風の谷のナウシカの動画無料配信とDVDレンタル|Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuより確実

アニメ映画
『風の谷のナウシカ』 特報【6月26日(金)上映開始】

風の谷のナウシカの動画フルを安全に見る方法

『風の谷のナウシカ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。

DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑)

レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪

なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑)

もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『風の谷のナウシカ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

風の谷のナウシカの内容

映画『風の谷のナウシカ』は、1984年3月に公開されました。

原作は、監督・脚本を務めた宮崎駿さんの同名漫画で、本来はアニメにならない世界を書くつもりで執筆しており、映画化が決まった際には困惑したそうです。それでも、「アニメをやるならナウシカしなかいって言うのであればやってみよう!」という思いで制作作業に取り掛かったそうです。

本作で、今後のスタジオジブリ作品を支えるスタッフ・高畑勲さん、鈴木敏夫さん、久石譲さんらが顔を揃えました。

主人公であるナウシカの純粋な魂が胸を締めつけるラストシーンは圧巻で、日本アニメ史上に金字塔をうちたてた作品だと数多くの評論家も絶賛する名作となっております。

ジブリ主要メンバーである宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫、久石譲と徳間書店での初めての作品は、野心的で強烈な社会メッセージ性が強い。
ジブリは素晴らしい作品がいっぱいあるが、子供の遺したい作品を選ぶなら、間違いなく『風の谷のナウシカ』

王蟲、バカガラスや巨神兵など巨大なもの表現が上手ですね。また、キツネリスに噛まれたり、怪我した足を酸の海に突っ込んだりという、痛さの表現も抜群に上手いです。
何より、風に乗って飛ぶナウシカがとても綺麗で印象的な作品です。当時の技術でここまで見せれるのは凄いですね。

虫は苦手なので気持ち悪くて見ないようにしてましたが、あるきっかけで見ることに。
見終わった後、面白かった・良かったとイメージを覆されました。ジブリ作品は、ラピュタが一番好きですが、ナウシカも同等に好きになりました。もっと早くに見るべきだったと反省。

「人間が水と土を汚したから毒をだす木を作ったんだよね…」
子供がポツリと語りました。ジブリは子供に良い影響を与える作品ですね。孫が出来でも、一緒に見ようと思います。

あらすじ

人類が築いた科学文明は、1,000年前に起きた『火の七日間』と呼ばれる最終戦争により崩壊しておりました。戦争の代償に、大地は汚染され、荒れ果ててしまい異形の生態系を持つ巨大な菌類の森・腐海が支配し、そこに住む蟲たちはさらに領土を拡散しています。

生き残った人類は衰退し『蟲と共存するか蟲を絶滅させるか?』の二者択一に迫られます。そんな中、辺境にある「風の谷」は、酸の海から吹く風による地の利により、森の毒から守られ農耕生活を送っていました。族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛されておりました。彼女は住民だけでなく蟲たちとも心を通わせる優しい少女です。

そんな中、腐海を焼き蟲を絶滅させようとする大国の争いに巻きこまれ、谷を守るためにナウシカは人々が忌み嫌う王蟲(オーム)とも心を通わせ、トルメキア王国の陰謀に立ち向かっていきます。

見どころ

主人公・ナウシカの魅力

ジブリ初作品となる『風の谷のナウシカ』ですが、当初からキャッチコピーにはこだわりを感じ、本作は「少女の愛が奇跡を呼んだ」で、映画宣伝会社によって付けられました。
しかし、キャッチフレーズ「映画館に行けば、美少女に会える!!」に関しては、映画化された時から考案されていたそうです。

そんな美少女である主人公・ナウシカは少年のような心と、女性が望む全てのものを兼ね合わせた美貌の持ち主で、1シーンごとの躍動は非常に冴えわたっております。また、彼女の『ひたむきさ』も長年に渡り多くの方から愛されている理由の1つですね。

スタッフ

監督・脚本・原案:宮崎 駿
製作:高畑 勲
音楽:久石 譲

キャスト

風の谷

ナウシカ:島本須美
風の谷の族長ジルの末娘。強いリーダーシップで人々を導くカリスマ性を持つ少女。

ジル:辻村真人
風の谷の族長でナウシカの父。現在は腐海の毒に侵されている。

ユパ・ミラルダ:納谷悟朗
ジルの旧友でナウシカの師。風の谷でナウシカやジルと同等に人望も厚い。

ミト:永井一郎
城の守りに就く『城オジ』のリーダー格で、ナウシカの忠臣。

ゴル:宮内幸平
ギックリ:八奈見乗児
ニガ:矢田稔
ムズ:声無し
四人とも『城オジ』のメンバーでナウシカの初陣に同行する。

大ババ:京田尚子
100歳を超える年寄り。村一番の知恵者であり、村民から敬愛を受けている。

トエト:吉田理保子
母親になったばかりの若い女性。

テト:吉田理保子
小獣キツネリス。ナウシカに懐き、常に行動を共にしている。

ペジテ市

アスベル:松田洋治
ペジテ市の王子。自国を滅ぼしたトルメキアに対して復讐心が強い。

ラステル:冨永みーな
アスベルの双子の妹で、ペジテの王女。

ペジテ市長:寺田誠
ペジテ市の最高責任者。住民を取りまとめるリーダー。

ラステルの母:坪井章子
ペジテ市の王妃。

ペジテ市の少女:太田貴子
ナウシカの身代わりを買って出た少女。

ペジテの市民:中村武己 / 島田敏

トルメキア

クシャナ:榊原良子
トルメキアの第4皇女。兵から絶大な信頼と忠誠を得ている最高指揮官。

クロトワ:家弓家正
クシャナの軍参謀で、腹心の側近でもある。

トルメキア兵:野村信次 / 大塚芳忠

その他

少年:坂本千夏 / TARAKO / 鮎原久子
少女:菅谷政子 / 貴家堂子 / 吉田理保子

『風の谷のナウシカ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

風の谷のナウシカの感想

 

40代女性
40代女性

このアニメ映画は子供の頃からテレビで放送があるたびに何度も観てきましたが、相変わらずジブリの中で1,2を争う好きな映画です。ラピュタと並んで、古き良き昔の宮崎駿監督らしいオリジナルの世界観が、作品の肝になっているような気がします。物語は(恐らく)核戦争後の近未来、腐海と呼ばれる汚染された森と、その森を守る虫たちと人間が住処を争っている世界。多くの人々が森を焼き払い、虫を殺そうと考えている中で、ナウシカは森や虫たちとの共存を願います。なぜ腐海が生まれたのか、その謎が解ける時、本当に感心すると思いますよ。昭和にできたアニメとしては、技術的にはもちろん、ストーリーに至るまで、最先端だったのではないでしょうか。ナウシカは風の谷という村の姫なのですが、全然そんなそぶりを見せないため、子供の頃にはよく理解できていませんでした。大人になってから見てみると、彼女が身分の違いを気にしない、それでいて気高い姫なのだということがよく分かります。なにより、ナウシカの虫たちさえ愛おしいと思う純粋な心や、人に対する慈愛とか思いやり、人の美しさとはなにか、が良くわかる内容です。小学高学年のお子さんから大人の方までお勧めできるアニメです。

50代男性
50代男性

作り込まれた世界観が素晴らしいアニメです。ディストピアなのでしょうが、そこに生きる人間たちは、クシャナのようにその世界をよしとせずに抗う者たちと、ナウシカのようにその世界の中でも希望を見つけ育てる者たちとがいます。それはこのアニメの世界に限らず、どんな世界でも似たような対立構造はあります。まさに巨神兵のような絶対的な兵器があれば、この世界だって変えようとする者はきっといるでしょう。ただクシャナの過去を知れば、わからないではないし、その行為は復讐というよりも絶望に近いのだろうと思います。だからこそナウシカの奇跡を一番求めていたのは彼女なのかもしれません。ナウシカを助けるユパが格好いいです。宮崎さんのアニメには必ず主人公の少年や少女を助ける、いろいろな意味で強い大人の存在があります。ユパもそういうひとりですが、大人対子どもという構図になっていないところが、大人も見ていて納得できるアニメになっているポイントなのかもしれません。そしてなにより魅力的なのがヒロインのナウシカです。当時は学者などもこぞってナウシカを取り上げ、その存在の意味について考察するのが流行りました。それほどの存在になったアニメキャラクターはナウシカが初めてでしょう。巫女のようなナウシカの存在が、この神話的で、素晴らしくファンタジックな傑作を支えているのだと思います。

20代女性
20代女性

身も心も美しく、強くてみんなから好かれる風の谷の姫ことナウシカ。小さなころに観てからずっとあこがれの女性です。作中に出てくる架空の生き物、キツネリスが本当にいたらいいのにな、といつも映画を観ながら思います。敵国の殿下は悪人感が強いですが、彼女もまた美しく、勇敢さが見て取れるので、好きなキャラクターです。ナウシカと対話していくことで、少しずつ彼女の心が変化していくところと、それをちゃっかり気づく側近の関係が好きです。作中には巨大な蟲が多々登場するので、虫が苦手な人には少々つらいものがあるかもしれませんが、どれも色がすごくきれいなので、惹き込まれていくのではないでしょうか。強く勇敢で慕われている人が、言葉を交わせない蟲相手にどう立ち向かっていくのか、彼女のまっすぐな瞳にはいつも勇気づけられます。ナウシカは愛する人を絶対に守り抜く、という気持ちがあまりにも強いので、観ながら自分も守ってほしい、とぼんやり思うことがあります。映画だけでもとても面白いのですが、コミックス版を見るとよりキャラクターたちがいとおしく見えます。またストーリーも複雑で、印象に残るシーンがあるので、そちらも是非読んでみてほしいです。

30代男性
30代男性

好きな学者が、宮崎駿氏の映画の中で最高傑作だと言っていました。私はこの作品を大人になってから観たので、幼い頃周りで「ナウシカ」の話題が出てもついていけませんでした。もし当時観ていたらどうだっただろうと思うのですが、これなかなか怖い映画ですよね。設定とか、雰囲気とかがそうですが、映画の中に出てくるある大きな虫、あれは子供にとってはなかなかトラウマになるのでは……と思ってしまいますが、可愛いところもあります(笑)。炎に燃え盛る様子とか。主人公であるナウシカは、とても大きなものと戦っていて、扱われているテーマといい、胸が痛くなります。本当に強い女性です。「ナウシカ」という物語を考えた宮崎駿氏は天才ですね。マンガも描かれており、映画はマンガの中の一部らしいですが、こんなアイデアが思いつくのなら、歴史に名を遺す映画監督になるのも当然です。この作品に影響を受けた人は非常に多いと思います。今や使い古されてしまった設定や描写も、この「ナウシカ」が起源だったりします。映画に限らず、マンガとか小説とか、何か創作をしようと思ったときに「ナウシカ」を観ると、いろんなインスピレーションを受けられると思います。学ぶところがたくさんあり、クリエイター必見の作品でもあります。

40代女性
40代女性

日本というより、世界のアニメーションの歴史の中で不朽の名作。時を超え色褪せない作画の完成度、物事の真理を追求した世界観、魅力ある登場人物達、どれひとつ取っても永遠の名作です。見るたびに新たな発見がある。思い返すたびに身につまされる。あの世界は現実とつながっている。われわれの遠い過去か未来に。汚染され尽くした世界に腐海は現れ、瘴気を撒き散らしながらその最奥で浄化が少しずつ進んでいる。王蟲達はそれを護ろうと動く。一方の人類は腐海から逃れささやかに生きるか、「諸悪の根源」と見える腐海を焼き払おうとする。まさしく現在のこの星のようではないか?窓の外を見れば誰もがマスクを着けて歩き、テレビやタブレットを見れば「ブラジルの環境相が、コロナで関心の目が向かない今のうちに熱帯雨林の森を焼いておこう、と発言」と報じている。環境保護が絶対善とは思わないし、人間が万能であるとも思ってはいない。さらにこの偉大な作品が「地球を守ろう」などという浅薄なテーマで作られたとも思っていない。この傑作の命題の1つとして環境問題があるが、ここに描かれたのは命への尊厳、克己、歴史の教訓などとても多い。それらの命題を、見る時々に各人が感じ取る事が、意味のあることだと思う。

40代女性
40代女性

スタジオジブリ設立前、トップクラフトでの制作ではあるが、宮崎駿・高畑勲・久石譲が携わったほぼジブリといっても間違いない作品。当時小学生だった私や兄弟に非常に強烈な印象を与えた。主人公は風の谷に住むナウシカという美しくもたくましい少女。空飛ぶ不思議な乗り物メーヴェを自由自在に操り、気性の激しい野生動物を瞬時に手なづけてしまう。現実とかけ離れた世界に生きる彼女に対して、私達はいわば憧れに似た感情を持っていたのかもしれない。また旅の途中で出会った少年アスベル、隣国トルメキアの王女クシャナ、剣士ユパ、ナウシカの世話係の城おじたち、予言者大ババさま・・・など魅力あふれる登場人物の一挙手一同に、鑑賞中目が釘付けになったのを覚えている。人間の犯した大罪に怒り狂った森の主、オームを鎮めるために身を捧げようとしたナウシカに起きるラストシーンは涙なしでは見られない。そして劇中に素晴らしい彩りを添えた久石譲の楽曲がこれまた完全に画面と一致していて、後年思わずCDを購入してしまったほどである。尚、本作品には原作漫画がありそちらではさらなる展開が待ち受けているが、「劇場版 風の谷のナウシカ」がお気に召した方には、ぜひとも読んでいただきたい。映画とは違った感動が味わえるだろう。

 

40代男性
40代男性

1984年公開で、宮崎駿さん監督の映画になります。この時はまだスタジオジブリでの製作にはなっていません。風の谷のナウシカは、アニメ雑誌の「アニメージュ」にて連載されていた長編漫画で、映画はその漫画の一部を抜粋して少し脚本された状態で公開されました。漫画と映画とで内容や設定が若干違いますが、根本的な部分は同じになっています。この映画で大きな枠組みとしてあるのが「腐海」と「蟲」になります。これら二つのものに制約を受けながら人間は生きていきます。目に見える形での脅威との共存になりますが、その中でも人は健気に生きていくことができるということを風の谷では証明しています。人間の身勝手さ、高慢さというものを他の国の人間が表しているようです。そんな世の中でナウシカはいかに幸せに生きていくかということを探求しているようです。この映画はとても深い内容で今の世の中において今一度見返す必要がある映画の一つです。また、このあとスタジオジブリができるのですが、その点において日本のアニメ界でもかなり大きな作品になります。映像の素晴らしさや久石譲さんの音楽の素晴らしさが合間って、何度見ても引き込まれていく感覚を覚えます。

 

40代男性
40代男性

アニメ映画『風の谷のナウシカ』は、自然の素晴らしさと脅威を描いた映画だと思います。身勝手な人間のせいで破壊された自然が、自分たちだけの力で少しずつ再生していく様子に気付いた主人公のナウシカの凄さに感心しました。争いを繰り返している人類に向けた警告の意味を込めた作品だと、見ていて思いました。特に印象的だったのが腐海と呼ばれる汚染された地域に住んでいる大小様々な虫たちの姿です。実際に存在している虫が何らかの影響で巨大化した姿でもあり、虫本来の攻撃性を描いていた点が恐ろしかったです。印象に残っているのはナウシカがオームの大群に飛ばされてしまったところです。言い伝えに残っている人物の様子とそっくりなナウシカの姿を見て、感動しました。凶暴だったオームが次第に落ち着きを取り戻し、傷ついたナウシカを協力して治していく様子のシーンも素晴らしかったです。心の優しいナウシカの気持ちが、オームに伝わったのだと思いました。風の谷のナウシカは、自然と共存することの難しさと大切さを描いた、自然環境の悪化に警鐘を鳴らしている映画だと思いました。原作漫画の半分程度しか映画化されていないので、出来れば原作漫画の全体を映画化してもらいたいです。

40代男性
40代男性

『風の谷のナウシカ』は宮崎駿監督作品の中でも、特に完成度が高くて、何度も見返したくなるような素晴らしいファンタジー作品だと思います。そして、見返した年齢に応じて、新たな発見などがあったりして、とても興味深いと思います。まずは、なんといっても美少女の主人公のナウシカが魅力的すぎると思います。まさに、王女様ですが、誰にでも優しくて、勇気もありという感じで理想の女性という感じです。これ見て、ナウシカに惚れる人は多いと思います。ちなみに、ナウシカを演じている島本須美さんは「ルパン三世カリオストロの城」のクラリスの声なども担当していて、ジブリ関連には常連で、とても優しくて癒される声をしていて、ナウシカにとてもよくあっていると思います。そして、ナウシカがメイベで自由自在に飛び回る感じが、とても素敵です。ストーリー的には、軍事国家にナウシカが住む風の谷が狙われたりと、波乱万丈な展開が多くて、スリリングな感じもあり、どんどん引き込まれていくと思います。また、虫のオウムの鳴き声を布袋寅泰さんがギターが参加していたりとサプライズ的なこともあります。ちなみに物語には続きがあるので、ぜひ映画化して欲しいと思います。

30代女性
30代女性

日本が世界に誇るアニメ映画の巨匠・宮崎駿が手掛けた作品。ジブリ作品の中でも特に人気が高いのが「風の谷のナウシカ」である。私も子供の頃から大好きで、何度も何度も見返してきた。そして不思議な事に、何回見ても飽きがこない。逆に大人になってから、ようやくナウシカの本当の奥深さ・本当の面白さを理解できたように思う。ナウシカってこんなに面白かったんだと感激した事もあったくらいだ。主人公のナウシカは自然をとても愛していて心優しい性格である。加えて、風の谷の姫として凛とした態度がかっこよく、優しさと強さを両方兼ね備えている姫様に、子供の頃はとても憧れていた。おとぎ話に出てくるどのお姫様よりも私はナウシカが好きだった。そしてナウシカに憧れていたもう1つの理由は、メーヴェと呼ばれる小型飛行機に乗っていた事である。ナウシカは風をよみメーヴェを乗りこなし、様々な困難もメーヴェと共に乗り超えていた。私もナウシカになって空を飛びたい。子供の頃は本気でそんなことを考えていた。ジブリ作品が大ヒットする要因の1つは「空を飛べる乗り物」が多く描かれている事だろう。空を飛ぶというのは誰もが一度は夢見る事で、ナウシカの世界でもその夢が描かれている。ナウシカを見ることによって、私たちは自分たちの夢を叶えているのかもしれない。だからこそ、何十年たっても色あせることがない。だからこそ、何十年たっても更に面白さが増していく。10年後、もう一度ナウシカを見返して、私はきっと感激するだろう。

 

まとめ

『風の谷のナウシカ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました