生まれなかったのであろうが、だからこそ生まれたこの傑作を改めて一から読みたくなる映画です。

30代女性
30代女性

この映画は、もう何をしてもどこを取っても綺麗で美しいです。映像も、撮り方も、色使いも、女優さんたちも全てがほんっとに美しい・・・。カラフルでハッとさせる映像はさすが蜷川実花監督だなあと思いました。映画内に出てくる3人の女たちも、それぞれの強さや弱さが出ていて、見る人によっては捉え方や考え方が少し違ってくるのでは無いかと思います。私は、二階堂ふみが演じる女(富栄)に共感できた部分がありましたね。愛しても決して自分のものにならない。そんな人を深く深く愛してしまい、その愛を永遠に自分のものにしたい。と思う狂気さは、見ていてどこか心にくるものがありましたね。そんなに人を愛してみたい・・・。太宰のロクでも無いのに、憎めない。そんな愛情に強欲で、人間たらしの部分もよかったと思います。天才ってやっぱり普通じゃ無いんだ、普通じゃ無いからあんな作品が書けるんだなと思いましたね。最後をむかえる時に太宰は3人の女の誰のことを思ったんだろうな。と考えさせられました。体は富栄と共にあったかもしれませんが、私は宮沢りえさん演じる(未知子)に最終的な愛と心はあったんじゃ無いかなと思いたいですね。そうじゃ無いと報われないもの・・(涙)

 

20代女性
20代女性

太宰治の小説が好きで、小栗旬さんの演技に興味があり、何しろ蜷川実花さんが撮られるということなので、美術的にどうなのか、演出は?など、とても楽しみに映画館へ行きました。一番魅力的だったのは「映像美」でした。蜷川実花さんらしいビビットな色彩で、代名詞のような花々を効果的に使ってらっしゃいました。特に主役である津島修治が道端で死にそうになるシーンは現実から遠のいていくイメージと重なり幻影的でした。また、蜷川幸雄さんの舞台でお馴染みの藤原竜也さんをはじめ、演技にもぐっと引き込まれるものがありました。舞台のように少し大仰な演技にはなりますが、この時代には大きめの演技がぴったりだと感じました。女性陣の中では宮沢りえさんの演技が心に響きます。他の相手女性はメンヘラ的な要素があり、その固執している部分などに目が行きがちになってしまうのですが、宮沢さん演じる妻の美知子はひたすら健気な役どころで、その生活感や耐える姿が、台詞だけでなく、匂い立つような演技でした。独特な場面転換の演出に少し驚いて一歩ひいてしまい、話に没頭できなくなるシーンもありましたが、美しい映像と確かな演技に酔える2時間でした。大正ロマンがお好きな方はお相手女性それぞれのファッションや住まいをチェックするだけでも楽しめますよ。

 

まとめ

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

小栗旬のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係
  • BORDER 贖罪
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
  • 二つの祖国
  • お家さん
  • ライフ オン ザ ロングボード

【アニメ】(声の出演)

  • ワンピース ハート オブ ゴールド

 

沢尻エリカのU-NEXT配信作品

【映画】

 

 

藤原竜也のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ドラマスペシャル 人間の証明
  • 精霊の守り人 最終章
  • 藤原竜也の三回道

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました