日本で一番悪い奴ら(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

日本で一番悪い奴ら(映画)の動画フルを安全に見る方法

『日本で一番悪い奴ら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『日本で一番悪い奴ら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

日本で一番悪い奴ら(映画)の内容

映画『日本で一番悪い奴ら』は、2016年6月25日に公開されました。この映画の原作は2011年に発行されたノンフィクション『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』で映像化されました。

原作である『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』の著者は、元北海道警察の生活安全特別捜査隊班長の稲葉圭昭さんで、2002年7月には覚醒剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕され、裁判にて有罪判決を受けています。いわゆる「稲葉事件」と称された事件です。

『日本で一番悪い奴ら』はこの「稲葉事件」を基に、現役警察官による拳銃売買や覚せい剤取引、そして背景にある実際にあったとされる警察の組織的な裏金作りや不祥事、それに翻弄され転落していく刑事を描いた作品です。

綾野剛さんの役柄は先輩や上司の望むままに職務に忠実だったのでしょう。さらに映画冒頭からラストまでどんどん顔付きが変わっていくのが凄かったです。ピカレスク作品を撮らせたら白石和彌監督はピカ一。

綾野剛さんが凄過ぎて驚きました。今この役を演じることができる若手俳優は他にいないと思います。
映画冒頭の正義感の強いやる気に満ち溢れている若者からシャブ中毒のオッサンまで見事な演じ分けが素晴らしいです。そして有名となるシャブ打ちのシーン。
ストーリーもすごく面白く、終始画面に釘付けでした。

北海道警の「拳銃押収のやらせ捜査」を基にした映画です。
綾野剛さん演じる主人公が「何だコノヤロ!」を連呼する演技は、
まるで北野武映画を観てるような感じでした。
主人公が調子に乗ってのし上がっていく様は面白いです。

原作を読みましたが、原作より映画のほうがよかったです。
悪人を描写させたら白石監督に勝てる人は少ないと思う。

悪漢(ピカレスク)映画として良作であるとの評価のほか、「日本で一番悪い奴ら」という題名と内容に違和感があるという声もありました。

あらすじ

話は1975年のから始まります。柔道学生日本一を獲得した諸星要一は、その柔道の腕を見込まれて北海道警察へ就職することになります。ほどなく警察学校での教育も終えて、北海道警察本部へ配属が決まりました。

新米刑事として機動捜査隊に配属されますが、先輩刑事の現場のスピード感あふれる捜査になかなかついて行くことができないでいました。

手柄重視の部署の中で先輩刑事の捜査の足を引っ張る失態を犯したり、捜査調書も満足に書けない諸星は、そのうちにお茶入れなどの雑用しか仕事が無くなってしまいます。

ある日のことでした、諸星は同じ部署の先輩である村井刑事から、「メシ食いに行こう」と誘われたのでした。村井は覚醒剤所持犯人を現行犯逮捕するなど、部署一番の俊敏刑事でした。村井に憧れと興味を持っていた諸星はついて行くことにします。

食事の後、諸星が連れて行かれたのは、村井が行きつけのキャバレーでした。美人ホステスたちに囲まれる酒を飲む村井を見て、諸星はそのモテモテぶりと金回りの良さにただ驚くばかりでした。

そんな諸星に村井は「署内で出世したいと思うならホシの数をあげろ」と忠告します。そしてホシの数をあげるにはどうすればいいか、つまり村井は暴力団の世界に飛び込んでヤクザと仲良くなることを勧めるのです。

村井は、部署内で検挙数に比例して出される賞金と、その金額の詳細も添えて教えてくれました。それ以来諸星はヤクザと親密になることを心掛けるようになります。

しばらくして、あるチンピラから兄貴分が覚醒剤を持っているという情報を得た諸星は、単独行動で逮捕状も無しにその家に踏み込み、犯人と格闘の末に取り押さえたあと、冷蔵庫の中から覚醒剤と拳銃を発見することに成功し大手柄を挙げます。

署からの表彰状を手に嬉しそうに村井刑事に報告する諸星に対して、村井は諸星にキャバレーのホステスである由貴を紹介するのでした。

それ以来諸星と由貴は親密になります。暫くした頃、法ギリギリの捜査で子分を逮捕されたヤクザの親分から呼び出されることになります。

諸星が恐々ヤクザの事務所へ行ってみると、ヤクザの兄貴分である黒岩が待ちかねて恫喝されますが、諸星も負けずに言い返します。

怒鳴り合ううちになぜか気の合った二人は、義兄弟の契りをかわすようになり、諸星は黒岩からヤクザの裏情報を得るようになりました。

そんなとき、恩人である村井刑事が女子中学生に淫行を働いたとして逮捕される事件が起こります。驚く諸星は、この事件の背後に黒岩のリークがあったのではと疑いますが、どうすることも出来ませんでした。

村井が警察を去ると諸星は自然と後を継ぐ形で繁華街の顔となり、ヤクザから得た情報を元にホシを挙げ手柄を立てていくようになっていきます。

スパイである黒岩は諸星に新たに山辺太郎というスパイ候補を紹介されます。諸星は小樽で中古車店を経営する太郎の友人であるアクラム・ラシードと共謀し、ロシアから密輸されるという拳銃の検挙数をあげる計画を立てます。

世間では銃の発砲事件などが各地で頻繁に起こり、拳銃の検挙率が注目されるようになっていたのです。

見どころ

映画『日本で一番悪い奴ら』の見どころは、何と言っても主演である綾野剛さんが演じる諸星要一の善から悪への変貌ぶりでしょう。

正義感をもって警察に入った主人公が、その正義感ゆえに悪の道に陥り正義を貫くがゆえに後に逮捕されるような悪事を重ねてしまう悪を退治するために悪に飲み込まれてしまったを刑事という役柄を綾野剛さんが熱演されます。

スタッフ

監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗

キャスト

諸星要一:綾野剛
北海道警刑事。機動捜査隊からマル暴そして銃器対策課を歴任している。暴力団員(ヤクザ)と付き合い情報提供を依頼し検挙していくことで「道警のエース」と呼ばれる敏腕刑事と評価されていた。

山辺太郎:YOUNG DAIS
本業はDJ。もう1つの顔は諸星のスパイ。ロシア語を活かし麻薬の運び屋として黒岩に使われていた。

アクラム・ラシード:植野行雄(デニス)
パキスタン人。小樽市で中古車販売業を生業にする。しかし実態は盗難車のバイヤー。

田里由貴:矢吹春奈
札幌すすきのの高級ホステス。村井に紹介され若手刑事の時から諸星と親しい関係となる。

廣田敏子:瀧内公美
北海道警の婦警。諸星を将来の道警エースと見込んで好意を持っていたが、悪に落ちていく様を見て興味を無くしていく。

猿渡隆司:田中隆三
北海道警銃器対策課長。諸星の功績を利用して着実に出世を重ねる。北海道警裏金事件に関与していたと思われる言動を見せる。

岸谷利雄:みのすけ
北海道警銃器対策課刑事。諸星の上司。諸星の悪どい操作手法を黙認する。

小坂亮太:中村倫也
北海道警銃器対策課の新人刑事。

村井定夫:ピエール瀧
北海道警刑事。道警きっての敏腕刑事として知られていた。裏社会にスパイを作ることを諸星に教える。暴力団員に女性を要求する癖があり、黒岩の密告により中学生への淫行で逮捕される。

黒岩勝典:中村獅童
札幌の暴力団・旭真会の幹部。本州から進出してくる暴力団への対抗心から、暴力団を抜けて諸星の最有力のスパイとなる。

 

『日本で一番悪い奴ら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

日本で一番悪い奴ら(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

実話が基になっているので、話の内容も分かりやすく展開の良い映画になっています。また、綾野剛さんの演技が上手で見ていても飽きない映画でした。裏社会とのつながりを描いている場面はものすごく親近感が湧く内容でした。裏社会とのつながりをもって、情報を得ています。その緊迫した様子も描かれています。忠実に再現されていますので、見ごたえがあります。また、警察の闇を感じることができました。よく、警察はノルマあるがと聞きますが本当にあるんだなと気づくことができました。実話をもとに製作されていますので見ていても勉強になります。正義感の強い警察は、悪に染めることはないと思っていましたが、この映画でも描かれているように一部の人は悪に染めていると思ってしまいました。警察の裏事情が鮮明に描かれていますので、見ごたえがありました。少しハラハラドキドキする内容となっていますのでスリルを味わうことができました。まじめな姿からチンピラに変わりゆく姿は、とても残念でした。体を張った演技が多く素晴らしいアクション映画とのなっています。こんな世界が実際にはあるんだなと思いながら見ることができました。裏社会と同様に裏の顔は怖いなと思いました。

30代男性
30代男性

綾野剛主演作で、タイトルだけを見ると分かりづらいのですが、北海道警察の不祥事を映画化した作品です。この映画の北海道警察が起こした大きな不祥事を私は恥ずかしながら映画を見るまでは知りませんでした。綾野剛演じる諸星要一はとても真面目で正義感ある男性で警察官として向いてる人物だと思いました。その真面目な諸星が、刑事は点数を稼ぐことで昇進ができ、お金や名誉などあらゆるものが手にできると、先輩に教えられます。体育会系だった私としても、先輩から教えてもらったことは忠実に仕事をこなすと思います。この映画を見ていて、怖いな思わされたシーンが、先輩の教え通りに仕事を進めていると地位や名誉もどんどんついてきて、お金や女も思いのままになっていく姿をみて、裏側が見ているだけに本当に怖いことだと思いました。刑事が暴力団と交流を持つことは決して許されることではないはずが、自分の成功とともに感覚がマヒしていき、さらには、武器や薬物の密輸まで自作自演で行ってしまうあたりは、何が正義で何が悪なのか判断がつかなくなってしまっている諸星をみて本当に怖くなりました。本来は日本で一番正義に近い立場にある警察が地位や名誉に目がくらみ、さらに女性も自由にできる立場なったことで、日本で一番悪い立場になってしまっていく姿が見所の映画と思いました。これがノンフィクションであることが非常に驚いた作品の一つとして、今でも強く印象に残る映画でした。

50代男性
50代男性

まず、主演の綾野剛さんは素晴らしいです。脇を固める俳優さんたちも素晴らしかったと思います。実話に基づいておりまして、北海道警察で実際に起きたことらしいのですが、引き込まれてしまいました。あっという間に見終わってしまいます。仲間の裏切りがあり、信頼していたその他の仲間が徐々に離れていく描写は恐ろしくなるぐらい素晴らしいです。物語的には考えてしまうととても怖い話だと思います。本物の警察官が初めは夢と希望を持って警察官となるのですが、ヤクザとの癒着によって、摘発もするが悪いことも見逃していることもよくわかりました、初めは、自分自身は犯罪には関わらずにいるのですが、徐々に薬や拳銃などの取引を行ってしまうという、よくある話なんですが、見たあとに、とても怖い気持ちになります。決して後味のいい映画かと、聞かれるといいとは言えません、見たあとに晴れ晴れする気持ちには、絶対になりませんのでこれだけは確実にお伝えしときます。後味は、ある意味最高に悪いです。とくに、綾野剛さんに関係している、警察幹部の方が自殺してしまうのですが、見るのが辛くなります。そのぐらいこの映画は、最高傑作だと私は思っております。是非皆さんもご覧になってなければ見てください。

40代男性
40代男性

柔道しか取り柄が無かった18歳の少年が、北海道警察に採用され少しずつ成長していく中で様々な警察内部の裏の部分にどっぷりと染まって行った。学んだ先輩刑事の悪いところをマネしてしまったところが間違いで、駆け出し当初のように正攻法で行けばよかったと思う。上司達も、ノルマのために無理をさせていた事も悪いと思う。警察組織同士の縄張り争いも醜いです。主人公の連れ合いが薬物に手を出してしまったところから、本人の理性も完全に無くなってしまったのだろうか。ひとたびその世界に足を踏み入れた瞬間から、仲間からも見放され、職場でもつまはじきにされ、どんどんと地に堕ちて行ってしまった。薬物の恐ろしさが良く身に沁みました。警察の上層部も、はじめの頃は、ちやほやして上手く利用していたのですが、段々と手に負えない状態にまで大事になってしまい、結局は自分の保身のために切り捨て使い捨ての扱いをするようになったのでしょう。主人公はここまでのひどい仕打ちをされたにも関わらず、柔道しか取り柄が無かった自分を北海道警察が拾って採用してくれ、育ててくれたという事にものすごく感謝をしているようで、とても純粋な人柄だったという事が良く表現されています。

20代女性
20代女性

この作品は実際にあった警察の組織内の汚職事件をもとに作られています。柔道の腕を見込まれて警察官になった主人公が、捜査のために裏社会の住人たちとつるみ、そして悪の道に堕ちていく、警察官の汚職の全貌を描いた社会派の物語です。この映画の一番の見どころは、なんといっても綾野剛さん演じる主人公の刑事の変貌ぶりでしょう。主人公は拳銃を取り締まる部署に所属しているため、裏社会で潜入捜査をすることになります。その世界で生きていくうちにまじめ一徹だった主人公は、裏社会の人間の狡猾さ、暴力性を刷り込まれ、まるで性格が変わってしまうのです。最初は女性を一度も抱いたことがないようなうぶな青年でしたが、それが暴力団員まがいの凶暴な汚職刑事に、そして最後は薬物におぼれた廃人のような姿になるのですが、一つの作品の中でこれらだけの姿を演じ分けることができる綾野剛という名優のすごみを感じられるでしょう。また、実際にあった事件をもとにしているため、驚くような悪行の中にもところどころに現実味が感じられ、警察の「リアル」を楽しむにはぴったりの作品かと思います。警察を美化せず、ここまで露骨な悪として描いた作品はとても稀有ですので、おススメです。

30代男性
30代男性

事実を元にした映画、と聴くと、重苦しく、ましてや北海道警察の不祥事が作品内容、と聴くと、もっと重苦しく感じ、観るのを躊躇ってしまう、、のだが、この作品はコメディタッチを基本として、綾野剛が演じる刑事の成り上がりストーリー、ぐらいの感覚で観ていられる。脇を固める登場人物にも、ポップな配役で重苦しさは皆無、、ではないのだが、、刑事とて人間。刑事とて時に悪。豪快な主人公の活劇が、刑事ということを時に感じさせない荒々しくも生々しい描写で描かれていく。北海道民の為に、平和の為に、、狂った権力と狂った正義感が主人公をどんどん押し上げていく、そして、どんどん追い詰められていく。主人公が兄弟と呼ぶ相棒に中村獅童、この中村獅童がキーマンとなって物語の最終局面に発展するのだが、、果たして、題名の悪い奴ら、とは、法を犯した悪人なのか、狂った権力を振りかざす正義なのか!?主人公が辿り着いた結末は!?正しい刑事が正しい警察によって管理されている、という事を考えさせられる映画だと思う。そして、管理する警察という組織、も人の集合体であり、様々な正義と悪が渦巻いているのだ。と、堅苦しい内容は置いておいても、アクション映画やコメディ映画が好きな方も楽しめる作品だと思う。綾野剛の体当たり演技も必見です!!

50代女性
50代女性

綾野剛さんが、最初の頃とラストではどんどん顔つきが変化していって、すごいと思いました。彼の演技力の幅の広さは、ほんとにすごいものがあると感じました。真面目さゆえの情熱が、諸星を盲目にさせてしまったのではないかと思いました。諸星はすごく人間味があって、ダメダメな人間なんだけどなぜか憎めない人だと思いました。正義感が強すぎるためにどんどん悪事に手を染めていってしまう様子が、とても軽やかにコメディタッチに描かれていると思いました。どんどん状況が悪くなっていってしまって、自業自得なんですがどうしてこんなことになってしまったのか、見ていてすごく切なくなりました。サラリーマンでも、グレーゾーンでやっている場合に、これでほんとにいいのだろうかと悩む時はあると思いました。太郎役のYOUNG DAISさんが、気のいい子悪党の舎弟を熱演していて、素晴らしかったと思いました。諸星を止めようとしても止めることが出来ずに失望して、でも最後まで諸星のために行動する姿に涙が出ました。すごくいい味を出していたと思いました。中村獅童さんが、とてもいい味を出していて存在感があったと思いました。瀧内公美さんが、あまり出番が多いわけではないですが、とてもきれいで独特の雰囲気があって、とても良かったと思いました。

50代男性
50代男性

基本的、こういう警察とヤクザが怒鳴りあうような作品が好きですが、役者さんの力量によっては興ざめしてしまい集中して見ることが出来なくなります。この作品に関してはその心配はありません。主演の綾野剛さんの熱演が、見ている側をグイグイと画面の中に引っ張って行ってくれます。最初は真面目な柔道青年だったのですが、その柔道の実力を認められて言わば「特待生」的に北海道警察に入ったことで、だんだんと変わっていく様子はすさまじいの一言です。調書書きばかりのデスクワーク中心だったのが、先輩の悪い刑事であるピエール瀧さん演じる村井定夫に誘われたことから彼は「悪徳刑事」の道に進んでいきます。ピエールと行ったキャバクラで「青年」などと呼ばれてからかわれていた綾野剛ですが、ヤクザの中にスパイを作って情報を引き出して、自分だけどんどん事件を解決していくという「アンタッチャブルな錬金術」を教わってから人が変わっていきます。ワイシャツ姿だったのが、どんどん見た目がヤクザに寄っていく様はまるでコントのようでもありましたが、迫力の演技で実に魅せます。最終的には「木乃伊取りが木乃伊になる」というお話です。最後の綾野剛の狂気の表情は忘れ難いです。

30代男性
30代男性

まず、最初にお詫びしておかなければならない。ゴメンナサイ。綾野剛さん、勝手に舐めてました!数年前、BSでやってた『BEATLES』のドキュメンタリーでホストを務めていた綾野さんの、斜に構えたどうにもいけ好かない態度が引っ掛かって、世間的に評価されていても「どこがええねんあんなキザなヤツ!」と内心毒づいておりました。しかし、本作で僕の中の綾野剛観はガラリと変わりました。素晴らしかったです。元々『凶悪』を手掛けた白石和彌監督の新作ということで観る気になったのですが、いざ観てみると何よりも綾野さんの圧倒的な演技力に打ちのめされました。警察という組織の中で点数稼ぎに取り憑かれ、欲にまみれて堕ちるところまで堕ちていく一人の刑事の姿を、崇高な志を持った好青年の時代から、塀の中の入る悪漢と成り果てた壮年期に至るまでを見事に演じ分けていました。徹底した役作りの姿勢は他ではちょっと真似できないレベルでしょう。映画としても、さすがは白石監督という辣腕ぶりで、非道なゲス野郎共の魑魅魍魎の世界を描きながらも、パワフルでエネルギッシュ、時にウェットに富んだユーモアが散りばめられ非常に入り込み易かったです。好助演としては、ラッパーが本業のYONG DAISが主人公の右腕になる小悪党を軽妙に演じており印象に残っています。しかし、これが実話とはねえ……そこが何よりも驚きです(唖然)。

50代女性
50代女性

警察史上最悪に事件と言われ北海道警の事件をモデルにしたフィクションと聞いて驚きましたが、そういわれてみればそんな事件もあったかなと思い出しました。綾野剛さんが演じる諸星モデルとなった方の暴露本をもとにしているということなので、その時大きなニュースになったのを覚えているのだろうと思います。諸星は、大学で柔道選手として活躍し、期待を膨らませて北海道警に就職しました。最初は、市民を守る、正義を守るという気持ちでいっぱいだったのでしょうね。この諸星のところが、警察官としての仕事はなかなかうまくいかないでいたところに、先輩から、裏の社会にスパイを持つことを教えられ、反社会勢力の中に入り込んで、手柄を立てるようになっていきます。もう、信じられない、口をぽかんと開けながら観ていました。こんなことがあるなんて思えません。どこまでが実話なんだろうと思いました。手柄のために犯罪に手を染める警察官なんて、それまでの常識が通じない世界です。確かに、刑事ドラマにも、どちらが反社会勢力の人で、どちらが警察の人か、わからないような人も出てきますが。あれは負けないように、そんなフリをしているだけなのでしょうが。俳優さんたちも、怖そうな俳優さんがみんな出ているかのようでした。最後は、ちょっと悲しいような、腑に落ちない思いで終わっています。

 

まとめ

『日本で一番悪い奴ら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

YOUNGDAISのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 恋の三陸 列車コンで行こう!

矢吹春奈のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 日本で一番悪い奴ら
  • 呪怨 -ザ・ファイナル-
  • 極鬼2
  • 組長強奪計画
  • 宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION

【ドラマ】

【イメージ】

  • 矢吹春奈『ぬくもり』
  • 矢吹春奈『Lady Iris』
  • 矢吹春奈 『supreme bliss』
  • 矢吹春奈『a close relationship』

中村倫也のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

中村獅童のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • リアルホラー
  • 精霊の守り人 最終章

【アニメ】

  • DEATH NOTE -デスノート-
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました