虹色デイズ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『虹色デイズ』予告編

虹色デイズの動画フルを安全に見る方法

『虹色デイズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『虹色デイズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虹色デイズの内容

映画『虹色デイズ』は、2018年7月6日に公開されました。

原作は、水野美波さんによる少女漫画で、2012年2月から別冊マーガレットで連載し、単行本は16巻発売。2016年にはテレビアニメの放送とスマートフォン向けのゲームアプリとしても配信されました。

人気若手俳優が4人主演した日本映画初のカルテット主演映画。その人気若手俳優は、佐野玲於さん(GENERATIONS)、中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さん。少女漫画にピッタリなイケメン4人が出演するとあって大注目されました。

 

少女漫画が原作だけど侮るなかれ!
男子も元女子&元男子も楽しめますよ!

キャストも最高だし、内容もとっても最高だったし笑えるしほんとに青春だなーって感じられる映画でした!4人みんな性格が違うからおもしろいし、男子もこんな風に考えてることもあるんだなって思いました!

とても面白い映画でした。もう2回くらい見たいです。女性じゃなくても楽しめると思います。

いやほんとにかっこよすぎた!
男子高校生らしい仲の良さが伝わってきて面白かった!4人ともかっこいい!!玲於くんに関しては初々しい感じがすごいキュンときた!
特にラストのシーンは4人の仲の良さが分かりますね!久しぶりにまた見たい映画だなと思いました!

とても面白かったというコメントや主役4人のキャスティングが豪華だ、など感想がありました。そんな中、酷評も多々あるようです。

原作未読で観賞。
男子高校生達が主人公の青春ラブストーリーとして楽しめた。
主人公のカップルよりも主人公の友達カップルの方が色んな意味で見応えあり。もう少し早くくっついてもらいたかったな〜

アニメを少し見て鑑賞。
主役の佐野さんのストーリーより大志くんの恋愛模様の方が演技力もありもっと見たかった。あと高杉真宙くんのペアも見応えありました。

恒松祐里が出てて監督が飯塚健だから観に行った。
主演は佐野玲於 x 吉川愛のカップルなんだよね。そのサイドストーリーで中川大志 x 恒松祐里のカップルが描かれるんだけど、中川 x 恒松の方が面白い。

中川大志さんの演技力が目立ち、メインの佐野玲於さんの役がイマイチだったといった声が多く聞かれました。他にも佐野玲於さんの相手役の吉川愛さんが可愛すぎるなど、女優陣を絶賛する声もありました。

あらすじ

恋や友情、将来への不安、何気ない青春の日々を過ごす性格も趣味も全く異なる仲良し男子4人組。「卒業」が近づくにつれ成長していく姿を佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが演じ、男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。

ピュアすぎる性格をよくいじられるなっちゃん(佐藤令於)、チャラ男で女好きのまっつん(中川大志)、オタクで学年屈指の秀才のつよぽん(高杉真宙)、ニコニコしながらドS発言を連発する恵ちゃん(横浜流星)は、クラスメイト。

なっちゃんが同級生の秀才美少女の杏奈(吉川愛)に片想いし、ゆっくりですが、距離を縮めて行きます。

女好きのまっつんは、杏奈の親友で男嫌いのまり(恒松裕里)に惹かれますが、まりは拒否。つよぽんは東京への進学を考えますが、彼女のゆきりん(堀田真由)と離れてしまうので悩みます。いつもニコニコの恵ちゃんは、みんなに刺激されハートに火がつき始めます。

悩み仲間を励まし、本当に大切なモノを見つけようと奮闘する4人の高校2年生の春、夏、秋、冬、そして迎える最後の文化祭。卒業へと向かって行く彼らが選ぶ未来とは・・・。

見どころ

主人公が男子高校生

少女漫画は、基本的に主人公は女子高校生。見ている女性が感情移入しやすいのが人気の秘密ですよね。しかし『虹色デイズ』は、主人公が男子高校生。しかも主人公が4人もいて、それぞれ性格も趣味も違います。

そんな違う4人の恋愛ストーリーは、女性がこの映画を見れば男子高校生の気持ちが分って面白い!男性が見れば恋愛の参考になるかもしれません。

眩しすぎる青春

あまりの眩しさに、クラクラしてしまった大人もいるようですが、原作者の水野美波さんは「友達、恋愛、高校生っていいなぁ、そう思える映画になっていると思う」と大絶賛しています。

眩しすぎる青春に共感する人や、自分の青春時代はこんな眩しくなかったと嘆く人など様々いると思いますが、どんな人が見ても眩しく見える青春ストーリーは、どこか懐かしく、ちょっぴり恥ずかしい気持ちになりながら「戻りたーい!」と叫んでしまうはずです。

スタッフ

原作:水野 美波
監督:飯塚 健
脚本:根津 理香、飯塚 健
音楽:海田 庄吾

エンディングテーマ

Dragon AshのフロントマンKjこと降谷建志さんが『虹色デイズ』のために書き下ろした楽曲「ワンダーラスト」がエンディングテーマとなっています。

映画『虹色デイズ』ヴァージョン(Ver.)のMVは、飯塚健さんが監督し、映画の未公開映像も盛り込んだ、もう1つのストーリーを感じさせる作品となっています。

挿入曲

フジファブリック:「虹」、「バウムクーヘン」
阿部 真央:「17歳の唄」
Leola:「群青」
SUPER BEAVER:「your song」

キャスト

羽柴 夏樹(佐藤 玲於:GENERATIONS)
通称なっちゃん、ピュアで元気な愛されキャラ。仲間達にピュアすぎる性格をよくいじられます。杏奈と仲良くなろうと奮闘中。チャリ通。

松永 智也(中川 大志)
通称まっつん、生粋のチャラ男で女好きでモテ男。本当は友達想いで男気があります。まりが気になっています。

直江 剛(高杉 真宙)
通称つよぽん、オタクで学年屈指の秀才。マイペース。彼女のゆきりんと将来との間で悩みます。

片倉 恵一(横浜 流星)
通称恵ちゃん、ニコニコしながらドS発言を連発。モテるけど、本当の恋の相手を捜索中。

小早川 杏奈(吉川 愛)
なっちゃんが恋する天然で大人しいタイプの女の子。杏奈もなっちゃんを意識し始め・・・。電車通学。

筒井 まり(恒松 裕里)
大の男後嫌いで男子に毒舌を吐きますが実は寂しがり屋。何かとまっつんとぶつかってしまいます。

浅井 幸子(堀田 真由)
通称ゆきりん、つよぽんと相思相愛の彼女でコスプレ好きでいつも笑顔。つよぽんの進路のことで悩みます。

千葉 黎子(坂東 希:E-girls/Flower)
通称千葉ちゃん、バレー部のキャプテン。さっぱりした性格で男子4人組とつるむこともあります。

筒井 昌臣(山田 裕貴)
まりの兄。寂しがり屋の妹をいつも気にかけています。

田渕先生(滝藤 賢一)
クラスの担任。生徒に厳しいけれど実は将来を本気で心配しています。恵ちゃんの兄である片倉先生の同僚。(片倉先生は映画に人物は登場せず名前だけ登場します。)

自覚系・先輩男子(戸塚 純貴)
杏奈にしつこくアプローチするイケてる自覚系・先輩男子。

女装男子(小林 亮太)
主人公4人の同級生

 

『虹色デイズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虹色デイズの感想

 

50代女性
50代女性

中川大志さんが、とても上手かった良くてまっつん役を熱演していてとても良かったと思いました。横浜流星さんが、恵ちゃん役を一生懸命演じていて好感が持てました。まだブレイクする前の初々しい姿が見れて良かったです。佐野玲於さんが、なっちゃん役をいい味を出して演じていて、上手いと思いました。男子4人が一緒にプールに飛び込むシーンが、ザ青春という感じで好きでした。滝藤賢一さんが、さすがの演技力で存在感が際立っていたと思いました。吉川愛さん、恒松祐里さんなど女子みんなが可愛くて素敵だと思いました。裏切りがなく、小細工抜きでひどい奴がいなくて、とても清々しくて見ていて幸せな気持ちになりました。自分もこんな高校生活を送りたかったと思いました。男子ならではの明るいちょっとバカなノリと固く結ばれた友情がすごく良くて、若さってほんとにいいと改めて思いました。それぞれのカップルの純愛がほんとに真っ直ぐで良かったです。青春そのもの、キラキラした要素がたくさんつまったいい映画だと思いました。みんなそれぞれ悩みもあるけれど、友達と一緒にいる時はイヤなことも忘れて、たくさんの想い出を作れる最高の時間なので、とても大切な時間だと思いました。

20代女性
20代女性

映画公開が決まってから漫画を読もうと思って下調べをしてから映画を観に行きました。generationsが好きな私的に主演の佐野くんには違和感しかなかったです。あんな爽やかな姿をグループ活動の際に見せたことがなかったので不思議で違和感で笑いさえこみ上げるくらいでした。でも演じている姿は同い年だけど可愛いなと思ってしまいました。チャラ男役の中川くんはかっこいいでしかなかったですし、原作通りすぎて驚きました。横浜くんもちょっと原作通りとまではいかない感じでしたが、全然ぽいなとかまあそんなに違和感には感じないなという感じでした。真面目くん役の高杉くんは真面目な役を演じているのが違和感でしたが、原作の落ち着きとか真面目だけどちょっとずれている部分とかがしっかり分かってとても良かったと思います。この映画で原作でみたかった部分がしっかり映画化されていてとても嬉しかった記憶があります。この作品をみるとこんな青春を送ってみたかったなとか、こんな甘酸っぱい初恋みたいなことが高校生で出来るのっていいなと思ったり羨ましさしかないなと思いました。キャストも若手俳優さんばかりだし原作知っている方にははまらないかもしれませんが恋愛ものが好きな方にはお勧めできると思います。

40代男性
40代男性

漫画が原作の実写化映画です。殆どの恋愛映画は、女性からの目線で作られた作品が多いと思うのですがこの映画は男子高校生からの目線での演出された映画で今から25年以上前になる高校時代を思い出しました。毎日、学校へ行って授業を受けて休み時間にふざけあって授業受けて昼飯をふざけながら食べて授業受けて帰る、放課後は友達と遊んで帰るという日常を思い出しました。友達との遊んだ時間も楽しかったし、好きな子と過ごす時間も楽しかったしそんな事もあったなーと懐かしく思いました。高校時代は、あっと言う間の3年間でしたが、高校時代は、この映画の様にこれから先のことはまだ良くわからないけど今を楽しく生きるのも良いと思ってたなと共感する事が多かったです。4人組の男子高校生の個性が上手く出ていたのが良かったです。こんなにイケメンだったら高校生活、もっと楽しかったのだろうなーと羨ましく感じました。ヒロイン役で出演していた吉川愛が、本当に可愛すぎて、もし望みが叶うのであればイケメンの高校生になり吉川愛と付き合える高校生活を過ごせたら本当に幸せだったろうなと思いました。出演した演者達も本当に仲が良さそうで、きっと撮影の雰囲気も良かったのだとうなと思える作品でした。

40代女性
40代女性

イケメンたちが出てくる映画、目を楽しませたいというのであれば良いかもしれません。タイプの違った今話題の若手男優さんたちがキラキラとまぶしいです。いわゆる青春ものでおばちゃまとしてはまぶしすぎる面も、プールに飛び込むのとかは現実でもありえないでしょう。こんなにもイケメンがそろっている学校だって無いので夢の世界を楽しむだけです。少女漫画が原作だそうですが、男性側の視点からというのは珍しい気がします。作者も男性なのでしょうか、恋に悩み翻弄されている時期だと特に異性の側からはどのように考えているのか・どういった捉え方をしているか知りたいものです。まあ男子なんて、結局はあまり何にも考えていない気がします。ごく普通の女の子がなぜかみんなから恋されてというご都合主義の展開も少女漫画ならでは、自分自身を当てはめて妄想するのでしょうか。実際に実写として表れると、結局は可愛い女の子が役者として選ばれるのでだからだよとやさぐれた気持ちになってしまいます。若手ながら、演技は皆さん上手かったです。取り合えず高校生としてそれほど違和感は感じられませんでした。でもストーリーが薄っぺらくてあまり入り込むことは出来ませんでした。

 

30代女性
30代女性

この作品は漫画がとても好きでよく読んでいました。実写化されると聞いて早く見てみたかった映画です。青春を思い出させる作品でどこか懐かしい感じがします。男子高校生四人組のバランスもとてもよくて、それぞれのキャラに強めの個性があるので、とても面白いですし、見終わった後爽やかな気分にさせてくれます。実写版ではやはりみんなイケメンで高校生最強と思ってしまいます。いけいけどんどんな風でもなく純粋なわけでもない絶妙なバランスで、テンポも良いし、青春映画ではダントツで面白いと思いました。恋と友情という永遠のテーマは男子と女子では違いますが、それがリアルに描かれています。過去に憧れていた姿そのもので、今見てもやはりなお、眩しく感じます。いわゆるリア充の映画だと思いますが、リア充にはリア充なりのいろいろな思いがあるのだと思います。男子高校生の輝いてキラキラしている姿は、漫画でもそうでしたが、やはり実写版のイケメン達のキラキラした姿は世俗離れしているかのように感じます。私は女子校だったので、そういった男子高校生の恋や友情のストーリーは今になってみてもやはり新鮮で、とても興味のあるジャンルなのでこの映画を見ることができて良かったです。

20代女性
20代女性

田舎の風景がのどかで素敵です。こんな空気が澄んでいるところに住んで見たかったです。ついこの前まで高校生で社会人になりましたが高校生の頃の若いノリが懐かしく感じました。若いころにしかできないノリがあり実際社会人になる前にそんなノリを楽しんでいました。節度を守って楽しむことで青春を過ごすことができていたことをこの映画を見て思い出した。懐かしい思い出を全てよみがえらせてくれる素敵な映画です。バカ騒ぎしていることが悪いことばかりではないので本当に楽しいです。恋愛をして友達と話協力し合ったりダメだしされたりと友情もしっかりと出来上がっていて凄いです。純粋は恋をしているので私もこんな恋がしてみたいと思いました。なっちゃんが杏奈に出会えて友達の輪も広がったり恋愛に発展していくのがもどかしい個所もありましたが素敵でした。杏奈が普段はあまり笑わないのに少し微笑むときなどはきゅんと来ます。なっちゃんの明るさが杏奈を笑わせてくれているし杏奈の友達が杏奈を大事にしてくれているから素敵な映画が成り立っていると感じました。なっちゃんの友達の面白い趣味についてくれる女の子が見つかった時にはすごいと思いましたが、それもある意味青春だと思いほほえましく見ていました。

50代男性
50代男性

何だか素直に見ていて「いいなあ高校時代」と思えました。今回の作品は4人のイケメン男子を愛でるために作られた「女子向け目の保養映画」ではありますが、個人的には高校生活をきちんと描いていたので評価が高いです。確かに現実には、ここまでカッコいい男子が4人もそろって(しかも田舎で)いるのはありえないとは思います。でも、そこにケチをつける気はありません。それは出ている女子高生たちが、実にいいラインをついているからでもあります。華やかな男性出演者に比べると、吉川愛さん、恒松祐里さん、堀田真由さん、坂東希さんともに、微妙に顔が地味です(大変失礼な書き方かもしれませんが)。でも、かえってそれが「リアルな高校生活」に作品自体を寄せる効果があるのも事実だと思うのです。男性陣では同姓目線でいうと中川大志さんが気になりました。決してホモではありませんが、単純にルックスで惹かれました。彼の雰囲気がそうさせるのか見ていてつい魅了されてしまいました。特に川辺であんまんをまりちゃんと頬張るシーンは「ああ、こんな青春送りたかった」と胸を掻きむしりたくなる衝動にかられました。少女コミックが原作ではありますが、オジサンでも楽しめた作品です。

40代女性
40代女性

可愛い映画ですよね。高校生の純愛って感じで。男の子目線の学生恋愛がテーマだから、なんとなく女の子目線のものよりむず痒く、そして純粋な感じがしました。外見から好きになってしまうのは、まあ男女兼用かと思いますが、それを純粋に思っているのがいいなって思いました。なんとなく奥手な感じもいいし。仲良し4人組の恋愛事情も、なんとなく可愛らしくって。電車で通ってくる好きな女の子に、自転車で時間を合わせて会えるように頑張っている姿とか、勇気を出して夏休みに誘ったりとか、すごく学生っぽくっていい!青春って素晴らしいって思っちゃいました。おばさんなもので。でも、ジェネレーションズの佐野玲於くんが主演ってなると、どんな映画なのかなって見て見たくなっちゃって。どんくさい感じの役柄が、びっくりするくらい上手で、見応えありました。才能ある人なのですね。見直したというか。それにヒロイン役の子の可愛さには圧倒。純粋で正統派なイメージの可愛らしさが、これは放っとけないな!って思っちゃいました。そんな二人の文化祭でのキスシーン!顔がニヤついてしまいましたね!なれてない感じがすごくいい!学生って感じで、良かったです。こういう学生の恋愛ものって男の子目線のものは面白いなって思います。

20代女性
20代女性

『虹色デイズ』は、男の子目線の恋模様を描いているので、少女漫画の中では新鮮な作品です。映画『虹色デイズ』の一番のオススメポイントは、豪華若手俳優が出演してることです。EXILE TRIBEのGENERATIONSメンバーの佐野玲於くん、2019年の春の連続ドラマ『あなたの番です』で、一躍有名になった横浜流星くんなど、今をトキめく俳優さんが勢揃いしております。登場人物のキャスト設定の時点で充分に見応えがあります。『虹色デイズ』のストーリーは、高校生の男子生徒4名の恋模様が描かれておりますが、一言で表すならば『青春』です。男の子も女の子も恋をすると臆病になるもので、好きという気持ちを今すぐにでも伝えたいけれど、恥ずかしくて言葉にすることが出来ない。そんな、もどかしさに葛藤する。これらの感情は女の子特有のものだと思っておりましたが、『虹色デイズ』の映画を見て、男の子も同じような感情を抱くのだと分かると心がホッコリと温かい気持ちになります。学園物のラブストーリーなので、学生さんは必ず胸が高鳴ること間違いありません。大人の女性は、何となく学生時代の頃のことを思い出しながら、当時の恋愛の余韻に浸ることができることでしょう。

 

まとめ

『虹色デイズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

佐藤玲於のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 虹色デイズ

中川大志のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 監獄学園プリズンスクール

高杉真宙のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】

  • 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました