二重生活(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『二重生活』映画オリジナル予告編

二重生活(映画)の動画フルを安全に見る方法

『二重生活』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『二重生活』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

二重生活(映画)の内容

映画『二重生活』は、2016年6月に公開されました。

原作は、小池真理子さんの小説で、映画「あゝ、荒野」の岸善幸監督が脚本も手掛けています。岸監督にとって、本作が初監督作品となっています。

本作は、抑え切れない好奇心から、近所の既婚男性を尾行することにハマっていく主人公を描写していて、ヒロイン役には、岸監督が熱望し門脇麦さんが起用されました。門脇麦さんにとって本作は初主演作となります。

門脇さんに尾行される男性役に長谷川博己さんが、門脇さんに尾行を提案する大学教授役にリリー・フランキーさんが、門脇さんと同棲する恋人役に菅田将暉さんが演じ、豪華キャストが熱演しています。

 

論文が書けずに悩む大学院生の白石珠(門脇麦)が教授(リリーフランキー)に勧められて、理由無き尾行を始めます。どんどんと深みにはまってい姿が恐ろしいけれど、とても面白く興味深い。自分とは何か、どうして生きているのか、といった哲学が軸にあるので、少し内容は難しいですが、自分を見つめ直せたような気がします。

映画を観ていると自分が麦さんを尾行しているような気になります。人間の本質をシンプルに問う、内容の濃い作品だと思います。麦さんの演技すごい

我を忘れて尾行にのめり込んで、近過ぎるほどスレスレの距離感にドキドキしてしまった。

凄く惹き付けられる映画だった。哲学的に難解に振り切れば評論家からも評価されるだろうけど、そこまでではなく、割とポップな展開で見やすかった。何よりカメラワークと音楽が絶妙で良かった

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生の白石珠(門脇麦)。同棲中の恋人の卓也(菅田将暉)との日々は、穏やかなものでした。ところが、そんな日々が一変します。

珠は、担当の篠原教授(リリー・フランキー)から修士論文の題材に“哲学的尾行”の実践を持ちかけられます。それは、無作為に選んだ対象を追ういわば〝理由なき尾行″。

珠は、偶然街で見かけた隣家の石坂(長谷川博己)の後を衝動的に付けみることに。すると、妻とは違う女性とビルの隙間で激しい愛の行為を交わす光景を目撃。彼の秘密が見え始めると、珠は異常なほどの胸の高鳴りを感じてしまい、やがてその禁断の行為にのめり込んでいきます。

見どころ

尾行シーン

それほど危険な現場を除いて、カメラテストはしなかったそうです。東京・表参道で尾行するシーンは、スタート地点とゴール地点だけ決めて珠に扮する門脇麦さんが、石坂に扮する長谷川博己さんと尾行しています。そのせいで、緊張感がさらに高まっている映像になっています。

また、門脇麦さんの尾行の仕方が長谷川さんに近すぎてバレそうでドキドキするのも見どころですね。

門脇&菅田カップル

2018年のドラマ「トドメの接吻」でも共演している門脇&菅田ペアですが、本作は、「トドメの接吻」より以前に撮影され、さらに役柄は同棲カップルという設定でした。

セットの部屋は、カメラに映らない玄関や玄関の外まで本当に2人が暮らしている様に作られていたこともあり、ごく自然なシーンに出来上がっています。リハーサルも無かったようで、よりリアリティのある雰囲気が見どころのひとつです。

スタッフ

原作:小池 真理子「二重生活」
監督・脚本:岸 善幸
音楽:岩代 太郎

キャスト

白石 珠:門 脇麦
哲学科の大学院に通う平凡な大学院生。修士論文のため尾行する。

石坂 史郎:長谷川 博己
珠の隣人。出版社に勤務している編集者。

鈴木 卓也:菅田 将暉
珠の恋人。ゲームデザイナーとして働いている。

篠原 弘:リリー・フランキー
珠の大学の教授。

石坂の妻:河井 青葉
自殺未遂を図る。

澤村しのぶ:篠原 ゆき子
澤村デザイン事務所で働く石坂の愛人。

研究室の先輩:宇野 祥平
学院の飲み会で珠に絡む。

珠の友達:岸井ゆきの

桃子:西田尚美
篠原教授の妻。

近所のおばさん:烏丸せつこ

 

『二重生活』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

二重生活(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

門脇麦がすごい。彼女は未来の映画界を支え続けるでしょうね。国境も超えるのでは。くらい、微妙な表情の作り方、声のトーン、しぐさ。あれ全部、やっぱりちゃんと意識して役作りしてるのかな。ちゃんと自然体なんだよね~。自然体と書くと違和感ありますが、哲学を学ぶ大学院生の雰囲気。退屈で単調な日々から、徐々に退廃的で刺激的な『尾行』にハマっていく。それらは、修士論文の題材として大学院教授のリリーフランキーから提案されたもの。リア充隣人・長谷川博己の生活を尾行し始めるが、いつしか恋人の菅田将暉には目もくれなくなるほど、のめり込んでしまう。素人らしい尾行も面白いが、それぞれの二重生活もまた面白い。長谷川博己の不倫を目撃するところから始まるが、リリーフランキーの秘密も切ない。実はありとあらゆる人にはそれぞれ秘密があってしかるべき、それが自然というか、それが人間というか。そこに行きつくまでに没頭する『尾行』もまた、門脇麦の二重生活である。これが答えだ!という明確なエンディングでもなく、ただたどり着いた門脇麦の見解が修士論文として出来上がる。だらだら続くシーンもあるし、長谷川博己の不倫相手との痴話げんかや、門脇麦に詰め寄るシーンもちょっと飽きるが、哲学的な題材として触れてみたい方にお勧め。役者陣はとても自然体で素晴らしい!

 

50代女性
50代女性

知らない人を教授の提案で尾行することにした主人公が、選んだのよく見かける近所の編集者の男性でした。平凡に見えたその男性が、不倫をしておりそれを見た球がどんどん備考に嵌っていく姿が印象的でした。しかも、尾行していた男と不倫相手のことが彼の妻に分かり妻が自殺未遂を図ってしまい、そこで男にばれてしまい普通ならそこでこの二人の関係は怒られて終わるはずだと思っていました。しかし、全てを見られてしまった尾行されていた男と年上が好きな大学院生の珠がお互いに求めあうように一線を越えかけてしまうのは、全てをさらけ出したものとおしで何か通じるものがあったのかと感じました、そもそも、篠原教授はそんな課題を出したんだろうという疑問も感じたりしました。篠原教授が、自分の母があまり生きられないと悟って妻の代行を頼んでいたことも分かりますが、篠原教授は自殺してしまったのがなぜなんだろうと不思議な気持ちになりました。長谷川さん演じる不倫をしてい編集者の男性が、珠と一線を越えそうになった時に珠のことをどう思ったんだろうというのも最後に感じました。珠は、きっと尾行しているうちに彼を好きになっていったんだろうなと思いますが、彼の気持ちがもっと知りたかったです。

40代女性
40代女性

主演の門脇麦さんと、同棲している彼氏役の菅田将暉さんのカップルのやりとりがリアルで、ドキドキするシーンもありました。尾行をして特定の人物のプライベートを覗き見するという設定がスリリングでついつい引き込まれてしまいました。この映画のテーマとなっている尾行という行為は非日常的ではあるのですが、その他の描写は自然で、キャスト陣の演技力の高さも感じられました。ストーリーの中で、ヒロインが尾行していた相手に見つかってしまい、お酒を飲んで男女の関係になりそうなところがあり、ドキドキして目が離せなくなるのですが、同棲している彼氏がいながら尾行相手にだんだん惹かれていったのか、ヒロインの生い立ちが関係しているのか、その点は自分にとっては完全に理解することができませんでした。また、ヒロインの通う大学の教授が、余命わずかな母親を安心させるため他人に恋人のふりをしてもらうというサイドストーリーも切なく感じてしまいました。教授と恋人役の女性のやりとりも自然に感じられました。ちょっとテーマを理解するのが難しく、ハッピーエンドとはいえない作品ですが、また観たいと思える不思議な魅力のある映画だと思いました。恋人同士より、一人で観た方がいいかもしれません。

40代女性
40代女性

尾行という行為で他人の生活を暴いていく、イケない事だと分かっていても甘美な密の味がするのは分かります。哲学を志すものはやはりちょっと変わっているのでしょうか、それを論文の題材として取り上げるよう話を持ち掛ける教授も怖いし、その論文を仕上げることを第一の目標とのめりこんでいく珠も恐ろしかったです。それは違う、そう思いながらも本当に自分自身が尾行しているかのようなカメラアングルはドキドキ感とちょっぴりの嗜好性を感じたのは事実です。ごくごく当たり前の日常の風景も尾行するという立場だと変わっていくもの、この映画はR指定にしておいた方が若者に与える不の影響力が強すぎる気はします。ただ当然ですが、外側から見ているのはその人の一面でしかありません。ずっと見てきて篠原教授の本当の姿も見えなかったもの、それに性善説を信じたい私としては裏の素顔なんて知りたくはないです。浮気をしていて悪いのは自分なのに「おまえのせいで人生がめちゃくちゃだ」と逆切れするとは最低な男、なのにそんな奴とホテルに行く展開の急さにはついていけなかったです。ずっと見つめ続けていると、その間のドキドキが吊り橋効果を生み出すのでしょうか。

30代女性
30代女性

淡々と進んでいくお話の中に他人の生活を覗き見するというスリルがあり気がつくと映画の世界に惹き込まれていました。主人公の珠を演じた門脇麦さんの存在の薄い暗い女子大生の役がよく似合っていて自然だったので、映画を観ているこちらが珠の生活を覗き見しているような気分になりました。珠の尾行シーンは一緒に尾行しているような気持ちになり、ドキドキしました。門脇麦さんのリアルで温度感のある色気が余計にドキドキさせました。珠に尾行されている長谷川博己さん演じる石坂が浮気相手とレストランで喧嘩するシーンで外に映った人影には思わずビクっとしてしまいました。長谷川博己さんの浮気男ぶりが妙に色気があり、格好良く見えてしまいました。リリー・フランキーさん演じる教授がお弁当やお母さんと妻と3人で撮った写真を見つめるシーンがとても切なかったです。このシーンで教授の孤独を感じました。他人の人生を覗き見することで、自分の人生を見つめ直すことができたどうかはわかりませんが、主人公の珠はこの経験でひとつ大人になったのかなと感じました。ラストシーンの解釈を観ている人に委ねる手法も良かったです。個人的には希望を感じるラストでした。

50代女性
50代女性

門脇麦さんが、近所に住む既婚男性をどうしても抑え切れない好奇心から尾行するのですが、不倫しているのを見てしまい、どんどんはまっていってしまう珠を熱演していて、良かったと思いました。存在感がとてもあったと思いました。尾行が下手で人間をただ観察するという、第三者の目線になりきれなくて、どんどん深入りしてしまってストーカーのようになっていく姿が、ちょっと怖かったです。長谷川博己さんが、一見完璧で愛妻家で子煩悩な最高の男性のようなのに、実は不倫をしているという役を上手く演じていて良かったと思いました。リリー・フランキーさんが、さすがの演技力で存在感があったと思いました。奥さん役の西田尚美さんが、とてもいい味を出していてすごく良かったと思いました。人間は、誰もが絶対に秘密の部分を持っていて、秘密や隠し事に対して何となく後ろめたさを感じてしまいますが、ほとんどの人が持っていることなので、あまり気にし過ぎることはなくて普通のこととして考えたほうがいいのではないかと思いました。尾行が下手過ぎて、いつばれるかハラハラしてしまいました。捕まった後、尾行してどう思った?と聞かれて、面白かったです。と素直に答えたシーンはゾクゾクしてしまいました。

20代女性
20代女性

全体的に暗くてジメっとした世界観なので好みは分かれるかもしれませんが、とても魅力的な映画でした。テーマが「尾行」という事もあり、なんだか危険な雰囲気で引き込まれました。尾行ってスリリングだから楽しそう、一度やってみたい…と思った反面、親しくもない他人の秘密を知ってしまうリスクの大きさを知りました。ただ、相手の秘密を知ってしまう事で、精神的な部分で相手と親密になったような気分になるのは分かります。とはいっても、自分が尾行される側になるのは絶対に嫌だなと思いました。またこの作品の魅力は、現実味があるところです。登場人物のキャラクターや出てくる街並みの景色など、一つひとつがリアルなので「実際にありそう」という部分が良かったです。意外な結末も面白かったです。そこまで有名ではありませんが、いつまでも心に残るような映画でしたね。登場人物の一人ひとりも演技力が素晴らしくて、表情や動きで心情を上手に表現していると思いました。無駄なシーンが一つも無いので最後まで飽きる事なく画面に釘づけになっていました。また普段はカップラーメン食べたいと思わないのに、映画やドラマで食べている姿を見ると無性に食べたくなります。

30代女性
30代女性

興味本位の軽い気持ちで始めた尾行をきっかけに、一見幸せで満ち足りて見えた二組の生活がゆっくりと壊れていく。暗めのトーンの画面とじっとりとした生活感とエロティックさを漂わせる俳優たちの存在感が強烈。菅田将暉と門脇麦の演じるやや倦怠期に突入しつつあるカップルのじっとりとした生活感が艶かしくてドキドキしてしまう。理由もなく見知らぬ知らぬ他人を尾行し、一見理想的な良い父親に見えた男の秘密を暴いてしまうことを通して、主人公は自身の心情を発見していく。対象者の行動を観察することを通して自身の内面がどう変化していくかのを考察せよ、という教授の狙いは思いもよらぬ方向へと向かっていくさまはハラハラさせられっぱなしでとてもスリリングでした。最終的には恋人に捨てられ、「観察者」として成長した彼女が次のターゲットに教授を選び、教授はそれを喜んで見せる。スリリングな共犯関係を結ぶふたりはとても艶かしく見えた。果たして彼女が書き上げた論文はどんなものなのか、是非とも読んでみたいものです。尾行とは哲学である、というテーマを掲げたところは哲学的で、どこかしらフランス映画のような空気感を感じさせてくれます。謎めいた雰囲気が映画らしく、原作小説とはまたちがう魅力が溢れていました。

 

まとめ

『二重生活』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました