人間の証明(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ

人間の証明(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『ドラマスペシャル 人間の証明』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ドラマスペシャル 人間の証明』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人間の証明(ドラマ)の内容

『ドラマスペシャル人間の証明』は、2017年4月に放送されました。

原作は、森村誠一の長編推理小説で、何度も映画化やドラマ化されている作品です。1977年には松田優作さん主演で映画化し、翌年にはテレビドラマ化され、いままで主演の棟居役を、石黒賢さん、渡辺謙さん、竹野内豊さんなど実力派俳優が演じてきました。

本作で、主演の孤高の刑事・棟居役を務めるのは藤原竜也さん。対峙する美容家に扮するのは、鈴木京香さん。原作に忠実に、終戦直後から1970年代までをトレースしました。

 

まあまあでした。鈴木京香さんが綺麗で、とても良かったです。藤原さんは、昭和のイメージとは、ちょっと違う感じがした。途中から声が変わったようにも思いましたが…でも、悪くはなかったと思う。

原作に近い世界観が表現されていて、ジョニーの切ないまでの母親への想い、ストローハットに込められた哀しいまでの恋慕を感じて、胸を締め付けられ涙しました。棟居刑事のイメージが、藤原竜也さんとは違ってもっと暗く哀愁のある感じの人が良かったかも。

今作は原作に近いと思う。

映画の印象が強くて主演は松田優作がやっぱりいいな。鈴木京香がきれいだった。

あらすじ

1974年(昭和49年)東京。ホテルのエレベーターの中で、一人のみすぼらしい身なりの黒人青年が息絶えます。胸にはナイフが突き刺さり、頬には一筋の涙が伝っていました。

現場に駆け付けた刑事・棟居弘一良(藤原竜也)は、本庁捜査一課のベテラン刑事・横渡伸介(緒形直人)とともに捜査を開始。青年が向かおうとしていた最上階で聞き込みを始めます。

その日、そこでは、高名な美容家の八杉恭子(鈴木京香)によるレセプションパーティーが開かれて、マスコミや大勢の招待客がひしめき合い、大物議員の夫(中原丈雄)一人息子(堀井新太)と共に、理想の妻、理想の母親として恭子はスポットライトを浴びていました。

殺された青年の名前はパスポートからジョニー・ヘイワードと判明します。しかし、恭子のパーティー客に該当する人物はいません。その後、ジョニーはニューヨークのスラム街で育ったこと、片言ですが日本語が話せたこと、そして死の間際「ストウハ」という謎の言葉を残していたことが捜査により分かります。

見どころ

鈴木京香の美しさ

名声を守るために母性を捨てた美容家の八杉恭子役を演じた鈴木京香さんの美しさは見どころのひとつ。

本作では、八杉恭子の生い立ちから戦後に何があり何が起ったのかを描いています。八杉恭子は悪女ですが、成功しなければと考え生きる欲が非常に強い女性です。その八杉恭子を力強くてカッコ良く、そして美しく演じた鈴木京香さんは大変好評でした。

テーマソング

テーマソングの「人間の証明のテーマ」はEXILEのATSUSHIさんとギタリストのCharさんがカバーしています。このテーマソングは、1977年の映画の主題歌で、ミュージシャンで俳優でプロボクサーだったジョー山中さんの楽曲です。(ジョー山中さんはジョニー・ヘイワード役で映画に出演しました。)

ATSUSHIさんにとって、この曲は、自分のよく行くバーの閉店時に使われていて馴染みがあったそうで、Charさんにとっては、ジョー山中さんは自分がアマチュア時代、プロの世界に引き上げてくれた大恩人のひとりだったそうです。

スタッフ

原作:森村誠一
監督:雨宮望
脚本:浜田秀哉
音楽:吉川清之

キャスト

棟居弘一良:藤原竜也
麹町警察署の刑事。

八杉恭子:鈴木京香
有名な美容家。女性が憧れる、理想の妻であり母。

横渡伸介:緒形直人
警視庁捜査一課の那須班のベテラン刑事。

中山種:草笛光子
霧積高原に住む老女。

那須英三:宅麻伸
麹町東署・那須班のキャップ。

郡陽平:中原丈雄
恭子の夫で民友党の大物議員。

郡恭平:堀井新太
恭子の息子。大学生。

ジョニー・ヘイワード:ラバンス、ジョシュア・ヌワエメ(幼少期)
黒人青年。東京で殺される。

ウィルシャー・ヘイワード:モーゼス夢
ジョニーの父。

山路刑事:山田純大

草場刑事:松永博史

小山田武夫:加藤虎ノ介

大室よしの:吉本選江

凛泉館先代女将:北川めぐみ

 

『ドラマスペシャル 人間の証明』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人間の証明(ドラマ)の感想

50代女性
50代女性

真相ににたどり着いていくまでの過程にザワザワとドキドキが入り混じります。恭子からついに心の声を引き出す棟居に打たれました。不思議な言葉の背景には、たとえ一時でも確かに穏やかな幸せがあったわけなんですよね。恭子の気持ちも分かるのですが、ジョニーの話に少しでも耳を貸そうとしていたらと思うとやり切れませんね。彼を頭から誤解していたことがあまりにも悲しすぎます。今の恭子にとって、ジョニーの存在は恐怖でしかなかったのならどうしようもなく寂しくて。大事に思っていた頃もあったのだろうに、なぜこんなことになってしまったのかと悔しい気持ちにもなりました。たとえ本心からではなくても優しい言葉をかけて、抱きしめてあげてほしかったです。ジョニーのほんの小さな望みが叶えられず、涙が止まりませんでした。ずっと忘れられない母の愛を求めていたのに、あんなことになって、それでも母を思いやるなんて。本当に心がきれいな人。それが少しでも伝わっていれば、こんな恐ろしいことにはならなかったんですよね。恭子はこれからどんな思いで生きていくのでしょうか。登場人物の複雑な気持ちに心が揺さぶられ、悲しいけれどじんわりとした感動のあるドラマでした。

20代男性
20代男性

本作は森村誠一の長編推理小説を原作としており、1977年に公開された映画では興行収入第二位を記録した大ヒット作のリメイク版となります。話は昭和49年、第二次世界大戦から復興を始めた東京が舞台となっています。とあるビルで起こった黒人青年の殺人事件と連続して起こったひき逃げ事件が密接に絡み合い、藤原竜也演じる刑事・棟居弘一良と鈴木京香演じる有名デザイナー・八杉恭子を中心に登場人物たちの心の内や事件の真相が暴かれていくサスペンスドラマです。「人間の証明」といった題名が表すようにそれぞれの性格や人間性が生々しく描写されている点が特徴的でした。華々しい人生の為、愛する人の為、因縁を持つ相手との決着の為といった思惑がぶつかりあい、泥臭くも一途に自分を証明していく登場人物たちには引き込まれてしまいます。それぞれの信条で選んだ行動は話が進むごとに結果として現れていき、クライマックスではある一人の人間の証明が為される事で事件も幕を閉じます。サスペンスドラマとして分類されていますが、ヒューマンドラマとしての側面を持った作品のようにも感じました。何を選び、何を捨てて生きるのか。その選択はどういう結果として証明されていくのかという、人生観も考えさせられる一作です。

50代女性
50代女性

時は昭和49年。ホテルのエレベーターの中で、一人の黒人男性の遺体が発見されることから、このドラマは始まります。実は1977年に松田優作さんや岡田茉莉子さんをキャストとして、一度、映画化され作品です。私は以前、この映画を見た時に、悲しみや怒り、やるせなさなど、さまざまな思いがこみあげてきて、押さえきれなかったのを覚えています。今回のドラマ版でも、ストーリーはほぼ同じ内容。しかし、映画で味わったような暗くて救いようのないイメージが、かなり払しょくされているように感じます。理由は、制作時の時代背景などはもちろんですが、もしかしたら、ドラマとして、大勢の人に受け入れられやすいようにという製作者側の配慮なのかも。キャストにもどこか明るさが感じられます。物語の軸となる、美容家の八杉恭子は、鈴木京香さん、過去の事件でこの美容家との因縁があり、心から人を信用できないと言った思いを抱える刑事、棟居弘一良に藤原竜也さん。根底にあるのは、重くて辛いテーマではありますが、その思いだけに引き込まれずにエンターテイメントとして楽しんで見ることができるかもしれません。今回初めて見る人なら、張り巡らせた複線の見事さや、バラバラだったパズルが徐々につながって形を現す古典的なミステリーの魅力にはまることができるでしょう。逆に以前の映画を見たことがある、ファンだったという方には、私が最初に述べた両者の違いを楽しんでいただくのもおすすめかもしれません。ありきたりの刑事ドラマに飽きた、もっと深い作品を味わってみたいという方には、ぜひ見て欲しい作品です。

50代男性
50代男性

八杉恭子は、現在の社会的な地位を守るため過去を消そうとしたが最終的に消せないばかりか最終的に自分の愛すべき息子を失ってしまう悲劇的な話だと思いました。ストーリーとしてはホテルのエレベーター内で起きた黒人青年の死亡が確認されその胸にはナイフが刺さっていた場面からスタートし、犯人逮捕のため麹町東署の刑事が捜査をしていくサスペンス形式の映画です。やがて浮かび上がる詩集に書かれた霧積という地名。そして霧積で犠牲となった黒人青年の昔を知る老人の不可解な死。不自然な死を遂げた老人は実は八杉恭子が霧積の進駐軍向けのバーで働いていた過去を知る女性で当然捜査線上に八杉恭子が浮かんでくるストーリー。話の展開はとても分かりやすいが、このドラマは戦後の日本の苦しい時代背景も同時に描いた物語だと思います。今では国際結婚への周囲の理解も進み一般化しつつありますが戦後の混乱期はやはり抵抗もあったはずです。また戦後の日本は生産力もなく女性を安定的に雇用していく場所は限られていたはずです。その厳しい戦後という時代を、八杉恭子は懸命に生きなんとかたどり着いた安定的な社会的な立場。八杉の大切な物を守りたい気持ちがどこかで行き過ぎたためにこうした悲劇を招いたんだと思いました。

 

まとめ

『ドラマスペシャル 人間の証明』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました