虹をつかむ男(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

虹をつかむ男(映画)の動画フルを安全に見る方法

『虹をつかむ男』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『虹をつかむ男』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虹をつかむ男(映画)の内容

映画『虹をつかむ男』は、1996年12月に公開されました。

監督は、海外のファンも多く、日本映画界の第一人者として知られる山田洋次さんが務めました。

『男はつらいよ』シリーズ最新作の制作を予定しておりましたが、主演の渥美清さんが亡くなったことにより、追悼作品として本作の制作が決定いたしました。

映画「虹をつかむ男」は、就職試験に失敗した青年が訪れた徳島県の古ぼけた映画館。その映画館を舞台に小さな町で暮らす人々の交流が描かれており、青年を吉岡秀隆さんが、映画館の館主を西田敏行さんが演じました。他にも、田中裕子さん、田中邦衛さんをはじめ、倍賞千恵子さんと前田吟さんなど寅さんシリーズに不可欠なキャストも出演しております。

また、本作の舞台となった映画館・オデオン座は、1995年に閉館し取り壊しが予定されておりましたが、一躍注目を集め、町指定文化財として修復され、現在でも一般公開されるなど話題を集めました。

遅咲きの寅さんファンとして全作を鑑賞し、いいようのない消失感に浸っておりました。色々調べていると、寅さんファミリーが集結しているということで鑑賞しました。
最後で映画館に流れるあのタイトル、セリフ、曲。全てはこの瞬間の為に仕組まれて制作されていたとわかると、鳥肌はもちろんのこと、近所迷惑なくらい嗚咽しました。寅さんにまた会えました。ありがとう。

山田洋次監督の世界感をそのまま出した映画だと思います。また、俳優陣も気合いが入っていて、渥美清さんと言う日本映画界の大スターを失ったけれど、みんなで、盛り立てて行く。と言う監督と役者陣の決意のような日本映画に感じました。

古今東西の名画について語り合うシーンだったり、上映シーンが有って映画好きには一見の価値が有り、名画のカタログみたいな映画になっているかと思います。

何も言うことありません。映画の魅力を、山田洋次監督が出演者に語らせています。出演者もそれに応えようと個性的ながらに素晴らしい表現力でした。見終わったあとに心地よさが残ります。

追悼・渥美清作品となっており、寅さんファンの鑑賞者は涙が止まらなかったとのコメントが多々ありました。
また、監督・制作陣・キャストの全員が、渥美清さんが大好きなんだなとわかる名作となっております。

あらすじ

東京の葛飾柴又で両親と妹と暮らす平山亮(吉岡秀隆)は、就職試験に失敗して、家を飛び出し、アルバイトをしながら全国を旅しており、四国方面へと向かい、徳島県の光町という小さな町に辿り着きました。

この町で「オデオン座」という古ぼけた映画館を経営する白銀活男(西田敏行)こと通称:活っちゃんは、亮が仕事を探していると知ると、すぐに彼を雇うことに。亮は活っちゃんのペースに巻き込まれて仕事を手伝い始めることとなります。

ある日、活っちゃんは喫茶店「カサブランカ」に亮を連れていきます。マスターで未亡人の八重子(田中裕子)は、活っちゃんと幼馴染で、兄さんを呼んでいる仲です。しかし、活っちゃんは密かに八重子に好意を抱いておりました。

活っちゃんは巡回映画にも出かけ、小学生ひとりのために過疎分校を訪ねたり、上映時間について役場課長と言い合ったりしながら、名画を上映していきます。初めは労働条件に不平を言っていた亮も、次第に活っちゃんの情熱に影響されていきます。

そんな中、八重子の父親が亡くなったことを機に、以前から大阪の男性にプロポーズを受けていた八重子は、再婚することを決意するのでした。また、オデオン座は銀行からの借金が膨らみ経営難になっており、閉館せざるを得ない状況に陥っていたのでした…。

見どころ

制作秘話

第49作目『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』が1996年12月末から公開、秋からの撮影を控えていましたが、同年の8月に主人公・車寅次郎役の渥美清が死去したことにより制作中止が決定し、『男はつらいよ』シリーズも終了することとなりました。

本作は渥美清さんを追悼して制作され『寅次郎花へんろ』への出演が予定されていたキャストがほぼそのまま移行する形となっております。また、既に亡くなってしまっていた笠智衆さんと太宰久雄さんを除いて、寅さんファミリーが出演しております。

追悼・渥美清

物語のクライマックスにおいて、渥美清さんがCG合成ではありながらも登場しております。寅さんが旅を続ける姿にファンは涙なしでは見られないでしょう。

また、エンディングでは、出演者が亡き渥美清さんへの重いを語っており、エンディングでは渥美清さんが歌う「男はつらいよ」の主題歌が途中まで流されております。

『虹をつかむ男』は、公開が叶わなかった『男はつらいよ』シリーズ第49作に代わるものと位置付けしていいと思っております。

スタッフ

監督:山田 洋次
脚本:山田 洋次 / 朝間義隆
音楽:山本 直純 / 山本 純ノ介

キャスト

白銀活男:西田敏行
通称:活っちゃん。古ぼけた映画館・オデオン座の館主。

平山亮:吉岡秀隆
就職試験に失敗し、アルバイトをしながら旅をする青年。

十成八重子:田中裕子
活っちゃんが思いを寄せる喫茶店カサブランカのマスター。

常さん:田中邦衛
非常に腕がいいベテランオデオン座の映画技師。

平山春子:倍賞千恵子
平山章:前田吟
平山咲枝:佐藤仁美
亮の家族。

十成修次郎:笹野高史
十成かおり:宮下順子
八重子の父:高原駿雄
八重子の家族。

和尚:すまけい

赤羽(郵便局員):柳沢慎吾

鏡子(薬屋):松金よね子

茂(弁当屋):神戸浩

吉井巡査:鶴田忍

安徳先生:永瀬正敏

斉藤課長:柄本明

村長:下條正巳

親族代表:三崎千恵子

お遍路のおばさん:山田スミ子

オデオン座に雇われる男:上島竜兵

その他:佐藤蛾次郎、マキノ佐代子、北山雅康、笠井一彦

 

『虹をつかむ男』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

虹をつかむ男(映画)の感想

20代男性
20代男性

この作品を見るうえでまず特筆すべき部分は男はつらいよ、そしてその主役を演じた渥美清に対しての追悼の意が強く感感じられる作品という所です。そのため配役やシーンの随所に男はつらいよを彷彿とさせる部分がたくさんあるのも特徴的です。それでも男はつらいよとはまた違う風合いに仕上がっているのが山田洋次監督の素晴らしさなのかもしれません。主役の西田敏行は徳島県の光町という町で、町の人たちに面白い映画を観せたいと願う映画館の館主を演じています。決して都会とは言えない所で島の人たちに対して映画の素晴らしさを必死に語る姿には胸を打たれるものがあります。恐らく、この映画の素晴らしさを語るシーンでの台詞は監督の気持ちを代弁しているのではないかと思います。しかしその台詞も決して押しつけがましくなく見ることが出来ます。作品の中で人々が映画館で東京物語やニューシネマパラダイス等往年の名作を見るシーンもまたいいです。合間にそのシーンが挟まれ物語が進んでいき、作品のラストその映画館で流れる作品が「男はつらいよ」。監督や作品に携わった人々全てが男はつらいよという作品を愛していたんだろうなというのが伝わってきます。映画というのは見る人に夢と希望を与えてくれるというのを作品を通して教えてくれる作品です。男はつらいよが好きな方はもちろん映画というものが好きな方たちにもおすすめの作品です。

 

まとめ

『虹をつかむ男』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました