寝ても覚めても(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『寝ても覚めても』90秒予告

寝ても覚めても(映画)の動画フルを安全に見る方法

『寝ても覚めても』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『寝ても覚めても』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

寝ても覚めても(映画)の内容

『寝ても覚めても』は、日本・フランス合作により映画化され2018年9月に公開されました。本作は、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品後、世界20か国での配給もされました。

原作は、柴崎友香さんによる第32回野間文芸新人賞を受賞した同名恋愛小説です。

監督は、神戸を舞台に自主制作映画『ハッピーアワー』で世界中の注目を集めた濱口竜介さんによる商業映画デビュー作です。

主演を務めるのは東出昌大さんで、顔はそっくりだが全く性格の違う二人の男を熱演。自身初の一人二役に挑戦しております。また、ヒロインの朝子役を勝ち取った若手注目株の唐田えりかさんにも注目です。

久しぶりにいい映画で2度見ましたが、2度とも泣きました。誰にも過ちがあるが、その過ちを超えて一層強い愛が芽生える素敵な映画でした。

映画やドラマにおいて「絶対こんなこと言わない」っていう場面はいっぱいありますが、濱口監督作品は嘘っぽさが全くないです。
本作の登場人物も、その場に自分がいたらそういう言葉を喋るだろうなと思えました。

この監督の作品は初見ですが、冒頭から演出の巧みさに惹き込まれました。主役二人以外の役者も良くて、特に山下リオさんが見事でした。

東出さんと唐田さんの不倫騒動から、興味本位で見てみましたが面白かったでした。作品自体がとても良かったですし、配役もこの作品にあってました。

あらすじ

東京。亮平(東出昌大)は勤務先の会議室へとコーヒーを届けに来たカフェ定員の朝子(唐田えりか)と出会います。亮平はぎこちない態度をとる朝子に次第と惹かれていきます。

しかし、朝子には亮平に告げられない秘密がありました。2年前に朝子が住んでいた時、運命的な恋に落ちた恋人・麦(東出昌大)と顔がそっくりだったのです。そんな麦は、別れも告げずに行方がわからなくなり、二人の関係は自然消滅したのでした。

5年後。亮平と朝子は一緒に暮らしており、平穏だけど満たされた日々を過ごしてました。そんなある日、知人から麦が、現在はモデルとなって注目されていることを知ります。

一緒にいるといつも不安だが、好きで仕方ない麦との時間。ささやかだが、いつも温かく包み込んでくれ、安心を与えてくれる亮平との時間。

朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだったのですが…。

見どころ

名シーン

本作において、一番いいシーンは冒頭での朝子と麦の出会いです。

写真展を鑑賞した帰り道、爆竹の大きな音に導かれて二人の男女の目が合います。そこで麦は突然キスをし、朝子もそれに応じます。

映画でしか出来ない劇的な出会いが素晴らしいですね。スローでの演出によって、ゆっくり立ち込める煙だけでなく、走り去る少年たちがさらに劇的さを協調していたと思います。

一目惚れに近い一瞬で好きになるパターン。衝撃を受ける感じを視覚的に表現してくれています。

世界観

独特なテンポと心地よい音楽、なによりヒロインの朝子の二人を忘れられない恋多き女性なのにロマンチックな映画を見ているかのような気分になれます。

独特のテンポでゆったりとした雰囲気は、まるで運命の恋人を見せられているような気分になります。また、ゆったりとした雰囲気なのに、決して退屈ではないところも凄いです。

演出や魅せ方ひとつで、ここまでロマンチックに出来る濱口監督の次回作にも期待です。

スタッフ

原作:柴崎 友香
監督:濱口 竜介
脚本:田中 幸子 / 濱口 竜介
音楽:tofubeats
主題歌:tofubeats「RIVER」

キャスト

丸子亮平:東出昌大
東京でサラリーマンをしている男性。朝子に運命的なものを感じている。

鳥居麦:東出昌大
音信不通になってしまった朝子の前の恋人。

泉谷朝子:唐田えりか
東京のカフェで働いている大阪出身の女性。

串橋耕介:瀬戸康史
亮平と同僚の男性。

鈴木マヤ:山下リオ
朝子のルームメイト。

島春代:伊藤沙莉
朝子の親友。

平川:仲本工事
被災地で漁を続ける初老の男性。

岡崎伸行:渡辺大知(黒猫チェルシー)
朝子と麦の共通の知人。

岡崎栄子:田中美佐子
伸行の母親。

『寝ても覚めても』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

寝ても覚めても(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

主役の泉谷朝子を演じた唐田えりかさんの透明感にすっと惹き込まれてしまいます。朝子の揺れ動く気持ちにわかるわかると共感しつつ、ラストはそっちに行っちゃダメーと思わず声をかけたくなってしまいました。朝子が一目惚れをする東出昌大さん演じる麦は何を考えているのかさっぱりわかりませんが、そこが彼の魅力でもあり興味を惹かれてしまうのだと思います。何を考えているのかわからない人に優しくされると彼のことをもっと知りたい、自分だけが知りたいと夢中になってしまうと思います。ましてや急に消えていなくなってしまったらそれはもう忘れられなくなるだろうと朝子の気持ちはよくわかります。そんな彼の面影をずっと追っているからこそ出会った亮平は麦とは全く異なる魅力を持ったとても素敵な人なのに、麦が心の中にいるからこそ自分の気持ちに自信を持てなかったのかと思います。麦がもっときちんと朝子と別れてくれていたら朝子の気持ちももっと変わっていたと思います。揺れ動く気持ちを繊細な演技で観せてくれた唐田えりかさんの素朴な雰囲気がとても魅力的でした。麦と亮平の2人を演じた東出昌大さんは滲み出る温かさが魅力的でその胸に飛び込みたくなってしまうなと思いました。

 

30代女性
30代女性

こちらは原作が出版された時に読んで好きな作品だったので、映画化を楽しみにしていました。顔がそっくりな二人の男性との恋模様を描いた作品です。原作とは違う良さかなと思いました。唐田えりかの朝子、良かったと思います。おとなしそうで、いかにも天真爛漫という感じてはないのに、正しいばかりの恋愛はできない。正しくないこと、人を傷つけると分かっていてもしてしまう行動。しかし亮平はかわいそうでした。麦のような訳のわからないような、地に足のついてないような、掴み所ないような男性に憧れてしまう時ってあるよなと思いました。東出昌大は麦役より亮平役が合っている感じがしました。麦の自由で、いつまでも忘れられないような人を演じるのはなかなか難しいと思いました。エリカを見ていると、実際こんなことをしたらかなり叩かれるのだけど、恋をしている時って恋心に振り回されて自分を見失う時ってありませんか。許してあげて…という感じがしました。最後の方、とある人にピシャリと言われる場面が良かったです。トーフビーツの音楽が寝ても覚めてもの世界に合っていて、この曲が良さを引き出している!と思いました。その後2人はうまくやれるのだろうか、いややれないだろうと実在しない2人のその後を考えてしまいました。

 

50代男性
50代男性

自分の大好きだった人とそっくりな人が遠い場所で会ったらと思うとゾッとしました。自分にそっくりな人が世界に3人いると聞いた事がありますが、私は絶対に会いたくない派です。後半でそっくりな人二人が会うシーンは悪夢に感じました。顔だけ同じで行動や考え方が違うなんて、とても奇妙で不思議な世界にまぎれこんだような気がします。こんな体験はしたくないと思いました。そんなそっくりな人を避けたい気持ちがわかります。ですから、距離をとって生活していく、または、全く関わりを持たずに生きていきたいです。しかし、相手がどんどん近づいてくるのは、どんな気分なのだろうかと思いました。気になる顔をしているので、じーっと見つめてしまいますが、あんなキレイな人に、見つめられたら、そりょ意識するし好きになると思いました。お互いルックスが好きでしょうから、これは関わらずにはいられない奇妙な展開になってしまい、この後どうなるんだろうかと、食い入るように映画を見ていました。しかし、女性はよく付き合えるなと思いました。女性は神経が図太いのかと途中思いましたが、最後は愛の影響の大きさはすごいと思わされ、映画を見終わっても、いろいろと考えさせられました。

 

30代男性
30代男性

普段あまり映画館で映画を観ない私がこの「寝ても覚めても」を見ようと思ったきっかけはある雑誌の映画紹介で記事が載っていて、映画のワンシーンの写真の中の唐田えりかさん演じる朝子の横顔がとても複雑な表情をしていたからです。「儚いけど愛している」表情を感じ取りました。原作は読んだことありませんが、映画の内容は私のイメージとぴったりあっていました。「一人の若い女性が二人の男性に出会い、一人の男性には人生を振り回され、もう一人の男性の人生を振り回していく。」という何とももどかしいストーリーです。朝子は、性格は全く異なるのに見た目は全く同じである二人の男性と数奇な運命の出会いをします。この男性は東出昌大さんが一人二役で出演している、飄々とした態度で人を魅了していく麦(バク)と、あまり流暢でない関西弁を話し、朝子を心から愛している亮平です。朝子の初めの出会いは麦で、個展で知り合いになった朝子にすぐにキスをします。そんな唐突で取り止めのない行動をする麦に朝子は惹かれてしまい、恋に落ちてしまいます。何日か共に過ごした後、麦は唐突に朝子の前から姿を消します。その後、朝子は東京で働き始め、亮平と出会い、亮平の優しさに惹かれ付き合いだします。亮平と付き合ううちに麦の事を忘れていきますが、ふと亮平がモデルをしている事を大阪時代の友人から聞いたり、亮平のモデルの看板を見たりして、朝子は亮平への思いが沸々と蘇ってきます。朝子や亮平が東京で暮らしていた時には東北大震災が起きた事を描写しています。二人とも東北へのボランティア活動に積極的に参加します。亮平はその活動で身体を疲弊しながらも朝子に優しく接します。そんな時、朝子と亮平の前に麦が現れて・・・。私を含めこの映画を観た観客はもどかしい気持ちになると思います。どちらも魅力ある男性で、麦はカリスマ的に人を魅了する力があって、他方、亮平は人に対する優しさで魅了して行きます。朝子の揺れ動く気持ちに段々ともどかしさが増していきます。最終的に朝子はどちらの男性を選ぶのかが見ものです。全体的に出演者のセリフが多くなく、ゆっくりと時間が流れるように見る事ができる映画です。BGMも落ち着いていて、耳障りな迫力はありません。しかし、全体的に落ち着いている演出が返って、人間関係の異形さを表現した物語を浮き彫りにさせます。映画の終盤は、怒涛です。朝子と亮平の前に姿を現した麦、朝子の私達観客をも裏切るような決断、東北の朝の薄暗い荒れ狂う海辺で話合う朝子と麦・・・。とにかく、終盤は色々な事が雪崩込んできて、スピード感が増します。しかし、時間の都合でストーリー詰め込んだという感覚ではなく、観客もそのスピード感に引き込まれていき、心地よい緊張を味わえます。見どころはやはりラストです。朝子と亮平は同じ川を眺めるのですが、その川に対する表現が二人とも正反対の思いだったからです。決して綺麗な終わり方をする映画ではありません。しかし、そんな余韻を残して終わるこの映画には「人の愛の行方」は誰にも分からない事を指標としていると感じました。

20代女性
20代女性

映画『寝ても覚めても』は正論だけでは成り立たない、恋愛のリアルを表現している映画だと思います。主人公の女性は元カレとそっくりな男性と恋に落ちますが、結婚を目の前にしたとき、元カレと再会してしまい、今の彼氏を選ぶか、元カレと復縁するか迷います。常識的に考えれば突然消えた元カレではなく、ずっと大切に扱ってくれた今の彼氏を選ぶべきです。元カレを選んだら今の彼氏がどんな気持ちになるか、元カレを選んでもまた昔と同じことの繰り返しではないか、などと考えるからです。しかし、恋愛は必ずしも理性的に考えて決断できるものでもありません。むしろ、ひと時の衝動に駆られて選択してしまうのが恋愛だといえます。その点、この映画の主人公は衝動的に動きます。ですが、その衝動を貫くことができません。ひと時の熱に浮かされて、夢見心地で元カレを選択しますが、ふと我に返り、現実を選択します。そして、自分で関係を崩してしまったため、これまでの生活に戻ることには非常に困難が伴います。衝動に駆られたままハッピーエンドを迎えても、現実に戻ることが容易であっても、この映画に共感することはできないと思います。映画『寝ても覚めても』は単なる美談ではなく非常にリアルな物語です。

40代女性
40代女性

興味本位で観ました。「寝ても覚めても」と言うタイトルから恋愛にうつつを抜かすバカップルのお話かと思いましたが違いました。亮平(東出昌大)に初めて会った時の朝子(唐田えりか)の態度、あれは恋愛マスターの手口ですね。朝子は大真面目ですが、可愛い子にあんな意味不明な態度を取られたら気になるものです。5年も付き合ってもいつまでも恋していた亮平は、麦への恐怖心から朝子との関係が馴れ合いにならなかったから。最初の出会いもラッキーなものであり、5年間気持ちが持続したのもラッキーだったと亮平は気がついていそうです。朝子の気持ちも救われた感謝の気持ちにより亮平を大きく労っていたから、良い関係が続いてました。春代(伊藤沙莉)からのライン、愛と感謝は違うって言うのが引っかかりましたが、逆に朝子はあのラインで感謝だけじゃなかったと気づいたのでしょうか?それとも麦との久しぶりのキスでタバコの匂いがしなかったから?この映画は、誰にでもある恋の誤ちの話。朝子はあの後、亮平とどうなったか興味があります。許されて結婚したのか、別れたか。別れて猫カフェの店長になりまた誰かと恋に落ちる人生に思えます。朝子のした事はクズだったかも知れないけれど、若さゆえの誤ちや人を思いっきり好きになる気持ちを思い出させる作品でした。

40代男性
40代男性

「常識」という一見強固に感じられる枠組みが、いかに不確かで脆く何時でも簡単に崩れ去ってしまう脆弱なものなのである、ということを突き付けてくる。私たちは無意識下ではそのことを常に認識していて、常にその恐怖に怯えて暮らしているちっぽけな存在なのだ。そんな哀れな私たちを嘲笑うかのごとく本作の主役二人は常識世界を蹂躙しまくる。万事休すの絶体絶命のピンチに陥ってさえ怪獣の如きヒロインは倒れない。生命体が生存不可能なほどの絶対零度の超低温のフィールドに追い込まれても、その状況から一発逆転サヨナラ満塁ホームランを繰り出して完全勝利をおさめてしまうのだ!。これはある種のヒーロー映画として受け取ってもよいくらいの作品なのだと思う。私たちには想像もつかない冒険を行い、成功をおさめる様を眺めて溜飲を下げるのだ。濱口竜介監督、そして、東出昌大、唐田えりかの主役二人は非常によい仕事を見事に成し遂げてくれました。特に東出昌大は本作が現時点でのベストアクトだと思う。中盤のクライマックスシーンでの幽霊の如き登場&退出ぶりは脳にこびりつくほど。自信に満ちた表情と所作は彼でなければ演じられなかったと感じる。唐田えりかの内に秘めたふてぶてしさの演技も見事。

 

まとめ

『寝ても覚めても』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました