猫は抱くもの(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「猫は抱くもの」 映画 2018 予告編

猫は抱くものの動画フルを安全に見る方法

『猫は抱くもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『猫は抱くもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

猫は抱くものの内容

映画『猫は抱くもの』は、2018年6月に公開されました。

『猫弁シリーズ』などで知られる大山淳子さんによる同名小説が原作になっています。

監督は、日本アカデミー賞で優秀脚本賞・優秀監督賞を受賞した経験のある犬童一心さん。犬童一心さんは、妻夫木聡さん、池脇千鶴さんが出演する映画「ジョゼと虎と魚たち」や、野村萬斎さん主演の映画「のぼうの城」などのヒット作品を手掛けています。

映画『猫は抱くもの』は、「自分を人間だと思い込む猫が、彼女に恋をした。」をキャッチコピーに、個性豊かな猫と人間たちの日常を描いた物語です。

主演を務めるのは、映画「ヘルタースケルター」「人間失格 太宰治と3人の女たち」などに出演する沢尻エリカさん。本作品では、理想の自分になれずに悩む元アイドルのアラサー女子を演じます。

本物の猫も出てきますが、ミュージカル「キャッツ」のような擬人化した猫が物語を繰り広げていきます。沢尻さん演じる主人公・沙織の飼い猫役は吉沢亮さんが演じています。

 

少し舞台っぽい世界の中で繰り広げられる猫と人間のシンフォニー。映画だけど「演劇」的な演出を用いているのが新鮮な感じがしてよかった。

ロシアンブルーの吉沢亮がとても美しかった!主題歌も務めるコムアイさんの演技もかわいくて猫役にピッタリハマっていた。

舞台のような独特な雰囲気を感じられる映画。

一人でそれなりに楽しく生きている主人公の悩みや葛藤がリアルで面白かった。

独特な世界観に引き込まれた。猫を擬人化するというファンタジックな設定を舞台劇調で表現したのは正解だったと思う。

猫が人間に恋をするという不思議な設定ですが、舞台のような演出を取り入れることで独特の世界観を楽しめる作品になっています。

あらすじ

田舎町のスーパーで働く沙織(沢尻エリカ)は、スーパーの倉庫でロシアンブルーの良男(吉沢亮)をこっそりと飼っていました。気兼ねなく話せる友人や家族のいない沙織は、日々の出来事や悩みを良男に打ち明けていました。

人間に接するように毎日話しかけてくれる沙織に対して、良男は次第に自分が猫ではなく人間だと思い込むようになってしまいます。一人でいる沙織を守れるのは自分しかいないとさえ思う様になっていきました。

そんな時に、良男と同じように擬人化した猫・キイロ(コムアイ)をはじめとした猫たちに出会います。そして沙織も自分に影響を与えてくれる人々と出会い、猫と人間それぞれが自分らしく生きていく道を探していきます。

見どころ

舞台を見ているような新感覚

舞台のような美術や場面転換を取り入れた作品になっています。猫を擬人化するという設定にぴったりの、遊び心ある演出が魅力的です。

沢尻エリカ、吉沢亮が美しい

沢尻エリカの飼い猫が吉沢亮、というなんとも贅沢なキャスト設定ですね。猫の擬人化とはいえ、派手な猫メイクなどは無いので特に違和感なく見られます。

沢尻さんの美しさが際立っていたなと思うのが、後半の涙を流すシーンです。沢尻さんの涙はいつ見ても綺麗で、やはり人を引き込む力のある名女優さんだなと感じます!

音楽

本作品には水曜日のカンパネラの楽曲が使われています。水曜日のカンパネラことコムアイさんも猫のキイロ役として出演されており、重要な役どころを演じています。劇中でコムアイさんが歌声を披露するシーンにも注目です。彼女の素敵な歌声に魅了されました。

スタッフ

原作:大山淳子
監督:犬童一心
音楽:水曜日のカンパネラ

キャスト

沢尻エリカ(大石沙織 )
元アイドルのアラサー。猫、妄想、歌うことなどが好き。

吉沢亮(良男)
沙織の飼い猫。自分を人間だと思い込んでいる。

峯田和伸(ゴッホ/後藤保)
売れない画家。キイロという猫を飼っている。

コムアイ(キイロ)
ゴッホの飼い猫。良男とは外の世界で出会う。

柿澤勇人(高橋良男)
沙織が好意を抱く上司。

岩松了(老猫)
不思議なパワーを持つ白猫。仙人のような存在感。

藤村忠寿(サビ)
いつも笑わせてくれるムードメーカー猫。

 

『猫は抱くもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

猫は抱くものの感想

50代女性
50代女性

猫!?人間のようないで立ちで実は猫なのであった。空き地に10匹ほど集まるさまは存在感がありすぎる。キャッツという舞台とは趣は違うが、有名な舞台のようなオーラを発している。空き地の猫にしては凄いな!と感動し、空き地の猫のシーンが楽しみだった。ロシアンブルーの顔というものが、昔はグロテスクだと思っていたのだが、良男の顔は小さく猫らしい。グロテスクだったロシアンブルーを知らないのだろう。大人しい猫である。後半に画家のゴッホの名を騙る絵描きが登場する。芸術家というほどの破滅的な感じはないが、黄色い絵ばかりを描いている。芸能人だった沢尻エリカが、ホステスのように水割りを作っているのに違和感がある。絵のモデルになるのは、更に違和感があり服を脱いでしまうのはあり得ない!ことのように思えた。結婚式で歌うというのも芸能人だとするとやはり違和感があるように思う。GACKTさまのPVで結婚式で歌うPVがあるが、それで入刀のナイフで背中を刺した!というのが、そうした違和感から生じることらしい。場面というものにまつわる感情というものは、厄介なものである。結婚式、歌う芸能人、ナイフというのはバラバラなことではなく、そこにどす黒い感情が渦巻いていた。

50代女性
50代女性

沢尻エリカさんがとてもきれいで、さすがの演技力で素晴らしかったと思いました。売れないアイドルで今はレジ打ちをしているのですが、何か不思議な魅力があったと思いました。吉沢亮さんが、すごく可愛くて最高に良かったと思いました。飼い主の沢尻エリカさんにべったりし過ぎず、ほんとにべったりする時には猫そのものという感じに演じていて、バランスが良かったと思いました。峯田和伸さんが、ゴッホをとてもいい味を出して演じていて、とても良かったと思いました。ファンタジー要素があふれていると感じました。猫と人間の関わりあいが、丁寧に描かれていて少し切なくて最後まで飽きることなく見ることが出来ました。猫好きの人にはたまらない作品ではないかと思いました。過去に、まわりからチヤホヤされた経験が多い人には、かなり心に刺さるストーリーだと思いました。孤独になって、今はペットだけが癒してくれる存在になっているという人だと、余計にそうだと思います。最後に猫のヨシオが、飼い主の元に帰ってきてほんとに良かったです。ミュージカルと舞台、アニメーションと 映画などのエンターテイメントの全てを、一つにまとめたような作品だったと思いました。

50代男性
50代男性

2018年6月に公開された日本の映画です。大山淳子さんの小説を沢尻エリカさんが主演で演じることで話題になりました。簡単なあらすじとしては、沢尻エリカさんが演じる元アイドルで現在はスーパーマーケットの店員の沙織は、倉庫でロシアンブルーの子猫の良男をこっそりと飼っています。実は、良男は自分のことを猫ではなく人間と思っているのです。沙織が失恋した日には、良男は沙織を追いかけて迷子になってしまい、猫のたまり場に行くこととなります。また、沙織は絵描き志望のゴッホのモデルになります。それを見た良男は自分が猫なのだと思い知らされるのです。沙織は歌の仕事を続けながら、猫の良男と暮らすのでした。この映画は、全体的にお芝居のように作られていて独特の世界観があると思いました。映画の途中では、ミュージカル調になったりアニメーションになったりして、いろいろな要素が詰まっていて面白く視聴できました。それにしても、沢尻エリカさんがとても魅力的な女性でした。猫が擬人化されているという発想も、面白かったです。ヒロインが、頑張り続ければうまくいくと信じて頑張る様子には心温まりました。ゴッホが、沙織をモデルに次々と作品を仕上げる様子は圧巻でした。

40代女性
40代女性

猫は抱くもの、賛否両論あるものも面白い映画作品でした。猫に限らず動物を飼ったことのある人なら少なからず動物の意志とか主体性などに興味を持つだろうから。。主人公、沢尻エリカさん演じる女性はいつもペットの良男に話を聞いてもらっていたので、猫の方は自分が人間で彼女のボーイフレンドだと思い込んでしまうのです。そこがまた可愛い設定であると、私は思いました。擬人化させた猫もまた男前なのですが。。。沢尻エリカさんについても賛否両論あると思いますが、私は可愛くて声が綺麗で好きなので、気分を害することもなく、とても気持ちよく見ることができました。猫は抱くものというタイトルは内容とかなりズレがあるのでは?とみんなが思うでしょう。ストーリーは猫と人間の関係性を描いているという、ファンタジーです。このタイトルにした理由は猫は擬人化するものではなく、人間に抱かれて可愛がられるものだという皮肉からできたタイトルか?わかりませんが、キテレツな内容とはいえ、猫は恩が強い生き物といいます。猫と人間の関係について、猫が思っていること、あるいは飼い主としての人間が望んでいること、両方とも深く考えさせられたという作品でした。

50代男性
50代男性

時に想像を超えてくる映画というのがあるにはありますが、今作はまさにそれでした。沢尻エリカさん主演の猫映画となれば、何か猫が縁で男女が出会い別れ、みたいな恋愛映画を想像していましたが、まさかでした。冒頭、橋の下にたむろする猫たちが夜になると人間になって会話を始めます。「何これ、安っぽい安すぎるキャッツ?」と、この時点で私の頭の中ははてなマークでいっぱいでした。「ヘルタースケルター」以来の映画主演作を選ぶエリカ様が、まさかこのような作品を選ぶなんて。正常な心理状態だったのか心配です。映画を見続けていると、エリカ様登場するのですが、その膝の上には猫役の吉沢亮くんが。グレート白のボーダーシャツとピンクのストレッチパンツといういで立ち。エリカ様に喉を撫でられ「ごろにゃん」する吉沢亮。彼女はスーパーで働く店員さん役で、そのスーパーの裏に住み着いている猫が吉沢亮。まさかこのまま話が進むのかと不安に思いながら見ていると、次のカットでエリカ様がグレーの猫を抱き上げるシーン。ここでようやく一息付けました。これは猫好きに向けての映画なのかと聞かれると私は素直に頷けません。非常に不思議なさわり心地の映画としか表現出来ません。コムアイも出ています。

 

まとめ

『猫は抱くもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました